山口 周 ニュー タイプ。 www.lojadassabrinas.com: ニュータイプの時代 eBook: 山口 周: Kindleストア

「ニュータイプの時代」を読んでみての要約と感想まとめ

山口 周 ニュー タイプ

今話題の山口周さんの「」を読んでみての感想とまとめです。 論理的で勤勉で責任感の強いいわゆる優秀な人材はオールドタイプになる• 自由で直感的でわがままで好奇心の強い人材がニュータイプになる という話です。 このまとめを読むと「いやそんなことよく聞いたことがある話ですやあん、ええ」となってしまうかもしれませんし、正直僕も最初そのように思ってしまったんですが、もうちょっとだけお付き合いください。 この本では「なぜニュータイプが台頭するか?(Why)」そして「具体的にどのような人材が求められているか?(How)」について記されており示唆に富んだ内容でしたので。 ニュータイプとはどんな人材か? ニュータイプの時代 問題を見つけ、未来にビジョン(構想)を掲げ、意味(ストーリー)をつくり、組織を鼓舞し引っ張れる、自分本位のわがままな人間です。 役立たないけど意味があるものに価値が生まれる なぜニュータイプが求められるのか?という話がこの書籍のセンターピンなのですが、本書の中で最も美味しいところをまとめると、タイトルの通り「役に立たないけど意味があることに価値がある」という話に集約されるかと思いました。 「役に立つけど意味がない」と「意味があるけど役に立たない」。 今後、価値があるのは後者。 スキルを高めるのも良いけど「役に立つ」は高く売れません。 スキルからセンスの時代。 BALUMUDA わかりやすい例でいうと、バルミューダをみなさんはご存知ですかね。 トースターで一世を風靡した会社です。 まさにそのバルミューダは、値段がふつうのトースターの10倍はするわけです。 一番安いトースターって2,000円で買えますが、20,000円のトースターを売り出して、本当に「買ってくれる人だけ買ってくれればいい」というので、ニッチとメジャーで棲み分けるっていう構造になってたわけです。 役に立たないとは言いません。 でも2000円のトースターより、10倍役に立つのかと言われたらきっと違いますよね。 「役に立つ」というところを追い求めるとこうゆういろんなボタンがあってなんでもできちゃうトースターができるわけです。 象印 しかし、バルミューダは違います。 語弊を生むかもしれませんが、「焼く前に水を入れると、驚くほど中はふんわり外はカリッとした美味しいパンができる」という機能のみ。 当然他の電子レンジだってそれに近しいことができるはずであり、10倍の美味しさになるとは思えません。 では何が違うのか?それは「ストーリー」であり、「意味」があるのです。 印象的なのが、バルミューダーのホームページ。 そこには「ストーリー」というページがあるんです。 私が高校を中退して放浪の旅に出たのは、17歳のときでした。 スペインやイタリア、モロッコなど、地中海沿岸を約一年間、一人でまわりました。 とても楽しく、寂しく、刺激的だった忘れられない旅です。 その初日のこと。 日本から飛行機や列車、バスを乗り継ぎ最後は徒歩で、目的地のロンダにたどり着きました。 私は緊張からかあまり眠っておらず、疲れきっていて、かつ空腹でした。 街角では香ばしい香りがしていて、探してみると一軒の地元のベーカリーが。 話せないスペイン語で焼きたてのパンを分けてもらい、一口かじった時、涙が溢れるように出てきました。 緊張や疲労、そして希望と不安。 香ばしいパンを食べた時、これらの感情が堰を切ったように体の外に出て行ったのです。 あの時の小さなパン。 その香りと味は、今でも忘れられません。 こんなページ、TOSHIBAでもHITACHIでもPanasonicでもみたことないですよね。 こうゆうストーリーがあったり洗練されたデザインを見ると、「2万円でも安いよな」という感覚に不思議となっていきます。 これが著者が言う「役立つより意味がある に価値がある世の中になっていく」なのでしょう。 では、 なぜ「役に立つモノ」がだめなのでしょうか?当然ながら役に立つモノがいいに決まっています。 しかし著者は「役立つモノ」に対して厳しい見解を示します。 その理由は下記の通り。 「役に立つモノ」の領域は相対評価が起こりやすい• 長期的にみると市場に生き残るのは一社だけ• そもそも今の現代社会において「問題」自体が少ない 相対評価はこれからどんどん厳しくなる 評価には絶対評価と相対評価という2つの評価があります。 たとえば会社に事務処理の早いAさんとAさんの半分しか生産性がないBさんがいたとします。 AさんはBさんより2倍の生産性なので、お給料が40万。 これが絶対評価です。 では相対評価とはなにか?たとえば世界で最も使いやすい検索エンジンAと世界で2番目に使いやすい検索エンジンBがあったとします。 殆どの人、おそらく90%以上は検索エンジンAを使うでしょう。 では検索エンジンAと検索エンジンBの収益性は絶対評価と同じようになりますでしょうか?なりませんね。 2倍の評価ではなくほとんどの収益がAに傾くはずです。 事実、検索エンジンを独占しているのはGoogleのほぼ一人勝ちなわけです。 このように「役に立つ」という市場では相対評価が起こりやすいのです。 これは色々な市場でおきています。 既存産業は当然のことながらウェブ業界で昨今話題になっている市場などなどすべての市場で起きています。 決済アプリ• タクシー配車アプリ• フードデリバリーサービス• フリマアプリ• 人材紹介サービス これらのサービスはユーザーからしたら正直1社でいいわけです。 