恐山 温泉。 社団法人 むつ市観光協会 青森県下北半島 霊場恐山 本州のてっぺん

日本三大霊場の一つ、青森県の恐山は死ぬまでに一度は訪れるべき絶景スポットでした!

恐山 温泉

実は極上湯だった、あの温泉/恐山・花染の湯、薬師の湯 【青森 恐山/花染の湯、薬師の湯】 あの恐山の境内に温泉がある。 しかもそれが源泉掛け流しの、とてもいい湯である。 …ということを知ったのは、 恐山の住職代理の南直哉さんの本「恐山・死者のいる場所」に書いてあったからだった。 恐山といえば、個人的なことをいえば、 寺山修司の映画「田園に死す(1974年)」のイメージが頭のなかに強烈に インプットされていて、いつかはあの強烈な風景を見に行ってみたい、なんて思っていた。 でも、なんかそんな理由だけで恐山へ行くのは不謹慎な気もして行けずにいたのだけれども、 温泉がある!というなら話は別である。 しかもネットで調べてみると、湯小屋がなんともいい味を醸し出しているではないか。 もう行かない理由はない。 心はすでに恐山へと飛んでいった。 新幹線でJR八戸駅へ。 そこから青い森鉄道に乗り換えて下北駅へと向かう。 この青い森鉄道の車窓から見える景色が、早くも別世界だった。 原野の中を進む単線鉄道。 やがて右側に陸奥湾が現れる。 ワイルドだねぇ。 下北駅からは恐山行きのバスに乗って山を登っていく。 恐山が慈覚大師円仁によって開山されたのは貞観4年(862年)のこと。 古くから下北地方では「人は死ねば(魂は)お山(恐山)さ行ぐ」と 言い伝えられてきたそうで、東北一円で霊場として信仰を集めてきた。 電車もバスもなかったころのことを思わずにいられない。 山の景色がいきなり開けてきたら、そこが恐山である。 宇曽利湖がカルデラ湖特有の美しいコバルトブルーの水をたたえている。 辺りの強烈な硫黄の匂いが鼻を刺す。 恐山の山門の前には売店や食事処がある。 おなじみのカラフルな風車もこの売店で売っている。 幼い子供の霊が寂しがらないように供えられる風車だという。 入山受付所で入山料500円を払って中へ入る。 温泉は無料なので、入らなければ損ともいえるだろう。 恐山といえば、なにはさておきイタコさんが有名だけど、 イタコさんがやってくるのは恐山大祭や恐山秋詣りのときで、 普段から常駐しているわけではない。 この日はイタコさんがひとりだけいて、ひっそりと口寄せを行っていた。 参道の真ん中ぐらいに立派な山門があって、 そこをくぐると、いきなり温泉の湯小屋があった。 「古滝の湯」「冷抜(ひえ)の湯」「薬師の湯」の3つの湯小屋である。 その他に、宿坊の裏手の少し離れたところに混浴の「花染の湯」がある。 これらの温泉は参拝の前に身を清めるための湯として無料で開放されている。 つまり意味としては手水舎の水と同じというわけなんですね。 この日は「薬師の湯」が男湯、古滝の湯」「冷抜の湯」が 女湯になっていたので、じゃあ、「薬師の湯」から入ろうと、扉を開けて中を覗くと 先客さんがけっこういたので諦めて、少し離れた「花染の湯」へ向かった。 宿坊の裏手に行くと人気はなく、「熊に注意!」という看板が立てられてあった。 え!人気はないとはいえ、こんな開けたところに熊が出るんかいな??? 一応、熊がいないか辺りを見まわしてから湯小屋に入る。 「花染の湯」の湯小屋の中には簡素な一体型の脱衣所に ふたつに仕切られた細長い長方形の湯船がひとつ。 湯は少し白濁した硫黄泉。 