ダース レイダー 病気。 「余命5年」告げられた人気ラッパーの絶対に“怯まない”生き方【後編】|OCEANS オーシャンズウェブ

【病気で入院】ダースレイダーの余命5年の理由↓父親の死因は?

ダース レイダー 病気

スポンサーリンク まずみなさんが気になるである出身大学ですが、ダースレイダーは本当に東大出身です。 が、入った 東京大学文学部は実は中退しています。 いや、でも入れてただけでも凄いよな。 身長は170cmいかないぐらいと思ったより大きくない様子。 また意外なのがフランス出身で子供時代はロンドンで暮らしていたこと。 ただ中学からは日本に居るようなので、日本の文化は慣れしたんでいます。 1998年に活動を始めて以降、音源に重きを置きつつ、日本HIPHOP文化への貢献をしてきたダースレイダー、2004年には自身のレーベル・Da. Recordsを立ち上げ、高校生ラップ選手権やBBOY PARK、笑っていいともなど様々なメディアに出演しています。 しかし、そんなダースレイダーに転機が訪れたのは2010年。 突然脳梗塞で倒れ、 その合併症から左目を失明してしまう事態に… そう、今やトレードマークである眼帯はその為に付けているんですね。 スポンサーリンク ダースレイダーが引退宣言したのはUMBのMCバトルでのこと。 KZにバトル中にギャラ未払いなど身内の話をされた所、「じゃあ引退する」と喋ってバトルの気をなくしてしまいました。 そしてそのバトルではKZに敗退し、バトル会場ではとても不穏な空気が流れたそうな… まぁ過去にそんな事件があったものの、今年に入ってからはバンドを作るなどダースレイダーらしさを取り戻していますね。 そのバンド名はTHE BASSONS(ザ・ベーソンズ)で、ファンクな感じが印象的です。 インスタ動画やTwitterなど積極的に広報活動をしている彼、まだまだ現役ですしこれからもさらに楽しみですね。 そういえばダースレイダーはオリジナルのTシャツを売っているそうですね。 ファッションセンスも派手で楽しませてくれるラッパーとして、今後も色々と期待です。

次の

ダースレイダー「原因不明」緊急入院で集中治療室

ダース レイダー 病気

スポンサーリンク まずみなさんが気になるである出身大学ですが、ダースレイダーは本当に東大出身です。 が、入った 東京大学文学部は実は中退しています。 いや、でも入れてただけでも凄いよな。 身長は170cmいかないぐらいと思ったより大きくない様子。 また意外なのがフランス出身で子供時代はロンドンで暮らしていたこと。 ただ中学からは日本に居るようなので、日本の文化は慣れしたんでいます。 1998年に活動を始めて以降、音源に重きを置きつつ、日本HIPHOP文化への貢献をしてきたダースレイダー、2004年には自身のレーベル・Da. Recordsを立ち上げ、高校生ラップ選手権やBBOY PARK、笑っていいともなど様々なメディアに出演しています。 しかし、そんなダースレイダーに転機が訪れたのは2010年。 突然脳梗塞で倒れ、 その合併症から左目を失明してしまう事態に… そう、今やトレードマークである眼帯はその為に付けているんですね。 スポンサーリンク ダースレイダーが引退宣言したのはUMBのMCバトルでのこと。 KZにバトル中にギャラ未払いなど身内の話をされた所、「じゃあ引退する」と喋ってバトルの気をなくしてしまいました。 そしてそのバトルではKZに敗退し、バトル会場ではとても不穏な空気が流れたそうな… まぁ過去にそんな事件があったものの、今年に入ってからはバンドを作るなどダースレイダーらしさを取り戻していますね。 そのバンド名はTHE BASSONS(ザ・ベーソンズ)で、ファンクな感じが印象的です。 インスタ動画やTwitterなど積極的に広報活動をしている彼、まだまだ現役ですしこれからもさらに楽しみですね。 そういえばダースレイダーはオリジナルのTシャツを売っているそうですね。 ファッションセンスも派手で楽しませてくれるラッパーとして、今後も色々と期待です。

