アベンジャーズ ダメージ コントロール。 アメコミヒーローが戦いで壊した街の保険&建設会社が舞台のコメディー!DC版とマーベル版が進行中

期間限定!アベンジャーズの世界観をVRで体験。

アベンジャーズ ダメージ コントロール

『アベンジャーズ』ナターシャ・ロマノフの活躍 『インド・コルカタ』での潜入任務 『アイアンマン2』の出来事が終わった後、すぐに次の潜入任務についていたナターシャ・ロマノフ。 そこへ、突然S. の同僚であるコールソンからの連絡が。 注目ポイント! ・イスに括りつけられた状態からのアクション 人質になることでルチコフから上手く情報を聞き出していたナターシャですが、バナー博士のもとへ向かうことを命じられるこの場面。 イスに体を括りつけられていた状態から、囲んでいたルチコフ含む3人の男を次々と倒していきます。 スパイとして活躍していた運動神経をいかんなく発揮し、スマートでありながらもダイナミックに男たちを倒していくこのアクションシーンは、 ブラック・ウィドウとして活躍するナターシャの名場面の1つになりました。 『バナー博士』のスカウト インドのカルカッタで医者として活動していたバナー博士を訪ねるナターシャ。 地球が危機に瀕していることを明かしたナターシャは、ガンマ線の権威であるバナー博士に、微量のガンマ線を発していた 四次元キューブの捜索協力を求めました。 注目ポイント! ・ハルクを恐れないナターシャの気合 来た目的を話していたナターシャに対し、バナー博士がハルクに変身するような動きで驚かせようとします。 しかし、それに屈しなかったナターシャは、 持っていた拳銃をバナー博士の額に突きつけるのです。 殺気を感じるほどのナターシャの行動により、改めて話を聞いたバナー博士は、S. に協力することを決めたのです。 『ロキ』の監禁室を訪ねるナターシャ キャプテン・アメリカやアイアンマンと合流したナターシャ。 彼らと共にドイツのパーティーに侵入していたロキを捕まえ、ヘリキャリアへ連行することに成功します。 特殊な監禁室に閉じ込めたロキですが、彼の目的を探るためナターシャは彼と接触することに。 そこでロキの巧みな問いかけによってガラス越しに動揺してしまうナターシャ。 しかし、それは演技であり、 ロキの目的がハルクにあるとことを突き止めるのです。 注目ポイント! ・裏の世界で暗躍していた過去 この場面でナターシャは、友人であるホークアイを洗脳していたロキに、ホークアイのことについて尋ねます。 そこで、かつてS. に目を付けられていたとき、暗殺を命じられていたホークアイが、命令に反し殺害せず、ナターシャの命を救った出来事が明らかになりました。 命の恩人であり、その時の 借りを今も忘れずに胸に抱いていたナターシャの姿が描かれました。 洗脳されている『ホークアイ』の解放 ロキに洗脳されていたホークアイがヘリキャリアを攻撃しながら侵入し、ロキが待っている監禁室へと向かっていることを知ったナターシャ。 ホークアイの洗脳を解放させるため、ナターシャは彼との戦闘を始めることに。 激闘の末に、 ナターシャはホークアイとの戦闘を制し、マインドコントロールからの解放に成功するのです。 そんな彼を救うべく、辛い戦いでありながらも本気で戦うこの場面は、『アベンジャーズ』の大きな見所の1つです。 無事に洗脳から解放されたあと、後遺症に苦悩していた彼を看病するナターシャの2人の会話では、 2人の間にある永遠の絆を感じさせるシーンとなりました。 『チタウリ』軍団との戦闘 キャプテン・アメリカの呼びかけによってアベンジャーズはついに、ロキ率いるチタウリ軍団との全面対決に臨むことになります。 チタウリが乗っていた乗り物を奪い取ったナターシャは、ホークアイと共に洗脳されていたセルウィグ博士の元へと向かうことに。 無事に洗脳を解放することができたセルウィグ博士から、チタウリ軍団が利用していた遠い宇宙と繋ぐ通路の扉を開く装置に安全装置が組み込まれていることを聞きます。 ロキの杖を使うことで、扉を閉められる事に気づいたナターシャは、核ミサイルを敵地に投げ込んだアイアンマンが地球に戻ってきたタイミングで扉を閉めることに成功しました。 注目ポイント! ・チタウリが乗る乗り物を使いこなすナターシャの戦い方 ・敵の侵入経路を防ぎ、地球の危機を救う 宇宙からやってきたチタウリは謎の乗り物を使って、ニューヨークの街を次々と襲撃していました。 そんな彼らの乗り物を奪い取り、抜群の感覚ですぐに使いこなしたのは、アベンジャーズの中でもナターシャだけ。 超人的パワーを持たないナターシャですが、類まれな運動神経と頭脳を持つことで、 屈強なヒーローたちと肩を並べて戦うことができると証明したのです。 また、 ロキの杖を使って扉を閉めたナターシャの行動は、アベンジャーズが戦いを制する大きな一手となり、地球の危機を救うことに繋がったのです。 【まとめ】『アベンジャーズ』で描かれたナターシャのキャラクター像 アベンジャーズの一員として、ナターシャの大活躍が描かれた映画『アベンジャーズ』。 改めて『注目ポイント!』をまとめると。 訪問いただきありがとうございます。 どうも、見習いジェダイです! こちらのサイトでは、ディズニーグループ作品 Disney・Pixar・STAR WARS・MARVEL がとにかく大好きだけどまだまだ知識が浅い私が、作品の基本情報から物語の背景、監督の込めた想い、隠された小ネタなど「作品をより深い部分まで知って楽しもう」という気持ちから始めました。 現在はマーベルヒーローが活躍するMCU マーベル・シネマティック・ユニバース を中心に記事を書いていますが、ゆくゆくはディズニー作品やピクサー作品、そしてスターウォーズ・シリーズなどについても書いていきたいと思っています。 大好きな作品の知らなかったことや、振り返りたいときにお手伝いできるサイトを目指して頑張っていきます。

