生理 1 週間 前 体重。 生理前に太るのはいつから?原因は?体重をキープする対策法を紹介!

生理一週間前の体の変化について知っておきたいこと

生理 1 週間 前 体重

目次 [開く]• ダイエットに関係している主なホルモンは、生理と深い関わりを持つ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つ。 エストロゲンは妊娠の準備を整えたり、女性らしい体を作ったり、髪や肌のツヤ、心の安定にも関わります。 さらには代謝をよくするなどの役割を持っていて、排卵期(生理終了から約1週間後)を過ぎたあたりから、徐々に量が減少していくと言われています。 プロゲステロンは、排卵期から生理前までに多く出され、妊娠に備えて栄養や水分を体内に備蓄する役割があります。 大人ニキビ、皮膚の老化、イライラしたりやる気がでない、生理中にむくみの原因となると言われているホルモンはこれなんです。 生理周期のホルモンに合わせてダイエットするのが体重増加を抑える秘訣 生理周期と痩せやすさの関係性からわかる通り、ホルモンバランスによって体重にも影響が。 痩せやすいときと痩せづらいときがあるので、生理周期でどういう関係性があるのか見ていきましょう。 生理前 黄体後期 この時は体重の増加は気にしなくて大丈夫! 生理前は余計なものをため込みやすく、便秘やむくみなどが起きやすいです。 また、女性ホルモンが分泌され食欲が暴走しがちに。 誰でも体重が減りにくくなるので、1kg程増えても当然の時期です。 生理が終われば自然と水分代謝もよくなり体重も戻るので、この時期の体重の増加は気にしなくても大丈夫です! 食欲が増したり肌荒れしたりしても、生理周期を理解して仕方ないことなのだと割り切れれば、苦になりません。 私はむくみ予防や過食だけは気をつけるように意識しています。 生理中 月経期 この時は体重が落ちにくい時期 体が重くお腹も痛くて、とてもつらい時期。 基礎体温が下がり、体も冷えやすくなります。 そんな生理中は体重が落ちにくい時期でもあるので、食事制限や無理な運動は逆にストレスとなってしまいます。 無理に運動せず、リラックスして過ごすのが正解! むくみの解消となる軽い運動や、リラックス効果のあるストレッチを行いましょう。 生理中のおすすめの過ごし方 また、食事もなるべく暖かい飲み物や汁物を食べるようにして、体を温めましょうね! 私は、お風呂につかってまったり過ごし、お風呂上がりは『WELEDA(ヴェレダ) アルニカマッサージオイル』を使って、むくみをとる軽いリンパマッサージを行っています。 この時期の運動にぴったりなのはランニングなどの有酸素運動。 また、有酸素運動をするだけでなく脂肪が燃えやすい体になることも大事ですので、姿勢を正して骨盤と背骨の位置を整えましょう。 体幹トレーニングを行うのもおすすめです。 私はいつもよりも重点的に絞りたい部分は筋トレをしたり、食事制限も始めます。 脂肪を燃焼しやすくするためにお風呂上がりにストレッチをプラス。 生理後の運動で痩せた分をキープするように、栄養バランスの整った食事をして、激しすぎない軽い運動をしましょう。 もっと痩せたい! と思っていても過度なストレッチは避けて生理後に行っていたダイエットメニューを自分のペースに変えて引き続き行いましょう。 過度なダイエットをしなくても、ストイックに毎日運動しなくても、自分の体内リズムを理解して生活するだけで楽しくラクに痩せやすい体作りができますよ。 生理周期がよくわからないって方でも、生理周期を記録してくれるアプリなどで管理すれば問題ありません。 生理周期を理解して、体重を落としやすい時期をしっかり見極める 体重が落としやすい時期、落ちづらい時期を理解するためには生理周期を知っておくことが重要です。 生理を記録するアプリでおすすめなのは「ルナルナ」。 こんな風に生理周期によって体重が増加してしまう時期やダイエットにおすすめな時期などを教えてくれるし、お肌のコンディションも教えてくれるのでその時々によって適切なケアを心掛けることができます。 手軽に生理開始日と終了日を記録するだけで分かるので、面倒な手間がかかりません。 