メガバンク が 採用 人数 を 減らす 理由。 銀行員らしくない銀行員が欲しい——採用数減、挑戦人材…危機感駆られたメガバンクの採用方針転換

メガバンク社員3万人削減へ。銀行が向かう未来と変化

メガバンク が 採用 人数 を 減らす 理由

かつては規模を張り合ったメガバンクが、いまや縮小を競い合っているかのようだ。 業績の先行きが不透明ななか、3メガは新卒採用減や拠点の統廃合、業務のIT化や効率化を急ぎ、人員削減を進めている。 三菱UFJ銀行は2020年度の新卒採用数を今年4月の入行者数に比べて約45%減らすほか、三井住友銀行は約1割減、みずほフィナンシャルグループは約2割減となる。 3メガの採用数はリーマン・ショック以降最少を更新する。 現在放送中のドラマ「集団左遷!!」は廃止間近の銀行支店が舞台だが、現実の世界も厳しい。 三菱UFJ銀は23年度末に店舗を約180店削減する計画で、17年度末時点の35%に相当する。 従来は約100店を減らす予定だったが、上積みする。 みずほは24年度末までに130拠点を減らす方針だ。 ネットバンキングの利用が広がるなか、各行は店舗を少ない行員で運営する次世代型に転換するほか、単純な事務処理は機械に置き換えるなどして、人手による作業を減らす。 そうなると、新卒抑制や自然減による人員削減も進む。 三菱UFJが23年度までに6000人減、三井住友は19年度末までに4000人減、みずほは26年度末までにグループで1万9000人減の方針だったが、前倒しを視野に入れる。 銀行業界は超低金利が続いて貸し出しの利ざやが減り、収益が圧迫されている。 メガバンクは海外事業に活路を見いだしているが、米中貿易戦争もあって不透明感も広がるなか、コスト削減が共通課題だ。

次の

3メガバンク“総崩れ” 収益圧迫で新卒、拠点、人員大量削減 「集団左遷!!」もかくやの厳しさ

メガバンク が 採用 人数 を 減らす 理由

大手銀行が新卒採用を急減させている。 厳しい経営環境から、かつて上位の就職人気ランキングの順位も低迷。 2013年にテレビドラマ「半沢直樹」の「倍返しだ!」の決めぜりふが流行語となって注目された銀行員だが、3メガバンクの20年春の採用数は4年前の3分の1まで減る。 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ(FG)の20年春の新卒採用計画は計1680人。 この10年で最も少なく、ピーク期の16年の3分の1だ。 4年連続の前年割れで、今春より約3割減。 最大手の三菱UFJの来春の採用数は今春のほぼ半分の530人で、3行で最も絞っている。 ピークだった07年の約4分の1で、旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行が合併した06年以降で最も少ないという。 超低金利で国内事業は伸び悩み、同行は23年度までに従業員の1割超の約6千人を減らす。 採用抑制もこの方針に沿ったものだ。 事情は他の2行も同じで、三井住友は18年の採用を前年比4割減、みずほも19年分を前年比でほぼ半減させた。 低金利に加えて銀行を脅かすのが、金融技術の革新「フィンテック」で躍進するIT系企業。 独壇場だった決済や融資分野に参入され、銀行の代名詞「安定」が揺らぐ。 就職情報「学情」の人気ランキングをみると、13年卒分は三菱UFJ2位、みずほ6位、三井住友9位だったが、20年卒分はそれぞれ47位、72位、87位と急落している。 各行は帳票管理などの煩雑な事務を、人工知能(AI)やロボットによる業務自動化(RPA)で代替する考え。 みずほは来春、こうした事務を担う一般職採用を今春の5分の1に抑える。 三菱UFJは、こうしたデジタ….

次の

メガバンクでリストラの嵐!?三菱UFJ銀行や三井住友銀行,みずほ銀行,地銀でも人員削減か!?