次の

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ヒーローの是非(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

アベンジャーズ ダメージ コントロール

[] 英数、AtoZ• 女性だけのスーパーヒロインチーム。 世界征服を目論む科学者集団。 若手ミュータントの選抜チーム。 の二番煎じヒーローチーム• the Office of National Emergency 政府の機関• 国連傘下の諜報機関• 中国の特殊諜報機関• 宇宙からの脅威に備える機関• 宇宙線を浴びて能力を得た四人組のスーパーヴィラン• ミュータントの変異部位を狙う狂信者集団• の実権を握ったノーマン・オズボーンが再編して名称変更• 第二次世界大戦中にドイツと日本によって設立された悪の組織。 X-コーポレーション。 世界規模で支部が展開するミュータントの保護施設。 (X-フォース)危険な任務を担当するミュータントの強襲チーム• 富と名声を得るためメディアで活動するミュータントヒーローチーム• ミュータントと人類の共存を目指すヒーローチーム 50音順 ア行ーナ行• Ascendants 中国のヒーローチーム• (Avengers)マーベルヒーローのオールスターチーム• Avengers Academy 特殊能力を持つ少年少女の教育施設• Avengers Unity Division アベンジャーズにミュータントを加えた別働隊。 いわゆるアンキャニー・アベンジャーズ。 Avengers Resistance• Apocalypse Twins :アポカリプスを継承する双子の男女• Alpha Flight カナダのスーパーヒーローチーム• Immortal Weapons アイアン・フィストを含む天界七都市の戦士たち。 Illuminati スーパーヒーローチームのリーダーたちが集まる秘密結社。 Intelligencia 頭脳派ヴィランの秘密組織• Inhumans それぞれが個別の特殊能力を持つ宇宙種族• Invaders 第二次世界大戦中に活躍したヒーローによる連合軍特殊部隊。 Imperial Guard シーアー帝国の精鋭部隊• Warbound ハルクが惑星サカールで結成した異星人たちのチーム• Excalibur 英国ロンドンで結成されたをリーダーとするチーム。 欧州・異次元を舞台とした• Eternals 太古に生み出された不死の種族• (Enforcers)スパイダーマンの敵として登場した犯罪者グループ• Guardians of the Galaxy 銀河を守る主に地球外生命体たちのチーム。 Guthries 、らの家族。 あまりに多いので別立てにします。 Cabal 各界を代表するスーパーヴィランたちの秘密結社。 Camp Hammond• Grapplers 女子プロレスラーチームで、ヴィランに転身するものが多い。 Kree 宇宙に強大な帝国を築く戦闘国家。 Great Lakes Avengers 通称G. ウィスコンシンで勝手にアベンジャーズの名前を使って結成したヒーローチーム。 Circus of Crime サーカスで地方を周りながら犯罪を繰り返すヴィラン集団。 Serpent Society ヘビ系ヴィランの犯罪企業• 「ヴィランが更生してヒーローになった」というコンセプトのチーム• Shi'ar 宇宙三大帝国の1つ。 Secret Avengers• The Jean Grey School For Higher Learning• Generation X プロフェッサーXが指導しなかった若年チーム• Generation X 2017 X-MenとともにジェネレーションXが復活• Sinister Six スパイダーマンの敵が集結したヴィランチーム• Shadow Initiative• New Charles Xavier School for Mutants• Human High Council エイジ・オブ・アポカリプス に登場する、非ミュータントの通常人が生存を賭けて戦う組織• skrull 変身能力を持つ異星人。 