白菜黒い斑点の正体は。 白菜の黒い斑点って食べれるの!?安全性は大丈夫!?

白菜の黒い斑点の正体は?【お天気検定】 答え 依田司

白菜黒い斑点の正体は

もくじ• photo-ac. 事実、 欧米では白菜はあまり知られてはいないものの、サラダなどに使われることがあるんですよ。 シャキシャキとした食感と、ある程度の量を食べてもなかなか飽きが来ない軽さがあるので、生で食べても十分美味しいです。 また、日本でスーパーや市場などで販売されている白菜は、 大半が国産 であることから安全性も問題ありませんので、安心して食べることができます。 photo-ac. サラダ各種• 塩昆布和え などがあります。 順に解説すると・・・ サラダ各種 生の白菜の旨味を活かすには、やはり サラダが定番です。 サイコロ状に切ったプロセスチーズと粗く刻んだくるみが良いアクセントととなる、 ラー油のピリ辛具合が食欲をそそる 「ピリ辛白菜サラダ」。 このように色んなサラダがあり、色んなアレンジができる白菜ですが、シャキシャキとした食感や歯応えはあるものの…やはり生の白菜の味は淡白です。 ですので、 しっかりとした味付けで美味しいシーザーサラダなどが、特におすすめ です。 その作り方としては・・・• 白菜を食べやすい大きさに、ベーコンを1cm角に、トマトを角切りにそれぞれ切る• 白菜を熱湯に入れ1分程茹でた後、ザルに上げて水分をしっかり切る• フライパンでベーコンをカリカリになるまで炒め、トマトを入れ軽く炒める• お皿に白菜を盛りつけ、その上に炒めたベーコンとトマトをのせ、 シーザーサラダドレッシングをかけて完成 なお、シーザーサラダドレッシングは言わずもがな シーザーサラダの旨味を引き出すことに特化しているので、生の白菜にバッチリ合うんですよ。 塩昆布和え 生の白菜にごま油と塩昆布を和えるだけで作ることができるシンプルな一品です。 作り方を解説すると・・・• 白菜の芯を細切りにし、葉の部分はザク切りにする• ビニール袋に白菜と塩昆布を入れて揉む• 白菜がしんなりとしたら皿に盛り、ゴマ油をかけ、糸唐辛子を飾って完成 というもので、非常にシンプルな料理ですが、美味しいですよ。 また、 お好みで塩を加えても良いですし、アレンジとして故障とおろしにんにくを加えてナムルのようにしても美味しく食べることができますので、自分だけのオリジナルな食べ方を見つけるのも面白いかもしれません。 せっかく作るんですから、いろいろなアレンジ法を試してみて下さいね。 確かに、スーパーや市場で購入した白菜がこういう状態になっていたら、多くの人は「えっ、何これ!カビ?それとも虫?」というように少しパニックになってしまうかもしれませんが、心配はご無用です。 ちなみに、このごま症は それまで栽培されていた環境や、収穫後の温度変化、肥料の窒素部分が多いことによる栄養過多などによって白菜にストレスがかかってしまったことが原因で、白菜に含まれている「ポリフェノール」が反応することで色素を持ってしまうという自然の反応なんですよ。 緑茶やココア、チョコレートなどに含まれているあのポリフェノールです。 血圧を下げてくれたり、抗菌作用・抗酸化作用を持っていたりなど人体にとって様々な良い働きをしてくれるので、男女問わず健康志向が強い人は日常的に摂取していることでしょう。 このことから、この状態の物を食べても何も問題はありません。 しかし、 やはり白菜がストレスを受けたことで若干味が落ちているので、そのことを理解した上、できるだけ早く食べることが大切です。 また、どうしても見た目が気になるようであれば、 その部分だけを削ぎ落すか、購入を避けるようにしましょう。 黒ずんで汁が出ている• 酸っぱい臭いがする• カビが生える などがあります。 順に解説すると・・・ 黒ずんで汁が出ている まず見た目の変化として、 全体や中心部から次第に黒ずみ、やがて全体的にドロッと溶け、茶色い汁が出てきます。 このように少し(かなり?)グロテスクな見た目になってしまうので、その状態を初めて見た人はおそらく俳優の故・松田優作氏のように「何じゃ~こりゃあ~!!」と叫んでしまうことでしょう。 