時をかける少女 dvd。 時をかける少女(1983) : 作品情報

時をかける少女 デジタル・リマスター版 [DVD]

時をかける少女 dvd

『時をかける少女』のフル動画を観るならU-NEXT! 結論から言うと、現在『時をかける少女』を見放題対象作品として配信しているVODは国内になく、課金をして観る必要があります。 しかし、U-NEXTの無料トライアル期間を活用すれば無料で楽しめるんです! 配信中のサービスはU-NEXTとdTV! 現在、『時をかける少女』を配信しているVODはU-NEXTとdTVのみ。 宅配レンタルの大きなメリットは、 わざわざ店舗に足を運ばず、自宅にいながらレンタルのサービスが利用できること。 自宅まで届けてくれる上、返却するときはお近くのポストに投函するだけでいいので、近所にTSUTAYAの店舗がない!という方にとっても嬉しいサービスです。 「TSUTAYA TV」は標準の「動画見放題プラン」、成人向けの動画のみが見放題となる「月額見放題フル」、 TSUTAYAディスカスとセットになった「動画見放題&定額レンタル8」などがあり、好きなときに好きな場所で楽しめるサービス。 ラインアップが豊富なのが特徴です。 TSUTAYAディスカスの無料体験について 4つのコースがあるTSUTAYAディスカスですが、 無料で体験できるのは 「定額レンタル8」のみ。 しかし無料体験では、定額レンタル8のコースに加え、TSUTAYA TVの動画見放題サービスもついてきます! つまり2,417円のサービスが30日間無料で利用できるという太っ腹な企画なのです。 もちろん無料期間中に解約すればおかねは一切かかりません。 無料期間中は借り放題のプランに新作は含まれませんが、『時をかける少女』は「旧作」なので、万が一月間のレンタル可能枚数を超過してしまってもレンタルが可能です!どの作品が旧作か新作かはの検索ボタンからチェックしてください。 (登録前でも検索できます) 違法アップロードサイトは危険 Dailymotionや9tsu、Pandoraなどの動画配信サービスで配信されている映画は、ほとんどが違法にアップロードされたもの。 もちろんそれをアップロードすることは違法ですが、 視聴している側も犯罪に加担していることになってしまいます。 これらの作品を視聴したことでパソコンやスマートフォンがウイルスに感染し、個人情報やクレジットカードの情報が抜き取られてしまうこともあるのです。 お気をつけください。 『時をかける少女』について 『時をかける少女』は、1983年7月16日に公開された同名の大林宣彦監督作の20年後を描いたアニメ映画。 世界各国から賞を受賞し、口コミやインターネットを通じて徐々に広まっていきました。 アニメ映画『時をかける少女』のあらすじ 高校二年生の紺野真琴はある日、理科準備室で怪しい人物を見つける。 その人物を追おうとすると転んでしまい、異次元を垣間見るも、気がつくと理科準備室に戻っていた。 するとその帰り道、普段のように自転車で坂を下りていたところブレーキが故障し、電車と衝突しそうになる。 しかし気がつくと真琴は坂を下る前、事故になる前に戻っていた。 その出来事を叔母の芳山和子に伝えると、それは「タイムリープ」だと言われるが、真琴は半信半疑。 しかしその後すぐに時間の飛び方を覚えた彼女に様々な変化が起こり始めるーー。

