リクルートカード 電子マネー。 リクルートカードおすすめはVISA?JCB?電子マネーチャージで2重ポイント裏技

2020年最新!リクルートカードの評判、メリット・デメリットを解説

リクルートカード 電子マネー

もくじ• 「リクルートカード」はnanaco(ナナコ)クレジットチャージに利用できない 結論から言えば、 「リクルートカード」はnanaco(ナナコ)クレジットチャージに利用できません。 というのも、2020年3月12日~nanacoクレジットチャージサービスの登録 新規登録 対象カードは、 ・ セブンカード・プラス【一体型・紐付型】 ・ セブンカード・プラス ゴールド 【一体型・紐付型】 ・ セブンカード ・ セブンカード ゴールド のみになりました。 nanaco(ナナコ)クレジットチャージでポイント付与は? 2020年3月11日までに登録済の場合、 「リクルートカード」からnanacoへのチャージは可能で、ポイントも付与されます。 ただし、電子マネーチャージのポイント付与については注意点があります。 利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。 「セブンカード・プラス」等を持っていない場合、クレジットカード以外の方法でチャージをしないとnanaco(ナナコ)は利用できません。 クレジットカード以外の、nanacoへのチャージ方法は3つ(現金・nanacoギフト・ポイント)あります。 現金でチャージ お店のレジ、セブン銀行ATM、nanacoチャージ機、ポケットチェンジ端末 外貨両替サービス端末 があります。 1回のチャージ可能額:1000円単位で49000円まで チャージ上限額:5万円 nanacoギフトからチャージ nanacoギフトからチャージする方法です。 nanaco会員メニューでnanacoギフトIDを登録すると、チャージ金額が受取可能日以降にセンターお預り分として反映されます。 nanaco(ナナコ)のチャージ方法は以下の記事でも紹介しています。

次の

リクルートカードでnanacoチャージができない!nanacoクレジットカードチャージが改悪

リクルートカード 電子マネー

しかし、今後は リクルートカードやYahoo! JAPANカードでnanacoへのチャージによるポイント二重取りができなくなるばかりか、 nanacoへのクレジットカードチャージが不可になります。 すでに登録済みのクレジットカードなら継続でチャージできるOK? 2020年3月12日から、リクルートカードやYahoo! JAPANカードからnanacoにチャージができなくなりますが、すでにnanacoクレジットチャージサービスに登録している場合はどうなるのでしょうか。 その答えは、 「すでに登録済みのクレジットカードなら継続してチャージ可能」ということです。 つまり、 3月11日までにnanacoクレジットチャージサービスにチャージしたいクレジットカードを登録しておくことで、3月12日以降も好きなクレジットカードでnanacoにチャージすることができます! 今後nanacoにチャージできるクレジットカードは? それでは、今後もnanacoにチャージできるクレジットカードは何なのでしょうか? 簡単にいえば、 セブンカードのクレジットカードのみ、nanacoにチャージができます。 具体的には、下記のクレジットカードになります。 セブンカード・プラス【一体型・紐付型】• セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】• セブンカード• セブンカード(ゴールド) もし、これからnanacoにクレジットカードでチャージしたい人は、セブンカードを作るのがおすすめです!.

次の

リクルートカード(1.2%を越える高還元率カード)

