日刊スポーツ占い。 0学占星術 : 日刊スポーツ

王様になれるオードリー春日、敵は禁欲とストレス

日刊スポーツ占い

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 こちらは「ツアーAD RM-2」65S装着モデルですが、これ、結構ハードでした。 おそらくこれはボクの加齢によるパワーダウンです。 そろそろ、受け入れないと・・・ですね。 より叩けるという意味ではアスリート向けをうたっている「タイプV」ですが、実はヘッドに差はないんですよね。 試打モデルはロフト角が9. 5度なだけです。 では何が違うのか? というわけで、さっそく行ってみましょう。 まずは見た目から。 ソールはこんな感じ! フェース 横顔 後ろ姿。 構えてみるとこんな感じですが・・・。 ん~、写真では微妙に分かりませんが、実はフェース角がスクエアなんです。 「タイプD」と「タイプV」の違い。 実は、挿し方だけなんですね~! 今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「ツアーAD RM-2」65Sフレックス装着モデル。 スペックは、ロフト角9. 5度、ライ角61. 25度、長さ45. 25インチ、総重量315g、バランスD2。 ヘッド体積460cm3。 シャフトスペックは、重量65g、トルク3. 8、中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。 持ってみた感覚ですが、重さ的にはしっかり重量級です。 グリップも結構太め。 シャフトを手でしならせてみると、当然ですが、確実にSRよりも硬いですw 何気に感じたのは、先端剛性の強さ。 SRの素振りで感じたヘッドの走り感は、65Sではほぼ感じませんでした。 実際に打ってみると、やはり重さからか振れていません。 タイプDのHS43. 平均で1. ミート率は共に1. 45辺りなので、初速が落ちているのは単純に振れていないからでしょうね。 オートマチックにつかまる「タイプD」とより叩ける「タイプV」の違いは、フェース角とシャフトです。 1度フックの「タイプD」に対して、「タイプV」はスクエア。 それだけでもつかまりが全然変わってくると思いますが、これは推測ですが、おそらくシャフトの先端号剛性も高くなっているでしょう。 それよって、「叩いても左に行きにくい」を実現していると思います。 ボクが叩いていくと、プッシュアウトしてしまうのは、そこに原因があったと推測しています。 スカイトラックの弾道データはこんな感じで その各球データはこちら。 【3球平均】 HS42. 3度、バックスピン量2603. 8pm、サイドスピン-247. 0rpm、飛距離246. 8y 【ベスト】 HS42. 3度、バックスピン量2735. 6rpm、サイドスピン-117. 3rpm、飛距離250. 0y 打感はマイルド!! シャフト自体が硬くなってはいますが、打感にはそれほど影響がなかったように感じました。 音も中高音系でした。 弾道はこんな感じで そのスカイトラックデータがこちら。 弾道的には、高めの中弾道。 単純に重さによるHS低下分が飛距離低下につながった感じでしょうね。 でもロフト9. 5度なんですよね。 そう考えると、実は上がりやすいのかな・・・なん思ってもいます。 出球傾向は、ボクのスイングでドロー系ですが、プッシュアウトして右から返ってくるイメージでした。 でも、昔の自分のイメージほどは戻りません。 結果、右半分狙って右ラフって感じかなw シャフトフィーリングおよび振り感ですが、しなりポイントは中間だと思います。 でも先端剛性が強く、ヘッドが走るような感覚はほぼありません。 自分のスイングで球をつかまえられる方向けでしょうね。 自らのスイングでしっかり球がつかまえられる、いわゆるヒッタータイプ向けだと思います。 今回比較試打した「タイプD」とは確実に性格が違います。 でも、その差はフェース角とシャフトの違いのみ。 シャフトの先端剛性がより高くなっているようにも感じましたが、フックフェースにするとこれだけラクに球がつかまるんだって、逆に、改めて実感できました。 「振らなくてはいけない」クラブは、もうボクにはしんどいかもしれません。