Skrull Kill Crue• Squadron Supreme : DCのジャスティス・リーグに似た、異次元人中心のチーム• Dark X-MEN ノーマン・オズボーンが編成したX-MEN• Dark Avengers ノーマン・オズボーンが編成したアベンジャーズ• Damage Control ヒーローとヴィランの戦いによって破壊された建築物を復旧させる企業。 Champions お互い戦い合う大人たちに叛旗を翻した未成年チーム。 Champions of Los Angeles 初めて西海岸を基盤としたチーム。 Deviants 太古に生み出された悪魔伝説の元となった種族。 True Believers 隠された真実を暴きだし、ブログで公開する四人組• New Avebgers 再結成されたアベンジャーズ• New Warriors 若手能力者たちのヒーローチーム• New Mutants 若いミュータントたちのチーム• Next Avengers アベンジャーズの子どもたちで結成した未来のチーム ハ行ーワ行• (Power Puck) 最年少のお子様ヒーローチーム、大人の指導者がいない珍しいチームである。 (Big Hero 6) 日本初のヒーローチーム• the Purifiers を信望し、ミュータント根絶を目論む狂信者たち。 The Facility X-23を生み出した研究所。 (Fantastic Four• Fifty State Initiative• (Phoenix Five) フェニックスフォースの力を手に入れた5人のミュータント。 Four Horsemen :に仕える四騎士。 Force Works :解体後にをリーダーとして結成されたチーム。 The Pride の両親たちで、サンフランシスコを影から牛耳る犯罪組織。 (the Brotherhood of Evil Mutants)初めて登場した悪のミュータントチーム• Freedom Force のブラザーフッドが政府のエージェントとなったチーム。 Pet Avengers ヒーローゆかりの動物たちが結成したヒーローチーム。 Hellfire Academy ヘルファイア・クラブのミュータント・ヴィラン養成学校• Hellfire Club の宿敵で秘密結社。 Hellions ヘルファイアクラブの若手ミュータント養成機関。 ニューミュータンツのライバル• Mighty Avengers• Masters of Evil :主にアベンジャーズと対立するヴィラン集団• Marauders :が組織した虐殺部隊• (Morlocks)ニューヨークの地下などに住むはぐれミュータント集団• Young Avengers 突如ニューヨークに現れたアベンジャーズに似た十代のヒーローたち• Euro-Trash X-Statixと敵対した暗殺チーム。 Euroforce ヨーロッパのヒーローチーム。 Universal Church of Truth 銀河に90億人の信者を持つ巨大宗教組織。 Life Foundation ヴェノムと敵対した組織• Runaways 両親がヴィランだと知り、逃げ出した十代の少年少女。 luminals ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーのライバルヒーローチーム。 Wrecking Crew 解体屋をテーマにしたヴィラン.

次の

絶対行きたい!アイアンマンのスーツを擬似体験できる『アベンジャーズ / ダメージ・コントロール』がリリース!|CINEMATRONIX(シネマトロニクス)

