次亜塩素酸水 コロナ 経済産業省。 新型コロナ対策の次亜塩素酸水で「本当に怖いこと」

次亜塩素酸水で手指の消毒はできる?【専門家の見解/新型コロナウイルス】

次亜塩素酸水 コロナ 経済産業省

新型コロナウイルスの消毒方法の有効性評価で、販売実態や空間噴霧の是非で注目を集める「次亜塩素酸水」。 先日、経産省およびNITEが発表した「『次亜塩素酸水』等の販売実態について(ファクトシート)」が話題です。 何が問題なのでしょうか。 また「次亜塩素酸水」の有効性を維持するための注意点を教えてください。 福崎智司(以下、福崎)「製品安全データシートが添付されないまま配布されている、または液性に関する表示が不十分あるいは貼付されないまま出回ると、同じ次亜塩素酸水という名称だけでは市民が成分も分からず自己判断で使ってしまいます。 消費者が自律した判断で使えるようなデータシートや液性の表示が必要だということを指摘したかったのだと思います。 次亜塩素酸水というのは食品添加物の殺菌料、いわゆる食品衛生法上の名称ですが、水溶液そのものが流通することを前提に置いていません。 容器に充填して配布あるいは販売した時点で食品添加物からは外れていますので、配布や販売を行う際には『食品に適用するものではない』ということを注意喚起しなければいけません。 また、電気分解で生成した次亜塩素酸水にはpHと濃度に規定がありますので、その規定から外れるとこの名称も適切とは言えません。 一方、二液混合で生成した次亜塩素酸水溶液は分類としては雑貨ですので、pHや濃度に規定はなく、食品以外は何に使っても構わないということになります。 次亜塩素酸は酸化作用が強くて反応性が高い反面、濃度の減少が相対的に早く、特に紫外線によって分解が促進される特性があります。 日光が当たらない暗所で低温であれば、次亜塩素酸の効果は長持ちします。 これはエタノールでも同じことで、高温の場所で保管すると、濃度の減少が早まります」 「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」を混同している消費者も多いです。 福崎「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは酸性とアルカリ性の違い、そして濃度が大きく違います。 その理由は、製造方法の違いにあります。 次亜塩素酸ナトリウムは、水酸化ナトリウムという強アルカリ性の溶液の中に塩素ガスを吸収させて生成します。 もともとの母液の水酸化ナトリウムがアルカリ性で、できた溶液は水酸化ナトリウムの中に次亜塩素酸が含まれたものです。 一方で次亜塩素酸水は、電気分解で製造します。 薄い食塩水を隔膜がある電解槽で電気分解すると、陽極側には次亜塩素酸と塩酸が、陰極側には水酸化ナトリウムが生成されます。 陽極側の酸性電解水と陰極側のアルカリ性電解水を混合して、弱酸性電解水を生成します。 さらに隔膜を入れず、塩酸を出発物質にして、電気分解した生成物を微酸性電解水と言います。 各電解水において、一定のpHと濃度の規定範囲にあるものを次亜塩素酸水と呼びます」 同様に「『次亜塩素酸水』の空間噴霧について(ファクトシート)」も話題ですが、「次亜塩素酸水」を噴霧して消毒効果はあるのでしょうか? 福崎「私も研究していますし、欧米の学術論文にも出ていますが、次亜塩素酸水を超音波式で噴霧した微細粒子が微生物やウイルスに接触すれば、必ず除菌効果が出ています。 ただし、水溶液そのものではなく霧状にすることで、対象物に届くまでに濃度が減少します。 私たちはもとの水溶液が、ある一定の距離に到達した時点での濃度を測定しています。 空間噴霧といえば空間全体を消毒するかのようなイメージを持って話をする専門家も多いですが、決してそうではないのです。 実際に空間噴霧を見たことがあると思いますが、上に吹き上げられた微細粒子は次第に落下を始め、やがて目に見えなくなります。 目に見えなくなった微細粒子からは気体状の次亜塩素酸が揮発しています。 気体というと通常は部屋全体に拡散するのですが、実際は次々に上から落下してくる微細粒子に吸着して吸収され、それを繰り返しているうちに濃度勾配ができます。 つまり床に近いほど次亜塩素酸の濃度が高く、私たちの顔の位置、そして天井に近くなるにしたがって低くなります。 空間の微生物を制御する際に、微生物がどこにいるかということを考えてみてください。 微生物は浮遊するよりは何かに吸着したほうが安定するので、浮遊菌より付着菌のほうがはるかに多く、さらに床に近づくにつれ数が多くなるのです。 浮遊している菌は換気をすれば、ある程度希釈されて薄まりますが、換気だけで室外に出ない付着菌や床の菌をどうするか、というのが問題なのです。 空間噴霧の微細粒子は落下して、膝から下に溜まっている菌に作用します。 たとえば汚れた空間で噴霧を行うと、私たちが着座した状態や起立した状態で顔の位置にくる次亜塩素酸はほぼゼロです。 これを長時間続けていて、初めて2~5ppbという薄い濃度になります。 ちなみに作業環境許容濃度というのがあって、1日8時間、週40時間暴露しても人体に影響のない濃度が定められていて、塩素ガス(次亜塩素酸の代替指標)に対しては0. 5ppm(=500ppb)で、このわずか1/100から1/250程度の濃度が顔の付近に漂うので、決して空間全体を消毒するという概念ではありません。 私たちは企業から依頼があれば濃度測定を行い、測定データに基づいた技術指導を行なっています。

