ふきのとう 食べ 方。 ふきのとうの食べ方いろいろ!味噌?天ぷら?あく抜き保存法まで

ふきのとうの味や美味しい食べ方!下ごしらえはどうする?

ふきのとう 食べ 方

ふきのとう料理 ふきのとうの天ぷら まずは、王道、ふきのとうの天ぷらです。 めんつゆよりも、塩でいただくと風味や、独特の苦みがより鮮明に、より味わえる気がします。 あく抜き問題 ふきのとうの天ぷらに関しては、ネットでも、 あく抜き不要論が強いです。 母親も 天ぷらのあく抜き不要 材料• ふきのとう• 揚げ油 作り方 ふきのとうをよく洗って水気を取っておく てんぷら粉と水を溶いたもので、ふきのとうをコーティングする ふきのとうが、カラッとするくらいに揚げる(柔らかいものなので揚がりも早い) 塩やめんつゆにつけていただく 個人的には、ふきのとうの天ぷらには、塩がベスト ふきのとう味噌 こちらも王道、「ふきのとう味噌」です。 ある意味応用可能な、万能調味料になってくれます。 ご飯にかけてもOK• パスタに和えるもOK• スープに溶いてOK といった具合にです。 あく抜き問題 ネットでは、 天ぷらだけはアク抜きが必要無いという意見多数ですが ふきのとうは、花の開かないつぼみをとり、これをそのままごま油でさっと炒めてからしょうゆで煮込むだけです。 天ぷらもよい。 引用:自然療法・東城百合子著 ということですから、炒めて煮る場合は良いとも言えそうです。 我が家も、ふきのとう味噌を作る場合は、アク抜きはしない派です。 ふきのとう• ごま油 (味噌と砂糖は比率として、同量) 作り方 ふきのとうを刻んで、ごま油で炒めます。 そこに、味噌と砂糖を入れます。 (東城先生のレシピは醤油ですが、それが味噌と砂糖になっただけですね) この、ふきのとう味噌を保存しておくと調味料となって便利です。 ふきのとうご飯 ふきのとうパスタ 材料• ふきのとう味噌• 菜の花の葉っぱ• ベーコン• えりんぎ• パスタ• 塩・胡椒・コンソメ 作り方 菜の花の葉っぱは、ゆでてタッパ保存してあるものを使います。 ベーコン、えりんぎを切り、塩コショウ、コンソメを入れ炒める。 (後に、ふきのとう味噌を入れるので塩分控えめに作る) 別鍋でパスタを茹でる。 パスタと、野菜炒めを合わせてフライパンに入れた時に、後から 風味づけにふきのとう味噌を加えて出来上がり。 優しい味でした。 少し牛乳を入れてクリームパスタにしても合いそうに感じました。 ふきのとう味噌のスープ 簡単!混ぜてお湯を注ぐだけです! 材料• ふきのとう味噌• 顆粒ほんだし• 乾燥のり• 菜の花の葉っぱ ほんだしの顆粒少々に、ふきのとうの味噌をスプーンで1さじに、お湯を注いで、乾燥のりを入れます。

