ぶり 照り 焼き の たれ。 同業の料理人にもレシピを聞かれた、「極旨照り焼きだれ」の作り方

ぶりの照り焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

ぶり 照り 焼き の たれ

ある 一定の「割合」で作れる簡単で旨いたれです。 ニンニクや薬味を加えれば 「焼肉のたれ」にも変化しますし、オイスターソース、粉山椒などを加えると 「創作たれ」になります。 あなたが辛いもの好きなら、一味や豆板醤を加えて 「ピリ辛たれ」にもできます。 レシピの数倍の量を合わせて、「作り置き」も可能、 冷蔵庫で1ヶ月以上もちます。 もちろん、料理ごとに作るのもありです、簡単に作れます。 あなたが、私の料理レシピをいつも熟読しているなら、すぐに気付いたと思いますが、先週伝授した、「オイスター特製てりたれの骨付き鶏もも肉の炙り焼き」のたれもベースは、「極旨照り焼きだれ」です。 なぜ、このたれが旨いといえるのか?それは…。 料理の道に入って7年目のこと。 はじめに働いた店は、私が学校からの紹介で就職した店です。 私が7年続けて働いている店ということで、岡山の母校から後輩が2人就職しました。 それから半年経った頃、その子達の知人が彼らを激励に店にやってきました。 飲食店を経営しているそうで、注文して出てくる料理全てを観察してました。 後輩から、あとで聞いたのですが、 「この鶏肉の山椒焼きのたれ、作り方教えてくれ」と言わたが、「下っ端なので知らない」と答えたようです。 その知人の方、 そこそこのうでの料理人。 そんなすごい人に「レシピ教えて欲しい」と言わせてしまう、それが 旨いといえる理由です。 今までいろんな形で伝授したたれですが、まだ、メモとってないというあなたは、すぐ、レシピ見て下さい。 【材料】 タイの切り身…1切れ (写真は、最も美味しいカマの部分を使ってます) 【極旨照り焼き「たれ」】 清酒…18cc みりん…18cc 濃口しょう油…15cc 砂糖…10g 粉山椒…力一杯2ふり (酒1. 8:みりん1. 8:濃口しょう油1. 5+砂糖の割合になってます) 1. タイの切り身は、ウロコが残ってないかよく確かめて十文字に切り込みを2つ入れます。 グリルで焼きます。 網に油を塗っておくとタイがくっ付きません。 皮目を後で、骨側(身の方)を先に焼きます。 「骨側7分」、「皮側3分」を目安に焼きます。 骨側でしっかり熱を通し、脂分が多く焦げやすい皮側は短時間で焼きます。 タイを焼き始めたら、【極旨照り焼き「たれ」】の調味料をボウルに合わせ、 砂糖が溶けるまでよく混ぜておきます。 タイが焼きあがったら、フライパンに【極旨照り焼き「たれ」】を入れ、粉山椒もぶち込んで強火で沸かします。 【極旨照り焼き「たれ」】に少しとろみがでたら中火にし、焼いたタイをぶち込みます。 フライパンを傾け、手前に溜まったたれをスプーンですくい取り、タイに何度もかけながら煮詰めていきます。 たれが「ドロドロっ」となったら出来上がり。 タイを平らな器に盛ってたれも一滴残らずタイの上からかけます(ゴムへらを使うタレが残らずかけられます)。

