アーセナル っbs。 レイファルクス (れいふぁるくす)とは【ピクシブ百科事典】

笹木香利

アーセナル っbs

プレミアリーグの強豪・アーセナルがついに来日! 22日の名古屋グランパス戦へ向けた両監督記者会見の模様をレポート! 実に45年ぶりの来日を果たしたサッカーの母国・イングランドプレミアリーグの強豪アーセナル。 その指揮を執るのはかつて名古屋グランパスの監督を務めたアーセン・ベンゲルであることは知る人ぞ知るところ。 7月22日 月 にはそのグランパスとの対戦がついに実現する。 当時のエースであったストイコビッチが率いる現グランパスとの一戦は、師弟対決であり、古巣対決でもある非常にエキサイティングなシチュエーションのゲームだ。 試合に先立って行われた公式記者会見では、そうした懐かしさとゲームへの意欲に満ちた言葉が両監督から飛び出した。 会見の質疑応答は、まずはベンゲル、ストイコビッチ両監督の過去を踏まえた質問から始まった。 かつて選手と指揮官として力を合わせた二人が、対戦チームの監督として席を並べていることについて、両監督は時にジョークを交えて語った。 ベンゲル監督「こうして監督として席を並べているというのはとても素晴らしいことですが、彼が選手として隣に座っていてくれる方がずっと良かった。 なぜならストイコビッチは卓越した選手だったからです。 しかしこうして一緒に仕事をした選手が監督をしているというのは、当時、いい意味で監督業に対する影響を与えられたのかなとも思っています。 少なくとも『監督という職業を絶対にやらないぞ』とは思わせなかったのだなと 笑。 そうして一緒に仕事をした人々、考え方を共有し、ポジティブなアティテュードを持った人々がサッカー界に留まっていてくれるというのは、私にとって嬉しいことであり、ピクシーはそういった人間の一人というわけです。 彼はアーセナルにも何度か来たことがありますし、サッカーについてのいろいろな話をしたことがあります」 ストイコビッチ監督「ベンゲル監督と月曜日には敵として戦う。 これもひとつの人生です。 現在、私が選手、彼が監督でなくてよかったと本当に思います。 彼の練習はきつかった。 非常に走らされましたし、時には殺されるかと思いましたから 笑。 しかし本当に練習を楽しめました。 良い体験、瞬間を彼とシェアしましたし、得がたい経験も1995年、1996年にはすることができました。 彼はベンチのボスで、私はピッチのボスでしたね 笑。 私がベンゲルに学んだのはチームスピリットです。 そしてファミリースピリットでした。 我々は長くそうした姿勢でやってきましたが、それは彼から学んだものだったんです」 続いて「22日はどのような試合を見せてくれますか?」という質問には、ストイコビッチ監督が先手を打って即答する。 ストイコビッチ監督「ウィン。 勝ちます 笑。 試合はとてもエキサイティングなものになると思います。 勝ち点3をめぐった試合ではありませんが、フレンドリーマッチといえども、両チームが素晴らしいプレーを見せるでしょう。 ベンゲル監督「アーセナルはシーズン開幕前の準備期間ということがありますので、自分たちの立場を確認するテストという位置づけもこの試合にはあります。 チームの準備がどれぐらいできているのかということを、名古屋というシーズン真っ最中のフィットしているチームと対戦することで、計りたいと思います」 両チームの立場はそれぞれ。 しかしこの一戦に対する真剣度は、フレンドリーマッチのそれではないようだ。 会見の後には名古屋出身の宮市亮選手がサプライズで登場し意気込みを語っていった。 ヨーロッパの強豪国の代表選手がズラリと並ぶアーセナルを相手に、復活の兆しを見せているグランパスがどこまで力を発揮できるのか。 チケットはほぼ完売、4万人以上が詰めかけると予想されている豊田スタジアムでの歴史的一戦は、最高の雰囲気の中でキックオフの時を迎える! 注目のアーセナル来日メンバーは以下の24名! アーセナルFC GK1 ボイシェフ・シュチェスニ GK21 ルーカス・ファビアンスキ GK59 ダミアン・マルティネス DF3 バカリ・サニャ DF4 ペア・メルテザッカー DF6 ロラン・コシェルニー DF25 カール・ジェンキンソン DF28 キーラン・ギブス DF20 イグナシ・ミケル MF7 トマシュ・ロシツキー MF8 ミケル・アルテタ MF10 ジャック・ウィルシャー MF16 アーロン・ラムジー MF30 サージ・ナブリー MF24 チャックス・アネケ MF35 クリストファー・オルソン MF23 ジェディオン・ゼラレム FW9 ルーカス・ポドルスキ FW12 オリビエ・ジルー FW14 セオ・ウォルコット FW15 アレックス・オクスレイド・チェンバレン FW31 宮市亮 FW32 チュバ・アクポム.