生理周期をもとに、自分の体のコンディションを把握して、無理せずダイエットしてみてくださいね! 「ストレスはダイエットの敵」ともいわれるように、悩みは禁物。 生理中に体重が増えてしまっても「そういう時期なんだ」と割り切ることも大切です。 食欲増加はヘルシーなものでカバーして! 生理中は妊娠初期と同じで、食欲がいつもよりも増加する傾向にあります。 食べても食べても満たされない……! そんなことを感じたことはないでしょうか? また、この時期にダイエットを意識し過ぎて、ストレスを蓄積させるのも禁物。 肌荒れやPMSの悪化につながります。 そんな悪循環を防ぐためにも、生理中はヘルシーフードを取り入れてストレスフリーな生活を心がけるように工夫しましょう。 ウォーキングで体も心もリフレッシュ! 生理中はなんとなく体がだるくなるもの。 生理痛などがひどい方は尚更アクティブに行動できなくなってしまいますよね。 いつもジムに通っているけど、今日はいいや……そんな後ろ向きな気持ちが出てきて、どうしても家でゴロゴロしがちに……。 いつもの運動量よりも少なくなるので、うまくカロリー消費が行われません。 だからこそいつもの日常にちょいウォーキングをプラスしてみて。 出勤、登校時に一駅分歩く、コンビニまで散歩に出てみる、など本当にちょっとした心がけウォーキングでOK。 お散歩時間を作って心と体をリフレッシュしてみて。 生理中の体重増加を防ぐポイント3. 胃腸をいたわる生活を心がけて 生理中、もしくは生理前になるとお腹の調子がよくない! お腹を壊してしまったり、便秘を繰り返している……そんな方も多いのではないでしょうか。 実はこれホルモンが体に影響しているせいなのです。 胃腸が弱り気味になっているので、普段の生活よりも体をいたわった食生活を心がけるようにしましょう。 また、常温のお水をいつもよりたくさん飲んで、体の巡りを循環させデトックスするのもおすすめの方法です!.

次の

生理前に太る3つの原因とは?いつから太りだすの?

生理 1 週間 前 体重

これはどうしても避けられないことかもしれませんが、カラダにはどういった影響が出るのか、また体重増加と言う現実に直面することで悩みの種になると思います。 黄体ホルモンが増加する 生理前になると体重が減らないようになってくるのは、この時期としてはどうしようもないものです。 この生理前から起こるカラダの影響には、妊娠しやすいカラダを作るために黄体ホルモンが分泌される量が増える時期にあるからです。 黄体ホルモンは、排卵直後から作られる女性ホルモンの一つで、生理の5日前くらいから増加が始まります。 この黄体ホルモンの分泌量が増える理由には、出血によってカラダに必要な栄養が不足してしまうことにあります。 この不足した栄養を少しでもカラダに蓄えておこうとするために体重増加に繋がってしまうのです。 これは黄体ホルモンには血糖値を上昇させる働きがあるために、食べたものに対して血糖値を上げようと働き一方で今度は、上昇した血糖値を下げようと働きインスリンが分泌されるようになります。 そしてこのインスリンには脂肪を合成する働きがあるために、 余った糖に対してカラダに蓄えておこうと脂肪として貯め込んでしまうのです。 これが体重が減らなくなり体重を増加させる原因になっています。 食欲が増進されてしまうのです。 しかも血糖値を下げてしまったがために今度はお腹が空く始末!!よけいに体重の増加を招くサイクルができてしまうことがダイエットと考えた場合や体重だけを見れば悪循環になっているといえます。 また、さらに困ることに生理周期の中で月経前症候群(PMS)の症状がでる時期でもあります。 このPMSによってカラダに不調を感じるようになる女性も多いはずです。 そしてPMSの症状も個人差があり、体調がかなりわるくなる場合もあります。 しかも多くの場合は、 生理前1週間~10日間ほどこの症状が続くのに対して、症状が長くなる場合には 生理前の2週間からずっと続いているといった事もあります。 そして症状としてこういった事が起こってきます。 