なんj dena。 なんJアンテナ

De速

なんj dena

横浜市西部に広がる米軍施設跡地で、東京ディズニーランド(TDL)並みの規模がある大型テーマパークの構想が持ち上がっている。 相鉄ホールディングス(HD、本社・横浜市)が民間地権者との検討に参画し、市は公共交通機関の新設や区画整理で後押しする。 現時点で少なくとも1300億円規模の投資が見込まれており、大部分が公金でまかなわれる可能性がある。 ただ、事業者の誘致の成否は不透明だ。 構想の舞台は、横浜市瀬谷(せや)、旭両区にまたがる米軍上瀬谷通信施設跡地(約242ヘクタール)。 東京ドーム52個分の広大な土地は戦後まもなく接収され、2015年に返還された。 防衛省南関東防衛局によると、平成以降に全面返還された米軍施設では全国で最大規模だ。 テーマパークが構想されているのは、約240人の地権者でつくる「まちづくり協議会」と横浜市が「観光・にぎわいゾーン」とすることで合意した約125ヘクタール。 朝日新聞が入手した内部資料では、相鉄HDが昨年4月、「テーマパークを核とした観光開発」を「ベスト案」とする土地活用策を協議会に提案。 海外の調査会社に委託調査した結果として、居住人口や観光客が多い首都圏に立地する条件などから、「超大型テーマパーク」の実現可能性があるとしていた。 年間入場者650万~1300万人、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー(いずれも千葉県浦安市)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)といった規模を想定する。 横浜市によると、協議会はその後、他の複数企業からも土地活用策の提案を受け、最終的にテーマパークを中心に検討することを決定。 相鉄HDは同10月、協議会の「検討パートナー」に選ばれた。 これを受けて林文子市長は同12月、「テーマパークを核とした複合的な集客施設」を誘致する考えを表明。 市は農業振興などの他ゾーンを含め、将来的に年間1500万人が訪れるまちづくりを進めるという。 複数の市関係者によると、テーマパークの事業者として、米大手映画会社の名が挙がっている。 やっぱ横浜なんだわ 7月4日、CS放送「フジテレビONE」で放送されたプロ野球のヤクルト対横浜DeNAで、実況を担当する上中アナは「二塁に送って、一塁へ送球。 3ボール1ストライクの場面での空振りに、「これは空振りの三振!!」と言い放つ上中アナだが、「いや、まだまだ」と大矢氏に窘められて「失礼しました。 3ボール2ストライクです」と訂正。 その後も2アウト一、三塁の局面で、 「この場面での最高の形となるのはやはりゲッツーということになるんでしょうか」 そう興奮気味に大矢氏に尋ねて、「いや、もう2アウトなのでバッターを打ち取ればそれで終わりなんですよね」と冷静に返される一幕も。 横浜の投手、国吉佑樹について「防御率は4割9分1厘」と意味不明な数字(本来は4. 91のこと)を述べた上中アナは、走者と三塁コーチが口元を隠しながら話をするという見慣れた光景にも、 「三塁ベースではいま、口を隠しながら話し合いが行なわれています。 フジ関係者は言う。 「上中アナは入社当時からスポーツ実況を希望していましたが、バラエティ番組でも野球実況でセカンドゴロを『ショートゴロ』と間違えたことなどが取り上げられ、野球は『詳しくはないです』と語っていました。 ただ、新人でもないのにさすがにもう許されない。 局は今後、実況からは外す方針です」 フジテレビに尋ねると、「今後このようなことがないよう、番組に携わる関係者の指導を徹底し、細心の注意を払いながら番組を制作してまいります」と平身低頭。 コメント数:• カテゴリ:• by De速.