それが美しいエメラルドグリーンの湯となって 湯船になみなみとたたえられていた。 お~!いい感じだなぁ。 「当温泉はイオウ泉ですので入浴時間は3分~10分程度とし長湯しないようご注意ください」と 書かれた貼り紙が貼ってあった。 窓も開け放たれていて、 貼り紙には「入浴の際には窓を開けて換気を良くしてお入りください」とも書かれてあった。 湯の温度は熱めで、これが肌にキシキシくる。 うんうん、好きです、こういう湯。 温泉の効能がすごくありそう。 でも、たしかにこれは長湯はヤバそうである。 湯船は若干浅目でこれが足を伸ばして入るのにちょうどいい感じだ。 湯の中では白い湯の花が舞っていた。 しかし「田園に死す」に登場する恐山の温泉は もっとおどろおどろしい感じで、しかも湯小屋だけでなく、 熊本の地獄温泉の屋根がないような感じの露天風呂もあったようだけど、 あれは実際にあったのものなのだろうか?今から40年以上も前のことだから、 ああいうのもあったのかもしれない。 次にさきほど先客が数人いて諦めた「薬師の湯」に向かった。 扉を開けると相変わらず先客が数人いる。 やっぱりここは場所的に 独泉はむずかしそうなので、入ることにした。 入浴中もとっかえひっかえに入浴客がくるので、写真があまり撮れなかったけれど、 ここもいい感じだ。 こちらのほうが湯も白濁していた。 開け放たれた窓からは境内の参道や本堂が見えるところが、なんか不思議な感じだった。 湯上がりに地獄や賽の河原を散歩してみた。 (こんなことができるのも恐山ならではですね) ごつごつした岩がむき出しの荒涼とした風景が広がっていて、 ところどころにカラカラと小さな音をたててまわる風車や、石積みがあった。 あちこちから火山地帯ならではの煙が立ち上っている。 たしかに荒涼とした風景なんだけど、 でも、不思議と怖さとかは感じない(夜ともなれば話が別かもしれませんが…)。 賽の河原を越えて行くと、そこは美しい青い水をたたえた宇曽利湖が開け、 白い砂浜を形成している。 極楽浜と呼ばれている場所だ。 そう、地獄の中の極楽。 じつは、恐山でここがいちばん見たかった場所である。 今まで何度か写真とかでこの極楽浜を見たことがあったけど、 写真を通してでも、ここが非日常の極地のような絶景であることがわかった。 で、実際の極楽浜はどうかというと、期待を裏切らず美しい。 荒涼とした岩場よりもこっちのほうが怖い(でも美しい)ぐらいで、 不思議な静寂感をたたえていた。 しかし、賽の河原を越えて行くと極楽があるというこのロケーション。 じつにうまくできている。 大切な人の霊を送りに参拝に来た人たちも この美しい浜に心が洗われるのではないでしょうか。 あちこちを歩きまわって お腹が空いてきたので、門前の食事処でかけそばをいただいた。 メニューはそば、ラーメン、カレーといった簡素なものばかり。 さすがにビールとかは置いていないようだ。 お味は?といえば…まあ、まあ、それは置いておきましょう(笑)。 恐山に来て感じたことは思ったよりもおどろおどろしくないということ。 人は死んだらどこへ行くのか…?大切な人にもう一度会いたい… 古くからそんな切実な想いを受け止めてきた場所がこの恐山なのである。 おそらく、そんな想いを受け止める恐山に、救われてきた人は数知れないのだろう。 多くの人の祈りや願いを受け止めてきた伊勢神宮の鎮守の森の空気感が 信じられないほどに清浄なように、 ここ恐山もまた、とても清浄感のあふれる場所だった。