カラダに起こる症状• むくみが起こる• カラダがだるい• 頭痛がする• 頭が重たい• 熱感がある• 便秘になる• お腹や胸にハリがあり痛む 精神に起こる症状• 気分が落ち込む• イライラする• 不安になる• 集中力や判断力が低下する• 気分が落ち込む• うつ症状が起こる こういった症状が起こるとともに、すでに持病などを持っているような場合にはアレルギーや喘息などの疾患、鬱病の悪化といったことにもなってきます。 水分がカラダにため込む そしてもう一つが生理前になると体重が増加する理由に、カラダが水分を取り込もうとすることにあります。 これも黄体ホルモンの分泌が活動的になることで起こる一つですが、カラダに水分がたまっていくことでむくみを作ってしまう原因になってしまいます。 このむくみをできるだけ予防しようと 逆に水分を摂らないようなことをするとかえって逆効果です。 黄体ホルモンの分泌によって起こるものですが、水分はこの時期も控えるのではなく適度に摂るようにしなければなりません。 また水分を貯め込みがちにさせてしまうからといって、 塩分の摂り過ぎや老廃物を貯めることになった状態をカラダの外に排出させるためにも水分を摂ることは外せません。 塩分の濃度が高い食べもを摂ればむくみをより作ってしまう原因になります。 また嗜好の一つにもなるコーヒーですが、 コーヒーには、カリウムの働きを抑制してしまう作用があるためにやはり生理前に摂り過ぎてしまうとむくみの原因になってしまいます。 生理前の体重増加を防ぐためにはどうすればいい?良い方法は 生理前の体重を気にするのは仕方がない!!と割り切れるものでもないはずです。 それまでにダイエットをしていた人や毎月この時期に体重が戻ってしまい一向に痩せることができないで悩んでいる人も多いはずです。 そんな時期だからこそ知っておきたいことがあります。 太りやすいのは仕方ない?! 生理前は太りやすいのは仕方がない!!確かにその通りかもしれません。 だからといって太ってしまう現実をそのまま受け入れていくことも許せない信じ難い事。 ただ、ここで大切なことは、 生理が終わった時は、元の通りにカラダは戻ります。 これはあくまでも欲求に対してそのまま行動している場合はもちろん例外ですが、基本的には生理が終わればカラダも元に戻っていきます。 そして生理前になると体重は増えていくもの!これはどうしようもない事実です。 ただ諦めではなく、自覚を持つと同時に、それ以上の欲求に対してカラダが動くままに行動をしすぎないことが大切だということです。 特に生理前くる食欲の増進は大きなその後のカラダの変化にも繋がります。 そのために生理前こそ、余裕をもった心構えをしていることが必要です。 意識し過ぎず、欲求のままに行動しなければ大きく太る心配もありません。 生理が終わった後に元に戻るはずです。 ストレスを貯めないためにもカラダに休息が大事 ダイエットを経験したことがあれば誰でもわかるはずです。 生理前からイライラすることもそうですが、ダイエットによる何かしらの制限によってストレスを感じてしまうこと。 特にダイエットに真剣に取り組んでいて結果が見えてこなかったら余計にイライラするかもしれませんよね。 運動による無理に身体を動かしてみたり、食事制限をすることでお腹が減って空腹をしのいでいるなどといった事態。 こうした時期はホルモンにも影響されながら、ダイエットという制限によって影響されてしまいます。 こういった時期はストレスに変わりやすい時期もであるために、しっかりとした休息をとることも大切なことです。 カラダを休めることもそうですが ストレスを発散させることを見つけることも必要です。 特にPMS症状はストレスをきっかけに悪化することもあります。 できるだけリラックスで環境を作っていくことが大切です。 癒しを体感できるような香りのあるアロマや好きな本やテレビを見ることでも十分にストレスの発散になります。 またストレスがたまるだけで基礎代謝も下がります。 そうなるとより脂肪を貯め込みやすいカラダになってしまうので気をつけなければなりません。 副交感神経を高めてリラックスできるようにしましょう。 副交感神経を高める身近な方法にはこういったことがあります。 