次の

リョーマゴルフ「マキシマⅡタイプV」ドライバー

日刊スポーツ占い

1964年東京五輪・1968年メキシコ五輪・陸上3000メートル障害 猿渡武嗣さん(上) 「俺は、39歳で死ぬらしい。 占いにはそう出ているんだって」 猿渡武嗣が妻の比都美に、そう言ったのは1969年春。 結婚して間もなくだった。 「何冗談を言ってんのよ。 あなたは殺されても死なないわよ。 馬みたいなんだから……」 妻の言葉に夫は笑った。 だが、結婚13年後にその冗談が現実となる。 猿渡は、赴任先の新日鉄室蘭から東京の新日鉄本社に出張中だった。 前日の夜、久しぶりに会う本社勤務時代の同僚と好きなマージャンをし、宿泊するホテルに戻ったのは明け方。 「起こさないでください」のカードをドア外のノブに吊るして寝たが、昼すぎになっても起きてこない。

次の

0学占星術 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ占い

履正社医療スポーツ専門学校のスポーツ外国語学科で学科長を務める佐藤秀典氏(撮影・松本航) グラウンドではなく、学校での再会が新鮮だった。 7月13日、大阪市淀川区の履正社医療スポーツ専門学校。 そこにワイシャツ姿の佐藤秀典氏(39)がいた。 ラグビー日本代表の通訳として15年ワールドカップ(W杯)イングランド大会、昨秋の日本大会に携わった。 そんな佐藤氏がかみしめるように言った。 そして4年後に過去最高のW杯8強へとけん引した、現HCのジェイミー・ジョセフ氏(50)を指していた。 周囲が驚く転身だった。 佐藤氏は昨秋のW杯で通訳に区切りをつけ、同校にやって来た。 肩書は今春新設された「スポーツ外国語学科」の学科長。 16年に打診され、その時点で決めた。 「英語を使えば、それだけ多くの情報を得るチャンスがあります。 例えばパソコンで『ラグビー』『Rugby』と検索してみても、ヒット数で何倍も差がある。 ありがたいことに名将の近くで学ぶこともできて『今度は育てる方にシフトしたい』と思ったんです」 ネーティブの教員との授業に参加する履正社医療スポーツ専門学校スポーツ外国語学科の生徒(撮影・松本航) 1期生は3年制の昼間部に15人、2年制の夜間部に3人が入学してきた。 中には佐藤氏の学科長就任で進学を決め、ラグビーの通訳やトレーナーを志す生徒もいる。 佐藤氏は教員をまとめる役割を担い、カリキュラムの準備など、学びの環境作りに力を注ぐ。 ジョーンズ氏の言葉が胸に響く。 「エディーに『人前で話す時は緊張するが、それとパニックとは違う。 緊張はいいことだが、パニックは準備不足』と言われたことがあります。 生徒がこの学校で準備できれば、スポーツの現場で必ず生きます」 通訳時代、ジョーンズ氏からのメールの確認が起床後の日課だった。 1通目は午前3時半に届いていた。 一方、ジョーンズ氏の睡眠時間が3~4時間とも知っていた。 それほどまで準備した上で「お前、疲れているか?」とわずかな変化を見逃さない人だった。 現在の立場でこだわるのも、スポーツ現場を意識した「準備」だ。 その1つが「フィジカル・イングリッシュ」という科目。 河川敷などへ出向き、生徒は英語でスポーツの指導を行う。 「単語力、語彙(ごい)力、文法も大事ですが、アウトプットする量が足りていないと話せない。 これも訓練が大事。 現場では瞬発的な反応が求められます」 学科長の立場であり、教壇に立つのは3年時の「スポーツ通訳」までない。 それでも自ら生徒と個別面談を行っている。 そのやりとりは1時間に及ぶという。 「ジェイミーのすごいところは、選手やスタッフの『自分で考える力』を育んでいました。 例えば1対1のミーティング。 ジェイミーから『何かある?』と聞かれるから、選手は話す内容をいつも準備しました」 2人の名将に授かった学びは、今の仕事に生かされている。 だが、2人を知るからこそ、苦しくもなる。 「僕も責任者として決断する立場。 その1つで生徒が左右されます。 国を背負うエディーやジェイミーと規模は違いますが、決断を下す勇気、度胸を求められます。 2人はW杯であれだけの成果を出した。 その過程を知っているからこそ、自然と『あの基準でやらないと成功しない』と考える自分がいます。 2人の基準を目指すけれど、すぐにできるものでもない。 そのジレンマを感じる日々です」 今春誕生したばかりの新学科だが、新型コロナウイルスの影響でリモート授業が続いた。 昼間部の2年時には10カ月の海外留学、以降も進路に沿った現場の実習を予定する。 今後の海外渡航の見通しなど、不安材料は消えない。 