近藤 真彦 ディナー ショー。 近藤真彦のディナーショー中止で大阪のファンが東京に恨み節!?(2020年3月14日)|BIGLOBEニュース

近藤真彦2020年ツアー日程や場所・チケット購入方法は?デビュー40周年♪|Rioの日々、気になるコト。

近藤 真彦 ディナー ショー

(C)まいじつ 年末に行われる大物芸能人の「ディナーショー」に異変が起きているという。 【関連】ほか 今年の年末ディナーショーのチケット代ランキングを、11月24日配信の「週刊女性PRIME」が発表した。 ベスト5は以下の通り。 5万1500円(12月24、25日/東京プリンスホテル)• 5万円(12月25、26日/ANAインターナショナルコンチネンタルホテル東京)• 4万9500円(12月15〜17日/グランドプリンスホテル新高輪)• 4万7000円(12月23日/ホテルニューオータニ)• 高橋真梨子 4万7000円(12月24、25日/ホテルニューオータニ) ディナーショーでは五木の額を超えてはいけないという暗黙の了解があるのは有名だが、今年も五木がトップ。 他の顔ぶれもほぼ例年通りだが、ベスト5の中でユニークなのは近藤真彦だろう。 「ファン層に主婦が多いため例年、昼の部は『マッチとおやつ』となっており、3歳〜15歳以下の子ども連れ限定で、大人だけの来場は不可になっています」(芸能ライター) ランキングには入っていないが、初のディナーショーを開いた川崎麻世も話題になっている。 「12月2日、京王プラザホテルで開かれ、大沢樹生、沢田亜矢子がゲスト参加。 チケット代は2万円で、300人以上の観客が集まったようです」(同・ライター) 他には、IKKOのディナーショーが完売。 ミッツ・マングローブなどが所属する音楽ユニット『星屑スキャット』のディナーショーがキャンセル待ちの状態だという。 ロックスターは余裕でタブー超え 「今年で引退する滝沢秀明のディナーショーは、見納め公演となるため4万3000円のチケットが即完売。 ネットでは30万円の値を付けたものもあるようです。 また、『週刊女性PRIME』のランキングには入っていませんが、12月23日に開催される『X JAPAN』ToshIのディナー&コンサートは、VIP席7万5000円、S席5万円で、タブーとされる五木を余裕で超えています」(同) なお、『X JAPAN』が今年7月に開いたディナーショーの値段は8万6400円だった。 ロックスターはやはりスゴい!.

次の

ディナーショー中止の「近藤真彦」医者から警告されていた

近藤 真彦 ディナー ショー

が、12月24日放送の『近藤真彦くるくるマッチ箱!』(文化放送)でクリスマスの思い出を語った。 近藤は「小学校の頃、『今日こそサンタを見てやろう』と寝ないで薄目を開けて待っていたら、ガサガサっと音がして、親父が『お前起きてるだろ』と言われた」と父に見つかってしまった。 だが、父がプレゼントを置いていってくれたという。 近藤は「寝ぼけたふりして、『サンタが置いていってくれた』って親の部屋に持っていった」と回想。 プレゼントは欲しかったピンポン玉が出るバッティングマシーンで、「今やっていい?」と聞き、その場で遊びだしたという幼き日の記憶を嬉々として話していた。 また、近藤は「今の子供はサンタクロースにカードゲーム、パパにテレビゲーム、おばあちゃんに何とかって3つもらう」と現代のクリスマス事情を明かしていた。 年末は忘年会など飲みの席も多いが、自身について「この時期はひどい。 忘年会、クリスマス、新年会。 『ここの部分は近藤さん、注意してください』って医者に言われたばかり」と嘆いていた。 近藤は、焼き肉と酒を好きなだけ楽しんだ後、家でブルース・リーの映画『死亡遊戯』のポスターを見て気を引き締めていると、スポニチのインタビューで告白。 それで次の日ジムに行くし、カルビも控えめになるのよ」 近藤は喉の痛みのため、12月23日の大阪のショーに続き、25、26日の都内公演も中止することを発表。 早期の回復を祈りたい。 外部サイト.

次の

近藤真彦 ディナーショー中止がヤバい!理由は?体調不良って?