次の

次亜塩素酸水、一部商品を手指消毒適用と修正 新型コロナウイルス消毒方法で経産省

次亜塩素酸水 コロナ 経済産業省

中央官庁による発表 2020年06月26日に、「 」が公開された。 経済産業省からは「」が公開された。 消費者庁からは「」が公開された。 販売者向けの「 」と、消費者向けのチラシ「」もある。 次亜塩素酸水の扱い で、新型コロナウイルス対策としての次亜塩素酸水の使用方法が発表された。 となっている。 消毒対象は物品のみ• 拭き掃除には 有効塩素濃度80ppm 0. 拭き掃除では、 汚れをあらかじめ落とし、十分な量の次亜塩素酸水で表面と ヒタヒタに濡らして拭き取る。 流水で 掛け流す時は有効塩素濃度35ppm 0. 一部の業者が、「NITEが次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの効果を認めた」などと、使用条件を無視して宣伝するかもしれないから要注意。 使い方が細かく指定されていて、これ以外の使い方では効果は保証できない。 重要なのは「手指等への影響、空間噴霧の有効性・安全性は評価していません。 」とあることである。 つまり、• ということになる。 これも、「危険だという証拠がないから」という理由で消費者に売りつけに来る事業者に注意する必要がある。 消費者には安全性が確認されたものを売るべきであって、危険かどうかを消費者で実験したがるような業者に付き合う義理はない。 安全性が確認されていないものは使わない、というのがフェイルセーフの考え方である。 使用上の注意をもう少し詳しく では、「まわりに人がいる中で、消毒や除菌効果をうたう商品を空間噴霧することは、おすすめしていません」と表現が弱いが、厚生労働省の注意は徹底している。 また、手指など人体に用いる場合は、品質・有効性・人体への安全性が確認された「医薬品・医薬部外品」(「医薬品」「医薬部外品」との表示のあるもの)を使用してください。 とあるので、医薬品でも医薬部外品でもない次亜塩素酸水(クラスII医療機器の強酸性電解水製造装置で作ったもの以外)は、手指の消毒には全く使えないことになる。 スプレーボトルに入れて吹き付けるのは不可ということである。 次亜塩素酸水については(強調部分は筆者による)、 テーブル、ドアノブなどには、一部の「次亜塩素酸水」も有効です。 「次亜塩素酸水」は、「次亜塩素酸」を主成分とする、酸性の溶液です。 酸化作用により、新型コロナウイルスを破壊し、無毒化するものです。 いくつかの製法がありますが、一定濃度の「次亜塩素酸水」が新型コロナウイルスの感染力を一定程度減弱させることが確認されています(NITEの検証)。 <使用方法>消毒したいモノの汚れをあらかじめ落としておきます。 元の汚れがひどい場合などは、有効塩素濃度200ppm以上のものを使うことが望ましいです。 20秒以上掛け流した後、きれいな布やペーパーで拭き取ってください。 「次亜塩素酸ナトリウム」を水で薄めただけでは、「次亜塩素酸水」にはなりません。 概ね経産省のポスターの内容と同じだが、濡らした時の待ち時間と掛け流しの時間について、20秒以上、という値が示された。 また、「目に入ったり皮膚についたりしないよう」 「飲み込んだり、吸い込んだりしないよう」注意、と明記された。 これまで、次亜塩素酸水の業者が、「食品添加物として認められているから安全」と主張していたのを全否定する注意事項が示されている。 空気中のウイルス対策については、 なお、人がいる環境に、消毒や除菌効果を謳う商品を空間噴霧して使用することは、眼、皮膚への付着や吸入による健康影響のおそれがあることから推奨されていません。 また、消毒や除菌効果を謳う商品をマスクに噴霧し、薬剤を吸引してしまうような状態でマスクを使用することは、健康被害のおそれがあることから推奨されていません。 と、空間噴霧の非推奨と同時に、マスクの消毒に次亜塩素酸ナトリウムを使って十分洗浄せずに用いたことによる皮膚のトラブルを踏まえた注意が示された。 空間噴霧は非推奨 まず、世界の保健機関の一致した見解を示している。 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスに対する消毒に関する見解の中で、「室内空間で日常的に物品等の表面に対する消毒剤の(空間)噴霧や燻蒸をすることは推奨されない」としており、また、「路上や市場と言った屋外においてもCOVID19やその他の病原体を殺菌するために空間噴霧や燻蒸することは推奨せず」「屋外であっても、人の健康に有害となり得る」としています。 