PayPayもLinePayもおりがみPayも正直どうでもよくてSuicaでいいのでは?と思ったことはないでしょうか。 私は結構あります。 各社色々と「意味」を持たせようとしていますが正直なところユーザーからしたらどれでもいいわけです。 もっとも楽で役立つものを選びたいはず。 メルカリも楽天のフリマアプリもどっちでもよくて、役立つ方、たくさん売れる方の一択でいいわけです。 「役立つモノより意味があるモノ」のほうが戦いやすい 対して、「意味がある」という市場は戦いやすいのです。 それはどうしてか?コンビニにたとえると非常にわかりやすいです。 コンビニにならぶ役立つモノといえばホッチキスやガムテープ、ハサミなどがありますね。 スペースとしてはどうでしょう?かなり限られた空間で商品の種類も1種類、多くて2種類くらいではないでしょうか。 対して、たばこはどうでしょう。 多くの銘柄の商品が置いてありますよね。 マルボロを吸いたい人は、マルボロ以外の選択肢はないわけで、ピースを吸いたい人はピース以外の選択肢はないわけです。 喫煙者によく「なぜそのたばこを吸うの?」と質問すると、「xxのドラマでxxが吸っててかっこよくてそれ以来…」とか「この銘柄はね、実はアメリカの…」などのウンチクを聞くことがけっこうあります。 これは「意味のあるモノ」の最たる例です。 つまり、「意味のあるモノ」の特徴をまとめると• 意味がある・ないという軸は絶対評価であることがほとんど• 競合がいたとしても、意味さえあれば戦える ということになります。 他にも「役立つ」という市場で戦うべきではない理由があります。 それは「そもそも現代社会において解決すべき問題自体が少なくなってきている」というものです。 現代人は貴族並みの生活水準 世の中の人が「これが問題だ」「あれが問題だ」ってことをずっと言ってくれれば、その問題に対して正解を出せばいいわけですから、正解が希少な状況では正解を出せる人に価値が上がります。 しかし今、世の中の人に聞いても、ほとんど問題を抱えてません。 今の日本の平均的な暮らしぶりって、18世紀の江戸時代の将軍と同じぐらい豊かですから。 毎日お酒を飲めて、お風呂に入れて、音楽が家の中で聞けて、映画も見れるわけですね。 昔の王侯貴族だってこんな生活してないわけで。 確かにその通りだなと言う指摘です。 たしかにネットとAmazonとNetflixとiPhoneさえあればとても豊かな暮らしをできる気がします。 これは私がネット廃人だからかもしれませんが。 だからといって解決しなければならない課題がないということではありません。 もちろん。 50年前であれば話は変わるでしょう。 ほとんどインフラはなく、解決すべき課題だらけでした。 友達と連絡とることひとつとっても相当なコストがありました。 しかしいまはLINE1つで電話から決済からメールからニュースからなんでも解決できてしまいます。 このような時代背景を考えると「役立つもの」という市場ではある特定の企業の一人勝ち減少が起きてしまうというのが「役立つもの」より「意味」をもたせる市場で戦うべきという意見につながります。 この話「好きなことを仕事に」に似てる。 簡単に要約すると 「好きなことを仕事にしたほうがいい から 好きなことじゃないと仕事にならなくなってきてる」という話です。 この話、「ニュータイプの時代」に書いてあることと似ているなと思いました。 「役立つこと、儲かることという視点では仕事は成立しづらくなってきていて、意味をもたせられることをしないと仕事がなくなる」という話ですからね。 まぁ似てますよね。 「好き」な領域は意味を持たせやすい なんで似ているのかというと、これに尽きるのかなと思います。 よく聞く話の「筋トレが好きでインスタグラムで発信していたら仕事になってしまいました」といった分類のものです。 好きの分野は相対評価よりも、絶対評価が強く、個人の趣味趣向が反映されやすいわけです。 それは有形無形問わずどんなプロダクトでもサービスでもそうです。 なぁんだ、結局良く言う「好きを仕事に」って話か、と肩を落として欲しくないのですが、この事実はどうしても避けられないことであり本質的なことなのでしょう。 とはいえ本書のよかった点は、一辺倒に「好きを仕事に」と言うアプローチではなく、ロジカルに時代変化や今の世の中で求められていることを多くの事例を載せて紹介しているところでしょうか。 また、個人的には、役に立つと意味を持たせるのバランスの重要性についての示唆が大変な学びとなりました。 今、自分が「役立つ市場」でサービス運営をしているので、「意味」を持たせるならどうすればいいのか?そもそも今のサービスプロダクトにおいて「意味」ってなんだっけ?ということを考えるいいきっかけになりました。 最後に本書の概要をまとめると、• 意味があるモノ は自分の好きとか価値観とかストーリーが反映される• 意味があるモノ は競合がいても戦える• 意味があるモノ は価格設定を高めやすい(比較対象がないから)• 役立つモノ と 意味がある のセットがサービスとしては最強• その代表例はApple• 役立つモノ の市場だけで戦うなら圧倒的No1意外の選択肢はない• 長期的に見るとグローバルとも戦うことになる• 長期的に見ると「ニッチ x グローバル x 意味がある」が良さそう こん「好きを仕事にしようね」という単なるゴリ押しの自己啓発本ではなく、Why?(時代背景)やHow?(どうすればいいの?)まで深掘りされた良書でした。 「」ぜひ。 それではまた。