近藤 真彦 ディナー ショー

略歴 [ ] タレント活動 [ ] 中学一年の時にに入所。 10月、の『』の生徒「星野清」役で。 同じく生徒役だった、とともに「」として活躍。 その後、12月に「」でソロ歌手としてデビュー。 を代表する男性として、『』や『』などの歌番組を中心に活躍した。 、の年間売上成績で第1位を獲得。 1987年の『』において「」で大賞を受賞した。 親衛隊という言い方はさせなかった)。 ステージ用の応援コールとして「G・U・T・Sこんどーまさひこのセクシーボーイ ま〜っさひ〜こ〜」というフレーズも作られた。 男性アイドルとしては珍しく、同年代の男性ファンも多く獲得、歌手活動と並行してテレビドラマや映画などで俳優としても活躍した。 末にデビュー25周年を迎え、としては7年7ヶ月ぶりに新曲「挑戦者」をリリース(楽曲提供)し、も開催。 歌手としては約7年ぶりにの前に姿を現した(鹿児島、東京公演ではがゲスト出演)。 同年以降のジャニーズ年越しライブにもスペシャルゲストとして参加している。 5月9日に発売されたライブDVDについては、映像作品では1987年付にビデオ『OH! ROCK'A MONO』で獲得して以来、20年2か月ぶりの1位獲得となった。 9月1日放送のテレビドラマ『旅情サスペンス 〜倉敷殺人事件〜』では『』以来のドラマ主演を務め、2007年8月31日に第2弾として『多摩湖畔殺人事件』、2008年9月5日に第3弾として『十三の墓標』が放送された。 11月20日、『』の最優秀歌唱賞に選ばれ、自筆のコメントを発表した。 、『3年B組金八先生ファイナル』にて『』第4シリーズ第10話以来16年ぶりに「星野清」役として出演。 レース活動 [ ] ドライバー [ ] に第2戦にで参戦(35,400人の観客を動員)したのを皮切りに、「日本一速い男」の称号を持つレーサーののもとでレース活動を始め、からにかけてはに参戦した。 1994年にはのに初参戦、この年、(JGTC)GT1クラスに参戦し、初優勝をで飾る(の全日本F3選手権チャンピオンのとのコンビ)。 にも同じくGT1クラスで優勝したほか、その後もGT500やGT300クラスにおいて数々の表彰台や入賞を獲得した。 特に完走率の高さには定評があり、ル・マン24時間レースに於いてはに雨に祟られて荒れるレース展開の中、や等600馬力を発揮するマシンが跋扈する同じGT1クラスの中で、450馬力と非力なで総合10位という殊勲を遂げている。 また翌年には同じように雨の中のレースでフォーミュラ・ニッポンで入賞している。 をもって、監督業に専念するためにレーシングドライバーとしての活動を中止したが、その後も「」などのクラシックカーラリーに参戦している。 そしてに自らのレーシングチーム「KONDO Racing」を設立し、フォーミュラ・ニッポンへの参戦を開始し、にへの参戦も開始した。 2007年にはSUPER GT第4戦(・)にて、KONDO Racingとしての初優勝を飾った。 2008年も第4戦(セパン)で優勝し連覇を達成したのに続き、()でも8年目にして初優勝を達成した。 は世界的な景気後退の影響を受けてフォーミュラ・ニッポンへの参戦は休止するが、SUPER GTには引き続き参戦した。 第1戦()にて、豪雨を制し国内初優勝を飾った。 もSUPER GT第1戦()で優勝し、開幕戦2連覇を達成した。 フォーミュラ・ニッポンには第5戦からを擁して復帰し、その後同選手権が「」に改称された後も参戦。 また2012年からKONDOレーシングは育成の一環として日産自動車大学校とジョイントし、のST-Xクラスにも参戦を開始。 2016年にチャンピオンになった。 SUPER GT第4戦(富士)では、5年ぶりとなる優勝を飾った。 2016年は、タイヤ無交換の奇襲を2度成功し、双方で勝利を挙げた他、2018年にはスーパーフォーミュラのチーム部門でチャンピオンに輝くなど、いちアイドルを超えて他チームの監督やファンも認める一人前の監督に成長した。 なお公式ホームページには、肖像権がタレント活動とは別に管理されているためか、近藤の顔写真が掲載されている。 レース界での交友関係 [ ] 30年を超える長いレース経験や、全日本格式のレースにおける複数回の優勝など、プロのレーシングドライバーに伍する成績を上げていることから、国内外のレース界では「歌手」ではなく、「元ドライバーのレース監督」として認識されており、レース界での広い交友関係を生かし、からので行われているでは、イベント全体のスーパーバイザーを務めている。 