順風満帆の船出とは言えないだろう。 その上で、取材の最後に聞いてみた質問がある。 「今の夢は何ですか?」 答えに迷いはなかった。 「英語を使える人材を、スポーツ界に送り出す。 目の前の生徒みんなを、1人前にすることが夢です」 挑戦を選んだ39歳の決意は、ぶれない。 10歳で家族とオーストラリアに移住。 現地の高校卒業後に帰国。 03年に母が通訳を務めていた社会人チーム「ワールド」で仕事を手伝ったことが、通訳となったきっかけ。 以降はキヤノン、NTTドコモ、サンウルブズ、日本代表で計16年間活動。 デスメタルバンドのボーカルとしても活躍。 武庫荘総合高、大体大ではラグビー部に所属。 13年10月に日刊スポーツ大阪本社へ入社し、プロ野球阪神担当。 15年11月からは西日本の五輪競技やラグビーが中心。 18年平昌五輪ではフィギュアスケートとショートトラックを担当し、19年ラグビーW杯日本大会も取材。 19年10月、会見で記者の質問に照れ笑いするトンプソン(左)。 右は佐藤通訳• photo• スポーツ 大迫傑、コロナの怖さ「感じることない」米国で練習 []• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 陸上 [7月16日 14:35]• スポーツ [7月16日 14:35]• スポーツ [7月16日 14:18]• コラム [7月16日 11:00]• コラム [7月16日 10:00]• バスケットボール [7月16日 9:56]• 東京オリンピック2020 [7月16日 9:19]• 東京オリンピック2020 [7月16日 9:14]• テニス ハレプ、8・3開幕の女子テニス再開初戦出場へ意欲 []• テニス [7月14日 8:44]• テニス [7月10日 10:46]• テニス [7月6日 9:21]• テニス [7月5日 10:12]• テニス [7月4日 11:05]• テニス [7月3日 0:18]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [6月28日 20:03]• テニス [6月28日 9:58]• 陸上 大迫傑、コロナの怖さ「感じることない」米国で練習 []• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 陸上 [7月16日 14:35]• 陸上 [7月15日 20:43]• 陸上 [7月15日 20:38]• 陸上 [7月15日 20:03]• 東京オリンピック2020 [7月15日 19:00]• 陸上 [7月15日 18:38]• 東京オリンピック2020 [7月15日 18:32]• 陸上 [7月15日 10:37]• フィギュア ハーディングは司法取引で刑務所入らず…見えぬ真相 []• コラム [7月16日 11:00]• フィギュア [7月15日 16:35]• フィギュア [7月15日 16:06]• コラム [7月15日 11:00]• コラム [7月14日 14:14]• フィギュア [7月14日 11:00]• フィギュア [7月14日 8:14]• フィギュア [7月13日 17:17]• フィギュア [7月13日 8:02]• フィギュア [7月13日 8:01]• バレー バレー代表小野寺太志「自分と違う」若手台頭に刺激 []• バレーボール [7月15日 20:37]• 東京オリンピック2020 [7月15日 7:12]• 東京オリンピック2020 [7月14日 20:42]• バレーボール [7月13日 19:40]• バレーボール [7月10日 23:18]• バスケットボール [7月8日 8:00]• バレーボール [7月7日 18:56]• バレーボール [7月6日 21:42]• バレーボール [7月4日 11:05]• バレーボール [7月4日 11:05]• バスケ B1秋田、デイビスと契約合意 ニカは島根へ移籍 []• バスケットボール [7月16日 9:56]• バスケットボール [7月15日 8:55]• バスケットボール [7月14日 19:39]• バスケットボール [7月14日 12:15]• バスケットボール [7月14日 8:13]• バスケットボール [7月13日 23:25]• バスケットボール [7月13日 19:04]• バスケットボール [7月13日 17:47]• バスケットボール [7月13日 17:40]• バスケットボール [7月13日 13:46]•

次の