次の

【無料】アーセナルの試合動画を放送するのはスポナビライブ・DAZN・J SPORTS・スカパー!最新移籍情報やメンバーも紹介!

アーセナル っbs

また、カップ戦ではCLグループリーグ初戦でドルトムントに完敗すると、今週ミッドウィークに行われたキャピタルワンカップでもサウサンプトンに敗戦を喫した。 負傷者続出で苦しい台所事情だが、ライバルとのダービーを浮上のキッカケとしたい。 それでも、今週ミッドウィークに行われたキャピタルワンカップでは2部所属のノッティンガム・フォレストを逆転で破り、何とか負の連鎖を断ち切ることに成功。 トッテナムもアーセナルと同様にこのビッグマッチをキッカケに今後の巻き返しへとつなげていきたいところだ。 したがって、ヴェンゲル監督は小細工することなく現状のベストメンバーを起用してくるはずだ。 ただ、サンチェスとウィルシャーの2人はミッドウィークのリーグカップにフル出場しているため、代役にカソルラとチェンバレンが起用される可能性もある。 先発メンバーに関しては、ミッドウィークのリーグカップで温存されたカブールやエリクセン、アデバヨールら前節のWBA戦のスタメンが軸となる。 変更があるとすれば、センターバックでプレーするカブール、守備的MFキャプーのパートナーに、それぞれキリケシュ、ベンタレブが起用されるぐらいか。 605 スカパー! 245 関連ニュース 下位アストン・ビラ相手に痛恨の敗戦を喫したアーセナルだが、同試合では幾つかの不名誉記録を残すことになった。 リーグ戦の前節でリバプールを破り、直近のFAカップ準決勝でマンチェスター・シティを撃破したアーセナルは、21日に敵地で行われたプレミアリーグ第37節でアストン・ビラと対戦。 降格圏に沈むホームチームを圧倒する試合展開が期待されたものの、27分に左CKからFWトレゼゲに先制ゴールを許す厳しい入りに。 すると、以降は攻守両面で気迫を見せたビラ相手に覇気のない戦いに終始し、0-1のスコアで敗戦した。 この敗戦により、今シーズンのプレミアリーグ8位以下が確定したアーセナルは25年ぶりにトップ6を逃すことになったが、そのトピック以外にも幾つかの不名誉記録を残すことに。 イギリス『squawka』が伝えるところによれば、同試合でアーセナルはシュート7本を記録したものの、枠内シュートはまさかのゼロ。 ミケル・アルテタ監督率いるチームは先月のシティ戦でも枠内シュート0に終わっていたが、対戦相手に加えて後半序盤のDFダビド・ルイス退場というエクスキューズがあった。 しかし、今回の場合は11人対11人の戦いであり、対戦相手のレベルを考えれば、屈辱的な数字と言える。 また、イギリス『OPTAjoe』によると、ビラ戦での敗戦はアーセナルにとって今季のリーグ戦10敗目となったが、3シーズン連続での二桁黒星は1981-82シーズンから1987-88シーズンの7シーズン連続以来の不名誉記録だ。 さらに、ここ数十年はガナーズファンの風物詩となっていた、宿敵トッテナムより上位で終えることが確定した日を祝う、聖トッテリンガム・デイも4年連続で訪れず…。 2020. 22 14:35 Wed アーセナルが、スポルティング・リスボンに所属するU-17ポルトガル代表FWジョエルソン・フェルナンデス 17 の獲得に興味を持っているようだ。 イギリス『サン』が伝えている。 すでに多くのビッグクラブが関心を寄せていると言われるジョエルソン・フェルナンデス。 ギニアビサウ出身の同選手は、11歳だった2014年にポルトガルに移住し、現在はサッカー選手の代理人として働く父マンゴ氏がかつて務めていたスポルティングのユースに入団した。 すでに各アンダー世代のポルトガル代表に名を連ねる逸材で、そのプレースタイルから母国ではクラブの偉大な先輩クリスティアーノ・ロナウドの再来と言われている。 一方で、性格は謙虚で控えめなようだ。 そんなJ・フェルナンデスは、今季は飛び級でU-23チームでプレーしリーグ戦28試合5ゴール2アシストの成績を収めているが、コロナ明けの6月に行われたトンデラ戦で初めてトップチーム入りすると、7月1日のジル・ヴィセンテ戦でデビュー。 クリスティアーノ・ロナウドのクラブ史上最年少出場記録を更新し、ファンの期待はさらに高まっている。 しかし、スポルティングはそんなビッグクラブからの触手を牽制するため、2025年までの新契約を結び、契約解除金を7100万ポンド 約96億4800万円 に引き上げる算段を立てているという。 なお、本人は様々な憶測に「お世辞みたいなものだよ。 僕は僕の夢を叶えるために努力する。 それはスポルティングのファーストチームで活躍することだよ」と、冷静に対応している。 2020. 22 14:25 Wed アーセナルのミケル・アルテタ監督が、0-1で敗戦したプレミアリーグ第37節のアストン・ビラ戦を振り返った。 クラブ公式サイトが伝えている。 21日に敵地でアストン・ビラと対戦したアーセナルは、27分に左CKからマフムード・ハッサンにゴールを許す。 先制を許したアーセナルだったが、その後もペースは上がらず。 