次の

www.lojadassabrinas.com: ニュータイプの時代 eBook: 山口 周: Kindleストア

山口 周 ニュー タイプ

20世紀の後半から21世紀の初頭にかけて高く評価されてきた、従順で、論理的で、勤勉で、責任感の強い、いわゆる「優秀な人材」は、今後「オールドタイプ」として急速に価値を失っていくことになるでしょう。 一方、このようなオールドタイプに対置される、自由で、直感的で、わがままで、好奇心の強い人材=「ニュータイプ」が、今後は大きな価値を生み出し、評価され、本質的な意味での「豊かな人生」を送ることになるでしょう。 (「はじめに 『20世紀的優秀さ』の終焉」より)。 著者によれば、これが『』(山口 周 著、ダイヤモンド社)に込められたメッセージ。 ここでは 旧態依然とした思考・行動様式を「オールドタイプ」と位置づけ、対極にある 新しい思考・行動様式を「ニュータイプ」として提示しているわけです。 具体的にいえばニュータイプとは、以下のような思考・行動様式を持った人物なのだとか。 Image: 『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』(山口 周 著、ダイヤモンド社) このような考え方をもとにした本書の第4章「ニュータイプの思考法ーー論理偏重から論理+直感の最適ミックスへ」のなかから、きょうは8「『直感』が意思決定の質を上げる」に注目してみたいと思います。 1,728円 論理か直感か 意思決定における「論理」と「直感」に関する著者の問題意識をシンプルに表すなら、「企業の意思決定があまりにも論理偏重に傾くとパフォーマンスは低下する」ということになるのだといいます。 理由は大きく3つ。 1つ目は、 過度な論理思考への傾斜が招く「差別化の喪失」。 これまで分析的で論理的な情報処理スキルはビジネスパーソンに必須とされてきましたが、正しく論理的・理性的に情報処理をするということは、人と同じ「正解を出す」ということでもあります。 だとすれば必然的に「 差別化の喪失」という問題を招くことになるわけです。 2つ目は、 分析的・論理的な情報処理スキルの「方法論としての限界」。 複雑で曖昧な世界において、あくまで論理的・理性的に意思決定をしていこうとすれば、いつまでも合理性を担保することが困難になり、 意思決定は膠着するということ。 そして3つ目は、 論理では「意味をつくれない」という問題。 現在の世界では「役に立つ」よりも「意味がある」ことのほうに高い経済的価値が認められています。 「役に立つ」ということは明確化された問題に対して解決策を提供するということなので、論理や分析が大いに力を発揮することになります。 ただし、「意味がある」という市場において価値を生み出すことは不可能。 ゼロからイチを生み出す「意味の創造」は、論理でどうこうできる問題ではないということです。 (144ページより) 論理と直感をしなやかに使いこなす ただしそれは、 「だから論理ではなく直感で」ということではないそうです。 著者が主張しているのは 「論理と直感を状況に応じて適切に使いこなす」というしなやかさが必要だということで、そんな思考様式を発揮するのがニュータイプなのです。 たとえば 原因と問題の因果関係が明確で、情緒的な差別化が求められない局面であったとしたら、それは論理で解けばいいだけのこと。 わざわざ直感に頼る必要はないわけです。 逆に 「意味」が非常に重要な局面においては、いたずらに論理を積み重ねたところで良質なアプトプットは得られません。 両者の問題解決アプローチにはそれぞれ一長一短があり、どちらかだけを用いるべきだと断定することはできないということです。 