また、「消毒剤を(トンネル内、小部屋、個室などで)人体に対して空間噴霧することはいかなる状況であっても推奨されない」としています。 (5月15日発表) また、米国疾病予防管理センター(CDC)は、医療施設における消毒・滅菌に関するガイドラインの中で、「消毒剤の(空間)噴霧は、空気や環境表面の除染方法としては不十分であり、日常的な患者ケア区域における一般的な感染管理として推奨しない」としています。 次に、厚生労働省の見解を述べている。 これらの国際的な知見に基づき、厚生労働省では、消毒剤や、その他ウイルスの量を減少させる物質について、人の眼や皮膚に付着したり、吸い込むおそれのある場所での空間噴霧をおすすめしていません。 薬機法上の「消毒剤」としての承認が無く、「除菌」のみをうたっているものであっても、実際にウイルスの無毒化などができる場合は、ここに含まれます。 消毒マニュアルの消毒剤のリストに次亜塩素酸がないから消毒剤ではない、と言い訳して噴霧しようとする穴をきっちり塞いでいる。 「雑品」であっても、「除菌」かうたっていなくても、ウイルス不活化効果をうたったとたんに噴霧非推奨のカテゴリーに入る、ということである。 次にまた厚生労働省は一般論を述べている。 これまで、消毒剤の有効かつ安全な空間噴霧方法について、科学的に確認が行われた例はありません。 また、現時点では、薬機法に基づいて品質・有効性・安全性が確認され、「空間噴霧用の消毒剤」として承認が得られた医薬品・医薬部外品も、ありません。 しかし、これでもまだ、次亜塩素酸水は医薬品・医薬部外品ではない、と言い訳する業者が出てくるであろうことを想定し、ダメ押しで次のように述べている。 【参考情報3 「次亜塩素酸水」の空間噴霧について】 「次亜塩素酸水」の空間噴霧で、付着ウイルスや空気中の浮遊ウイルスを除去できるかは、メーカー等が工夫を凝らして試験をしていますが、国際的に評価方法は確立されていません。 安全面については、メーカーにおいて一定の動物実験などが行われているようです。 ただ、消毒効果を有する濃度の次亜塩素酸水を吸いこむことは、推奨できません。 空間噴霧は無人の時間帯に行うなど、人が吸入しないような注意が必要です。 なお、ウイルスを無毒化することを効能・効果として明示とする場合、医薬品・医薬部外品の承認が必要です。 現時点で、「空間噴霧用の消毒薬」として承認が得られた次亜塩素酸水はありません。 この記述で、景表法7条2項の不実証広告規制に向けて道がつくられた。 そもそも評価方法が無いのだから、空間噴霧によるウイルス除去 not不活化)を謳ったものは、全てが宣伝の合理的な根拠を欠いているということになる。 消費者庁と厚生労働省がうまく組んだ様子が窺える。 禁止については、記者会見の会場で噴霧しまくっても参加者は今のところぴんぴんしているようだから、「推奨しない」程度の表現にとどまったのだろう。 最後の一文は、特定の病原体への効果効能をうたった途端に薬機法違反になる、という指摘である。 なお、次亜塩素酸ナトリウム液については、人体に触れた時の危険性が次亜塩素酸水よりもずっと大きいため、噴霧については「絶対に行わないでください」という強い禁止となっている。 で、文部科学省…… 当初は次亜塩素酸水の空間噴霧について、人がいるところで噴霧するな、という事務連絡を出した文部科学省だったが、業者の圧力に負けて、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~ 2020. 16 Ver. 2 」の中で(21ページ)、 「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと言われています。 メーカーが提供する情報、厚生労働省などの関係省庁が提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、使用について判断するようお願いします。 なお、児童生徒等の中には健康面において様々な配慮が必要な者がいることから、使用に当たっては、学校医、学校薬剤師等から専門的な助言を得つつ、必要性や児童生徒等に与える健康面への影響について十分検討して下さい。 などと、本来考慮する必要のない「メーカーが提供する情報」を判断の参考にしろというどうしようもない内容になってしまった。 しかし、今回、厚生労働省に「人が吸入しないような注意が必要」とはっきり言われてしまったわけで、業者にとやかく言われても10日ほど最初の判断を維持していれば、厚労省の見解と矛盾しない内容になっていたはずである。 ということで、日和った文部科学省がみっともない真似をしたという結果に終わり、ついでに今回の省庁合同発表からもハブられた感があってさらに情けない。