決定機を作り出すことができずに0-1で敗れ、8位以下が決定した。 この敗戦により、25年ぶりにトップ6を逃したアーセナル。 アルテタ監督は試合後、最終局面での精度が欠けたと嘆いた。 「これがフットボールで、全ての試合は完全に異なる。 まず最初にビラのパフォーマンスと、降格争いのプレッシャーの下での勝利を祝いたい」 「我々にとってメンタル面、フィジカル面において、とても厳しい週だった。 全てを試した。 選手は努力を怠らなかったが、失点後、アタッキングサードでより良く攻撃する必要があった。 創造力と最終局面でのクロス、シュートが欠けていた」 また、25年ぶりにトップ6入りを逃したことについては「そのことはクラブにとって十分ではなく、傷つき、苦しむ必要がある。 我々が正さなければいけない理由であり、大きな課題を抱え、それに直面している」とクラブに問題があることを認めた。 また「ただ、我々は目の前にあるものに興奮している。 残念なことに、熱意、情熱は浮き彫りになり、伝達しなければいけない。 今日は落ち込んでいるが、現実を見て、再び進み、前進するために改善することは良いことだ」と、課題を克服していくことを誓った。 目標としていたヨーロッパリーグ出場権を獲得するためには、チェルシーとの決勝戦を控えるFAカップを優勝するしかない状況のアーセナル。 アルテタ監督は26日のプレミアリーグ第終節のワトフォード戦に向けては、しっかりと準備をして臨み、勝利る必要があると述べた。 「振り返れば、その状況にいることを嬉しく感じる。 トロフィーを手に入れ、ヨーロッパリーグに直接行くチャンスを得ることが必要だ」 「全く同じ方法で試合の準備をし、 最終節の ワトフォードに勝利する。 負けたらすぐに勝つ必要がある。 勢いを取り戻す必要がある。 自信…全員が決勝戦の準備ができていると感じなければいけない」 2020. 22 10:30 Wed アーセナルは21日、プレミアリーグ第37節でアストン・ビラとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 3日前のマンチェスター・シティ戦を制してFAカップ決勝に進出した10位アーセナル 勝ち点53 と、降格圏に位置する18位アストン・ビラ 勝ち点31 の一戦。 静かな序盤を経て、クーリングブレイク直後の27分にアストン・ビラが先制する。 CKの流れからボックス右のトレゼゲが右足ボレーでゴール右を射抜いた。 ハーフタイムにかけても互角の攻防が続いた中、45分にグリーリッシュが際どいミドルシュートを浴びせたアストン・ビラが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、イエローカードを受けていたトレイラに代えてジャカを投入したアーセナルが前がかる展開の中、60分に2枚替えを敢行する。 サカとD・ルイスに代えてペペとティアニーを投入した。 しかし、目立ったチャンスを作れず時間が過ぎていく。 75分にはK・デイビスに追加点のチャンスを許すもシュートが外れて助かった。 すると78分にこの試合初の決定機。 右CKからエンケティアのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 結局、終盤にかけては目立ったチャンスを作れず、枠内シュート0でアストン・ビラが逃げ切り。 マンチェスター・シティに0-4で敗れたワトフォードに勝ち点で並び、得失点差で上回ったことで残留圏内の17位に浮上して最終節ウェストハム戦を迎えることになった。 一方、アーセナルは8位以下が決定し、FAカップを優勝する以外にEL出場権を得ることができなくなった。 2020. 22 06:13 Wed アーセナルのミケル・アルテタ監督が、かつてのチームメイトであるスペイン代表MFサンティ・カソルラについて語った。 クラブ公式サイトが伝えた。 カソルラは、2012年8月にマラガからアーセナルへと加入。 2018年8月まで6シーズン在籍した。 2016年10月以降、計10回のアキレス腱の手術を受け、右足切断の危機にも陥ったことがある中、古巣のビジャレアルで復活した。 カタールのアル・サッドへの移籍が発表されていた。 2011年8月からアーセナルに在籍していたアルテタ監督は、引退した2016年7月までカソルラとチームメイトとしてプレー。 そのカソルラについて、人として最高の評価をしていると明かした。 「私のサンティに対する評価は、これ以上高くすることができない」 「個人的には、まず彼の人間性について、そしてドレッシングルームに何を持ち込むかという点でだ。 ただ、選手として彼のキャリアを通じて成してきた事もだね」 「指導者の役割として、そして将来について、我々は何が起こるかを見守る。 今、彼はビジャレアルでのキャリアを終えた。 その瞬間を楽しんでもらいたいし、将来何が起こるかを見てみたい」 一時はアーセナルのスタッフになる可能性も報じられたカソルラ。 類い稀なる戦術眼があり、ピッチでは体現してくれたが、アルテタ監督とともにベンチでチームを支える日は来るのだろうか。 2020. 21 15:45 Tue.

