連絡ありがとう 敬語。 「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

「ご連絡ありがとうございます」の正しい使い方!メールでの返事はどう出す?

連絡ありがとう 敬語

「わざわざ」は敬語?正しい意味とは 「わざわざ」という言葉は何気なく使いがちですが、目上の人にも敬語として使えるのかどうかは大切なポイントです。 まずは正しい意味から解説します。 「わざわざ」はそのためだけに何かをすること 「わざわざ」には、特にそれをする、そのためだけに労力を惜しまずにする、いう意味があります。 何かのついでではなく、特別に意図して行うような意味です。 「わざわざ」をパソコンで変換すると「態々(態態)」という漢字が出てきますが、この態(わざ)とは、意識的に何かをするという意味があり、まさに「わざわざ」という単語そのものです。 たとえば、「わざわざ駅まで彼を迎えに行った」というと、彼のためだけに駅まで出向いた、という意味になります。 また、普段はそうしないが特別に迎えに行ったというニュアンスも生まれます。 「わざわざ」は敬語表現として使える 「わざわざ」という単語そのものが敬語というわけではありませんが、「わざわざ」という言葉は敬語表現でも使うことができます。 「わざわざご来社いただきありがとうございます」というように、敬語を伴う文章で使っても問題ありません。 取引先や目上の人にも使用できるほか、「特別にそれをする」というニュアンスが加わりますので、敬意や感謝を伝えたい時に使える表現です。 「わざわざ」には「しなくてもよいことを行う」という意味がある 「わざわざ」には、「特別にそれをする(そのためだけにそれをする)」という意味の他に、「しなくてもよいことを行う」という意味もあります。 前者が親切で良心的なイメージなのに対し、後者は嫌味に取られる可能性があるので注意が必要です。 たとえば「わざわざ迎えにいってあげたのに」というと不平不満をこめた表現になりますし、「わざわざ来てくれなくてもよかったのに」というと、余計なお世話・出過ぎた行為といった意味合いになります。 使い方ひとつでニュアンスが変わりますので、特にビジネスシーンでは使い方に注意が必要です。 「わざわざ」の使い方は? 「わざわざ」は実際にはどういった文脈で使用するのでしょう。 正しい使い方とあわせて、できれば避けたいNG例も紹介します。 「わざわざありがとうございます」は失礼な表現ではない 「わざわざ」を使った言い回しでよく耳にする表現として「わざわざありがとうございます」という言い方があります。 相手がしてくれたことに対して、その手間や配慮など労をねぎらうようなニュアンスを含む表現です。 同様の言い回しでは、「わざわざ遠いところ来て下さりありがとうございます」や「わざわざご連絡頂いただきましてありがとうございます」といった表現も、ビジネスシーンではよく見聞きします。 「わざわざ」を付け足すことで、より深い感謝を表現することができます。 「わざわざ来ていただく必要はございません」は嫌味になることがある 一方、相手の行為を断るような場合の「わざわざ」は嫌味な表現になることがあります。 たとえば、「わざわざ来ていただく必要はございません」というと、遠慮や配慮ではなく、拒否・拒絶ととられる可能性があります。 また、「わざわざお越しいただかなくてもよかったのに」や「わざわざご連絡いただかなくても」といった表現も、「しなくてもよいことをした」「でしゃばり」といった嫌味なニュアンスになります。 できればこうした表現は避けたほうが無難です。 自分の行為に「わざわざ」を使うのは失礼 「わざわざ」という単語は、自分の行いに対して使うことはあまりありません。 たとえば、「わざわざ連絡しました」とは言いません。 「あなたのために連絡してあげた」という意味になり、ぶしつけな印象を持たれる可能性があります。 友人など親しい間柄で「わざわざ予約してあげたのよ」というように冗談として使うことはあっても、ビジネスシーンで自分の行為に対して「わざわざ」を使うことはまずありません。 上から目線で、押しつけがましい印象になるので注意してください。 「わざわざ」を別の言い方にするなら?類語・代わりの言葉 「わざわざ」という言葉は、表現によっては皮肉や嫌味となることがあるため、別の言い方に変えたほうが良いこともあります。 「わざわざ」の類語や代わりとなる言葉を紹介します。 「わざわざ」の代わりに「せっかく」を使う 「わざわざご連絡いただかなくても」や「わざわざお越しいただいたのに」という場合には、「わざわざ」ではなく「せっかく」に言い換えた方が無難です。 「せっかく」は「わざわざ」の類語で、無理をして・苦労してといった意味があります。 そのため「せっかくご連絡いただいたのに」「せっかくお越しいただいたのに」と、代わりの言葉としてそのまま置き換えて使用可能です。 誤解されることの少ない、汎用性の高い表現として覚えておくと便利です。 「わざわざすみません」は「本当に」に言い換える 話し言葉として「わざわざすみません」という表現はいろいろなところで耳にします。 この場合の「わざわざ」は「本当にすみません」と言い換えることができます。 「わざわざありがとう」は「ご丁寧に」や「お忙しい中」も可 「ありがとうございます」に付け足す言葉では、「ご丁寧に」や「お忙しい中」も「わざわざ」の代わりに使用可能です。 たとえば、お礼の電話やメールをもらった際に「ご丁寧にありがとうございます」というと、相手の気遣いに対して感謝を示すことができます。 同様に、何かをしてもらった際に「お忙しい中ありがとうございます」は、貴重な時間を割いてもらったことに対するお礼の言葉となります。 常套句ではありますが、覚えておくと便利です。 まとめ 「わざわざ」とは「そのためだけに何かをする」という意味と「しなくてもよいことをやる」という2つの意味があるため、使い方によっては嫌味・皮肉に捉えられることがあります。 失礼にならないためには、相手への感謝を示す際に使うことが一番のポイントです。 断る際・否定する際には使用しないのがマナーと覚えておきましょう。

