参院 選 大阪 選挙 区。 【参院選】4議席めぐり12人が激戦! 個性豊かな大阪選挙区の顔ぶれ

東、太田が先行=大阪【参院選情勢】:時事ドットコム

参院 選 大阪 選挙 区

参院選 東京・大阪選挙区の終盤情勢=JX通信社情勢調査 米重克洋 - Y! 本稿では、その中から東京・大阪の両選挙区について、過去の選挙結果や独自調査データを加味して分析した終盤情勢の内容を掲載する。 調査の概要は本稿末尾に記載の通りだ。 東京(定数6) 終盤も引き続き丸川氏ら4氏リード 東京選挙区では、終盤でも引き続き現職の丸川珠代氏(自民党)、吉良佳子氏(共産党)、山口那津男氏(公明党)、武見敬三氏(自民党)がリードしている。 その後にともに新人の塩村文夏氏(立憲民主党)と山岸一生氏(立憲民主党)が続き、音喜多駿氏(日本維新の会)が激しく追い上げている。 野原善正氏(れいわ新選組)は出馬表明が遅れたがその後に続いている。 水野素子氏(国民民主党)、朝倉玲子氏(社民党)らは支持が広がっていない。 丸川氏は自民党支持層の3割を固めた。 吉良氏は共産党支持層の7割超から支持を受けるほか、無党派層からも支持を得ている。 山口氏は公明党支持層の大半を固めたほか、自民党支持層の一部からも支持がある。 武見氏は自民党支持層の2割強を固めている。 塩村氏は立憲民主党支持層の3割超を固めたほか、中盤にかけて態度を決めた有権者を取り込み、無党派層で最多の支持を得ている。 山岸氏は立憲民主党支持層の3割弱を固めたほか、無党派層からの支持も積み上げている。 音喜多氏は無党派層から一定の支持を受けるほか、自民党支持層の一部からも支持を集めているが、基盤である日本維新の会支持層からの支持拡大が課題だ。 野原氏は、れいわ新選組の支持層を足がかりに、野党支持層や無党派層の取り込みを進めている。 なお、3割台後半の有権者が態度を決めていないか明らかにしておらず、情勢はなお流動的だ。 大阪(定数4) 東・太田・梅村氏リード 大阪選挙区では、現職の東徹氏(日本維新の会)、太田房江氏(自民党)と新人の梅村みずほ氏(日本維新の会)がリードしている。 その後を現職の杉久武氏(公明党)と辰巳孝太郎氏(共産党)、新人の亀石倫子氏(立憲民主党)が激しく追い上げる展開だ。 にしゃんた氏(国民民主党)らは厳しい。 東氏は日本維新の会支持層の4割強をまとめた他、自民党支持層の1割台半ばや無党派層の一部からも支持を得ている。 太田氏は自民党支持層の4割を固めたほか、無党派層からも一定の支持がある。 梅村氏は日本維新の会支持層の4割弱を固めたほか、自民党支持層の1割と無党派層の一部からも支持を集める。 杉氏は公明党支持層を基盤に支持を固めている。 辰巳氏は共産党支持層の8割を固めたほか、同党支持層以外の政権不支持層の支持を集めて追い上げている。 亀石氏は立憲民主党支持層の6割を固めたほか、無党派層の一部からの支持もある。 大阪選挙区で態度を決めていないか明らかにしていない有権者は2割台半ばとなっている。 調査の概要:7月13日(土曜日)から15日(月曜日)までの3日間、無作為に発生させた電話番号に架電するRDD方式で、東京都・大阪府内の18歳以上の有権者を対象に調査した。 情勢分析は6月22日〜23日、同29日〜30日、7月6日〜7日に行った電話調査の結果と過去の選挙結果のデータをもとに行った。 有効回答は計1608件だった。 米重克洋 JX通信社 代表取締役 1988年(昭和63年)山口県生まれ。 2008年、報道ベンチャーのJX通信社を創業。 「報道の機械化」をミッションに、テレビ局・新聞社・通信社に対するAIを活用した事件・災害速報の配信、独自世論調査による選挙予測を行うなど、「ビジネスとジャーナリズムの両立」を目指した事業を手がける。 >その後にともに新人の塩村文夏氏(立憲民主党)と山岸一生氏(立憲民主党)が続き、音喜多駿氏(日本維新の会)が激しく追い上げている この内容ならば、5ポイントは差がついている予感。 とはいえ、色んな音喜多有利の情勢予測が多くて混乱している。 何を信じれば。。。 — 宮寺達也 miyaderatatsuya 「吉良氏は共産党支持層の7割を固め…」やばい。 まだ、7割。 私たちの声がかかっていない方々がまだまだたくさん。 