アベンジャーズ ダメージ コントロール

Advertisement 原題『Avengers: Damage Control 』(2019年) この記事では、内容の ネタバレに触れています。 ご注意ください。 VR体験ではワカンダとスタークインダストリーズが共同開発したスーツ、 ワカンダ製アイアンマンスーツを身にまとい、自分もヒーローの1人として戦うことができます。 この記事では、その体験をレポートにまとめていきます。 ・ このVR体験ができる施設は、日本にはなく、日本から1番近い場所がマレーシアです。 このVR体験は『』で体験できます。 さらに、その友達1人ひとりを色によって判別できるのが良かったです。 4人で参加した場合、Aさんの着たワカンダ製のアイアンマンスーツは 黄色、Bさんは ピンク色で、Cさんは 青色で、Dさんは 緑色に光っています。 なので、誰がどのスーツを着ているかが、色で判断できます。 なので、友達と一緒に参加しているんだ!と、いう気持ちが一層引き立ち、協力して友達と戦えるのが楽しいです。 もし2人だと予告にあったオレンジと青だったのかもしれませんね。 オレンジのは女性型で、青のは男性型のスーツに見えますが、友達と行ったときは4人とも男性だったので青いほうのスーツでした。 女性はオレンジの形になるのかもしれませんね。 小ネタですが、友達を撃つこともできます!撃たれると、しっかりと装着しているベストが振動して撃たれているのが体感できます。 ブラックパンサーの能力・原作再現 ブラックパンサーのスーツの能力の1つ、相手からの攻撃のエネルギーをスーツが蓄積して、衝撃破を放つ能力があります。 これがしっかりと生かされていました。 このワカンダとスタークインダストリーズの共同で開発されたスーツも、 相手の攻撃を受けて、それを攻撃に回すことができました。 ゲームではリパルサー(ビーム)を撃つことと、シールドを貼ること、そして、シールドで相手の攻撃を受けるとミサイルを撃てました。 おそらくこれはブラックパンサーの能力を生かしているのだと思います。 このシールド、相手の攻撃を吸収するだけではないのです。 実は友達に撃ってもらって、エネルギーを蓄積することもできます!実際にゲームを体験しているときにふざけて友達に撃ったらしっかりとエネルギーが蓄積できました。 ぜひ、行った際には挑戦してください。 ゲームの没入感!痛み・暑さ・寒さ・においまで!? VR体験は、写真のようなゴーグルと、ベスト型のバックパックを着て挑みます。 このゴーグルは自分の手を識別をして、手を伸ばせば、リパルサー(ビーム)を出すことができます。 手を盾に構えると、シールドも張ることができて防御も出来ます。 思った以上にしっかりと識別をしてくれるので、『自分が攻撃しているのに、攻撃していないじゃないか!』なんてことにはなりません。 ただ、仲間と近すぎると、仲間の手を自分の手と判断してしまうときはありました。 自分がその世界の一部になっている感覚を味わえます。 ベストが振動をするので、誰かに攻撃をされている場合、ベストが振動して軽い痛みを感じることができます。 『あ、揺れてるな』くらいです。 そして、暑さや寒さまで感じることができました。 ドクター・ストレンジの館に行ったとき、エベレストが窓の外に見えるときがあります。 その窓が開いているからか、冷たい風が頬にふれます。 ここまで作っているのか!と驚きました。 さらに、予告でアントマンが『ポップコーンを食べる』という話をしていましたが、ポップコーンが画面に写ったときに、 ポップコーンの匂いがしました。 もう、驚きです、みんなで笑ってました(笑) 2.登場人物 一体どのMCUのヒーローが出てくるのだろう?とワクワクしていました。 予告の時点で分かっていたヒーロー 公開された予告で分かっていたのは9名 ハルク、ウォーマシン、アントマン、ワスプ、スパイダーマン、ファルコン、シュリ、ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー そして、今回の敵は、ウルトロンですね。 新たに判明したヒーロー 実際に、VR体験をして判明した新しいヒーローは5名 ソー、ホークアイ、キャプテン・マーベル、オコエ、コルグ 以上となります。 ソーとキャプテン・マーベルは本当に強く、登場の仕方がカッコよかったです。 後に詳しくまとめます。 映画『ブラックパンサー』でブラックパンサーを支えた女戦士のオコエや、映画『マイティ・ソー/バトルロイヤル』で闘技場で出会い新たにソーの仲間となったコルグも登場しました。 ただ、 スタン・リー枠でしょうか。 あのキャラクターもいました。 さて誰でしょう?体験レポートで発表します。 3.ストーリーの見どころ チュートリアルからドクター・ストレンジの家に ゲームが始まると、チュートリアルから始まります。 ここでしっかりリパルサー(ビーム)の打ち方や、シールドの出し方を学ぶことができます。 なので、楽しく遊び方を学べます。 英語で解説がされますが、英語がわからなくても分かるようになっています。 チュートリアルが終わると、ドクター・ストレンジに呼ばれ、ポータルが開き、ワカンダからドクター・ストレンジのいる、ニューヨークにあるサンクタム・サンクトラムに移動します。 ポータルをくぐれる!もう嬉しくて仕方なかったです。 