リクルートカード 電子マネー

年会費永年 無料• ポイント還元率 1. 購入日より 90日間保障) ・国内・海外:年間200万円• 家族カードの発行が可能(本会員1名につき、JCBカードは8枚・VISAは19枚まで)• ETCカードの発行が可能• 毎月15日締/翌月10日の締日と支払日設定(金融機関非稼働日には翌営業日の引き落とし) JCB・VISAともに基本的な機能はほぼ同じで、家族カード発行枚数に違いはありますがそんなに大きな点ではないと思います!JCB・VISAともに家族カードの発行枚数がかなり多いですね。 もう少し掘り下げて、JCBとVISAそれぞれのメリットに クローズアップしてみます! リクルートカードのJCBのここが良い! 1.ETCカードの新規発行手数料&年会費が無料! マイカーをお持ちの方・ ETCカードの発行&サービス利用を検討している方には JCBがおすすめです。 その理由はズバリ、 ランニングコストが一切かからない点です。 最近は通勤や休日のお出かけに有料道路を使う方も多いかと思います。 ETCサービスを積極的に利用したい人にはリクルートカード(JCB)を選ぶと費用が抑えられますね! 他のクレジットカードでのETCカードでは発行や年会費が発生するのも珍しくなく、それに比べるとリクルートカードのETCカードは大分 お得です。 ETCカードの 有効期限は発行から原則5年間ですが、リクルートカード(JCB)でETCカードを発行した方は次回更新発行手数料も無料となるので、 実質永年 無料です! リクルートカードのVISAのここが良い! 2.電子マネーチャージでのポイント加算に強い! JCBとVISAの 大きな違いは、 「ポイント加算対象となる電子マネーの幅の広さ」です! リクルートカードは、 電子マネーへのチャージでも 1. 2円)の対象と対象外は下記の通り。 私がよく利用する電子マネーはSMART ICOCAです。 かつて別のカードをチャージに利用していたのですが、ポイント付与の対象外のものでした。 リクルートカード(VISA)を持っているのでちょうどSMART ICOCAへのチャージでもポイントをGETしています! 「電子マネーと上手く連動してポイントを効率よく・更に貯めたい!」という方は、VISA一択ですね。 2.海外利用に強い! 海外旅行の際には クレジットカードは必携ですが、何となく海外旅行=VISAかMasterブランドが良いというイメージがありませんか?実際に、VISA加盟店はJCB加盟店よりダントツに多いので正しいです。 私たちが日本国内での決済する場合に、特にJCB・VISA問わず両方使えるお店が多いのであまり気にすることはないと思います。 「JCBが使えなくて困る!」といったシチュエーションも稀ではないでしょうか。 それもそのはず、 JCBは日本生まれ・日本発唯一の国際ブランドだからです。 加盟店も徐々に増えているのようですが、VISAといった他の国際ブランドの加盟店数やカード発行数に並ぶのはまだまだ難しい現状です。 海外での決済となると明らかにJCBが使えるお店が少なく、VISA・Masterといった国際ブランドが利用機会の上で優位に立っているのです。 日本人旅行者に馴染みのある渡航先の韓国・台湾・ハワイなどではJCBが使えるお店も比較的多いのですが、欧米などに行くとJCBが使えるお店をなかなか見つけるのは大変かもしれません… その点を考えると、 海外渡航時にもリクルートカードを使いたい人はVISAブランドを選ぶことをオススメします! 3.銀聯(ぎんれん)カードの発行 前述の 「VISAは海外利用に強い!」の内容に関係のある話ですが、リクルートカード(VISA)ではUnionPayのロゴでおなじみの 銀聯(ぎんれん)カードの発行も出来ます! 銀聯カードは、中国発祥のブランドで中国国内においてはVISAといったメジャーな国際ブランドを凌いで最も普及しているブランドです。 リクルートカードから電子マネーチャージでお得! 上述で「リクルートカードは電子マネーへチャージでポインGET&その電子マネーを利用してポイントをGETの二重取りが可能」と説明致しましたが、最近は電子マネーへのチャージが ポイント付与対象外となっているカードが多くなってきています。 かつてはこの方法でポイントやマイルの二重取りをするのが非常に流行していた時期があったのですが、段々とカード会社の サービス改悪が続き縮小傾向にあります。 そんな中、 リクルートカードはJCB・VISAどちらでもポイント対象の付与の電子マネーがあるという点では、大変太っ腹なクレジットカードといえるでしょう。 リクルートカードの人気の秘密はここの部分に魅かれている人も多いと思います! 特にVISAに関してはチャージでのポイント加算対象となる電子マネーが 充実しており、日々の生活の中でのポイントの取りこぼしがないよう一役買ってくれる貴重な一枚ですね! 電子マネーは、各種電子マネーのカードを用意してWeb上(楽天Edyの場合パソリを用意など)や、おサイフケータイ対応のスマートフォンにアプリをダウンロードして、アプリ上で登録や操作をすることでチャージが可能です! SMART ICOCAは駅のチャージ機で出来ます。 あえてリクルートカードの2枚持ちのススメ! リクルートカードのJCBとVISAの両方を比べてみると、何となくVISAのほうがお得感があるように思いますよね。 JCBとVISAのどちらか一方に絞れず 悩んでいる方には、 リクルートカードのJCBとVISAの 二枚持ちをオススメします! 「そんなことできるの?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、• リクルートカード(JCB)の発行元:JCB• リクルートカード(VISA)の発行元:三菱UFJニコス と、それぞれカード会社が異なっています!.

次の