参院選 東京・大阪選挙区の終盤情勢=JX通信社情勢調査 米重克洋 - Y! これをみてると後半は野党側が伸びるとみれますね。 — ふす fusu3 東京選挙区 現職の丸川珠代氏(自民)、吉良佳子氏(共産)、山口那津男氏(公明)、武見敬三氏(自民)がリード その後に塩村文夏氏(立憲)と山岸一生氏(立憲)が続き 音喜多駿氏(維新)が激しく追い上げ 野原善正氏(れいわ)は出馬表明が遅れたがその後に続く— レジスト yatoukyoutou555 丸川氏は自民党支持層の3割を固めた 吉良氏は共産党支持層の7割超から支持を受けるほか、無党派層からも支持を得ている 山口氏は公明党支持層の大半を固めたほか、自民党支持層の一部からも支持がある 武見氏は自民党支持層の2割強を固めている— レジスト yatoukyoutou555 塩村氏は立憲民主党支持層の3割超を固めたほか、中盤にかけて態度を決めた有権者を取り込み、無党派層で最多の支持を得ている 山岸氏は立憲民主党支持層の3割弱を固めたほか、無党派層からの支持も積み上げている— レジスト yatoukyoutou555 音喜多氏は無党派層から一定の支持のほか、自民支持層の一部からも支持を集めているが、維新支持層からの支持拡大が課題 野原氏は、れいわ新選組の支持層を足がかりに、野党支持層や無党派層の取り込みを進る 3割台後半の有権者が態度を決めていないか明らかにしていない— レジスト yatoukyoutou555 2. : : [11801] 新潟で打越が一歩先行、塚田も激しく追う 東日本情勢 2019年7月17日07時00分 朝日新聞 21日投開票の参院選について、朝日新聞社は15、16の両日、注目10選挙区の有権者を対象にした電話による情勢調査を実施しました。 取材で得た情報を合わせて分析した東日本の各選挙区(岩手、宮城、秋田、山形、東京、新潟)の情勢を詳報します。 岩手 横沢と平野の激戦が続いている。 梶谷は引き離されている。 横沢は立憲支持層をほぼ固め、共産支持層の多くをまとめた。 自民支持層の一部も取り込んでいる。 平野は自民支持層の大半をまとめ、公明支持層にも浸透。 自営業者層の支持が厚め。 無党派層からの支持では横沢がリード。 横沢は男性、平野は女性の支持が比較的厚い。 宮城 石垣が競り合いから抜け出して優位に立ち、愛知が懸命に追っている。 三宅は支持の広がりが見られない。 石垣は立憲支持層をほぼ固め、国民、共産の各支持層にも浸透。 無党派層からも6割近くの支持を得ている。 4選を目指す愛知は自民支持層の大半を固めたものの、無党派層の支持に広がりが見られない。 秋田 寺田が依然としてやや有利な情勢で、中泉が懸命に追う。 石岡は厳しい。 寺田は立憲支持層の大半を固め、共産支持層にも浸透。 無党派層からは7割以上の支持を得ている。 主婦層から6割以上の支持を集めている。 中泉は自民支持層の7割の支持を集め、公明支持層をまとめたが、無党派層への支持の広がりが弱い。 山形 芳賀と大沼が競り合い、互角の激戦が続いている。 小野沢は厳しい。 芳賀は立憲支持層を固め、無党派層の5割以上の支持も集める。 序盤は女性の支持が低めだったが、男性と同程度の支持を集めるようになっている。 大沼は自民支持層の8割以上を固め、公明支持層もほぼまとめている。 自営業者層と農林漁業者層の支持が比較的厚い。 東京 改選数6を20人で争い、自民と立憲が2人ずつ擁立した東京。 丸川、山口、吉良が序盤から引き続き安定した戦いを続けている。 山岸、武見がやや優勢となっているほか、音喜多と塩村が激しく争っている。 水野もわずかな差で続いている。 野原、朝倉らは厳しい。 丸川は自民支持層の5割、無党派層からも2割近くの支持を得ている。 山口は公明支持層をまとめ、無党派層からも1割程度の支持を得ている。 吉良は共産支持層を固め、無党派層からも2割の支持を集めている。 山岸は立憲支持層の半数程度をまとめ、無党派層からも一定の支持を得ている。 武見は自民支持層からの支持を3割程度得ている。 音喜多は維新支持層の支持を集め、無党派層の一部にも浸透している。 塩村は立憲支持層の支持がやや薄く、無党派層の支持で伸び悩んでいる。 水野は国民支持層の支持を集めている。 