副交感神経を優位にさせる食べ物を摂る(発酵食品、お酢、梅干し、食物繊維が多い食べ物)• 副交感神経を高める音楽を聞く• 入浴後すぐに布団に入らない• 有酸素運動をする 食事は食べ方に配慮を 生理前から食欲が湧いてくることもありますが、だからといって食事を抜いたりすることはもちろんよくありません。 今以上に食べたい欲求によってストレスがかかってしまい暴飲暴食に繋がる恐れがあります。 また、食事のかわりにお菓子を食べる量が増えることも気をつけなければなりません。 特に甘いお菓子類は、血糖値を上昇させやすく下降させ太る原因になります。 それならまだ食事を摂っている方がいいかもしれません。 そして食事で気をつけることは、 食事をしないことで血糖値が下がった状態を作ってしまうことで、次に食事を食べた時に急激に血糖値を上げてしまいます。 これは太りやすい状態を生理前から作ってしまう原因です。 つまり、食事できをつけることは、 必要以上に食べ過ぎないことです。 そして血糖値を急上昇させてしまう物から食べないことです。 太る原因は血糖値の急激な上昇です。 こういったことを考えると食事を1日に3回にするよりも 1日に5回~6回と小分けにして食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることができます。 ただあくまでも回数を増やすだけであってカロリーを増やすわけでなないので気をつけてください。 また満足感や満腹感を高めるためにも、歯ごたえのある食べ物を摂ることも大切なことです。 これは食事をしっかりと良く噛むことによってお腹を満たす効果が高まります。 そして食事の時は、 血糖値を急激に上げない食べ方をすることです。 そのためには食物繊維が豊富な物から食べることです。 この時に気をつけたいのは、砂糖などを使った食べ物から食べないことです。 そしてできれば炭水化物は最後に摂るのがポイントです。 間食にも配慮を!おすすめの食べてもいい時間帯 また間食をどうしてもしたい場合には、ナッツ類や小魚などがおすすめですがドライフルーツといった食べ物もおすすめです。 間食はあくまでもカロリーに配慮し低カロリーなものを選ぶようにしてください。 また低糖質のおやつでもかまいません。 そして間食をする時に考えなければならないのが、脂肪分を蓄える遺伝子の分泌量が下がる時間帯で間食をすることです。 その時間帯が 午後の2時~4時ころまでの時間帯です。 また逆に絶対この時間で間食をしてはいけない時間帯もあります。 それが夜の22時~2時の時間帯です。 生理前でも体重を落としたい!おすすめの方法 豆乳ダイエットと生理痛を緩和 生理前に豆乳を飲むことで得られる効果は2つあります。 豆乳を飲むことでダイエットができる• 生理前に余分な水分や脂肪を貯め込みを予防できる 大きく分けるとこの2つの効果があります。 通常であれば生理前のカラダは水分や脂肪分を貯め込もうと、黄体ホルモンが分泌量が増えて体重が増えてしまう時期です。 しかし、 豆乳を生理前7日~10日に飲むことで、水分の貯め込みや脂肪の貯め込みを予防できるのです。 そして豆乳ダイエットの方法はたった2つです。 豆乳を生理前7日~10日に飲む• 豆乳は200ml飲む そして一つ気をつけておきたいのが豆乳にも種類があるということです。 ここで生理前に豆乳を飲むことで得られるダイエット効果を高めたいのであれば 成分無調整の豆乳を選ぶことです。 こほ他には・・・・• 調整豆乳・・・飲みやすさにこだわり甘味をつけている• 豆乳飲料・・・調整豆乳にフレーバーをつけて飲みやすさを追求したもの といった種類の豆乳があります。 ただ効果として考えた場合には、この2つの豆乳よりも当然成分無調整の豆乳になります。 その他のメリットやデメリットについてはこちらの記事を参考にしてください。 「」 カラダの仕組みを理解しておくこと 生理前は誰でも太りやすくなってしまう時期ですが、これ以上太りたくない人や生理前の体重増加をできれば何とかしたいと考えている人には、生理前がいつ頃からくるのか基礎体温を測定し把握しておくこともカラダを知る意味でも重要なことです。 