次の

なんJアンテナ

なんj dena

登録ブログ• 正式名称は「なんでも実況J(ジュピター)」。 デフォルト名無しは「風吹けば名無し」。 2004年の設立当初は、「なんでも実況S(サターン)」や「なんでも実況U(ウラヌス)」と同様に全ての実況を取り扱う板として、そこそこの盛り上がりを見せていた。 その後、なんやかんや色々あって、2009年5月13日から野球ch住民の侵略に遭い彼らの占領下に置かれ、現在(2012年3月時点)に至る。 そのため、野球民からは「第7野球ch」とも呼ばれている。 2012年2月6日にはYahooトップに紹介されている。 僕は一時期ありました。 何事もマンネリ化するとつまらなくなりがちです。 そこで僕はどうやったら家でプロ野球観戦がもっと楽しくなるかを考えました。 その時の打開策は掲示板での実況です。 何でも良いのでとにかく野球を実況している掲示板や動画サイトを見つけてください。 そこで同じ球団ファンと野球の実況を書き込みながら楽しむんです。 やった事がない方は一度チャレンジしてみては如何でしょうか。 画面に集中できない点はデメリットかもしれません。 でも一人で観戦している時よりはるかに野球観戦を楽しめます。 これは僕が保証します。 掲示板の実況はチャットのような感じで書き込みが途切れません。 ですから書き込みを見ているだけでも飽きませんし、盛り上がれば楽しさは倍になり、負けた時は悲しみを分かち合えます。 確実にプロ野球観戦のカンフル剤になります。 僕にはなりました。 やっぱり勝った時、負けた時誰かと感情を共有するのは良いものです。 それは現実でもネットの中でも変わりはありません。 プロ野球観戦がつまらないとお嘆きのそこのアナタ、一回掲示板でみんなで実況してみると楽しめておすすめです。

次の

横浜DeNAベイスターズ

なんj dena

DeNA・伊藤光捕手(31)が18日の巨人戦(横浜)で、三回の守備から戸柱と交代し、ベンチに退いた。 試合後、ラミレス監督は交代について「今永とのコンビネーション。 試合前に戦略を立ててやったけどあのコンビネーションのままでは、われわれが練った戦略と違う」と、配球面を理由に挙げた。 伊藤光は16日の中日戦(ナゴヤドーム)で左膝へ自打球を当てて途中交代。 前日17日の巨人戦(横浜)も大事をとって欠場していた。 この日は二回の守備で、投手・今永が陽岱鋼に投じた内角への141キロのカットボールがユニホームをかすめる死球に。 その際に球の軌道が変わり、伊藤光のマスクを直撃した。 衝撃の大きさを心配したトレーナーが駆け寄り、状態を確認。 その回は3アウトまでプレーしたが、結果的には配球面を問題視したラミレス監督によって、無念の途中交代となった。 1点をリードした2回1死一、二塁で、投手のサンチェスに打席が回ってきた。 セオリーでいけば送りバントだが、サンチェスは初球、バントの構えをせずに見送ってボールだった。 2球目もそのまま構えていたが、投手が投球モーションに入ったところでバントの構えをし、送りバントを成功させた。 おそらく、初球は「待て」のサインがかかっていたのだろう。 2球目も最初からバントの構えをしなかっただけに相手の守備陣も「あれっ」と疑問に思ったはずで、バント処理をした一塁手のロペスはスタートが遅れ、楽々と送りバントは成功した。 前日の試合では5回1死一塁、投手の井納が送りバントをせずに三振。 その理由についてラミレス監督は「走者が(足の遅い)戸柱だったから」と説明したが疑問の残る判断としか言いようがない。 井納にしても、サンチェスにしても、バントが下手なのかもしれないが、井納にそのまま打たせたラミレス監督の判断と少しでも送りバントをしやすい状況を整えてから送りバントをやらせた原監督の差を感じてしまった。 打順の組み方を見ても、巨人は先発今永に対して2番坂本と3番丸を入れ替えていた。 エース左腕の攻略を見越しての変更だろうが、結果的に5回に奪った貴重な追加点はこの入れ替えが功を奏したといえる。 一方、ラミレス監督は明らかに不調に見えるロペスを前日に続いて3番で起用。 ロペスは9回に意地の二塁打を放ったが「そろそろ打つだろう」という起用にしか思えなかった。 他球団は総じて「巨人たたき」に出るべき。 CSがないセ・リーグなら、それができるはずだ。 (日刊スポーツ評論家)• コメント数:• カテゴリ:• by De速.

次の