次の

楽天ブックス: 時をかける少女 DVD

時をかける少女 dvd

ジブリを除く日本のアニメーション作品で一番好きな作品です。 青春時代の未熟な感情や思い通りに出来ない腹ただしさを思い返して胸が熱くなります。 初めてみたときは声優さんではない人が吹き替えをしているのが下手に感じて違和感があったのですが、見終わるころにはすっかり世界観にはまっていて今ではこの声以外考えられないし、主演の仲里依紗さんのファンになってしまいました! 叫ぶところや心細そうな泣きの声が良い…! 細田監督シリーズで一番好きです。 青春時代の思い出って必ずしもハッピーなことだけじゃないよね、と。 夏になるとまた見たくなる作品。 蝉の声を聞いたり、入道雲をみるといつでもこの作品のことを思い出します。 大好きな作品です。 やけに声優が下手だな、と思ってウィキで観たら当時まだ若い女優さんで、ティーンの少女を同年代が演じるのはむつかしいんだな、と思いましたでも、進むほど呼吸のばたついた感じがなくなり、上手になり、コナン君みたいになり途中で高山みなみさんに交替したのかと思う上達ぶりは、さすが後に出世するだけあります。 タイムリープものが好きだけど、恐らく世界で一番むつかしいレギュレーションだと思います(鑑賞で感動に導くのは)なんでもありになってしまうので、その辺をからかうギャグはし易いけど、真面目にハラハラとかは、本当にむつかしい。 名作は数える程くらいではないかと。 バック・トゥ・ザ・フューチャー三部作とか。 本当にそれは少ない。 筒井先生の優秀な設計図あってこそだと思います。 タイムリープの映像表現が、80年代の大林監督とあんまり変わってないのでか、よりサイケに表現できる(パヒュームのPVみたいな)新たな時かけが観たいと思いました。 しかしレトロな夏の切なさ、しっとりした未来の過去の話、という玄妙な世界観になっているので、あれはわざとだとも思います。 で、ラストのヒロインと、ジャンパーの台詞がちがっているように思います(金曜ロードショーとか、あれこれ替えるのが好きな監督さんのような気もしますけども)妙に確認しようもないような、もやもや。 その辺のパラドクスが、いかにもこの映画らしい I haven't watched many manga films but wanted to catch up on a few prior to commencing a short Japanese Subcultures course. This one came highly recommended, so I thought I would give it a go. My initial reaction during the earlier part of the movie was that it was possibly just a little too simplistic a story for my tastes. However, I stuck with it and slowly got sucked into the world of 17 year old Makoto and her forays into time travel, together with the consequences of her new-found powers when used to shape the future for herself and her friends. It's a beautifully rendered animated movie, with stunning visuals throughout. If you are looking for an entertaining, engaging well-made, film that is family-friendly then I can easily recommend this one to you This is time travel done in a way which recalls Donnie Darko, but isn't as dark, it is a cerebral film which uses the idea of time travel to achieve a feeling and to make a point. Rather than a film about time travel this film is about living life with your eyes open, not just sleepwalking to the end but it also doesn't just mean having fun, it means being responsible as well. Just like Donnie Darko it is a film that shows that there are consequences to life and the choices we make always and without fail; these realisations are given incredible weight by a perfect mix of humour and seriousness. The detail on characters can often feel minimal and it is, there is often little definition in faces and the characters have a way of moving which looks like frames are missing and detail left out. Rather than detract from the film though this style seems to come together very well to add a complimentary dream like feel to everything which really adds to the whole atmosphere in a way which brings the world to life more than many super detailed facial animation could. The backgrounds in contrast are well detailed and beautifully bright. As well as being impressive the contrast between characters and backgrounds also speak of how important and fixed our surroundings can be, but that despite this within the surroundings there is so much space for so many stories and so many different ways to tell them. All we have to do is pick our path and thoughtfully follow it. The interplay between characters is charmingly endearing; through jokes and japes the interactions are realistically captivating from the point of view of the minimalist animation and the dialogue, it feels right and it flows naturally almost as if there were real psychology at work in ever relation of pencil mark and every dash of colour because of this the film manages to be laugh out loud funny at times and heartbreaking at others. It is something that can take you by surprise by especially if you are not used to watching anime Konno's jumps back in time slowly become increasingly more chaotic as she attempts to change time for the benefit of others rather than purely for her own benefit which is often the case to begin with, sufficed to say that it is never as easy as she expects it to be and the outcome is almost always mental or physical pain for somebody. If you like a bit of thought and a nice gentle pace to your films this is for you, it is absorbing, emotional and funny. What more could you ask for?

次の

時をかける少女|日本テレビ

時をかける少女 dvd

詳細は「」を参照 、『モーニング娘。 LOVEストーリーズ』で放送。 2016年版 [ ] 時をかける少女(2016年版) ジャンル 原作 脚本 演出 茂山佳則 出演者 () オープニング 「」 エンディング 「」 製作 製作総指揮 西憲彦 CP プロデューサー (日本テレビ) 難波利昭(AX-ON) 制作 、 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜 21:00 - 21:54 放送枠 土曜ドラマ 日本テレビ 放送分 54分 回数 5 特記事項: 初回は20分拡大(21:00 - 22:14)で放送。 からまで系の「」枠で毎週土曜21:00 - 21:54に放送された。 および『』との番組編成の兼ね合いから全5話の短期シリーズとなった。 キャスト [ ] 主要人物 [ ]• 浅倉吾朗: 藤浦東高校 [ ]• 大西敦美:• 矢野和孝:()• 前川陽子:ゆいP() 家族 [ ]• 芳山恭司:• 芳山香織:• 芳山那帆:• 三浦浩:• 松下由梨:• 松下圭太:• 浅倉努:• 浅倉唯:• 深町奈緒子: ゲスト [ ] 第2話 [ ]• 松山実穂:• 西岡光: スタッフ [ ]• 脚本:• 演出:、茂山佳則• 音楽:• エンディング・テーマ:「」(ジャニーズ・エンタテイメント)• 特殊メイク:• 造形:• VFX:• サイエンスコーディネーター:三好哲夫• 劇用写真:• チーフプロデューサー:西憲彦• プロデューサー:松本京子(日本テレビ)、難波利昭(AX-ON)• 制作協力:• 製作著作:日本テレビ ZIP! コラボ [ ] 内のコラボショートドラマとして、芳山未羽が調味料をかける少女となって、深町翔平や浅倉吾朗の昼食に様々な調味料をかけ、新たな味の組み合わせを作り出す内容となっている。 受賞 [ ] 2016年9月 放送批評懇談会が優れた番組を顕彰する 「ギャラクシー賞 8月月間賞」 を受賞。 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 7月 09日 この夏最高に切ない禁断の恋! 岩本仁志 9. 未来からの愛の告白…最悪のキス 茂山佳則 4. 命がけ禁断の恋号泣ラスト 6. クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2016年5月10日. 2016年5月10日閲覧。 映画ナタリー. 2016年5月22日. 2016年5月23日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年5月22日. 2016年5月22日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年6月7日. 2016年6月7日閲覧。 第5話 最終回 放送日のは、冒頭に同日開催の「AKB48大運動会」会場であると中継を結び、同曲を生演奏にて披露した。 日本テレビ. 2016年6月7日閲覧。 2016年9月23日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月11日. 2016年7月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年7月19日. 2016年7月19日閲覧。 スポーツ報知. 2016年7月25日. 2016年7月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - 2016年日本テレビ版.

次の