次の

フレームアームズ エクステンドアームズ06〈アーセナルアームズ〉

アーセナル っbs

FAカップ準決勝が18日に行われ、アーセナルとマンチェスター・Cが対戦した。 2連覇を狙うマンチェスター・Cは9分、ラヒーム・スターリングがペナルティエリア内でシュコドラン・ムスタフィからボールを奪ったが、折り返しをカットされて得点にはつながらなかった。 一方、3シーズンぶりの優勝を目指すアーセナルは15分、ピエール・エメリク・オーバメヤンがダヴィド・ルイスからのスルーパスで抜け出したが、エリア前から狙ったシュートはGKエデルソンに阻まれた。 試合が動いたのは19分、アーセナルはニコラ・ペペが右サイドからクロスを送ると、ファーのオーバメヤンが滑り込みながら右足で合わせて先制点を挙げた。 先手を取ったアーセナルは41分に左CKでムスタフィが頭で合わせたが、これはGKエデルソンの好セーブに遭った。 1点ビハインドで折り返したマンチェスター・Cは後半立ち上がりから攻勢に出る。 49分、エリア中央に走り込んだスターリングが折り返しに合わせたが、シュートは枠を捉えず。 54分にはリヤド・マフレズがエリア右に切り込んでシュートを放ったが、GKエミリアーノ・マルティネスに防がれた。 畳み掛けるマンチェスター・Cは61分、ケヴィン・デ・ブライネがエリア前左のFKで直接狙い、67分にはデ・ブライネの折り返しをニアに飛び出したダビド・シルバが合わせたが、どちらも枠を捉えられず、得点のチャンスを生かせない。 すると、防戦一方だったアーセナルは71分、オーバメヤンがキーラン・ティアニーの絶妙な浮き球パスで左サイドを抜け出すと、そのままエリア左に持ち込み、冷静にGKの股を抜く右足シュートを沈めて追加点を挙げた。 2点差を追うマンチェスター・Cは73分、スターリングがエリア左から中央に切り込んでシュートを放ったが、D・ルイスとムスタフィのダブルブロック阻まれる。 83分にはアイメリク・ラポルテがミドルシュートで狙うが、これは枠の右に外れた。 試合はこのまま終了し、王者に反撃を許さなかったアーセナルが完封勝利を収め、3シーズンぶりの決勝に駒を進めた。 決勝では、翌19日に試合を行うマンチェスター・Uとチェルシーの勝者と対戦する。 【スコア】 アーセナル 2-0 マンチェスター・C 【得点者】 1-0 19分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル) 2-0 71分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル) 【スターティングメンバー】 アーセナル(3-4-3) マルティネス;ムスタフィ(87分 ホールディング)、D・ルイス、ティアニー;ベジェリン、セバージョス(88分 コラシナツ)、ジャカ、メイトランド・ナイルズ;ペペ(72分 ウィロック)、ラカゼット(78分 トレイラ)、オーバメヤン マンチェスター・C(4-2-3-1) エデルソン;ウォーカー、ガルシア、ラポルテ、メンディ;デ・ブライネ、ギュンドアン(66分 ロドリ);マフレズ(66分 フォーデン)、シルバ(87分 フェルナンジーニョ)、スターリング;G・ジェズス 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の