次の

「ご連絡ありがとうございます」意味・敬語・使い方・例文

連絡ありがとう 敬語

Thank you for contacting me. I appreciate your contacting me. どちらともにある動詞の「contact(コンタクト)」は「連絡する(コンタクトを取る)」という意味になります。 また、『』の記事でも色々と解説していますが、「appreciate」は「thank」より、より丁寧でフォーマルな言い方となります。 今回は「contacting me」と代名詞を「me」としていますが、会社自体に何かしらの問い合わせが来た場合は、「us(私たちに)」という代名詞を使います。 そして、次で解説するように、「ご連絡ありがとうございます」に付け足して表現することもあります。 お忙しいところわざわざご連絡ありがとうございます。 「お忙しいところわざわざ」を直訳して英文にするとすれば、「Thank you very much for contacting me out of your busy schedule. 」などとなります。 しかし、もっと短く簡潔に表現するとすると、 「Thank you very much for your time to contact me. 」(直訳:私に連絡するために割いていただいた時間に感謝します)というのがいいでしょう。 シンプルですが、ストレートに相手に伝わります。 ご丁寧に連絡ありがとうございます。 「ご丁寧に」はどのような表現がいいのでしょうか? 基本的に「Thank you very much for conotacting me. 」か「Thank you very much for your contact. 」などでもいいのです。 しかし、あえて「丁寧に」を言うなら 「Thank you very much for your kind contact. 」か 「Thank you for kindly contacting me. 」など 「kind(kindly)」を付け足すといいでしょう。 「contact」を今回は名詞としても使っています。 ご連絡ありがとうございます。 承知しました。 「分かりました。 ご連絡ありがとうございます。 」という場合もありますね。 しかし、『』の記事でも書いている通り、「thank you for contacting me. 」という表現だけで、そのことについては了解しました(承知しました)という表現が含まれていると考えてOKです。 ご丁寧に、お忙しいところ、などの表現は特に日本語では丁寧に聞こえて相手に対しても失礼のない言い方なのですが、英語では「ご連絡ありがとうございます」のみの表現でも全然問題ないので留意しておきましょう。 2.その他の英文で「ご連絡ありがとうございます」を表現できる? 先ほどは「ご連絡ありがとうございます」をそのまま直訳した表現を中心にご紹介しましたが、それだけの表現だけではありません。 それぞれの状況などに応じて変更することが可能です。 一つのパターンよりも様々なな表現を知っておくことで英語の幅が広がります。 お知らせ頂きありがとうございます。 相手に何かしらの情報を知らせてくれたことに対してのお礼となる言い方ですね。 次のような表現でOKです。 Thank you for your kind notice. I really appreciate your information. 」となります。 メールありがとうございます。 メールで連絡することはビジネスでは多いですね。 よってそのままのお礼を言うことで「ご連絡ありがとうございます」と表現できます。 単純に、 「Thank you for your e-mail. 」でOKです。 ご返信ありがとうございます。 『』の記事でもあるように、返信は「reply(リプライ)」という単語をよく使います。 「メール受領のご連絡ありがとうございます」というニュアンスも含みますね。 その時は、 「Thank you for your kind reply. 」などでも十分な言い方になります。 お電話ありがとうございます。 メールだけではなく電話で連絡がくることもありますね。 その場合は、 「Thank you veru much for your call. 」でOKです。 まとめ:ワンパターンにならないことが大切! ここまでご紹介した表現を参考にして、色々な場面で活用してみて下さい。 先ほども申し上げたように、ワンパターンにならないように注意しましょう! 相手の印象も変わります。 ビジネスシーンで「ご連絡ありがとうございます」を使い分けれるようになるとかっこいいですよ!是非、ご参考下さい。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