次の

新型コロナの消毒法、次亜塩素酸水も有効…経産省ら最終報告

次亜塩素酸水 コロナ 経済産業省

新型コロナウイルスへの感染は、ウイルスを含む飛沫が口、鼻や眼などの粘膜に触れること、または、ウイルスがついた手指で口、鼻や眼の粘膜に触れることで起こります。 このため、飛沫を吸い込まないよう人との距離を確保し、会話時にマスクを着用し、手指のウイルスは洗い流すことが大切です。 さらに、身の回りのモノを消毒することで、手指につくウイルスを減らすことが期待できます。 現在、「消毒」や「除菌」の効果をうたう様々な製品が出回っていますが、目的にあった製品を、正しく選び、正しい方法で使用しましょう。 【参考情報1 「消毒」と「除菌」について】 「消毒」は、菌やウイルスを無毒化することです。 「除菌」は、菌やウイルスの数を減らすことです。 「医薬品・医薬部外品」以外の製品に記されることが多いようです。 「消毒」の語は使いませんが、実際には細菌やウイルスを無毒化できる製品もあります(一部の洗剤や漂白剤など)。 なお、「医薬品・医薬部外品」の「消毒剤」であっても、それ以外の「除菌剤」であっても、全ての菌やウイルスに効果があるわけではなく、新型コロナウイルスに有効な製品は一部であることに注意が必要です。 また、手指など人体に用いる場合は、品質・有効性・人体への安全性が確認された「医薬品・医薬部外品」(「医薬品」「医薬部外品」との表示のあるもの)を使用してください。 手洗いの後、さらに消毒液を使用する必要はありません。 アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。 空間噴霧は絶対にやめてください。 「次亜塩素酸」の酸化作用などにより、新型コロナウイルスを破壊し、無毒化するものです。 <使用方法>市販の家庭用漂白剤を、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0. その後、水拭きしましょう。 「次亜塩素酸ナトリウム」を水で薄めただけでは、「次亜塩素酸水」にはなりません。 界面活性剤は、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。 9種類の界面活性剤が新型コロナウイルスに有効であることが確認されています(NITEの検証による)。 NITE検証試験結果から有効と判断された界面活性剤(9種) ・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. 01%以上) ・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. 2%以上) ・純石けん分(脂肪酸カリウム)(0. 24%以上) ・純石けん分(脂肪酸ナトリウム)(0. 22%以上) <使用方法>有効な界面活性剤が含まれた家庭用洗剤を選びます。 (有効な界面活性剤を含む洗剤のリストや、洗剤の使い方を、 NITEウェブサイトで公開しています。 (手指用の製品は使用できます。 「次亜塩素酸水」は、「次亜塩素酸」を主成分とする、酸性の溶液です。 酸化作用により、新型コロナウイルスを破壊し、無毒化するものです。 いくつかの製法がありますが、一定濃度の「次亜塩素酸水」が新型コロナウイルスの感染力を一定程度減弱させることが確認されています(NITEの検証)。 <使用方法>消毒したいモノの汚れをあらかじめ落としておきます。 元の汚れがひどい場合などは、有効塩素濃度200ppm以上のものを使うことが望ましいです。 20秒以上掛け流した後、きれいな布やペーパーで拭き取ってください。 「次亜塩素酸ナトリウム」を水で薄めただけでは、「次亜塩素酸水」にはなりません。 【参考情報2 「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」について】 「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」は、名前が似ていますが、異なる物質ですので、混同しないようにしてください。 「次亜塩素酸ナトリウム」は、アルカリ性で、酸化作用を持ちつつ、原液で長期保存ができるようになっています。 ハイターなどの塩素系漂白剤が代表例です。 