F1中継 [ ] の中継()にでピットレポーターとして初登場。 その後、からまでの地上波でF1中継のレギュラー解説者を務めた(2012年からは日本GPのBS中継のみ出演)。 トライアスロン・トレイルランニング大会 [ ]• 開催の第21回、Bタイプ(水泳2km・自転車105km・マラソン20km)に出場。 自転車で転倒、右肩甲骨骨折したが完走。 7時間13分9秒、順位は、Bタイプ完走者661人中389位。 開催の第26回に参加し、13時間20分0秒で完走を果たした。 開催の第1回IZU TRAIL Journey 2013(和文表記:伊豆トレイルジャーニー2013伊豆松崎・修善寺間山岳競争大会)に参加し、12時間55分09秒で完走(順位は男子総合部門完走者1,004人中810位)を果たした 人物 [ ]• 1987年の『』受賞の際に、前年に事故死した母親の遺骨が墓から盗まれ、返してほしければ受賞を辞退するよう脅迫される事件が起きた。 マスコミに発表したのは翌1988年の年初で、その遺骨は現在も近藤の元に返ってきていない(2019年時点)。 2010年3月26日に放送された『』の「波瀾万丈スペシャル」では遺骨盗難事件などについて語り、19. 1989年7月11日、自宅マンションでが自殺未遂事件を起こし、同年12月31日の復帰会見に同席した。 1994年に一般人女性と結婚。 その後、に第一子となる男児が誕生。 近藤は名前も言わずその場を去ったが、少年の父親は後で救助してくれた人物が近藤だったことを知った。 この事故を伝える記事の見出しは、自身の歌のタイトルを拝借した「人命救助さりげなく」であった。 」を作曲した。 「マッチ」の名付け親は。 近藤は「僕が丸刈りで顔が小さくてひょろひょろだったから『マッチ棒』って呼ばれてたんです。 『棒』がとれてよかったですよ」と当時を振り返った。 趣味は・収集である。 また無類の好きでもある。 自称「日本一の」。 特にを観に行こうとするとなぜか雨天中止になることが多いという。 2010年8月にに出演した際も上空に雲が立ち込め開催が危ぶまれたほど(ただし雨は降らず、大会は無事開催された)。 また、2010年10月のF1日本グランプリの解説を務めるため、鈴鹿サーキットに赴いたが、豪雨によってレースの予選が中止になる というハプニングに遭遇した(この時『』の取材で現場にいたを「雨男」と言ったが、すぐに自分のことを「雨男」と訂正して周囲の笑いを誘った)。 にとが事務所を退所して以降、ジャニーズ最年長の地位を20年以上にわたって維持している(現在。 におりも退所時(40代まで事務所に在籍した初のメンバーとなった)の年齢を超え現在もジャニーズ事務所所属タレント・アーティスト等の最高齢記録を更新し続けている(現在)。 の誕生日で50代を迎えた初のジャニーズ事務所所属者となり、快挙を達成となった(現在。 ジャニーズの後輩達に関しては、「本来は同じ芸能界で活動するなので厳しくしなければならないが、自分が一番の年長者で歳も離れているので、慕ってくればつい優しくしてしまう」と発言している。 なお、親しい間柄の後輩は、、と雑誌で語った。 東山や光一はマッチの曲(「」など)を踊り付きでカヴァーすることがよくある。 ジャニーズのタレントでは珍しく『』や『』への出演経験がある。 『NHKのど自慢』の出演はにの放送で出演した後、の放送(開催地は)で13年ぶりに出演した。 とは『』で共演して、演技上で近藤がうっかり坂上に本気で平手打ちしてしまい、謝罪しない近藤に対して怒った坂上がそのまま帰った逸話がある。 とはプライベートで月に1度は会い、10代の頃からに出演し 、2017年11月23日まで17回出演している。 デリソバゴールドで小諸からクリアしたことがある。 2018年には「の司会がやりたい」との目標があることを明かした。 2020年2月29日に野村義男がリリースしたアルバム「440Hz with〈LIFE OF JOY〉」の11曲目『ありがとう』にとして参加。 作品 [ ] シングル [ ]• タイアップはを参照。 レコード・CDレーベルは「永遠に秘密さ」までがRVC(後の)で、「ヨイショッ! 」からがCBS・ソニー(後の)。 