ですが、 その状態になっているのが全体ではなく一部分だけであれば、その部分だけを取り除いて食べることができるんですよ。 とはいえ、やはり 白菜のみならず全ての食材は「美味しい状態で食べる」ということが大前提ですので、「いくら食べられるって言ったって、そんな気持ち悪い物を食べたくないよ」という人は、万が一のことを考えて迷わずゴミ箱にINしてしまうことをオススメします。 酸っぱい臭いがする これは白菜をはじめ、 多くの野菜において腐ってしまった時に見られる変化のひとつです。 ですが、実のところ数ある野菜の中でも、白菜は特に臭いが気になる種類なんですよ。 というのは、例えば、白菜が持っている 「イソチオシアネート」という辛味成分が原因で消毒液のような臭いが発生し、また、 ワサビのようなツーンとした臭いがする場合は「アリルイソチオシアネート」という成分が原因で発生します。 さらに厄介なのが、一般的に腐った臭いとして判断する酸っぱい臭いですが、 「ジメチルジスルフィド」という成分が原因で発生している場合があり、この場合は、腐っていると言い切ることができません。 ですので、この臭いがしたら腐っていると、「一概に臭いだけでは判断できない」というのが正直なところです。 腐っているかどうかの判断は、見た目の変色やぬめりなどで判断するのが賢明です。 中にはこう聞いて「カビが生えているのが一部分だけなんだったら、黒くなって汁が出ている時と同じように、その部分だけ切り落とせば食べれるんじゃないの?」と思った方もいらっしゃることでしょう。 ですが、 そのカビは比較的すぐに全体に広がっていき、さらに上でご紹介したような症状も出てくるので、はっきり言ってもう食べられる状態ではありません。 「どうせ一部分だけだし、捨てるのはもったいないから」という気持ちで何らかの調理し食べた結果、お腹を下したり、食中毒などを起こしてしまったりしては元も子もありません。 ですので、 カビが生えていることが判った場合は「もったいない」などと考えず、速やかに処分するようにしましょう。 photo-ac. 常温 常温の場合、 乾いた新聞紙で包み、根の部分を下にした状態で冷暗所で保管するのが一般的です。 この方法であればその賞味期限は3~4週間と言われています。 ただし、これは11月から2月に出荷時期を迎える冬白菜の場合です。 6月から10月に出荷時期を迎える夏白菜の場合は、出荷時期の気温が高いことから購入するまでに鮮度が落ちてしまうので、常温保存はできません。 これは購入したものを保存する際にとても大切なことですので、しっかりと覚えておいて下さいね。 また、 北海道などの気温が低い地域では、白菜を外で常温保存すると水分が多いため凍ってしまうこともありますので、自宅で冷蔵保存するようにしましょう。 冷蔵 冷蔵庫で保存する場合は、 濡れた新聞紙で包み、さらに上からラップで包む ことによって、風が直接当たるのを防ぎ、水分量を維持した状態でほぞんすることができます。 これにより、冬白菜の常温保存と同じように 賞味期限は3~4週間はもつと言われています。 ただ、夏白菜であれば、時期的なこともあり 冬物に比べて傷むのが早くなるぶん賞味期限は若干早くなる考えた方が良いでしょう。 白菜は 何よりも鮮度が大切ですから、夏白菜の場合は「冷蔵庫に入れているから大丈夫だろう」と安易に考えず、できるだけ早く食べきるようにしましょう。 冷凍 白菜は全体の95%が水分でありながら、 生でも茹でてもどちらでも冷凍保存ができるうえ、どちらも1カ月もの長期保存が可能なんです。 まず、生の場合は 葉を1枚ずつ剥がしてから丁寧に水洗いし、水気を切ってから密封性の高いジップロック等に入れて保存するだけという簡単なものです。 茹でてから冷凍する場合だと、 熱湯で1分ほど茹で粗熱を取り、水気をしっかりと取り除いた後に、ラップで使い易い量に小分けにしてから、密封性の高いジップロック等に入れて保存すればOKなんですよ。 ですので「いっぱいもらったけど、すぐに全部食べるのはちょっと無理だな」と思った時は、ぜひこの保存方法を実践してみて下さいね。 ちなみに、汁物に使う場合は、冷凍された白菜をそのまま投入して調理できるので、オススメです。