また生理前に体重が増えるといっても、その体重の増加も個人によって様々です。 つまり個人差があるためにできれば毎日体重を測っておき、体重の増加を把握しておくことも知っておくことも必要なことです。 特に体重の増加に関して言えば、個人差がありながらも3キロ~5キロの範囲での増加が多くの女性に共通するところです。 これは一つの目安として考え自身の体重の管理に努めるのもいいいでしょう。 生理前は規則正しい生活をおくる 生理前やPMS症状を少しでも抑えるため欠かせないのが、規則正しい生活を送ることです。 生理前からの悩みの多くはこの生活習慣が規則正しく送れているかで大きく変わることもあるからです。 睡眠時間はしっかりと!質の高い睡眠 生理前になると睡眠の質が大きく変わってきます。 これは女性ホルモンによる影響を受けているからですが、この時にしておくことは、ホルモンサイクルによって自分自身が一番眠たくなる時間を知ることです。 そのためには基礎体温を測り調べることになりますが、カラダが一番眠たい時間を知る事ができ体温が高くなる黄体期に眠気がくるようであればホルモンの影響だということがわかると思います。 そしてその 眠気の時期が分かれば対応することも可能です。 スポンサードリンク ここで生理前の眠気を含めて、夜に質の高い睡眠を摂ることが必要になってきますが、そこで押さえておきたいポイントがあります。 就寝時間を一定にする• 寝る3時間前くらいに適度な運動をする• 寝る前にカフェインはとらない• 寝る前にテレビやスマホといった明るさを浴びない• 朝起きたら太陽の光を浴びる こうした時期はホルモンの乱れによって起こるものです。 まずは、睡眠の質を高めるためにも5つの対策をしていくことが求められます。 ただ、こうした対策をしても全く効果がなかったと感じる人もいます。 その可能性として考えられるのが、「月経前不眠症」「月経関連過眠症」といったことです。 眠れなくなることや逆に強い眠気に襲われるといったことがある場合には、医療機関への受診を考えた方がいいかもしれません。 生理前にはこれ!適度な運動を取り入れる これは生理前に限らず、運動をした後の夜というのは、比較的ぐっすりと寝ることができる人も多いはずです。 これは適度に運動をすることによってカラダに適度な疲れと、運動をしたことによってストレスを解消することができることで眠りにつきやすくなるからです。 これは生理前にも言えることで生理前の心の不安定さにもつながるPMSの症状を含め、適度な運動をすることで気分をリフレッシュすることができます。 この時におすすめしたいのが、自分自身が苦にならない程度の運動をすることです。 これまでに運動を苦手としている人がいきなり何かしらの運動をしたことで逆にストレスを感じる場合も少なからずあります。 そうならないためにも 自分自身が気軽にできる運動をすることがもっとも良い方法です。 そこでおすすめなのが、ウォーキングやヨガといった運動です。 また適度な運動は代謝を上げることにも多いに役立ちます。 基礎代謝を上げる方法はこちらの記事から確認してください。 「」 生理前ダイエットは無駄なのか ここまでで生理前になると女性ホルモンの関係で痩せにくくなることが分かり、太りやすい時期だと言う事がわかりましたが、要は生理前にダイエットを始めたところで無駄なのか!?と思う人もいるかもしれません。 ただ生理前に太りやすくなるのも、生理後に元に戻りやすくなることも分かっているために全くの無駄ということではありません。 カラダの仕組みを把握しておく事でも十分にメリットはあるはずです。 ただ許容範囲での体重増加は問題ありませんが、必要以上に体重が増えてしまうのは問題です。 生理前からダイエットを頑張る必要はもちろんありませんし、むしろ生理前は維持させストレスを貯めないことをする期間だと思う方がいいかもしれません。 食事を極端に減らしてみたり、激しい運動をしてみたりと行動するとかえってリバウンドを強めてしまう結果になってしまいます。 あくまでもストレスと体調を考えることが大切な時期です。 ピルの服用はダイエットの天敵に!? 