作詞:・作曲:• 1981年度年間3位• (3月12日)• 作詞:松本隆・作曲:筒美京平• 1981年度年間20位• 作詞:松本隆・作曲:筒美京平• 1981年度年間11位• 作詞:・作曲:筒美京平• 1981年度年間21位• 最優秀新人賞受賞、・出場曲• 作詞:伊達歩・作曲:筒美京平• 1982年度年間9位• 作詞:松本隆・作曲:筒美京平• 1982年度年間10位• 作詞:松本隆・作曲:• 1982年度年間7位• 作詞:松本隆・作曲:筒美京平• 1982年度年間26位• 出場曲• 作詞:松本隆・作曲:筒美京平• 1983年度年間23位• 作詞:伊達歩・作曲:• 1983年度年間29位• 作詞:松本隆・作曲:筒美京平• 1983年度年間34位• 出場曲• 作詞:松本隆・作曲:筒美京平• 作詞:・作曲:筒美京平• 1984年度年間33位• 作詞:売野雅勇・作曲:• 1984年度年間26位• 出場曲• 作詞:松本隆・作曲:山下達郎• 1984年度年間49位• 作詞:・作曲:• 出場曲• 1985年度年間57位• (1985年6月5日)• 作詞:売野雅勇・作曲:• (1985年10月21日)• 作詞:売野雅勇・作曲:鈴木キサブロー• 第16回受賞• (2月26日)• 作詞:売野雅勇・作曲:• (1986年7月4日)• 作詞・作曲:• 出場曲• (1986年9月10日)• 作詞・作曲:• 織田哲郎の曲をカヴァー• (1月1日)• 作詞:伊達歩・作曲:• 受賞、出場曲• 1987年度年間35位• (1987年6月11日)• 作詞:伊達歩・作曲:井上尭之• 作詞:・作曲:筒美京平• 第18回日本歌謡大賞受賞• (4月8日)• 作詞:松本隆・作曲:筒美京平• (1988年9月14日)• 作詞:康珍化・作曲:• 出場曲• (2月3日)• 作詞:・作曲:馬飼野康二• (1989年6月1日)• 作詞:・作曲:• 『』で10位以内にランクインした最後の曲(1989年6月15日放送回:第8位)。 (1989年7月5日)• 作詞:・作曲:筒美京平• (1989年11月10日)• 作詞・作曲:• (4月8日)• 作詞:森浩美・作曲:真野響一郎• (1990年5月5日)• 作詞:森浩美・作曲:・英語詞:Linda Hennrick• (1990年7月12日)• 作詞:・作曲:• (1990年10月24日)• 作詞・作曲:• (7月19日)• 作詞:松本隆・作曲:MARK DAVIS• (1991年12月12日)• 作詞:・作曲:• (5月21日)• 作詞・作曲:• (11月21日)• 作詞:原真弓・作曲:馬飼野康二• (7月21日)• 作詞:工藤哲雄・作曲:• (2月21日)• 作詞:沢ちひろ・作曲:• 出場曲• (2月21日)• 作詞:山崎民士・作曲:Joe Rinoie• (5月20日)• 作詞・作曲:CANNA• I」名義• 作詞:ちあき哲也&・作曲:長沢ヒロ• 「ヨイショッ! 」 のセルフカヴァー(鈴木おさむによって詞が大幅にリライトされている)。 ・・・・・とともに "MATCHY with O. I" として歌唱。 (12月14日)• 作詞・作曲:中原朋彦• (1月24日)• 」名義• とのコラボバンドユニットとして発売。 (2008年12月23日)• 作詞:伊集院静/作曲:Nenad Kokovic・Enver Memis• (12月13日)• 作詞:・春名文/作曲:安田信二• (2月22日)• 最優秀歌唱賞受賞• (11月21日)• 作詞:ジョー・リノイエ、/作曲・編曲:ジョー・リノイエ• (2月26日)• 作詞:/作曲:/編曲:• (12月9日)• 作詞:伊集院静/作曲:馬飼野康二/編曲:• (2017年12月3日)• 作詞:/作曲:Felix Persson、Marta Grauers、Vincent Degiorgio その他シングル [ ]• (1985年12月1日)12インチ• (1987年12月9日)12インチ• 『愚か者』・『泣いてみりゃいいじゃん』・『さすらい』を収録。 ジャニーズ事務所内の公式ディスコグラフィーでは「アルバム」としてカウントされている。 では「愚か者 12インチ 」の表記でシングルとして扱われている。 