新潟 打越が塚田との競り合いから一歩抜け出し、やや先行しているが、塚田も激しく追っている。 小島は厳しい戦い。 打越は立憲支持層をほぼ固め、共産支持層にも浸透。 無党派層からは6割以上の支持を集め、60代の支持が比較的厚い。 塚田は自民支持層の8割以上を固め、公明支持層もほぼまとめたが、無党派層の支持が伸び悩んでいる。 対象者の選び方は無作為3段抽出法。 有効回答の目標数は、改選数1の選挙区600人、東京・大阪の両選挙区1200人。 選挙区については、過去4回(07年、10年、13年、16年)の調査結果と選挙結果から作成した予測式を用いて得票率を推計。 さらに、調査による支持の強度や年齢などの候補者の属性から各候補者の強さを見極め、当選確率を算出した。 調査データに本社取材による情報も加え、総合的に分析した。 : : [11809] 大阪、東と太田がリード 梅村一歩抜け出す 西日本情勢 2019年7月17日07時00分 朝日新聞 21日投開票の参院選について、朝日新聞社は15、16の両日、注目10選挙区の有権者を対象にした電話による情勢調査を実施しました。 取材で得た情報を合わせて分析した西日本の各選挙区(三重、大阪、愛媛、大分)の情勢を詳報します。 三重 吉川が引き続きリードを保つ一方、芳野が激しく追っている。 門田は支持の広がりが見られない。 吉川は自民支持層の8割以上を固め、公明支持層もまとめた。 製造・サービス従事者層の支持が比較的厚い。 芳野は勢いを増している。 立憲支持層をまとめ、共産支持層にも浸透しているほか、無党派層の6割近くの支持を得ている。 大阪 東が序盤からの優位を保ち、太田も有利な情勢になっている。 梅村は競り合いから一歩抜け出し、やや先行。 序盤はやや優勢だった杉と、追い上げてきた辰巳が接戦を繰り広げ、亀石も激しく追っている。 にしゃんたらは厳しい。 東は維新支持層の4割強の支持を得ているほか、無党派層の5割を取り込む。 太田は自民支持層の7割の支持を集めている。 梅村は維新支持層の4割近くの支持を得ている。 杉は公明支持層をほぼまとめた。 辰巳は共産支持層をほぼ固め、立憲支持層も一部取り込む。 亀石は立憲支持層の多くをまとめ、無党派層の一部からも支持を得ている。 愛媛 永江が序盤に続き、安定した支持を得ている。 らくさぶろうと椋本は厳しい戦い。 永江は立憲支持層をまとめ、無党派層からも8割以上の支持を得ている。 公明支持層の一部も取り込んでいる。 らくさぶろうは自民支持層の8割近くをまとめたが、無党派層の支持が伸び悩んでいる。 大分 礒崎が序盤に続き、ややリードしている。 安達が懸命に追い、牧原は厳しい戦いとなっている。 礒崎は自民支持層と公明支持層をまとめているほか、農林漁業者層の支持が比較的厚い。 安達は立憲支持層と社民支持層を固め、共産支持層にも浸透している。 無党派層では、安達の方がやや支持を集めている。 対象者の選び方は無作為3段抽出法。 有効回答の目標数は、改選数1の選挙区600人、東京・大阪の両選挙区1200人。 選挙区については、過去4回(07年、10年、13年、16年)の調査結果と選挙結果から作成した予測式を用いて得票率を推計。 さらに、調査による支持の強度や年齢などの候補者の属性から各候補者の強さを見極め、当選確率を算出した。 調査データに本社取材による情報も加え、総合的に分析した。 これを読む限り、大阪の立憲はまずいではないか。 大阪、東と太田がリード 梅村一歩抜け出す 西日本情勢:朝日新聞デジタル — 早 智敬 HAYAtomoyuki 大阪、東と太田がリード 梅村一歩抜け出す 西日本情勢:朝日新聞デジタル みんな、かめいし倫子に、入れてくれ〜 太田は、大阪で借金を作ってあまり、解消出来ずに、橋下に引きついたヤツやし。 — タカ jhVJyP4OQkAk2rW 自公維維では、国会ではすべて与党と補完勢力。 : : [1] 東京選挙区の最新情勢データが出たことで、吉良さん安定っぽいから投票しなくても大丈夫かとか立憲の二名と音喜多の勝負っぽいからそれなら立憲のどちらかに入れなきゃとか、そういう揺らぎに繋がりそうで危険。 一番入れたい人に入れなきゃだめよ。 最後まで分からないんだから。 奇跡の一議席だったんだよ。 : : [-485].