低用量ピルは高い避妊効果のある一方で生理痛を和らげたり、PMS症状を緩和させたり、貧血の改善に効果のあることがわかっていますが、ピルはエストロゲンと黄体ホルモンを一錠に混在させたものです。 こうした理由から服用している人もいますが、このピルによって二つのホルモンがカラダの中で生成されている時期と言うのは妊娠中の時期と同じ事を意味しています。 つまり意図的に妊娠している状態と同じにしているためにデメリットもあるということです。 それはダイエットとしてみたら天敵と言える ということです。 これはピルの副作用に3つ原因があります。 水分が増える• 脂肪がつきやすくなる• 食欲が湧く ピルの中に含まれるエストロゲンには、カラダの中の 塩分を排出するの抑える働きがあります。 その結果体内に塩分が溜まり、水分が吸収されカラダがむくむことになります。 また、エストロゲンには 脂肪を増やす働きがあります。 そしてピルに含まれるプロゲストーゲンの作用によって食欲が増えてしまうことです。 この結果より体重が増えてしまいやすくなり、より食事でのカロリーに気を使わなければならなくなってしまうのです。 ただこれは、ピルの種類によっても変わりますし、飲み始めの時によってもかわってきます。 またコントロールするために飲む期間と飲まない期間を作る方法もありますが、基本的には医療機関での専門的な指示が必要です。 生理後は痩せやすい 生理後や痩せやすい時期です。 これはエストロゲンが増えることによって、生理前からの食欲が抑えられるようになってくるからです。 また、生理前から生理中にため込んでいた水分も排出されることで代謝がよくなります。 しかも生理前からのストレスも大きく変わり、カラダの調子もよくなってきます。 そしてこの時期により痩せるためにすることは 運動をすることで代謝アップを狙うことです。 そうすることで脂肪燃焼効果も高まってきます。 ただ生理後が痩せやすい時期だからといって、やってはいけないこともあります。 それが食事を制限することです。 正確には 無理な食事制限をすることです。 これは絶対にやってはいけないことです。 痩せやすい今だからこそと思って無理な食事制限をすると、今度は逆に痩せにくくなってしまうことになります。 これは食事で摂らなければならない 栄養が十分に摂ることができなくなることで代謝が落ちてしまうことです。 食事を制限する意味は、食べないようにすることではなく、必要な栄養を摂る事とカロリーを考えることにあります。 生理後に太る声もあるけど・・・・ ここで正反対なのが、生理後に太ってしまうという意見です。 この生理後に太ってしまう原因は3つです。 食べ過ぎている• 新陳代謝が低下している• ホルモンバランスが崩れている といったことです。 生理前~生理後にかけて体重が減る量をある程度把握することができると思いますが、その体重が減ることを無視して食べ過ぎてしまえば当然思っている以上に体重は減りません。 むしろ太る結果になります。 また生理後の解放感から食べ過ぎてしまえば・・・・・当然太りますよね。 また体重は減るのを想定していた範囲内であっても、生理前から運動不足やストレス、不規則な生活習慣、偏った食事などをしていると代謝の低下を招き、生理後に排出されるべきものを出せずに太ってしまいます。 そしてホルモンバランスの中で生理後に黄体ホルモンの分泌量が増えてバランスが崩れてしまっていると太ってしまうこともあります。 こうした事を予防するためには・・・・• 野菜を多めな食事を摂る• 身体を動かす機会をつくる• ストレスを発散する• 半身浴をする まとめ 生理前は確かに痩せにくい時期です。 しかも太りやすい時期でもあるために、カラダのコントロールも難しくなってきます。 ただ全く痩せないというわけでもありません。 あくまで生理前は太りすぎないように予防することが大切です。 その予防を実践していくことで生理前から生理中~生理後と痩せてキレイを作ることができます。 また生理中にやってはいけないこともあります。 詳しい内容はこちらの記事で確認してみてください。

次の

生理前に太るのはいつから?原因は?体重をキープする対策法を紹介!