次の

ふきのとうはアレルギーと毒に注意|有毒部位と誤食しやすい有毒植物の見分け方

ふきのとう 食べ 方

スポンサードリンク ふきのとうの採り方 フキノトウとは花の部分にあたります。 植物の事にあまり興味を持たない人は、目当てのものが見つかると、 狙い定めて全て採り尽くしてしまうことがあります。 でも、例えばタラの芽の場合、一つの幹の全ての新芽を採ると、 翌年から芽が出ずに死んで枯れてしまいます。 だから、フキノトウも、もしかしたら・・・・・・ 沢山採ってしまうと来年からその周辺で生えてこなくなるのでは? と心配になるかもしれませんが、 その心配はありません、大丈夫です! 実はフキノトウは土の下の根の部分が周辺に広がっていて、 沢山採っても、また元気に生えてきてくれるので安心して下さい。 探す場所 林や山の奥深くでなく、日当たりの良い道路沿いや、水源を目指して地下茎を伸ばしていきます。 こんな具合に、他の植物より日当たりのいい場所へ進出していこうとします。 あとは、小川沿いの水分の多い所などもフキノトウは好んで進出していきます。 時期はフキノトウの1~2か月後に、小さなふきが地面から出始めています。 採り方 固くて採りにくい場合があるので、小型の鎌やナイフなどで切り取ってください。 切り取るときのコツは地面の下の方、膨らんだ下の部分から切り取ってください。 切り口あたりのを傷付けると、翌年生えてこないこともあります。 注意する事 ・フキの生える周辺にはよくマムシなど蛇が生息している場合があります。 くれぐれもお気を付けください。 ・田畑のある付近の場合、あぜ道を壊さないように気を付けてください。 農家の方はあぜを、とても大切にしていますので。 フキにも種類があって、市場に出回っているものなど色々あります。 茎は根っこと同じように地面の中にあります。 フキの種類について 愛知早生ふき 日本で販売されているフキの大半がこの種類です。 葉柄(茎のような部分)が1mくらいあって、根元にやや赤みがあります。 江戸時代から栽培されている歴史の長い品種になります。 葉柄は30~40cmくらいで、つくだ煮やきゃらぶき向きです。 水ふき 葉柄は50~60cmくらいで、苦味が少なくて柔らかいのが特徴です。 生ではあまり販売されていなくて、缶詰など加工品に多く使われています 秋田ふき 葉柄の長さが1. 3~2mくらいにまで伸び、葉の幅も1m近くなるので、 人間が持つと傘のような大きさが特徴です。 繊維が多くて硬いので流通していませんが、加工品として多く使用されています。 下ごしらえの仕方 1、フキノトウの外側の一枚をはがして、葉先や根元の黒くなった部分を取り除きます。 処理できたら水にさらしますが、だんだん色が黒ずんでくるので、一度くらいは水を入れ替えてください。 2、下茹でします。 大きめの鍋に水を張り、小さじ1杯程度の塩を入れて5~6分程茹でます。 茹で上がったら水に1~2日くらいさらしておきます。 長くつける程、苦味が抜けてくれます。 ふきのとうの保存方法 基本的にどの野草も傷みやすいので長期保存には向きません。 早く食べた方が香りや味を楽しめますが、採りすぎたり、頂くこともあると思います。 直ぐに食べる場合は、 湿らせた新聞紙にふきのとうを包むと1~2日くらいは冷蔵保存できます。 保存食に加工する、 この方法が一番おすすめですが、急いで処理と調理をするので、ちょっと忙しいでしょう。 ただ、加工する分賞味期限は伸びてくれるので、しばらくは春の味を楽しめそうです。 冷凍保存する場合は、 ふきのとうは傷みやすいので、冷凍保存して後で調理するのも一つの手です。 いつも通り処理して、沸騰したお湯に塩を加えたあと、通常は5~6分程茹でますが、2分くらいで止めます。 水にさらして熱をとった後、しっかりと水を切ったら ラップやジップロックに入れて冷凍保存して下さい。 これがフキノトウの葉が開いた状態です。 一番おいしいのはもっともっと小さい蕾(つぼみ)の状態です。 ふきのとうの採り方などのまとめ 野生のフキノトウは2~3月からが旬で、水辺の側に生えていることが分かりました。 また、その約1~2か月後に同じ場所でフキが採れます。 採るときは少し地面を掘って、鎌やナイフなどでスパッと綺麗に切る事。 下手に傷つけると、翌年生えてこないかもしれません。 ちょっと手強そうな食材ですけど、対処法さえ別ればこっちのものです。 採って・料理して・美味しく・楽しく食べてください。

次の

ふきのとう味噌(ふき味噌)の作り方(レシピ)!食べ方や保存方法も紹介

ふきのとう 食べ 方

ふきのつぼみがふきのとう 雪が溶け始める頃にひょこっと顔を出す、春の山菜「ふきのとう」。 寒さを超えて、花が咲き、葉が大きくなりながら茎が育つと「ふき」になります。 日本原産のふきは日本全国の山野に育ち、3〜6月にかけて出回ります。 独特の香りと苦味、シャキシャキとした食感が特徴で、うまみを効かせた出汁を使った「ふきの青煮」は代表的な料理です。 味付けは少し甘めで、ほろ苦さが春の訪れを感じさせます。 ふきをそのまま茹でていませんか? そんな春を知らせてくれる「ふき」ですが、アクと苦味が残り、食べづらい思いをしたことはありませんか?実は茹でる前の「下ごしらえ」が美味しさの鍵を握っています。 そこで今回は、アクをきちんと取り除く方法をご紹介します。 ふきを茹でる材料• ふきの茎:1束• 塩:大さじ山盛り1杯 ふきの下ごしらえ/ゆで方 1. ふきを切る 家にある口径が一番大きいフライパン(または鍋)に合わせて、ふきを切ります。 板ずりする まな板の上にふきをおき、塩を全体に振りかけます。 両手のひらでふきを抑え、ふき同士をこすり合わせるように前後に転がします(「板ずり」と言います)。 塩がついたまま茹でます。 塩は多すぎると塩辛くなり、少ないとアクがちゃんと抜けません。 ふきをゆでる フライパンに湯を沸かし、塩がついたままのふきを入れます。 茹で時間は細いものは3分、太いものは5分が目安。 大きいボウルに冷水を用意し、柔らかく茹で上がったふきから順に取り出して冷水にとります。 皮をむく ふきを回しながら、爪の先またはペティナイフで皮をつまみ、3〜4cmほどむきます。 1周したら皮の先を一つにまとめて端までむき、反対側も同様です。 皮をむき終わったふきは、水をはった密閉容器に入れる。 翌日使う場合は冷蔵庫で保存する。 1日1回水を変えると3〜4日は日持ちします。 蕗を下ごしらえした後に、すぐに調理する場合は10分ほど水にさらしてから使うといいです。 和え物に使う際は、和え衣やドレッシングが絡みやすい斜め切りに。 混ぜご飯には小口切りに、煮物には4cm長さのぶつ切りに。 ふきは冬に体に溜まった老廃物も体外に排出してくれる優しくて頼もしい存在です。 ひと手間かけて、春の訪れを味わってみてはいかがでしょうか。

次の