次の

恐山温泉 【源泉かけ流しどっとねっと】 菩提寺境内湯小屋 「薬師の湯」 「花染の湯」 青森県

恐山 温泉

下北半島の霊場恐山とは? 日本三大霊場のひとつ恐山 恐山(おそれざん)は、平安時代の862年に天台宗の慈覚大師によって開基された霊場になります。 霊場とは、古くから信仰の対象として神聖化されている場所や、神社や仏閣などのことを指します。 恐山の本尊は、延命地蔵尊(えんめいじぞうそん)になります。 温泉もある恐山の見どころ 三途の橋 恐山の入口手前の道には、三途の橋がかけられています。 三途の橋には、2体の鬼の石像がまつられています。 車だと気付かずに、そのまま通り過ぎてしまうかもしれません。 恐山の入山受付所横にある売店 恐山の駐車場に車を停めて、恐山に入山します。 入口の横には売店があり、ヨモギの霊場アイスクリームが売られています。 観光の方向け用の売店ですが、恐山の世界観をあまり崩していない、落ち着いた色合いのものが売られていました。 恐山温泉 恐山の中に入り、山門をくぐって地蔵堂までの参道を歩いていると、右側に宿坊の建物が見えてきます。 恐山の境内にあるこの宿坊では、2食付きで宿泊客を受け入れています。 また宿坊の脇には小さな小屋がいくつかあり、こちらは恐山温泉と呼ばれる立ち寄り湯になります。 恐山温泉には男女別になった4つの立ち寄り湯の小屋があり、入山した人は誰でも入浴できます。 こじんまりとした木の湯船ですが、綺麗にされています。 少し緑色に濁った恐山温泉のお湯は、硫黄泉のため、10分以上の入浴は避けた方が良いそうです。 地獄めぐり 地蔵堂に参拝をすませたあとは、本尊にお参りをします。 それから無限地獄、血の池地獄、賽の河原の地獄めぐりをします。 途中石が積まれた場所にお線香ではなく、小さい風車がお供えされています。 この風車は入口の総門横の売店で買うことができます。 極楽浜 こちらが恐山の極楽浜になります。 緑色の宇曽利山湖を海に見立てて、極楽浄土にきたかのような静かな浜になります。 恐山の観光の所要時間 恐山の観光の所要時間は次のとおりです。 総門・山門をくぐり地蔵堂を参拝 30分• 立ち寄り湯の恐山温泉に入浴 30分• 地獄めぐり・宇曽利湖 1時間• 食事・お土産 30分から1時間 恐山の観光の所要時間と見どころまとめ 独特の世界観が感じられる恐山 下北半島の恐山は、独特の世界観が感じられる、今まで見たことのない場所でした。 怖い場所なのかと思ったら、地元の方や観光客の人も多くいらしたので、それほど怖い印象はうけませんでした。 恐山温泉にはもう一度入ってみたく、また今度出かけてみようと思います。 下北半島の恐山は、5月から10月までの間、開山していて参拝することができます。 恐山の営業案内とアクセス・駐車場 アクセス 青森駅から車で2時間半、大間崎から1時間10分かかります。 住所 営業時間 朝の6時から夕方の18時まで(開山期間:5月1日から10月31日) 入山料 500円 駐車場 有り(無料) 恐山周辺のホテル・旅館• 青森県のその他の観光スポット 車で1時間10分ほど北西に進むと、本州の最北端の大間崎があります。 また下北半島にある絶景の仏ヶ浦にも立ち寄ってみてください。

次の

温泉が身体にしみる恐山の宿坊吉祥閣(青森県むつ市)