生理 1 週間 前 体重

生理前にいつも1~2kg太ってしまうと悩んでいませんか? 生理中・前に体重が増えて太ってしまう、という悩みを抱えている女性は多くいます。 生理に関連して体重が増加する原因は、ホルモンバランスの変化など色々と紹介されます。 しかし、 本当の原因はほとんど知られていません。 そのせいで、「豆乳を飲むと良い」など、効果がないどころか逆効果の方法が紹介されたりします。 生理前に体重が増える本当の理由を知っていれば、その対応策も簡単に分かります。 この記事で、生理で体重が増えるメカニズムと、効果的な対応方法を紹介します! この記事は、科学的な知見と医師やトレーナーへの指導経験も持つ、Plez(プレズ)のコンサルタントが作成しました。 (ダイエットの結果には個人差があります) 目次• 生理前・中に体重が増加して太る理由 生理前に体重が増えて太る原因としては、ホルモンバランスの変化・基礎代謝の低下など、さまざまな理由が言われます。 しかし、本当の理由を説明できている情報はほとんどありません。 まずは、よく目にする情報の真相をお伝えします。 1ホルモンバランスの変化 生理前に太る理由として、「プロゲステロンやインスリンといったホルモンが増加して、脂肪を貯えようとする」というものがよく紹介されます。 だいたいの情報で、【ホルモンバランスの変化が原因】という説明がされます。 しかし、 生理前に体重が増えるのは、ホルモンバランスの変化によって太るからではありません。 「ホルモンバランスで太りやすくなる」と言われる時に、「具体的にどれぐらい影響があるか」ということは、ほとんど紹介されません。 実は、説明する方も、具体的な影響を知らずに言っているのです。 ダイエットでは、いい加減な情報、間違った情報があふれています。 本物の情報を見つけるポイントの1つは、「具体的な影響・効果を説明しているか」ということです。 女性は、生理周期によって、ホルモンの影響などで基礎代謝が変化します。 根拠論文: 成人女性の基礎代謝の平均は、1,100kcalぐらいです。 そのため、 生理中・前の1日の基礎代謝の低下は、100kcal程度なのです。 具体的な影響は、 体脂肪たった15g分程度なのです。 消費カロリー全体でも、100~200kcal程度です。 ホルモンバランスの変化による消費カロリーの減少はありますが、実際の影響はかなり小さいのです。 参考記事: 1. 2生理前は栄養を吸収しやすい? 「生理前は、ホルモンの変化によって栄養を吸収しやすくなり、脂肪を溜めやすい体になる」と言われることがあります。 これも同様に、具体的な影響を見ると、間違っているということが分かります。 普段から、食事で摂ったものをほぼ全て体に吸収しているのです。 そのため、生理前に栄養の吸収率が上がって太る、ということはないのです。 3生理前は食欲が増える 生理前になると、食欲が増えて、特に甘いものが食べたくなるということがよくあります。 それが原因で、摂取カロリーが増え、体脂肪が増えやすいというのは事実です。 ただ、少し食べたからといって、 短期間で体脂肪が1~2kg増えたりしません。 体脂肪は、1kgで7,000~7,500kcalのカロリーを持ちます。 太るのは、摂取カロリー>消費カロリーになり、余った脂質が体脂肪に合成されるからです。 そのため、体脂肪を1kg増やすには、摂取カロリーを消費カロリーより約7,000kcal多く摂らないといけないのです。 もちろん食べ過ぎには注意ですが、少し食欲が増えたからといって、短期間でこんなに摂取カロリーが増えることはほとんどありません。 せいぜい、1日に+200kcal程度です。 200kcalだと、 影響は体脂肪25gぐらいです。 消費カロリーの低下と併せても、影響は50gちょっと程度しかありません。 生理前は、1日で1kgぐらい体重が増えることもあります。 ただ、1日で1kg体脂肪を増やそうと思ったら、ステーキ1kgと米12合ぐらい食べる必要があります。 ダイエットを頑張っても食べ過ぎても、 体脂肪は多くて1日に100g程度しか変動しません。 