なお、ここで引き合いに出されているのは、経済学者のダニエル・カーネマンと共同研究者のエイモス・トヴェルスキーによる「 二重過程理論」。 人の脳では外部からの刺激に対し、大きく2種類の意思決定の過程(システム)が同時に、異なるスピードで起きるというのです。 そしてこの2つの異なるシステムを、カーネマンらは「 システム1(直感)」と「 システム2(論理)」として次のように説明しているそうです。 「システム1」は自動的に高速で働き、努力はまったく不要か、必要であってもわずかである。 また、自分のほうからコントロールしている感覚は一切ない。 「システム2」は、複雑な計算など頭を使わなければできない困難な知的活動にしかるべき注意を割り当てる。 システム2の働きは、代理、選択、集中などの主観的経験と関連づけることが多い。 ーーダニエル・カーネマン『ファスト&スロー 上』 (147~148ページより) これら2つのシステムには対置されるようなイメージがありますが、実際には同時に機能させることが可能。 つまり 高いパフォーマンスを上げるためには、システム1(直感)とシステム2(論理)をバランスよく使うべきだということです。 (146ページより) 相対的に「直感」が重要な時代 論理と直感をバランスよく使いこなすためには、重要なポイントがあるそうです。 それは、どのような局面において、 直感と論理のどちらを意思決定に用いるべきかという意思決定、すなわち「メタ意思決定」。 これを間違えてしまうと、論理思考で有効な答えが出せる局面で、直感を用いて的外れな回答を出してしまったり、創造的な解が求められているのに論理を用いて陳腐な回答を出してしまうというようなことになってしまうということです。 そして、そういう意味において有力なのがニュータイプ。 なぜならオールドタイプがかたくなに論理的であろうとするのに対し、 ニュータイプは状況に応じて論理と直感をしなやかに使い分けるから。 だとすれば気になるのは「論理」と「直感」を使い分ける際の判断の立脚点ですが、そのことについては2つの着眼点が提示されています。 1つ目は、先述した 「役に立つ」と「意味がある」というフレーム。 「役に立つ」という方面でパフォーマンスを高めたいなら、主軸となるのは「論理」。 一方、「意味がある」方向でパフォーマンスを高めたいのであれば、センスに代表される「直感」が決め手になるということです。 2つ目は、 「希少なものと過剰なもの」という対比。 「希少なもの」の価値は高まり、「過剰なもの」の価値は減るため、「論理」と「直感」を比較してみた場合、双方が生み出すものが「過剰なもの」なのか「希少なもの」なのかを考えることが必要になるわけです。 なお現在の世界においいぇ「なにが過剰」で「なにが希少」なのかを対置して整理すると、次のようになるそうです。 Image: 『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』(山口 周 著、ダイヤモンド社) 「過剰なもの」が「論理と理性」によって生み出されているのに対し、「希少なもの」は「直感と完成」によって生み出されていることがわかります。 つまり現在の世界において 「希少なもの」を生み出したいのであれば、「直感と完成」を駆動せざるを得ないということ。 かつて、ここに「過剰なもの」として挙げられている項目は「希少なもの」でしたが、今日ではその関係が逆転し、かつて希少だったものはことごとく過剰になりつつあるといいます。 だとすれば、依然として論理だけに主軸を置いて意思決定をはかろうとするオールドタイプの思考様式を続けていたのでは、すでに過剰になっているものを生み出すことになり、必然的に 人材と組織のコモディティ化を招くことになるというのです。 (148ページより).