次の

白菜の黒い点は食べられる?葉っぱのブツブツ斑点の正体とできる原因

白菜黒い斑点の正体は

スーパーなどで白菜を選んでいる時に、黒っぽい斑点があるのを見かけることがあります。 カビ? 虫くい? 正体がわからずつい避けてしまいますが、この斑点の正体について、管理栄養士の柴田聡美先生に伺いました。 「黒い斑点が出る現象は『ゴマ症』と呼ばれます。 白菜は肥料の窒素が自身の中で多くなりすぎると、細胞内外の窒素濃度の差を減らすため水分を吸収しようとし、これが細胞の膨張を引き起こします。 細胞に膨張というストレスがかかると、ポリフェノール類の色素が合成されて、白菜の表面に黒い点として現れるのです。 だから、食べても害はありません。 それに、ゴマ症は1株の重さが重いほど多く発生します。 ずっしりと重い、充実した白菜ほどゴマ症が出やすいわけですね」 柴田先生 白菜は芯から使うと旨味が逃げない 白菜を買うと、使い切らないうちにしおれてしまったりすることがあります。 保存法や調理法のコツがあるのでしょうか? 「白菜は収穫された後、4分の1に切られたとしても外側の葉から中心部に栄養を送る性質があります。 そのため、芯が残っていると、外側の葉がせっせと栄養を芯に送ります。 そうなると外側ほど旨味も抜けた状態になり、おいしくなくなります。 これを防ぐには、芯から使いはじめてください。 芯を取った白菜は、栄養を送る場所がなくなるので、外側の葉にも栄養が留まり、旨味も残るのです。 また、新鮮な芯の部分は旨味のもとになるグルタミン酸が外側の葉の14倍も含まれるので、新鮮なうちに先に食べましょう。 保存は、キッチンペーパーで包んで、できれば野菜室の中に立てておいてください。 食べきれなければざく切りにして固めにゆで、水を絞ってからチャック式の保存袋に入れて冷凍してください」 柴田先生 白菜は95%が水分で、しかも淡色野菜なので栄養価が低いように思われがちですが、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。 特に体内の余分なナトリウムを排出するカリウムを多く含むので、高血圧の予防にも効果があると言われています。 今が一番おいしい白菜。 たっぷり食べて冬を乗り切りましょう。