次の

ぶりの照り焼き(加工品)の調理方法

ぶり 照り 焼き の たれ

ぶりの照り焼きの下ごしらえ 白ごはん. comのぶりの照り焼きは 『下漬けアリ』『小麦粉ナシ』『フライパンで作る』レシピです。 まずはじめにバットにAの調味料を容器に合わせて溶かし混ぜ、ぶりの切り身を並べます。 ぶりの切り身を漬け込む時間は30分。 途中2〜3回上下を返して、味を均一にしみ込ませます。 ぶりの照り焼きは、ねぎやしし唐、れんこんなどの野菜を一緒に照り焼きするのがおすすめです。 火加減はそのままで、ここからしっかりたれを煮詰め、ぶりの表面に絡ませることが大切。 たれを入れてから2分ほどで、ねぎがくたっとして味もしみ込んでいるので、ねぎだけ先に取り出します。 取り出したら火加減を少し弱めます。 ここからさらにたれを煮詰め、 「ぶりの表面にとどまるくらいのとろみ」がたれにつくまで煮詰めます。 最後の方はフライパンを少し傾け、 スプーンを使ってたれをすくい取り、ぶりの表面にかける、ということを何度か行います。 ぶりを器に盛り付けてねぎを添え、フライパンに残ったたれを全体にかけて完成です。

次の

ぶりの照り焼き(加工品)の調理方法

ぶり 照り 焼き の たれ

ある 一定の「割合」で作れる簡単で旨いたれです。 ニンニクや薬味を加えれば 「焼肉のたれ」にも変化しますし、オイスターソース、粉山椒などを加えると 「創作たれ」になります。 あなたが辛いもの好きなら、一味や豆板醤を加えて 「ピリ辛たれ」にもできます。 レシピの数倍の量を合わせて、「作り置き」も可能、 冷蔵庫で1ヶ月以上もちます。 もちろん、料理ごとに作るのもありです、簡単に作れます。 あなたが、私の料理レシピをいつも熟読しているなら、すぐに気付いたと思いますが、先週伝授した、「オイスター特製てりたれの骨付き鶏もも肉の炙り焼き」のたれもベースは、「極旨照り焼きだれ」です。 なぜ、このたれが旨いといえるのか?それは…。 料理の道に入って7年目のこと。 はじめに働いた店は、私が学校からの紹介で就職した店です。 私が7年続けて働いている店ということで、岡山の母校から後輩が2人就職しました。 それから半年経った頃、その子達の知人が彼らを激励に店にやってきました。 飲食店を経営しているそうで、注文して出てくる料理全てを観察してました。 後輩から、あとで聞いたのですが、 「この鶏肉の山椒焼きのたれ、作り方教えてくれ」と言わたが、「下っ端なので知らない」と答えたようです。 その知人の方、 そこそこのうでの料理人。 そんなすごい人に「レシピ教えて欲しい」と言わせてしまう、それが 旨いといえる理由です。 今までいろんな形で伝授したたれですが、まだ、メモとってないというあなたは、すぐ、レシピ見て下さい。 【材料】 タイの切り身…1切れ (写真は、最も美味しいカマの部分を使ってます) 【極旨照り焼き「たれ」】 清酒…18cc みりん…18cc 濃口しょう油…15cc 砂糖…10g 粉山椒…力一杯2ふり (酒1. 8:みりん1. 8:濃口しょう油1. 5+砂糖の割合になってます) 1. タイの切り身は、ウロコが残ってないかよく確かめて十文字に切り込みを2つ入れます。 グリルで焼きます。 網に油を塗っておくとタイがくっ付きません。 皮目を後で、骨側(身の方)を先に焼きます。 「骨側7分」、「皮側3分」を目安に焼きます。 骨側でしっかり熱を通し、脂分が多く焦げやすい皮側は短時間で焼きます。 タイを焼き始めたら、【極旨照り焼き「たれ」】の調味料をボウルに合わせ、 砂糖が溶けるまでよく混ぜておきます。 タイが焼きあがったら、フライパンに【極旨照り焼き「たれ」】を入れ、粉山椒もぶち込んで強火で沸かします。 【極旨照り焼き「たれ」】に少しとろみがでたら中火にし、焼いたタイをぶち込みます。 フライパンを傾け、手前に溜まったたれをスプーンですくい取り、タイに何度もかけながら煮詰めていきます。 たれが「ドロドロっ」となったら出来上がり。 タイを平らな器に盛ってたれも一滴残らずタイの上からかけます(ゴムへらを使うタレが残らずかけられます)。

次の