次の

【参院選2019 大阪選挙区】「維新をぶっ壊す」尾崎全紀候補(NHKから国民を守る党)

参院 選 大阪 選挙 区

Q なぜ参院選に出馬するのですか? NHKから国民を守る党(以下・N国)の代表である立花孝志を国会議員にするためです。 そのためにN国の存在を広く知ってもらいたい。 その目標はおそらく達成可能ですが、確実性を高めることが私のミッションです。 N国は既存の政党とはぜんぜん違います。 立花が2013年に本当に0から党を立ち上げて、今では40人近くの地方議員を擁するまでに成長しました。 いうなればN国はインディーズバンドで、今回初めて武道館でライブをするわけです。 チケットが売れるのかは分かりませんが、「全国で5人くらい当選するのではないか」と展望しています。 大阪選挙区は定数4ですので、十分に勝算はあると考えています。 今の段階では有権者にあまり認知されていませんが、新聞広告や政見放送もあるので、ここからが勝負です。 N国の存在を知ってもらえれば、今の社会に不満を持つ人の支持は確実に集まります。 Q 尾崎候補はどういう思いで参院選に望まれるのですか? あまりにも「既存の政治家がヒドい」という思いがあります。 大阪では日本維新の会が強いですが、維新は口ばかりです。 「身を切る改革」と言いながら選挙にいくらお金を使っているのですか。 パフォーマンスですよね。 今回は「NHKをぶっ壊す」ではなく「維新をぶっ壊す」というキャッチコピーを掲げています。 Q NHKに対しては、どういう意見を持っていますか? 個人的にはNHKに対しての思い入れはありません。 そもそもテレビを見ませんし 笑。 ただNHKの集金人の強引な徴収はありえないことです。 「国営放送にしたら良いのに」と私は思います。 そうすれば税金として徴収できますよね。 Q 個別の政策についても聞いていきたいと思います。 高等教育無償化についての意見を教えてください。 学費は無償化にしていくべきです。 勉強したくない子まで勉強させるのはどうかと思いますが、勉強意欲のある子には教育を提供しなければなりません。 そうしないと金持ちだけが、良い教育を受けられるようになります。 階級が再生産されるということです。 Q 少子高齢化が進行していますが、社会保障制度は維持することが可能でしょうか? ある程度、成熟した国家で少子化が進むのは仕方がないことかもしれません。 多夫多妻を認めるとか、一夫一婦制をやめるとかそういう原理的問題になってくると思います。 年金に関しては、払った分を受給できるようにしなければなりません。 ですから今の賦課式から積立式への転換など検討が必要です。 Q 「貨幣を発行すれば良い」ということですが、国の借金が 1100兆円を超えました。 どんな意見を持っていますか? 「借金が増えている」というのは完全に洗脳だと思っています。 国家経営と家計を同一視してはなりません。 国債を発行できるのは、それだけ国力があるからです。 大学生が奨学金を借りることが可能なのは、返済する見込みがあるからでしょう。 それと同じです。 アメリカのニクソン大統領が、ドルの金との交換を停止した 1971年のニクソン・ショック以後、はっきりとした金融理論が確立されていません。 貨幣が金との交換価値を失った時点で、国家は国内労働力を担保として、貨幣を発行するわけです。 その意味では、「政府は財政赤字を気にする必要が無い」という現代金融理論はおそらく正しいです。 重要なのは経済を循環させることです。 人間の体を国家に例えると、血液循環の悪い部分をほぐせば良いのです。 必要なところにお金をまわすということです。 Q 消費税増税に関してどう考えますか? 論外だと思います。 中小企業や零細企業は軒並み倒産して、失業者が増加し、治安も悪化するでしょう。 2世・3世議員が悪いとは思いませんが、安倍総理や麻生財務大臣はあまりにも一般の感覚とかけ離れています。 消費税増税でどう生活が変わるのか考えることも、中小企業の経営者と話をする機会もないのでしょう。 ただ一方で、「消費税廃止」など安易に出来ないことを口にする山本太郎のような政治家は詐欺師だと思います。 それに乗っかっている人も完全にアホです。 N国は出来ないことを言いません。 NHKの集金人を撃退して、月額およそ2000円の受信料を削減しています。 実行するからこそ支援者がいるのです。 Q 最低賃金に関してはどう考えますか? 「消費税をゼロにする」という政策よりは「最低賃金を1500円にする」と宣言する方が現実的です。 ただ時給が上がっても問題が解決するのかは疑問です。 最低賃金が上がることは悪いことではありませんが、経営者側の視点を欠いています。 無理に引き上げると、最低賃金制度が抜け殻みたくなるのではと懸念しています。 Q 非正規雇用やワーキングプアの問題にはどう対処しますか? 「正規雇用が良い」と決めつけるのは難しいです。 ただ同じ企業の中で正規雇用と非正規雇用で分かれているのは問題です。 「やろうと思ったら、なんでも出来る世の中」であるからこそ、世の中の流れに乗って生きることができません。 その反応として、メディアが「ロストジェネレーション」と騒ぎ立てますが、めぐり合わせの部分もあると思います。 「人間にとって何が一番重要なのか」を考える必要があるのかもしれません。 Q 30年後にどういう日本にしていきたいですか? 逆にどうしてほしいですか。 今まで行政にしても、政治にしてもニーズを聞くのが少なすぎました。 すぐに政治家は政策をパッケージ化したがりますが、個別具体的に状況が異なるのだから不可能でしょう。 今の日本は、真面目で不器用な人ほどメンタルも病むし、口ばかりで調子の良い人がでかい顔をしています。 その意味で維新は嘘ばかりつく詐欺師です。 NHK問題はある意味で今の日本を象徴しています。 NHKの集金人は、老人など弱い人から受信料を徴収します。 「強者が弱者を搾取する」というのは世の中全体がそうですよね。 私は「自分が弱い」と思い込んでいる人に「弱くないのだよ。 一緒にやろう」と言っています。 今度の参院選にN国は40人以上擁立していますが、まともな人は5人くらいしかいません。 党員には自己破産経験者もいれば、前科者もいます。 それでも私たちが頑張ることで、勇気づけられる人がいるのではないでしょうか。 Q 最後になりますが、若者へのメッセージをお願いします。 他人の目を気にせず、好きに生きてください。 気になることは気が済むまでやってください。 それが全部、あなたの血肉になります。 政治に関して興味を持ったら、選挙の手伝いをしてみたら良いと思います。 力関係が政治の本質で、政策なんてショーウィンドウに並んでいる商品みたいなものです。 「被選挙権も18歳まで引き下げるべき」というのが持論ですが、立候補できるならぜひ挑戦してください。 そうすれば世の中の景色が一変しますから。

