納豆屋 詐欺。 【令和納豆】1万円の支援で納豆ご飯セット「生涯無料」…パスポートを店員に没収されたとクチコミ 詐欺まがいと怒りも ★17 [記憶たどり。★]│エンがちょブログ

【令和納豆】無料パスポートを没収された人に1万円を返金「毎日足蹴良く通ってくださっている皆さまに本当に申し訳なく思います」 ★4 [1号★]│エンがちょブログ

納豆屋 詐欺

クラウドファンディングのお返しとして納豆ご飯専門店が配布した定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。 説明を求める声があがったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。 無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については「事実確認は引き続き行っておりますので、順次ご報告させていただきます」としており、29日昼までに詳細は明かされていない。 1万円の支援で600円のメニューが「生涯無料」 納豆ご飯専門店「令和納豆」は納豆バイオテックベンチャー「納豆」(本社・水戸市)が2019年7月に水戸市でオープン。 全国各地の納豆とさまざまなトッピングを楽しめるユニークな飲食店だ。 同社は開店前の19年4月、クラウドファンディング(CF)サイト「FAAVO(ファーボ)」でCFを募った。 同年6月に目標300万円の4倍となる1200万円超が集まり、寄付は終了した。 寄付のリターン(お返し)の1つとして用意されていたのが「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 「本プロジェクト一押しのリターンです」とプッシュしており、1万円(税込)の寄付で令和納豆の「納豆ご飯セット 梅コース」が、文字通り「一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート」となっている。 梅コースは600円(税別)なので、17回利用すれば元が取れる計算になる。 本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件がある。 この無料パスの定員は当初100人だったが、人気を受けて19年5月に1000人分追加。 FAAVOで閲覧できる記録によればこちらも999人が寄付しており、先の100人と合わせて1099人が無料パスを手にしたことになる。 なお支援者の総数が1228人であるため、無料パスを求めて寄付した支援者はかなりの割合にのぼる。 ところが20年5月、Googleマップに投稿された1件の口コミがネットで注目された。 「1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした」と明記したうえで、「ある日、唐突に店員から『本日からパスポートは使用できない』と、一方的にパスを取り上げられました」としている。 この口コミによると、没収の理由は「規約違反」で、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2点から「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断された。 それまで15回無料パスを利用していたという。 「『1万円で納豆定食が一生涯無料!』と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています」と憤っている。 「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能」 口コミは5月22日ごろからツイッターで拡散。 「レビューが事実なら不誠実極まりない」「令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい」として店舗側に説明を求める声があがった。 また22〜23日未明ごろにかけ、令和納豆公式ツイッターが一時「非公開」状態となり、疑問の声がいっそうあがることになった。 ただ27日までに、この口コミは閲覧できなくなっている。 返信がないため28日に再度質問状を送ったが、29日15時までに返信はない。 23日から繰り返し納豆社に電話をかけていたところ、29日に出た担当者は、取材依頼について「代表しか分からない。 代表は外出している」とだけ話した。 回答があれば追って伝える。 56 前スレ.