アルバム [ ] オリジナルアルバム [ ]• 天使の休息 - 作詞:、作曲:• Lonely Girl, Sexy Girl - 作詞:、作曲:• Z - 作詞:松本隆、作曲:長沢ヒロ• 五月雨Good-bye - 作詞:安藤芳彦、作曲:佐久間正英• 爆走レイル・ロード - 作詞:、作曲:佐久間正英• RACER - 作詞:松本隆、作曲:• あの手この手はイマノウチ - 作詞:、作曲:• TOKYO-L. - 作詞:、作曲:• ティーンエイジャー・ウエディング - 作詞:すずきひさし、作曲:馬飼野康二• ハート・クラッシュ - 作詞:松本隆、作曲:筒美京平• See You Again - 作詞:松本隆、作曲:筒美京平• Nightless Girl - 作詞:、作曲: (広東語:羅文)• 川の流れのように - 作詞:、作曲:• 名もない恋人 - 作詞:、作曲:Mark Davis• Inside Love - 作詞:、作曲:西村麻聡• A Hard Days Night - 作詞:FENCE OF DEFENSE、作曲:Mark Davis• 黄金のシルク - 作詞:、作曲:Mark Davis• Just Walking Under Moonlight - 作詞:柳川英巳、作曲:西村麻聡• 君がすべて - 作詞:五輪真弓、作曲:Mark Davis• X'masにはダンスを - 作詞:、作曲:Mark Davis• 無頼派 - 作詞:、作曲:• 泣いちゃえ〜Only CryIN'〜 - 作詞:、作曲:J. Donovan• Go Straight! - 作詞:、作曲:J. Donovan・Leon Walker• はずしっぱなし - 作詞:朝水彼方、作曲:• Harvest Moon - 作詞:、作曲:J. Donovan・Leon Walker• If You Need Somebody To Love - 作詞・作曲:• デスペラード〜ならず者〜 - 作詞:、作曲:• Travelin' Days - 作詞:松本隆、作曲:• Sail - 作詞:、作曲:J. Donovan・• 少年のこころ - 作詞・作曲:歌川和彦• Introduction Sailing Tune〜群像 - 作詞:戸沢暢美、作曲:J. Donovan・Leon Walker• 11時45分 - 作曲:J. Donovan• ボギー - 作詞:、作曲:・Leon Walker• ワル - 作詞・作曲:• 64 - 作詞:、作曲:• レイン - 作詞:椎名可憐、作曲:渚十吾• 噂通り - 作詞:、作曲:• Cindy - 作詞・作曲:歌川和彦• Empty Bed - 作詞:渚十吾、作曲:渚十吾・鮎川誠• 綺麗 - 作詞:、作曲:渚十吾• 南十字星 - 作詞:歌川和彦、作曲:渚十吾• Sky Blue - 作詞:、作曲:渚十吾• December 24th. - 作詞:村上広一、作曲:渚十吾• ボギー〜In The Sunday Morning〜 - 作詞:椎名可憐、作曲:渚十吾・Leon Walker• BREATHLESS - 作詞:、作曲:• - 作詞:山崎民士、作曲:ジョー・リノイエ• MOVIN' OUT - 作詞:沢ちひろ、作曲:ジョー・リノイエ・• いいことあるさ - 作詞:沢ちひろ、作曲:• GET IT ROCK - 作詞:沢ちひろ、作曲:• BACK TO HOME - 作詞・作曲:• 作詞:沢ちひろ、作曲:ジョー・リノイエ• 君のためにサヨナラ - 作詞・作曲:• - 作詞:沢ちひろ、作曲:• - 作詞:沢ちひろ、作曲: ベストアルバム [ ]• (1985年4月4日)• 近藤真彦 THE BEST(1987年6月4日)• By Your Request(1990年12月12日)新録音ベスト• THE ROCK BEST(1996年11月21日)新録音ベスト• (2006年2月8日)• (2007年2月7日)• 録音時のサポートミュージシャンとして元ジャニーズ事務所所属の(ギター)、(コーラス)、(ベース)、(ドラムス)がゲスト参加している。 ライブアルバム [ ]• ブルージーンズメモリー(1981年9月5日)• 嵐を呼ぶ男(1983年8月4日) CD-BOX [ ]• (2006年1月1日) トリビュート・アルバム [ ]• MATCHY TRIBUTE 25th anniversary(2006年1月25日)• Lori Fine() and• 夕焼けの歌 - ()• ブルージーンズメモリー -• アンダルシアに憧れて - (・・・)• ミッドナイトシャッフル -• スニーカーぶる〜す -• 愚か者 - ヘビメタサンダーズ (・・)• ハイティーン・ブギ -• ギンギラギンにさりげなく - DVD [ ]• '07 Valentine's Day in 武道館[2枚組](2007年5月9日)• 近藤真彦ライブ 07. 26-08. 