次の

東、太田が先行=大阪【参院選情勢】:時事ドットコム

参院 選 大阪 選挙 区

確定得票• 氏名 得票数・得票率 略歴 政党 新旧 1,056,815 28. 83% 〈元〉府議 維新 新 817,943 22. 31% 〈元〉衆院議員 自民 新 697,219 19. 02% 公認会計士 公明 新 468,904 12. 79% 党府委員 共産 新 337,378 9. 20% 医師 民主 現 157,969 4. 31% ホテル会社員 みんな 新 56,573 1. 54% 〈元〉寝屋川市議 大地 新 20,928 0. 57% 政治団体代表 無所 新 20,155 0. 55% 政治団体代表 諸派 新 17,671 0. 48% 〈元〉三洋電機社員 無所 新 14,178 0. 39% 幸福の科学職員 諸派 新 開票速報一覧・記事の見方• は当選• 開票途中での当選者は朝日新聞社の判定による。 得票の少ない方の候補を当選とする場合がある。 政党の獲得議席数が先に決まるため、 がついた候補者と獲得議席数が同数でない場合がある。 集計途中では、比例区の政党名と候補の得票の合計が政党得票数と一致しないことがある。 選挙区の数値は得票数(上段)と得票率(下段)を表す。 選挙区での政党の略称は、民主(民主党)、自民(自民党)、公明(公明党)、みんな(みんなの党)、生活(生活の党)、共産(共産党)、社民(社民党)、みどり(みどりの風)、維新(日本維新の会)、改革(新党改革)、大地(新党大地)、国民(国民新党)、その他は諸派、無所は無所属。 候補者名をクリックすると別ウィンドウで候補者の詳細ページへ。 ブラウザーや端末によっては、正しく表示されないことがあります。

次の