恐山 温泉

実は極上湯だった、あの温泉/恐山・花染の湯、薬師の湯 【青森 恐山/花染の湯、薬師の湯】 あの恐山の境内に温泉がある。 しかもそれが源泉掛け流しの、とてもいい湯である。 …ということを知ったのは、 恐山の住職代理の南直哉さんの本「恐山・死者のいる場所」に書いてあったからだった。 恐山といえば、個人的なことをいえば、 寺山修司の映画「田園に死す(1974年)」のイメージが頭のなかに強烈に インプットされていて、いつかはあの強烈な風景を見に行ってみたい、なんて思っていた。 でも、なんかそんな理由だけで恐山へ行くのは不謹慎な気もして行けずにいたのだけれども、 温泉がある!というなら話は別である。 しかもネットで調べてみると、湯小屋がなんともいい味を醸し出しているではないか。 もう行かない理由はない。 心はすでに恐山へと飛んでいった。 新幹線でJR八戸駅へ。 そこから青い森鉄道に乗り換えて下北駅へと向かう。 この青い森鉄道の車窓から見える景色が、早くも別世界だった。 原野の中を進む単線鉄道。 やがて右側に陸奥湾が現れる。 ワイルドだねぇ。 下北駅からは恐山行きのバスに乗って山を登っていく。 恐山が慈覚大師円仁によって開山されたのは貞観4年(862年)のこと。 古くから下北地方では「人は死ねば(魂は)お山(恐山)さ行ぐ」と 言い伝えられてきたそうで、東北一円で霊場として信仰を集めてきた。 電車もバスもなかったころのことを思わずにいられない。 山の景色がいきなり開けてきたら、そこが恐山である。 宇曽利湖がカルデラ湖特有の美しいコバルトブルーの水をたたえている。 辺りの強烈な硫黄の匂いが鼻を刺す。 恐山の山門の前には売店や食事処がある。 おなじみのカラフルな風車もこの売店で売っている。 幼い子供の霊が寂しがらないように供えられる風車だという。 入山受付所で入山料500円を払って中へ入る。 温泉は無料なので、入らなければ損ともいえるだろう。 恐山といえば、なにはさておきイタコさんが有名だけど、 イタコさんがやってくるのは恐山大祭や恐山秋詣りのときで、 普段から常駐しているわけではない。 この日はイタコさんがひとりだけいて、ひっそりと口寄せを行っていた。 参道の真ん中ぐらいに立派な山門があって、 そこをくぐると、いきなり温泉の湯小屋があった。 「古滝の湯」「冷抜(ひえ)の湯」「薬師の湯」の3つの湯小屋である。 その他に、宿坊の裏手の少し離れたところに混浴の「花染の湯」がある。 これらの温泉は参拝の前に身を清めるための湯として無料で開放されている。 つまり意味としては手水舎の水と同じというわけなんですね。 この日は「薬師の湯」が男湯、古滝の湯」「冷抜の湯」が 女湯になっていたので、じゃあ、「薬師の湯」から入ろうと、扉を開けて中を覗くと 先客さんがけっこういたので諦めて、少し離れた「花染の湯」へ向かった。 宿坊の裏手に行くと人気はなく、「熊に注意!」という看板が立てられてあった。 え!人気はないとはいえ、こんな開けたところに熊が出るんかいな??? 一応、熊がいないか辺りを見まわしてから湯小屋に入る。 「花染の湯」の湯小屋の中には簡素な一体型の脱衣所に ふたつに仕切られた細長い長方形の湯船がひとつ。 湯は少し白濁した硫黄泉。 それが美しいエメラルドグリーンの湯となって 湯船になみなみとたたえられていた。 お~!いい感じだなぁ。 「当温泉はイオウ泉ですので入浴時間は3分~10分程度とし長湯しないようご注意ください」と 書かれた貼り紙が貼ってあった。 窓も開け放たれていて、 貼り紙には「入浴の際には窓を開けて換気を良くしてお入りください」とも書かれてあった。 湯の温度は熱めで、これが肌にキシキシくる。 うんうん、好きです、こういう湯。 温泉の効能がすごくありそう。 でも、たしかにこれは長湯はヤバそうである。 湯船は若干浅目でこれが足を伸ばして入るのにちょうどいい感じだ。 湯の中では白い湯の花が舞っていた。 しかし「田園に死す」に登場する恐山の温泉は もっとおどろおどろしい感じで、しかも湯小屋だけでなく、 熊本の地獄温泉の屋根がないような感じの露天風呂もあったようだけど、 あれは実際にあったのものなのだろうか?今から40年以上も前のことだから、 ああいうのもあったのかもしれない。 次にさきほど先客が数人いて諦めた「薬師の湯」に向かった。 扉を開けると相変わらず先客が数人いる。 やっぱりここは場所的に 独泉はむずかしそうなので、入ることにした。 入浴中もとっかえひっかえに入浴客がくるので、写真があまり撮れなかったけれど、 ここもいい感じだ。 こちらのほうが湯も白濁していた。 開け放たれた窓からは境内の参道や本堂が見えるところが、なんか不思議な感じだった。 湯上がりに地獄や賽の河原を散歩してみた。 (こんなことができるのも恐山ならではですね) ごつごつした岩がむき出しの荒涼とした風景が広がっていて、 ところどころにカラカラと小さな音をたててまわる風車や、石積みがあった。 あちこちから火山地帯ならではの煙が立ち上っている。 たしかに荒涼とした風景なんだけど、 でも、不思議と怖さとかは感じない(夜ともなれば話が別かもしれませんが…)。 賽の河原を越えて行くと、そこは美しい青い水をたたえた宇曽利湖が開け、 白い砂浜を形成している。 極楽浜と呼ばれている場所だ。 そう、地獄の中の極楽。 じつは、恐山でここがいちばん見たかった場所である。 今まで何度か写真とかでこの極楽浜を見たことがあったけど、 写真を通してでも、ここが非日常の極地のような絶景であることがわかった。 で、実際の極楽浜はどうかというと、期待を裏切らず美しい。 荒涼とした岩場よりもこっちのほうが怖い(でも美しい)ぐらいで、 不思議な静寂感をたたえていた。 しかし、賽の河原を越えて行くと極楽があるというこのロケーション。 じつにうまくできている。 大切な人の霊を送りに参拝に来た人たちも この美しい浜に心が洗われるのではないでしょうか。 あちこちを歩きまわって お腹が空いてきたので、門前の食事処でかけそばをいただいた。 メニューはそば、ラーメン、カレーといった簡素なものばかり。 さすがにビールとかは置いていないようだ。 お味は?といえば…まあ、まあ、それは置いておきましょう(笑)。 恐山に来て感じたことは思ったよりもおどろおどろしくないということ。 人は死んだらどこへ行くのか…?大切な人にもう一度会いたい… 古くからそんな切実な想いを受け止めてきた場所がこの恐山なのである。 おそらく、そんな想いを受け止める恐山に、救われてきた人は数知れないのだろう。 多くの人の祈りや願いを受け止めてきた伊勢神宮の鎮守の森の空気感が 信じられないほどに清浄なように、 ここ恐山もまた、とても清浄感のあふれる場所だった。

次の