14[2枚組](2008年7月19日) 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• シリーズ( - 星野清 役• 第1シリーズ(1979年 - 1980年)• 第2シリーズ第13話「同窓会・贈る言葉」(1980年)• スペシャル1「贈る言葉」(1982年)• スペシャル3「小さな嘘」(1984年)• スペシャル5「先生の暴力 生徒の暴力」(1986年)• 第4シリーズ第11話「十五歳の母と父(2)」(1995年)• スペシャル9「子供を救え! 大人達よ立ち上がれ」(1998年)• ファイナル〜「最後の贈る言葉」(2011年)• (1980年5月26日 - 1981年3月23日、)- 主演・岡田達也 役• (1981年1月2日、テレビ東京)• 走れ青春42. 195キロ(1984年4月11日、テレビ東京)- 主演・真彦 役• (1985年4月12日 - 7月2日、)- 主演・高志 役• マイフェアねーちゃん(1987年1月18日、TBS、)• 蛍たちの挽歌(1988年4月8日、フジテレビ)- 主演• 逃亡者(1988年8月17日 - 12月16日、NHK)主演• 大風呂敷(1989年4月10日、テレビ東京) - 主演・後藤新平 役• 炎の挽歌(1989年5月12日、フジテレビ、)- 主演• 私のカレは三代目(1989年11月27日、TBS、)- 主演• ある外科医の告白(1990年11月19日、TBS、月曜ドラマスペシャル) - 主演• 嵐の章(1989年10月28日 - 12月23日、日本テレビ)- 主演・湊屋舟作 役• 花燃える日日 青春航路(1990年2月17日 - 24日)• (1990年、フジテレビ、終戦45年ドラマスペシャル)• (1991年10月16日 - 12月18日、フジテレビ) - 浜崎英雄 役• 「」(1991年、フジテレビ)- 主演• 拝啓、男たちへ 2 会議が長くて(1992年、、東芝日曜劇場) - 主演• 「」(1992年、フジテレビ、) - 主演• (1992年8月13日 - 9月24日、TBS) - 謙介 役• おやじのヒゲ13(1992年、TBS、月曜ドラマスペシャル)• (1993年1月4日 - 4月2日、TBS、)• II(1993年、テレビ朝日、春の時代劇スペシャル)• (1993年 - 1995年、)- 吉良右近 役• ニュー・三匹が斬る! (1993年12月23日 - 1994年6月2日)• 痛快・三匹が斬る! (1995年4月6日 - 8月31日)• (1994年1月1日、TBS、) - 片岡源五右衛門 役• (1994年4月8日〜7月15日、NHK、)- 主演・青山信二郎 役• (1998年4月14日 - 6月30日、)- 主演・吉岡慎太郎 役• 「第7話」(2002年、TBS)• 美空ひばり誕生物語 おでことおでこがぶつかって(2005年、TBS)- 杉山先生 役• (2006年 - 2009年、フジテレビ)- 主演・岡部和夫 役• 倉敷殺人事件(2006年9月2日、)• 多摩湖畔殺人事件(2007年8月31日、)• 十三の墓標(2008年9月5日、金曜プレステージ)• シーラカンス殺人事件(2009年11月27日、金曜プレステージ)• (2009年7月7日 - 9月8日、関西テレビ) - カイト(ヴァンパイア)役(特別出演)• (2017年10月2日-12月22日、テレビ朝日 40話 、43話、51話、52話 ) -森繁久彌 役 テレビバラエティ [ ]• (1980年 - 1981年、NHK) テレビアニメ [ ]• (2012年10月2日 - 2013年9月24日) - 友情出演・本人 役• なお、本作の主題歌も歌っている。 映画 [ ]• たのきんスーパーヒットシリーズ(1981年 - 1983年、映画)• 第1弾・(1981年2月11日公開、【監督:】) - 主演・金沢昌也 役• 第2弾・(1981年7月11日公開、【監督:河崎義祐】) - 主演・金田一真 役• 第3弾・(1981年12月20日公開、【監督:河崎義祐】) - 準主演・北野徹 役• 第4弾・(1982年8月7日公開、【監督:】) - 主演・藤丸翔 役• 第5弾・(1982年12月18日公開、【監督:河崎義祐】) - 準主演・柴田隼人 役• 第6弾・(1983年8月4日公開、【監督:】) - 主演・国分良 役• (1983年12月24日公開、東宝) - 友情出演・海童征人 役• (1985年1月26日公開、東宝)- 主演・五代誠 役• (1987年9月12日公開、)- 大介 役• (1991年、)- 小倉勇武 役• (1993年、東映) - 江口信久 役• (1993年、東北新社)- 波野隆 役• (2000年、東宝)- 友情出演 吹き替え [ ]• 「」(1985年、)史上最年少座長• 「森の石松」再演(1986年、東京・)• 「」(1987年、大阪新歌舞伎座)• 「イダマンテ」(1988年、東京・、名古屋・、:脚本、:作詞、:音楽、:演出。 