「次亜塩素酸水」は、酸性で、「次亜塩素酸ナトリウム」と比べて不安定であり、短時間で酸化させる効果がある反面、保存状態次第では時間と共に急速に効果が無くなります。 「次亜塩素酸水」にはいくつかの製法がありますが、このうち、食塩水や塩酸を電気分解して生成した「次亜塩素酸水」には、食品添加物(殺菌料)に指定され、規格が定められたものもあり、食品加工工場における野菜の洗浄などに使われます。 また、次亜塩素酸ナトリウムを原料に、酸を加えたり、イオン交換等をすることで酸性に調整したものも「次亜塩素酸水」として販売されています。 これには規格や基準が無く、成分がはっきりしないものもあります。 また、「pHを調整した次亜塩素酸ナトリウム」と称して販売する例があり、アルカリ性の「次亜塩素酸ナトリウム」と酸性の「次亜塩素酸水」の混同の一因になっています。 このほか、「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」などの粉末で、水に溶かすことで「次亜塩素酸水」を作れる商品も販売されています。 空間噴霧は絶対にやめてください。 室内温度が大きく上がらない又は下がらないよう注意しながら、定期的な換気を行いましょう。 窓を使った換気を行う場合、風の流れができるよう、2方向の窓を、1時間に2回以上、数分間程度、全開にしましょう。 なお、人がいる環境に、消毒や除菌効果を謳う商品を空間噴霧して使用することは、眼、皮膚への付着や吸入による健康影響のおそれがあることから推奨されていません。 また、消毒や除菌効果を謳う商品をマスクに噴霧し、薬剤を吸引してしまうような状態でマスクを使用することは、健康被害のおそれがあることから推奨されていません。 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスに対する消毒に関する見解の中で、「室内空間で日常的に物品等の表面に対する消毒剤の(空間)噴霧や燻蒸をすることは推奨されない」としており、また、「路上や市場と言った屋外においてもCOVID19やその他の病原体を殺菌するために空間噴霧や燻蒸することは推奨せず」「屋外であっても、人の健康に有害となり得る」としています。 また、「消毒剤を(トンネル内、小部屋、個室などで)人体に対して空間噴霧することはいかなる状況であっても推奨されない」としています。 (5月15日発表) また、米国疾病予防管理センター(CDC)は、医療施設における消毒・滅菌に関するガイドラインの中で、「消毒剤の(空間)噴霧は、空気や環境表面の除染方法としては不十分であり、日常的な患者ケア区域における一般的な感染管理として推奨しない」としています。 これらの国際的な知見に基づき、厚生労働省では、消毒剤や、その他ウイルスの量を減少させる物質について、人の眼や皮膚に付着したり、吸い込むおそれのある場所での空間噴霧をおすすめしていません。 薬機法上の「消毒剤」としての承認が無く、「除菌」のみをうたっているものであっても、実際にウイルスの無毒化などができる場合は、ここに含まれます。 これまで、消毒剤の有効かつ安全な空間噴霧方法について、科学的に確認が行われた例はありません。 また、現時点では、薬機法に基づいて品質・有効性・安全性が確認され、「空間噴霧用の消毒剤」として承認が得られた医薬品・医薬部外品も、ありません。 【参考情報3 「次亜塩素酸水」の空間噴霧について】 「次亜塩素酸水」の空間噴霧で、付着ウイルスや空気中の浮遊ウイルスを除去できるかは、メーカー等が工夫を凝らして試験をしていますが、国際的に評価方法は確立されていません。 安全面については、メーカーにおいて一定の動物実験などが行われているようです。 ただ、消毒効果を有する濃度の次亜塩素酸水を吸いこむことは、推奨できません。 空間噴霧は無人の時間帯に行うなど、人が吸入しないような注意が必要です。 なお、ウイルスを無毒化することを効能・効果として明示とする場合、医薬品・医薬部外品の承認が必要です。 現時点で、「空間噴霧用の消毒薬」として承認が得られた次亜塩素酸水はありません。 特に、人がいる空間への次亜塩素酸ナトリウム水溶液の噴霧については、眼や皮膚に付着したり吸入したりすると危険であり、噴霧した空間を浮遊する全てのウイルスの感染力を滅失させる保証もないことから、絶対に行わないでください。

次の