次の

ダースレイダーは東大出身?眼帯や引退宣言でバンドを再開した理由を調査

ダース レイダー 病気

こんにちは坊主です!! 今回は、『ダースレイダー』さんを取り上げます。 皆さんは、彼の事をご存知でしょうか? 彼は、日本のヒップホップミュージシャン(ラッパー)としてその名前を知られており、左目の眼帯がトレードマークとなっています。 本名は「和田礼(わだれい)」。 彼はラッパー以外にもトラックメーカーとして活動しており、多くの楽曲を生み出し、若者から圧倒的な支持を集めている人物です。 また彼は、フランスのパリで生まれ、小学生時代はロンドンで生活し、その後日本に帰国。 東京都練馬区にある武蔵中学・高校を経て、東京大学教養学部に進学しますが、後に中退しています。 その後、ヒップホップミュージシャンとなり、そのキャリアをスタートさせています。 そんな経歴を持つ彼が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。 それは、お笑い芸人・映画監督を務めている「ビートたけし」さんが所属する事務所「オフィス北野」に所属したと報じられ、世間の注目を集めています。 そこで今回は、彼について調査してみました。 東大ラッパー,ダースレイダーがオフィス北野に所属! 冒頭でも掲載しましたが、彼が「オフィス北野」に所属したと報じられ、世間の注目を集めています。 彼はどんな経緯でオフィス北野に所属したのでしょうか? この事について調査したところ、2017年9月22日に配信された『東スポ』は次のように報じています。 (中略) オフィス北野に入った経緯は ダースレイダー(以下D):Abema TVの「NEWS RAP JAPAN」で オフィス北野所属のプチ鹿島さんと共演してた縁で紹介してもらいました。 ラッパーがオフィス北野とは意外な感じ D:ファンには意外でしょうね。 でも19歳で音楽を始めた時、 普通はデモテープをレコード会社に送るけど、 僕はオフィス北野に送った。 「Quick Japan」って雑誌で (オフィス北野所属の)浅草キッドの特集やってて 「ここだ! 」と思って。 その時はナシのつぶてでしたが、 21年たってたどり着きました。 またこの報道を受けて、彼が以前所属していた「鎖GROUP」を退社した理由について感心が集まっています。 一部ネット上では、「鎖GROUP」の代表を務める「漢 a. GAMI」さんとの不仲が原因で退社したと噂されています。 果たしてその噂は事実なのでしょうか? そこで今回は、彼の退社理由について調査してみました。 スポンサーリンク 東大ラッパー,ダースレイダーの鎖GROUP退社理由! 上記でも掲載しましたが、彼は以前「鎖GROUP」に所属し、ヒップホップミュージシャンとして様々な楽曲を発表しています。 またこの「鎖GROUP」は、ヒップホップミュージシャン「漢 a. GMAI(カン・エーケーエー・ガミ)」さんが代表を務める会社として知られています。 漢さんは、新宿を拠点とするヒップホップグループ「MSC」のリーダーを務め、その卓越したラップスタイルで人気を博し、幅広い年齢層の方から高い支持を得ています。 そんなカリスマ的存在の漢さんと高学歴ラッパーの彼は、不仲のため退社したと一部ネット上で噂されています。 果たしてその噂は事実なのでしょうか? そこで、この噂を元に調査したところ、彼の公式ブログには以下のように掲載されています。 僕、 ダースレイダーは株式会社鎖GROUPを退社する事にしました。 今年に入ってから会社の方針と 僕の意見が対立する機会が増えて来ました。 鎖は漢の会社なので、 漢が面白いと思った事をやるのが良いとも思います。 そこに対して反対ばかりしてるのも不健全な気もして、 それがいつしか話し合いの機会すら減るようになってしまいました。 タイミング的に漢はどんどん人気のMCになって行き、 僕は僕で体調面の事もあり、 自分自身及び自分自身のやりたい音楽や 活動に向き合う時間が増えて行きました。 (中略) 期待されていた仕事は 全然出来てないままの退社を認めてくれたのも感謝です。 と言っても社員としては退社しますが、 当面、 バンドのマネジメントは鎖が継続してやってくれます。 また、 スクラやラップ展などなど今、 共同で手がけているプロジェクトもまだ沢山あります。 なので僕が言うのも自分勝手過ぎますが円満退社です。 ROCKしろ! 』より引用 同ブログの通り、彼の退社の理由は体調面の事や方向性の違いで退社した事を綴っています。 また、ブログでも掲載している通り、マネジメントなどは継続して鎖GROUPが担当すると明かしており、また円満退社であると綴っています。 その事から、ネット上で噂されている不仲説は誤りだと判明しました。 スポンサーリンク 東大ラッパー,ダースレイダーの左目眼帯は病気 冒頭でも掲載していますが、彼は左目の眼帯がトレードマークであり、特徴的です。 この事について、彼のWikipediaには以下のように掲載されています。 以後、 その左眼につけた眼帯がトレードマークとなっている。 また上記で引用したブログ内でも自身の体調面について触れており、ネット上では2017年9月22日現在でも病気を患っていると噂されています。 そこで、彼の患っている病気について調査したところ、糖尿病と痛風を発症している事が判明しました。 この事について、2017年9月22日に配信された『東スポ』は次のように報じています。 別の病院に行ったら 「食事と薬を変えたら大丈夫ですよ」と言われ、 あきらめずに頑張ってます。 糖尿と痛風も持ってる。 彼は病気と闘病しながら、ヒップホップミュージシャンとして活動しています。

次の