豆腐ハンバーグ 肉なし。 ヘルシーでおいしい!人気の豆腐ハンバーグレシピ・作り方20選

【簡単豆腐ハンバーグ】パン粉やお肉がなくても作れちゃうレシピ!

豆腐ハンバーグ 肉なし

豆腐ハンバーグは、ボーリュームがあってしかもヘルシーなので、特に女性に人気のあるメニューです。 豆腐はどんな食材とも相性が良いので、その日の気分で、使う肉の種類や野菜を変えて作るという楽しみもあります。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 この記事では、豆腐ハンバーグの基礎知識に加え、ひき肉でつくる豆腐ハンバーグ、肉なし豆腐ハンバーグ、れんこん入り豆腐ハンバーグ、ひじき入り豆腐ハンバーグにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 豆腐ハンバーグの栄養素について 豆腐ハンバーグは、ヘルシーで栄養豊富なメニューと言えます。 なぜなら豆腐ハンバーグで使う豆腐、低カロリーでしかも、健康維持に必要な栄養素が含まれているからなのです。 例えば豆腐に含まれる大豆サポニンには、体内で満腹中枢を刺激し、満腹感をもたらす作用があります。 油脂を溶かす作用もあり、中性脂肪やコレステロールを除去してくれます。 また豆腐にはタンパク質が多く含まれていますが、低カロリーなので、肉などのタンパク質の食品と置き換えるだけでかなり摂取カロリーを減らすことができるのです。 中でも豆腐ハンバーグは、肉の代わりに豆腐を使う分けですから、カロリーを大幅に減らすことができ、しかも必要なたんぱく質を摂取できるということです。 豆腐ハンバーグは美容と健康のどちらにも効果があるメニューということができますね。 豆腐ハンバーグの調理法について 豆腐ハンバーグは、焼き崩れしやすいイメージがあるかもしれませんが、コツさえつかめば、ふわふわで美味しい豆腐ハンバーグが作れますよ。 コツの一つ目は、良い豆腐を選ぶ!木綿豆腐は特におすすめと言えます。 コツの二つ目は、豆腐の水切りとつなぎを使うことです。 重しをのせて1時間ほどかけてゆっくり水切りするか、時間がなければレンジで1-3分ほど加熱することもできます。 水切りに加え、つなぎを使って水分を吸わせるようにします。 パン粉や麩などをつなぎにすると良いでしょう。 コツの三つ目は、成形と焼き方です。 タネを混ぜ合わせる時に、豆腐をしっかり潰して混ぜます。 すり鉢などを使ってなめらかになるまで潰すと、崩れにくくなります。 また鉄のフライパンは避けて、テフロン加工などものを使うと焼き目もきれいにつき美味しく出来上がりますよ。 調味料をすべて合わせておきます。 ボウルに豆腐・ひき肉・混ぜ合わせておいた調味料を入れて、粘りが出るまでよく混ぜます。 形を整えて、真ん中にくぼみをつけます。 フライパンに油を熱して、ハンバーグを並べて焼き、中まで火が通ったら完成。 お弁当用に作るときは、豆腐の水切りをしておくと美味しく作れますよ。 えのきは3㎝幅に切り、木綿豆腐は適当なサイズに切ります。 えのき・豆腐・鶏ひき肉に卵・パン粉・塩胡椒を入れて混ぜ合わせます。 手のひらサイズの形にし、サラダ油をひいたフライパンで焼きます。 両面に焼き色がついたら、調味料を加えてとろみがつくまで焼いたら完成。 大根おろしと醤油をかけても美味しいですよ。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【ツナ入り豆腐ハンバーグ】ショウガ醤油で食べると肉なしでも美味!夫飯