「イダマンテ」再演(1989年、東京・中野サンプラザ)• 「若親分」(1990年、大阪新歌舞伎座)• 「DREAM BOYS JET」(2013年、)特別出演 ラジオ [ ]• (1980年10月 - 1984年9月、)• 近藤真彦 ベストクルージングミュージック(1984年10月 - 1988年3月、文化放送)• 近藤真彦 出逢いから物語へ(1988年4月 - 1990年3月、文化放送)• 近藤真彦 SUNDAY MOTOR RADIO(文化放送)• 近藤真彦 くるまっち(2002年 - 2006年3月、文化放送)• (文化放送)• (2016年4月- 、) CM [ ]• 「ロッカッキー」( - ) 当時まだだった・・・浜中隆の4名がバックを務めた。 「チョコフレークバー」• ハウス食品「ククレカレー」 1981年10月からは、(錦織・植草・松原の3名)が共演した。 ハートチョコレート• 「シーマックス1000」• 「オーディオテープ」/「レコーディングステレオ jump」/「ステレオミニラジカセ ラブコール」• 公共広告機構(現:)()• (現:)「ピッカリコニカ・カラーハンディ」• 「」(初代K10型・ - )• 「ポッカコーヒー・ファーストドリップ」• 「夕涼み生ビール」• 「/」(9代目・E120/E120G系) (セダン・)(フィールダー・2000年)• 「() - ()開通」(2007年12月)• 「レッドホットウィング」(2009年)• (2009年10月8日 - )• (2012年9月 - )• 〜はデータ不明の為、以降の出演データを記載。 連載 [ ]• 『Safari』 「近藤真彦のつれづれ遊び! 」 (日之出出版) レース活動 [ ]• (現:)• (現:)• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Johnny's web. 2016年8月閲覧。 『』1982年7月4日放送回(2015年6月現在NHKアーカイブスの番組公開ライブラリーで視聴可能)時点でこの英語表記が使われている。 2012年3月5日閲覧。 ORICON STYLE. 2010年11月20日. 2012年3月5日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年3月7日. 2012年3月5日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019年7月11日. 2019年7月12日閲覧。 2010年3月29日. News2u. net. 2012年3月5日閲覧。 2010年9月12日閲覧。 2010年9月12日閲覧。 シエロ 2010年5月1日. 2012年3月5日閲覧。 日刊スポーツ。 2017年11月7日配信。 2019年1月12日閲覧• - asahi. com・2010年8月20日• 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 協議会日誌 2010年10月9日. 2012年3月5日閲覧。 それに次いで、等である(現在。 後に、等が快挙を達成となった(現在。 ,スポーツニッポン,2018年1月7日• 2018年8月15日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年11月10日. 2018年8月15日閲覧。 TV LIFE web. 2017年12月8日. 2018年8月15日閲覧。 2019年2月10日閲覧。 2018年5月1日中日劇場 中日新聞文化芸能局 発行「中日劇場全記録」• 日刊スポーツ. 2013年6月28日. 2018年8月15日閲覧。 サントリー. 2017年4月10日閲覧。 「音楽ナタリー」 関連項目 [ ]• - RVC時代のディレクター。 元ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役• (友人) 外部リンク [ ]• - ジャニーズ事務所による公式サイト• - ソニーミュージックによる公式サイト• - TOSHI'81 - No. ベストアルバム.

次の