メガバンク が 採用 人数 を 減らす 理由

本記事のコンテンツ ・ ・ ・ ・ 早慶の多くはメガバンクへの就職は楽勝だと思ってる 筆者は早慶出身なので、に書かれているような「メガバンクは採用人数も多いし滑り止め感覚」というのは少なからず共感できました。 私の周りでも「一応早慶だし三色のうちどっかしら引っかかるだろう」と考えている学生は非常に多いように感じました。 私も周囲の友人に「メガバンクに行きたいんだ」と相談した際は、「 早慶なのに メガバンク行くの?もったいないからとりあえず総合商社受けとけよ」と言われたことを今でも覚えています。 赤と緑は説明会への参加が重要?説明会も学歴で括られる! 16卒では3月1日の就職活動解禁日から説明会の予約が解禁され、上記の理由から多くの学生が「とりあえず」メガバンクの説明会やセミナーに参加したことと思います。 上記のゆうちょ銀行の例ほど露骨ではないですが、私は早慶の学生として何気なく説明会やセミナーに参加するものの、赴いた会場で前後ろ左右の学生と互いに自己紹介すると皆早慶だった、というような学歴フィルターはザラにありました。 このような括りで採用が進んでいったので、内定式まで「学歴が自分より低い学生」に出会ったことがほとんどなかったです。 にも記載の通り、「高学歴による安心感」や「学歴差別を助長する学生側の意識」が根底にあるのでしょう。 参考までに、私自身がメガバンク三色の選考で感じた学歴偏重傾向を以下に示します。 青の場合: 説明会やセミナーの名前の一部に「先輩行員」といった触れ込みがあるものが多く、「早慶」「MARCH」「東大・一橋・東工」「日東駒専」というようなフィルターが存在していたことが考えられます。 このような触れ込みのない少人数座談会への参加経験もありますが、同じ席に座った他の学生の学歴は早慶・東大でした。 私の東大の友人が説明会に参加した際も、周囲は自分と同じような学歴の学生が集まっていたと言っていました。 特筆すべきは学歴よりも説明会への参加回数が重視されているということです。 参加回数によってリクルーター面接のフローに乗ったり、8月1日の面接解禁日以降の面接回数が大幅に減るようでした。 コース別採用を行ってはいるものの、人事担当者いわく昇進スピードに違いはないとのことですが真偽は不明です。 緑の場合: SMBCラウンジ セミナー名 では参加学生が全員私と同じ大学、少人数座談会では周囲の学生は自分と同じ学部、リクルーター面接では面接官の大学学部が自分と同じという徹底ぶりでした。 「ラウンジに2回参加しないとリクルーターがつかない」という信憑性のあるようなないような噂が囁かれます。 確かに私はこのラウンジに2回参加した後にリクルーター面接の電話がかかってきました。 露骨にリクルーター面接が5回前後実施され、私の友人の内定者も8月1日前に採用活動がほとんど終わっていたと言っていました。 東大や一橋の学生はSMBCラウンジがそれ以下の学歴の学生より早い日程で行われていたようです。 赤の場合: メガバンク三色の中で唯一説明会の参加回数を数えていないと考えられ、面接解禁日からの面接回数が人によっては10回程に及ぶ場合もあることで就活生の間では有名でした。 リクルーター面接がメガバンク三色の中で唯一ないことも面接回数が10回に及ぶ理由でしょう。 「赤の説明会行くなら他の色の説明会行って参加回数稼いどけよ」と揶揄されますが、メガバンク三色の中で最も人気が高いという矛盾が存在します。 このことから、友人の内定者も説明会には他の銀行と比べると足を運んでいないと言っていました。 説明会や選考の際も学歴が重視されたことはなかったと感じましたが、OB訪問をした東大の行員いわく学歴がモノを言うのは入行後であり、昇進スピードに差があるとのことでした。 このような偏った採用活動から、私自身はメガバンクでは学歴が大事なんだ、入行後も学閥に左右されるのではないかという先入観に囚われていました。 学歴や説明会参加回数によって面接回数が異なるようなメガバンクの採用活動の不透明さ故に、この先入観は拭えずにいます。 幸い早慶出身なので、私も内定者も「ある程度のとこまでは出世できるだろう」という根拠の無い自信を少なからず持っていると思います。 本記事では「企業が何故学歴差別をするのか?」そして「学生はどう対応すればいいのか?」解説しています。 懇親会も学歴に応じて役員が参加したりしなかったり? ご縁があって三色のうち二色から内々定を頂き、そのうちの一色の内定者懇親会に参加しました。 選考活動も落ち着いた頃に内定者懇親会に参加しました。 懇親会は本社で行われ、参加者は30名ほどでした。 採用人数の多さから考えると氷山の一角であることは明らかです。 参加内定者は男性:女性=7:3ほどで、役員や人事担当者も参加していました。 ここで驚いたことは、全員が早慶という括りで集められ、会社が早期に内定が出した学生ということです。 内定式の隣に座っていたMARCHの内定者と交流した際には役員の方はいらっしゃらなかったと言っていたので、後になって手厚く歓迎していただいたことがわかりました。 東大レベルの学生の内定者懇親会にはもしかしたらより多くの役員の方が顔を見せていたのかもしれません。 このような学歴偏重傾向は学生の間にも浸透しているようで、内定式の際の自己紹介では学歴が早慶以上の学生は最初に大学名を名乗るという傾向があるように感じました。 三井住友銀行内定者の回答 三菱東京UFJ銀行内定者の回答 みずほ銀行内定者の回答 最後に 如何でしょうか。 「とりあえず内定がほしいからとにかく説明会に行こう」、「高学歴だし、たぶん内定は取れるから受けよう」というような意識を持った学生は少なからずいると感じます。 そのような意識を持って入行する学生も存在し、入行後にそのような学生と差をつけてキャリアを歩んでいきたいという思いを私自身が持っているからこそこの記事を書きました。 銀行での働き方を研究し、明確な目標を持って選考活動に臨んでほしいと思います。 働き方については以下の記事を参照してください。

次の