ケン コンボ 抜け方。 スト2 Wiki

【スト5AE】これから始める「ケン」初心者講座【シーズン3】

ケン コンボ 抜け方

2018年12月7日に任天堂Switchから『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が発売されました。 今作は今までの歴代のキャラクターが全て参戦すると共に、新しいキャラクターも多く増えましたね。 今作には前作品と同様に『 ルイージ』が参戦しています! さて、今作のルイージですが既に『 即死コンボ』が発見されたと話題になっています!しかも、この即死コンボはズラしても抜けられないそうで、一部では「修正が必要だ!」とまで言われています。 この記事では『 ルイージの 即死コンボとやり方』についてまとめておこうと思います。 これからのアップデートで修正される可能性がありますが、ルイージ使いの人は必見の内容となっています。 ルイージの即死コンボ 空中でスティックをニュートラルの位置でAボタンの略になります。 ニュートラルの位置というのはスティックを動かしていない状態のことですね。 簡単にやっているかのように見えますが、なかなか忙しいです。 それにタイミングを合わせる必要があるので難しいです。 確実に練習が必要になると思います。 また現状ではこのコンボを使用することができますが、アップデートで出来なくなる可能性は十分にあります。 仮に習得する場合は、いつ出来なくなってもいい覚悟を持ちましょう。 ルイージの即死コンボ対策 ・最初の掴みの時に、左右にベクトルを変更して逃げる ・ディレイをかけるタイミングの相手のミスで回避やガードで割り込む ・空中下Aをくらうタイミングで受け身やガードを割り込める時がある ・即死コンボが発動できないキャラクターを使う 現状での対策は上記で以上となります。 しかし、最近は話題になりすぎてきているので、早いうちに更新データの修正で即死コンボが行えないようになると思われます。 やるのは今うちかもしれませんが、やられた相手はあまり良い気分ではないので程々にしておきましょう! まとめ ルイージの即死コンボについてまとめました。 しかし『即死コンボ』というのはアクションゲームには付き物です。 昔はゲームを販売してから修正などできなかったですが、現在では更新データなどで修正できます。 特に今作のスマッシュブラザーズはキャラクターの公平さを特に重要視していると感じていますので、すぐに修正される気がします。 また、この記事で紹介したルイージの即死コンボはとても難しいです。 Twitterで2時間練習中というツイートも見かけたほどです。 無理に即死コンボを行う必要はないと思います。 とにかくゲームを楽しみましょう!この記事が少しでも多くの人の役に立てればと思っています!.

次の

ストリートファイター5のケン対策についてです。

ケン コンボ 抜け方

狼状態は相手の攻撃をガードできないものの機動力が大幅に強化され、高速の攻めが展開できるオフェンス特化のスタイルだ。 消費したヴォルフゲージは人間状態で地上にいるときに回復する。 各種ゲージ増減は以下の通りだ。 地上では立ちCへつないでコンボや連携を狙う。 ジャンプキャンセル可能であり、コンボのつなぎにも活用する。 ・ C 足元を狙う下段攻撃。 ヒット時はダウン効果があり、地上ヒット時はナハト・イェーガー、空中ヒット時はナハト・ローゼンにつないでコンボを狙える。 ・狼C 狼の尻尾で薙ぎ払う下段攻撃。 ・狼ジャンプA 狼の牙による噛みつき攻撃。 ガードを揺さぶる際は狼Cの対になる技として機能。 ヴァイス・ヤクト後はゲシュヴィント・ヴォルフで狼状態に移行して相手の起き上がりを攻める。 操作が忙しいが、ヴァルケンハインのコンボでは優先的に覚えたいテクニックだ。 狼Bで迎撃後は、空中攻撃とラーゼン・ヴォルフを用いて一度着地することによりコンボダメージのアップを目指す。 ヴォルフゲージに余裕がある時にはケーニッヒ・ヴォルフを連続でつないでコンボを構築可能。 地上の人間状態でコンボをつなげることで、ヴォルフゲージを節約しつつダメージを増やすことができる。 ジャンプCの後はケーニッヒ・フルークで締めてダメージアップを図る。