「ご連絡させていただきました」は正しい敬語?電話やメールの類語は?

連絡ありがとう 敬語

「お早いお返事ありがとう」の使い方3つ目として、お客様に対してはあまりこの言葉は使いません。 相手の返事が早くて助かるのは、こちらが仕事を早く進められるためです。 しかし、お客さんへ「こちらの仕事が早く進んだ」という内容を伝える必要はありません。 また「早い」を使うと、相手の仕事の仕方をこちらが判断する形になってしまうため適切ではありません。 お客さんには「お早いお返事ありがとう」というお礼の言葉は適切ではなく、「早い」を除いた「ご返信ありがとうございます」とするのが適切です。 また、他の表現としては、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」や「お気にかけていただきありがとうございます」、「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などもおすすめです。 一般的に「早速」は話題を変える時に使われるでもあり、文頭につけて使用することができます。 また、つきあいが浅い人や目上の人に対しても使えます。 「早速」と「迅速」の違いは、「迅速」の方がよりスピード感があります。 ただし、目上の人に対して使う場合は、「早速のご連絡ありがとうございます」の様に「早速のご(お)~、(いただき)ありがとうございます」の形にした方がよりスマートです。 「お返事」そのものは丁寧語ですが、こちらの方がより丁寧な印象を与えます。 下の記事は、お褒めの言葉への返事の仕方をご紹介しています。 敬語や謙譲語の使い方や返信例など、日常生活でとても参考になります。 「お早いお返事ありがとう」の別の言い方1つ目は、早い返事を相手の「格別のお取り計らい」として、「格別のお取り計らいをいただきありがとうございます」と言います。 お客様や部署が違う人は一緒に仕事をしていない目上の人に「迅速な返信ありがとうございます」は使わない方が良いという考え方もあるようです。 「お早いお返事ありがとう」には、「早く返信をしこちらの業務を気使ってくれてありがとう」という気持ちを伝える場面でもあります。 そのような場面でよく使われる言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「あれこれ便宜を図り物事を進めてくれる心遣い」という意味があります。 「お取り計らいくださいまして」や「ご親切にお取り計らい」などでも同じ意味になります。 ビジネスの敬語や丁寧語が学べるおすすめの書籍1冊目は、PHP文庫の「正しい敬語の使い方」です。 敬語は大人のマナーであり、人間関係を豊かにするものであります。 日常生活でいざというときに恥をかかないために、基本的な敬語の使い方から丁寧に解説されています。 著者は話力の研究や指導をしてきた方です。 例えば、尊敬語や謙譲語、「お」「ご」の使い分け、「れる」「られる」の使い方などが掲載されています。 日常生活で自信を持って敬語が使えるようになるための練習帳と言える本です。 レビューでは、「日常様々なケースに触れており、敬語の初級者でも難しくない」という声がありました。 敬語の自主トレ本というべき本であり、敬語が苦手な人もポイントが太字になっておりわかりやすいです。 この本では、よくある会話や実際の想定場面での敬語の使い方を紹介しています。 読みながら声に出して実践してみましょう。 練習するうちに敬語の使い方のコツが身に付く本です。 敬語の自主トレ本と」。 敬語が苦手な人でもポイントとなる部分が太字になっているのでわかりやすいです。 お早いお返事ありがとうの敬語・丁寧語表現を使いこなそう! 「お早いお返事ありがとう」の使い方やお礼の敬語・丁寧語表現についてご紹介しました。 この言葉を相手に失礼のないように伝えるためには、「早い」という単語は使用せず、「迅速」「ご返信」などを使った表現が好ましいようです。 「お早いお返事ありがとう」の敬語・丁寧語表現を使いこなしましょう!•

次の