次の

白菜の黒い斑点「汚れ、カビじゃない」 ではいったい...その意外な正体: J

白菜黒い斑点の正体は

ズバリ!!白菜に黒い斑点があっても食べられます! たまに見かける白菜の黒い斑点ですが、カビ?病気?と思っている人も多いのではないでしょうか? この黒い点の正体、実は 「ポリフェノール」なんです! ポリフェノールといえばワインとかに入っていて、抗酸化作用があり体にいいイメージのものですよね。 ポリフェノールは野菜を含め、ほぼすべての植物に元々含まれている成分なんです。 体に害があるものではないので、もちろん安心して食べることができます! ただし普通の白菜を比較すると、一般的に味は落ちると言われています。 白菜特有のあの甘みが、黒い斑点が出ているものは若干少ないです。 そして黒い斑点がある白菜は、水分を多く含んでいるものが多いです。 そのため普通の白菜より日持ちせず、傷みが早く進んでしまう可能性が高いです。 なので買ってきた白菜に黒い斑点があった場合は、なるべく早めに食べてしまうのがいいでしょう! 白菜に黒い斑点が出来る原因は? 白菜に黒い斑点が出来る原因は、白菜がストレスを感じてしまったから! 白菜の黒い斑点のことを、正式には「ゴマ症」と言います。 その見た目から、まるでゴマが点々とついているように見えることからその名がつきました。 「症」とついていますが、決して病気という訳ではありません。 このゴマ症になってしまう原因は、白菜が栽培環境などによってストレスを感じてしまったからなんです。 具体的な例をあげると…• 栽培中の気温が高すぎた、もしくは低すぎた• 肥料をたくさんやり過ぎて栄養過多になってしまった• 十分なスペースがなく、過密な状態で育ってしまった などがあります。 このように栽培方法や環境の影響によって白菜がストレスを感じてしまい、生理反応を起こします。 その結果、白菜に元々含まれるポリフェノールが酸素と反応して黒い色素が発生します。 その黒い色素が小さなかたまりとなって両面に出てきてしまい、ゴマ症の白菜となってしまうのです。 栄養をあげ過ぎてストレスを感じてしまうなんてなかなか難しいですよね〜 気温などはコントロールできないし、完全に防ぐのは無理なようですね。 白菜を日持ちさせる方法は? 白菜を日持ちさせる方法は、立てることにあり!丸ごとかカットされてるかによってもちがう! 白菜はその保存方法によって傷むスピードがかなり変わります。 収穫した状態の丸ごと白菜と、スーパーでよく売っているカット白菜で日持ちさせるコツがちがいます。 それぞれ紹介していきますね! 丸ごと白菜 丸ごと白菜を日持ちさせるには新聞紙に包みましょう! 芯は取らずにキッチンペーパーで包んでから、新聞紙で白菜全体を包みます。 白菜は水分を多く含んでいるので、日持ちさせるには通気性のいい新聞紙が最適! 使う時は包丁で切らずに、外側の葉を1枚ずつはがして使いましょう。 新聞紙に包んで冷蔵庫で保存すると、なんと1か月ほど保存可能です! 寒い時期であれば冷蔵庫に入れなくても、ベランダなど涼しい場所での保存ができます。 カット白菜 カット白菜を日持ちさせるには芯を取りましょう! カットされているものは、芯があると葉から栄養をもらって成長を続け鮮度が落ちていきます。 芯をそのままにしておくと、美味しい葉の部分の栄養が取られてしまいます! カット白菜を少し放置していたら、芯の部分がぷっくりと膨らんで大きくなっていることありませんか!? その分、葉がしおれたように元気がなくなってしまいます。 こうなるのを防ぐために芯を取る、もしくは包丁で芯に切り込みを入れるだけでもOK! そしてカットされている白菜は、切り口から急速に傷んできます。 そのためしっかりとラップに包んで空気に触れないようにして保存しましょう。 そうすれば1週間ほどは傷まず食べられます! そして共通しておすすめの保存方法は、白菜を寝かさずに、畑にあった時と同じように立てて保存すること! 野菜は収穫後も成長を続けています。 元々縦で育っていた野菜を、横にして保存すると・・・ 縦に!縦に!と、伸びようとエネルギーを使ってしまい、早く鮮度が落ちてしまいます。 白菜は1回で使い切ることが少ないので、上手に保存し日持ちさせましょう! 今回は白菜の黒い斑点や、日持ちさせる方法について書いてみました! 記事の要点を簡単にまとめると、• 白菜に黒い斑点があっても、それはポリフェノールだから食べられる!• ゴマ症になる原因は、栄養過多などにより白菜がストレスを受けたから!• 白菜を美味しく日持ちさせるには縦にして保存! 白菜もストレスを受けるだなんて、人間と一緒なんですね〜 私もストレスを受けるとお肌が荒れたりしますからね〜 その見た目に思わずギョッとしてしまうかもしれませんが、決して体に害があるわけではないので無駄にせず美味しくいただきましょう! 鍋にしたり卵でとじちゃえば、きっと家族は気が付きません(笑) 白菜に黒い斑点が!これって何!?と不安に感じた方のお役に立てたら嬉しいです! 関連ページ あ!ピーマンが赤くなってしまった!! 冷蔵庫からピーマンを取り出したら変色していた!! このピーマンって食べられるのか? 今日はピーマンが変色していくその理由と、何色なら食べてもいいのか栄養価はどうかなど、ピーマンの変色についてご紹介していきます! 子供が嫌いな野菜といえばピーマン・・・ どうにかして臭みや苦味を消すことってできないかしら? ・ピーマンの臭みを取る方法 ・ピーマンの苦みを消す方法 ・子供でも食べやすいピーマンの品質 をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください! ふきのとうをとってきたけど、アク抜きって必要なのだろうか? ふきのとうも山菜だから、アク抜きが必要な気もするけど、どうやってするのかあいまいな時ってありますよね。 今回は、そんなふきのとうのアク抜きについて、また定番のレシピからちょっと変わったレシピまでご紹介していきます。 