豆腐ハンバーグ 肉なし

材料を順番に混ぜ合わせよくこねたら、1つずつハンバーグ型に整えます。 これをフライパンで蒸し焼きにすればハンバーグの完成です。 ハンバーグを取り出し軽く拭いたフライパンで、和風ソースの材料を全て合わせたものを火にかけ、とろみが出てきたらソースも完成。 ふっくらジューシーなハンバーグが出来上がりです。 材料を順番に混ぜ合わせよくこねたら、1つずつハンバーグ型に整えます。 これを油をひいたフライパンで両面焼き、蒸し焼きにします。 最後に合わせておいた調味料をよく混ぜて入れ、ハンバーグ全体にタレがからまったら出来上がりです。 材料をよく混ぜ合わせたら、1つずつハンバーグ型に整えて、油をひいたフライパンで両面焼きます。 ここに、大根おろしと調味料を合わせたソースを入れてよく絡めれば完成です。 豆腐を使ったヘルシーなハンバーグにおろしソースがよく合いますよ。 玉ねぎはみじん切りにして炒め、豆腐は水切りしてから材料をよく混ぜ合わせます。 1つずつハンバーグ型に整えて、油をひいたフライパンで両面焼けば完成です。 ふわふわで美味しいハンバーグが出来上がります。 ソースは好みでかけて下さい。 こちらも肉なしで作れます。 生おからを使用する場合は、豆腐を水切りし、パン粉を加えて固さを調整すると作れるそうですよ。 ハンバーグとタレは別に作り、最後にかけて完成です。 しっかり味のタレで、肉なしでも美味しくヘルシーにいただけますよ。

次の

【ツナ入り豆腐ハンバーグ】ショウガ醤油で食べると肉なしでも美味!夫飯

豆腐ハンバーグ 肉なし

お肉なし豆腐ハンバーグは、お肉を一切使わない、お豆腐100%のベジタリアンハンバーグです。 ヘルシーなおかずをお探しの方はぜひお試しください。 豆腐が入っているのでふんわり、軽めの食感のハンバーグです。 お肉のハンバーグのような噛みごたえはありませんが、ちょっと食べ過ぎた日の次の日や、ダイエット中の方、お豆腐好きの方におすすめなレシピ! このレシピはこんな方にオススメ!• 豆腐が好きなベジタリアンの方• 豆腐で簡単な主菜を作りたい• お肉なしでヘルシーなおかずを作りたい お肉なしに加え、豆腐の水切りも不要です。 ひじきを乾燥のまま入れることで、豆腐の水分をしっかり吸い取ってくれるので、楽チン簡単です。 では、必要な材料と作り方を解説しますので、詳しくみていきましょう。 レシピご覧の方は下の方へスクロールしてください。 コンテンツ• お肉なし豆腐ハンバーグに使う材料 豆腐ハンバーグに使う材料はこちらです。 こちらは面倒な時は省いても大丈夫です。 パン粉を加える• 塩胡椒で味付けする• 大きすぎると、ひっくり返すときに形が崩れてしまうので、小ぶりなサイズにしてください• 焼き色が付くまで片面3分づつ焼きます 出来上がり! お皿に取り出し、お好きなソースをかけてお召し上がりください。 ケチャップとマヨネーズを混ぜたソースや、醤油・みりん・酒で照り焼きソース、なんかもいいと思います。 献立づくり : 一汁三菜と色を食べる お肉なし豆腐ハンバーグをおかずに、献立を考えてみましょう。 献立を考える時は、 一汁三菜 汁物1品、ごはん、副菜ふたつ、主菜ひとつ 、色々な色の素材を入れることを意識するといいと思います。 サンプル献立:• ごはん• お肉なし豆腐のハンバーグ 白菜、しめじ、にんじん、インゲン、油揚げ、ひじき、大豆、アスパラガス、ゆで卵、豆腐、玉ねぎ、と全部で12品目含まれています。 色でカウントすると、 緑、白、茶色、黒、オレンジの5色!様々な色を食べることで、異なる栄養を取り入れられるので、栄養バランスがきになる方はちょっと意識してみてください。 まとめ さて、豆腐ハンバーグの作り方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? お肉が入っていないのに、食べ応えしっかり。 和食から洋食まで、調理プロセスの詳しい解説を含めたレシピを発信しています。 こんなレシピが知りたい、この素材ってどう使うの?など、ご質問があればお気軽に下のコメント欄より送信ください。

次の