生理前に増える体重は、ほとんどが体脂肪以外の影響なのです。 生理前に体重が増えるメカニズム 生理前に体重が1~2kg増えるのは、体脂肪が増えて太ったからではありません。 ほとんどが 水分の影響なのです。 水分は体脂肪よりもはるかに変動しやすいものです。 体脂肪は多くても1日に100g程度しか変わりません。 一方、 水分は簡単に1~2kg変動します。 食品も約8割が水分で、1日に2~4kg水分を摂っています。 そして、 生理前は体が水分を溜めやすくなります。 その影響で、体重が増加するのです。 体脂肪計で測ると、体脂肪率・量も増えているかもしれませんが、それは体脂肪計の誤差です。 体脂肪計は誤差が大きく、体重以外、全然正確な数値を測れないのです。 Plez(プレズ)のダイエット方法では、体脂肪計は体重計として使います。 生理前に体重が増加するのは、水分が増えることが本当の原因です。 そして、生理後が痩せ期というわけでもありません。 生理後に体重が落ちるのも、生理前に増えた水分が抜けるからです。 生理前後に水分で体重が変化しても、それは太ったわけでも痩せたわけでもないのです。 Plez(プレズ)の女性のクライアントさんからは、ダイエットの経過をチェックするときに、「生理が終わって、体重が落ちてからお願いします!」なんて依頼も来たりします。 見かけの数字が変わるだけなので、残念ながらそれは却下しますが 笑 生理前後の体重の変化というのは、単に水分が変化しているだけなのです。 参考記事: 3. 生理前・中に太る対応策 生理前に水分で体重が増えることの対応策は、簡単です。 気にしないことです。 体重は増えても太ったわけではなく、水分は自然に増えるものなので、特に気にする必要がないのです。 ダイエットの目的は、 体脂肪を落とすことです。 キレイなスタイルや健康な体を作るために、体脂肪を落とすことが、ダイエットの目的です。 体重を気にするのは、体脂肪の目安となるからのはずです。 もし、重力がなくなって体重がなくなったとすれば、誰も体重を気にしなくなります。 そうなったとしても、スタイルを良くするために、体脂肪を落としたいと思うはずです。 体重は、あくまでも目安に過ぎません。 そして、その目安が水分で動いても、体脂肪が増えていないなら、特に気にする必要はありません。 大切なのは、体重ではなく体脂肪です。 体重ばかり気にすると、ムダな方法や、むしろスタイルが悪くなる方法を実践してしまうこともあります。 体重はあくまでも目安と考えて、水分による変動を気にしすぎないようにしましょう。 参考記事: 3. 2生理前・中の豆乳が効果的? 生理前に太る対策・生理後に痩せる方法として良く紹介されるのが、豆乳です。 豆乳を飲むと、イソフラボンが摂れて女性ホルモンが増え、痩せやすくなると言われます。 しかし、これは間違った情報です。 豆乳に特別なダイエット効果はありません。 根拠論文: そして、実は 豆乳は100gで46kcalと、コーラとほぼ同じカロリーがあります。 ダイエットに効果的と思って豆乳をたくさん飲むと、逆効果になってしまうのです。 そもそも、生理前に体重が増えるのも、生理後に体重が減るのも、体脂肪ではなく水分の変動です。 そのため、変に体重を増やさない・減らす方法を実践しても、残念ながらムダに終わってしまうのです。 そして、生理前に体重が増加することを特に気にする必要はありません。 ダイエットの本当の目的と、体重の正しい意味を知っていれば、数字の変化や間違った情報に惑わされなくなります。 参考記事: 生理と体重増加まとめ いかがでしたでしょうか? 生理前の体重の増加は、特に気にしなくて大丈夫です。 少々食べ過ぎたとしても、体脂肪は短期間で大きく増えないので、気にしすぎる必要はありません。 もちろん、食べすぎには注意しましょう。 ただ、食欲が増えたり甘いものが食べたいなら、少々食べても大丈夫です。 トータルのカロリーが大事なので、他のものを減らして甘いものを食べたり、生理が終わってから節制するという方法もあります。 短期間での体重の変動を気にしすぎると、間違った方法・逆効果のない方法を実践してしまいがちです。

次の