冷蔵庫で変色しているオクラを見つけて、どうしよう!と思ったことありませんか? 変色を防ぐ保存方法があるのなら知りたいですよね。 今回は、オクラは変色しても食べられるのかどうか、またその変色を防ぐ保存方法、新鮮なオクラの選び方についてご紹介していきます! とうもろこしって食べ過ぎると病気になる!? そんな噂を聞いたことがある人もいるかもしれません。 今回は、とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるのかどうか、また適切な量を食べて期待できる効果についてご紹介していきます。 枝豆の食べ過ぎって体に良くないのだろうか? 身体にどんな影響があるのだろうか? そんな風に思ったことはありませんか? 今日はそんな枝豆の食べ過ぎによる体への影響や適量、身体への効果について順番にご紹介していきます! よもぎを摘んできたけれどあく抜きの方法が分からない! あく抜きには重曹が必要だって聞いたけど、家に重曹がない! 今日はそんなよもぎの簡単なあく抜き方法と美味しい食べ方についてご紹介していきます! ブロッコリースプラウトとは「ブロッコリーの新芽」という意味で、ブロッコリーの種を発芽させた新芽の状態のことです。 ブロッコリースプラウトには様々な栄養があり、その栄養分の高さからメディアでもたくさん取り上げられています。 そんなブロッコリースプライトの効果について紹介したいと思います。 ししとうを調理する時、種どうするの?と悩まれた方も多いのではないでしょうか。 私もはじめはよく悩んでました。 今回は、そんなししとうの種をとる?とらない?の疑問を解決します。 ぜひ参考にしてみてください。 さやえんどうって大きくなると皮が硬くなっていたり、筋があったり、美味しく食べれることができるのかどうかいまいちわからないですよね。 今回はそんな大きくなってしまったさやえんどうは美味しく食べられるのかどうかについて、その保存方法やまたタネとして保存する方法なども合わせてご紹介していきます! つくしってどんな味がするのだろう? 今回は、つくしはどんな味がするのか、どうしたら美味しく食べられるのかについて調べてみましたので、ご紹介していきます! トマトが腐ると、どんな状態になるのでしょうか? また、賞味期限や正しい保存方法はどうなのでしょうか? 今回は、そんなトマトが腐るとどうなるかについて、詳しくご紹介したいと思います。 豆苗の豆って食べられるのでしょうか? 豆部分も可食部と考えたら、苗部分だけを料理に使用するより、かなりのボリュームアップになりそうだし、魅力的ではあります。 そこで今回は、豆苗の豆の部分は食べられるのか?ということについて確認していきたいと思います! かいわれとスプラウトってどちらもお店で見かけるけど違いは何でしょうか? かいわれとスプラウトの違いについて、見た目や味、そして栄養価の差も含めてご紹介していきたいと思います。 初めて友人から新鮮なとれたてのクレソンをもらった時、どんな味なのか想像ができず恐る恐る食べたのを今でも覚えています。 味だけでなくクレソンにどんな栄養価があるのかも気になりますよね。 今回はそんなクレソンの味、栄養価、そしておすすめの食べ方についてご紹介していきます! 冷蔵庫に入れておいたはずの春菊が、買って数日後にしなびてしまった経験ってありませんか? しなびてしまっても復活させることができたら料理しやすいし、嬉しいですよね。 今回はそんなしなびた春菊を復活させる方法とおすすめの食べ方についてご紹介していきます! 小松菜は下茹でしてアク抜きが必要なのだろうか? 言われてみれば、下茹でが必要なような気もしないでもないような。 今回はそんな小松菜について、 ・下茹でしてアク抜きが必要なのかどうか ・下ごしらえの方法 ・小松菜を使った簡単レシピ をご紹介していきます。 今1歳半の娘の子育て真っ最中なのですが、小松菜は栄養があり子供にも食べさせたい野菜の1つです。 でも小松菜は苦みが苦手で食べれない人も多い野菜です。 そんな小松菜の苦みの取り方や下処理のコツ、また大人も子供も喜んで食べれるような小松菜のレシピをご紹介したいと思います。 青汁で有名なケールって一体どんな野菜なんだろう。 気になったので ・ケールとはどんな野菜か? ・美容や健康に良いって本当か? ・旬の時期や美味しい食べ方 など調べたことをまとめました。 スティックセニョール、調べてみると実は栄養満点なんだとか。 上手に調理して、栄養を摂りつつ美味しく食べることができたら嬉しいですよね! 今回はスティックセニョールについて、栄養価、おすすめの食べ方、そしてブロッコリーとの違いについてご紹介していきます。 たけのこってあまり腐るイメージないですよね。 でもだからこそ腐った時にどうなるかは知っておきたいものです。 今回はそんなたけのこについて腐るとどうなるのか、また生と茹でてからの保存期間はどれくらいなのかについてご紹介していきます! 私が初めて祖母と一緒にたらの芽を取りに行ったときは、枝や茎にたくさんのとげが付いていて、食べることができる山菜とは思いませんでした。 今回はそんなたらの芽について、とげは食べることができるのかどうか、上手な下処理方法とはどんなものなのかについてご紹介してきます。 ただ茹でて食べると美味しい枝豆ですが、意外とその茹で加減が難しく、固すぎても柔らかすぎても美味しくないですよね。 今回は、枝豆が固いときはどうするべきか、そして柔らかく茹でる方法についてご紹介していきます。 アスパラってどこまで食べられるのかな?この辺までは固そうだなぁ・・ アスパラってどこまでが食べられる部分なのかがわかりにくいですよね。 今回はアスパラの食べる部分はどこまでなのか、上手な下ごしらえと茹で方も合わせてご紹介したいと思います。 水菜ってちょっとした独特の苦みがありますよね。 この苦味が苦手で、水菜が好きじゃない!という人いませんか? 今回は、 ・水菜の苦味の取り方 ・どうして水菜が苦い? ・そんな水菜のおいしい食べ方 これら3つを紹介します!.

次の