ストレンジがいるサンクタムは、映画でカエシリウスと戦った場所で、壁にはカエシリウスに使った拘束具、サイトラックのクリムゾン・バンドが壁にかけられていました。 こういった小道具まで用意されていると、ファンとしては本当に嬉しい。 実戦!そして、クインジェットの操作もできる 再びドクター・ストレンジにポータルを開いてもらい、敵が攻め込んでいる、スターク・インダストリーズの本部に向かいます。 最初は自分達だけで戦うのですが、アントマンとワスプが加勢してくれます。 そして、アントマンにピム粒子ディスクを撃たれ、小さくなる体験もできます。 そして、復活したウルトロンが控えるヘリキャリア(シールドの空母)に乗り込むために、クインジェット(アベンジャーズなどで登場した戦闘機)を操作することに!映画でヒーローたちが捜査していたクインジェットに乗り、さらに運転まで出来ます。 運転しながらウルトロン・セントリーズの大軍を倒すのはとても興奮しました。 クインジェットをは2人1組となって操縦することになるのですが、物語では2機登場し、その2機あるクインジェットでは、それぞれ途中に駆けつけるヒーローや 展開がちょっと違うので、何度も挑戦したくなってしまいますね。 最終局面!ウルトロン戦 遂に復活したウルトロンと戦いです。 ウルトロン戦は今までの戦闘とはちょっと違って、ウルトロンの弱点部分を仲間と撃ったりする場面もありました。 アクションの幅があるのは面白いですね。 しかし、巨大なウルトロンを相手にじりじりと劣勢に…そんな時!ついにアベンジャーズが集結していきます。 そこには予告にいなかったヒーロー達も駆けつけてくれます。 登場するときに、ポータルが開くのですが、あのセリフが聞こえます。 ファルコンのセリフ On your left. 左から失礼。 左を見ろ。 『自分達にこのセリフを言ってくれた!!!嬉しー!!!!!!!!!』もう大興奮です、すっごく興奮しました。 『On your left. 』を聞けるとは、そして、このセリフを選ぶ当たり、ファンのことよく分かっていますね! ご存知の方が多いであろう、この『On your left. 』は映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』で、キャプテン・アメリカがランニングしているファルコンを追い抜くときにいったセリフです。 この時の日本語字幕は『左から失礼』でした。 そして、このセリフはもう1度使われます、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』でキャプテン・アメリカがサノスと戦い、ヴィブラニウム製のシールドが破壊され絶体絶命…の時に、ファルコンが『左を見ろ』と、キャプテン・アメリカに言って、周りにポータルが開きアベンジャーズがアッセンブルする!好きなファンが多いセリフです。 このセリフが使われただけでとても嬉しかった。 このVRのゲームに参加している自分たちに向かって言ってくれてるので、なおさら興奮します。 なかでも一番おいしい登場の仕方をしたのが、ソーとキャプテン・マーベルの2人です。 アベンジャーズの中でも最強格の2人の現れ方は派手で、ソーは雷と共に、キャプテン・マーベルはフォトンブラストを放ちながら登場します。 映画で見ていて、この2人は強いのは、ハッキリわかっていたのですが、VRの世界でこの2人の攻撃するシーンを見ると、他のヒーロー達とは比べ物にならないほどの力だということが伝わってきます。 『この2人が来たらもう大丈夫だ!アベンジャーズのテーマも流れ、もう勝った!』って気持ちになります。 こういった体験、気持ちになれたのもVRのおかげなのだろうと思います。 そんな安堵しているとき、ふと自分のちょっと背中の方の空を見たら、そこには…ウォッチャーがいました! ウォッチャーとは、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で初登場したキャラクターで、宇宙の事象を観察している種族です。 初登場時は、スタン・リーのカメオ出演のシーンで登場しました。 ただ、このウォッチャーですが、確認できたのが、参加した4人中2人しか確認できてなく、本当なの?って感じではあります。 何を隠そう、ウォッチャーが写っていた位置が明らかに視界に入る場所でなく、ちょっと背中側に登場していたからです。 そのカードは何種類かあるようです。 毎回1枚もらえて、友達と2度参加したので合計8枚貰ったのですが、その中には3種類のカードがありました。 男性用アーマーと女性用アーマーのカードがあり。 その中でもアーマーの色が違うカードがありました。 これをコンプリートするのは大変そうですね(笑) それと、残念ながらグッズは売っていませんでした。 なにか小さくても売っててくれたら嬉しいのですが、アベンジャーズグッズはありませんでした。 もしかしたらアメリカやカナダではグッズを売ってたりするのかもしれませんね。 このVR体験は本当に面白かったので、2度も挑戦してしまいました(笑)あとスターウォーズのVRも体験したので、1日に3度も挑戦してしまいました。 面白いので日本にも作って欲しいですね。 実際に行ってみたい!って方もいると思うので、後日マレーシアの『The VOID』までの行き方を記事にしてまとめたいと思います。 disney. thevoid.

次の