次の

「納豆定食生涯無料パス」購入者、パスを取り上げられる|5chまとめのモネッス

納豆屋 詐欺

クラウドファンディングのお返しとして納豆ご飯専門店が配布した定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。 説明を求める声があがったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。 無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については「事実確認は引き続き行っておりますので、順次ご報告させていただきます」としており、29日昼までに詳細は明かされていない。 1万円の支援で600円のメニューが「生涯無料」 納豆ご飯専門店「令和納豆」は納豆バイオテックベンチャー「納豆」(本社・水戸市)が2019年7月に水戸市でオープン。 全国各地の納豆とさまざまなトッピングを楽しめるユニークな飲食店だ。 同社は開店前の19年4月、クラウドファンディング(CF)サイト「FAAVO(ファーボ)」でCFを募った。 同年6月に目標300万円の4倍となる1200万円超が集まり、寄付は終了した。 寄付のリターン(お返し)の1つとして用意されていたのが「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 「本プロジェクト一押しのリターンです」とプッシュしており、1万円(税込)の寄付で令和納豆の「納豆ご飯セット 梅コース」が、文字通り「一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート」となっている。 梅コースは600円(税別)なので、17回利用すれば元が取れる計算になる。 本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件がある。 この無料パスの定員は当初100人だったが、人気を受けて19年5月に1000人分追加。 FAAVOで閲覧できる記録によればこちらも999人が寄付しており、先の100人と合わせて1099人が無料パスを手にしたことになる。 なお支援者の総数が1228人であるため、無料パスを求めて寄付した支援者はかなりの割合にのぼる。 ところが20年5月、Googleマップに投稿された1件の口コミがネットで注目された。 「1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした」と明記したうえで、「ある日、唐突に店員から『本日からパスポートは使用できない』と、一方的にパスを取り上げられました」としている。 この口コミによると、没収の理由は「規約違反」で、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2点から「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断された。 それまで15回無料パスを利用していたという。 「『1万円で納豆定食が一生涯無料!』と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています」と憤っている。 「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能」 口コミは5月22日ごろからツイッターで拡散。 「レビューが事実なら不誠実極まりない」「令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい」として店舗側に説明を求める声があがった。 また22〜23日未明ごろにかけ、令和納豆公式ツイッターが一時「非公開」状態となり、疑問の声がいっそうあがることになった。 ただ27日までに、この口コミは閲覧できなくなっている。 返信がないため28日に再度質問状を送ったが、29日15時までに返信はない。 23日から繰り返し納豆社に電話をかけていたところ、29日に出た担当者は、取材依頼について「代表しか分からない。 代表は外出している」とだけ話した。 回答があれば追って伝える。 56 前スレ.

次の

「納豆定食生涯無料パス」購入者、パスを取り上げられる|5chまとめのモネッス

納豆屋 詐欺

27 ID:FVlk3GLz0 水戸市在住の宮下裕任(ひろただ)さんが1月から開始したサブスクリプション型のコーヒーサービス「PANGEA パンゲア 」を広めようと現在、クラウドファンディングを行っている。 「PANGEA パンゲア 」は、世界各国の人気ロースターで焙煎(ばいせん)された最高品質のコーヒー豆を毎月3種類ずつ配送する定期購入サービス。 宮下さんは「日本未進出で現地でしか飲めないこと」「現地メディアで評価が高く、人気店として現地を支えていること」「自分たちで焙煎していること」「味がおいしく独創的であること」を基準に、 アメリカ、オーストラリア、中国、香港、マカオ、台湾、フィリピン、日本の8カ国30都市程を周り10件と契約。 クレジットカードやビットコインで購入できる。 14 ID:FVlk3GLz0 同サービスを知ってもらい、世界と自宅をつなぐきっかけにしたいと今回のクラウドファンディングを企画。 30万円を目標に5月14日から行われている。 3,600円(2コース)・6,000円・1万円・4万3,200円・10万円の6コースを用意する。 「日本のコーヒービジネスは顧客の奪い合いのようになっているが、市場を奪い合うビジネスをする前に目の前の一杯のコーヒーが出来上がるまでに、 どれだけたくさんの人の愛情が注がれて私たちの元に届けられているのかということを少しでも伝えていくことができたら」と宮下さん。 「昨今は、経済とテクノロジーの発展により、ボーダーレスな世界をあらゆるところ体験することができる。 最先端のテクノロジーを駆使しながら、コーヒーを飲む消費者とコーヒー豆を育てる生産者をつなげたい」とも。 クラウドファンディングは6月29日まで。 71 ID:1xpp6oJS0 自家焙煎じゃないのかよ >焙煎は各ロースターが現地で行っています。 彼らが愛を込めて焙煎したコーヒー豆を、 >最高の状態でお届けするために、世界各国で焙煎された後すぐに輸入し、みなさんへお届け致します。

次の