次の

山口周さん「ニュータイプの時代」読了|スミニヤシ|note

山口 周 ニュー タイプ

この本で解ける疑問は?• 今起こっているメガトレンドとは?• これから価値が高まるスキルとは?• 旧型の価値観と新型の価値観の違いとは?• 『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』って? 「え、まだそんな古い考え方してるの?」 こんなことを言われると、怒りを通り過ぎて悲しいですよね。 そうならないためにも、五月雨式に世に生み出されているバズワードや新しい概念たちを、いったん整理したい。 そんな方にオススメなのが本書『』です。 モノではなくコトを消費する社会• 限界費用ゼロ社会• 人生100年時代• VUCA …こんなキーワードたちを整理しつつ、私たちが今どんな思考・行動様式を身につけるべきかを、本書は示してくれます。 そんな本書の「」はこちらです。 画像をクリックすると、PDFが開きます 本書の内容を掻い摘むと、次のことが書かれていました。 現在我々を取り巻く環境として、「飽和するモノと枯渇する意味」「問題の希少化と正解のコモディティ化」「クソ仕事の蔓延」「社会のVUCA化」「スケールメリットの消失」「寿命の伸長と事業の短命化」の6つ。 これらの背景を踏まえて、オールドタイプからニュータイプへの脱皮を図るべきである。 ニュータイプへの脱皮のためには、「価値創造」「競争戦略」「思考法」「ワークスタイル」「キャリア戦略」「学習力」「組織マネジメント」の枠組みで、思考・行動様式を抑えておく必要がある。 ニュータイプとオールドタイプを比較すると、真逆のことが書いてありますね。 まだまだ自分もオールドタイプの行動を取っているなと、反省しております。 この「」をチェックリストにして、• 今日はニュータイプの行動がどれだけ取れたか?• まだオールドタイプのままの行動はどれか? …なんかを、定期的に振り返るのも良いかもしれませんね。 学び 著者の「代表作」を読む 山口周さんの本をたくさん読んでいる方はもうお気づきかもしれませんが、本書には、これまでの著者の作品のエッセンスが詰まっています。 例えば「キャリア戦略」。 これは、タイトルからもわかる通り『』のエッセンスが凝縮されています。 次に、「学習力」。 ここには、複数のエッセンスが詰まっています。 『』 『』 『』 『』 最後に、「組織マネジメント」。 ここは『』の主張が骨子になっています。 以上を踏まえると、本書『』は、• 山口周さんの本を読んだことがある人にとっては、これまでの総復習をできる内容であり、• 山口周さんの本を初めて読む人にとっては、これまでの著者のエッセンスをまとめてキャッチアップできる内容 …といえます。 だいぶ周りくどくなりましたが、「この本、すごくオススメですよ」と伝えたかったのです。 複数本を出版されている著者の本を読む際は、その著者の意見を総まとめした 「代表作」を読むといいかもしれませんね。 山口周さんなら、『』。 赤羽雄二さんなら、『』。 大前研一さんなら、『』。 明日から取れるアクション1つ• 本を選ぶときは、その著者の「代表作はどれか?」を探すようにする logichan.

次の