次の

ヴァルケンハイン=R=ヘルシング

ケン コンボ 抜け方

Vシステム• Vスキル「奮迅脚」 中P+中K• 中P+中K同時押しでダッシュ。 押しっぱなしにするとスト4の前蹴りのような技がでる。 隙が多くめり込むと反撃確定。 通常技をキャンセルして出せるがガードされていると反撃確定するくらい不利となる。 クラッシュカウンターを確認して出すのが有効。 Vトリガー「ヒートラッシュ」 強P+強K• 各種必殺技がパワーアップする。 波動拳 ヒットするとダウンするようになる 竜巻旋風脚 弱の根元攻撃判定が大きくなりコンボにいきやすく。 強を地上でガードされたときの不利フレームが少なくなる。 空中竜巻旋風脚 めくりが簡単になる。 EX版から地上コンボにつながるようになる。 昇竜拳 ヒット数と威力が増加。 Vリバーサル「旋風鉈落とし」 ガード中に前+KKK• ダウンしない。 特殊技• 紫電カカト落とし 前強K• しゃがみガードできない中段攻撃。 前進するので間合いが長い。 前強Kでフェイント、長押しでカカト落としを出す。 稲妻カカト割り 後中K• しゃがみガードできない中段攻撃。 その場から攻撃する。 顎撥 後中P• 密着しゃがみ中Pから連続ヒットする。 ガードで不利だが反撃は受けない。 キャンセル可。 ちなみに読み方はアゴハネ。 二発目をガードされると隙が大きい。 二発目の入力を遅くして一発目でヒット確認してコンボにつなぐ。 一発目でケンの肘に注目していると確認しやすい。 こちらもガードされたときに一発目でとめれば反撃はない。 ヒット時は強昇竜拳で追撃可能。 対空技• しゃがみ強P 突き出した拳の先端をあてるようにすると強い。 発生も早く操作も楽なので実は昇竜拳より優れている。 ただし、めくりや空中必殺技、遠い間合いのジャンプなど対処できないケースが多い。 中昇龍拳 発生に無敵があり相手が何をしても落ちるのが強み。 相手のジャンプを見てから623と6321のを使い分けは難しいので、今ジャンプされたらどちらの入力になるかは注意しておく。 EX竜巻旋風脚 間合いの広い対空攻撃。 昇竜拳やしゃがみ大Pで攻撃できない手前落ちのジャンプもこれで落ちる。 前ダッシュ ダメージはないが立派な対空技。 めくりに対して手間いらずでリスクを拒否できて相手の着地を攻める事もできる。 ただし相手との位置がいれかわるので画面端との距離は意識しておく。 ・初心者講座: ガード崩しに使う技 ケンはガードを崩してダメージをとる能力は高くない。 投げ間合いの外でしゃがみガードしながらケンの連係に割り込みを狙う相手に対する崩しの行動を紹介する。 無理に攻めず相手に選択を迫りながら、相手の切り返しを狩っていくのが狙い。 しゃがみ中Pと立ち強K• しゃがみ中Pをガードさせて相手が技を出すと読んだら立ち強K。 ガードを続けると読んだら歩いてしゃがみ中P。 前ジャンプ、屈大Kや昇竜拳と読んだらしゃがんで待つ。 ガードでも白ダメージが蓄積し相手を画面端に追いこめる。 ただし、相手にVゲージが溜まるのでこれだけでは状況を動かしにくい。 稲妻カカト割り 後中K• しゃがみガードにヒットする中段攻撃。 間合いが長いので相手の小技の外から使用する。 ダメージは低いのでアクセントの嫌がらせに。 相手が落ち着いていると対処されやすい強引な選択。 しかし、ダッシュ投げを警戒させるとジャンプや技を釣り出せる。 しゃがみ中Pをガードさせて距離が離れた後、相手の技の空振りにダッシュできたらラッキー。 相手が前ジャンプしていると位置がいれかわるので画面端との距離には注意。 屈中Pなどをキャンセルして奮迅脚を出す。 これまた強引な選択だが、相手が慌てだすと通る。 相手がうっかり波動拳を前ジャンプしてくれるとしゃがみ大Pや昇竜拳で落とせるというだけ。 攻め放棄の選択なので多用すべきでないが、読み合いのタイミングをずらしケン側だけリラックスする時間を作れる。 ちなみにバックダッシュ1回からの波動拳はかなり危険。 リスクを避けるなら欲張らずに下がってしまったほうがいい。

次の