が ん ば リーリエ。 リーリエ(ポケモン) (りーりえ)とは【ピクシブ百科事典】

コンフォート浴槽 リーリエ|マンション用バス ソフィアスCJ

が ん ば リーリエ

ゲーム『』におけるリーリエは「」の記事を、アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』におけるリーリエは「」の記事を参照してください。 他言語版の名称 英語 Lillie イタリア語 Lylia スペイン語 Lylia フランス語 Lilie ドイツ語 Lilly 韓国語 릴리에 中国語 莉莉艾 概要 ゲーム「」に登場するキャラクター。 物語の重大な鍵を握る存在で、本家ゲームシリーズにおいて明確にとして描かれたキャラクターは彼女が初であろう。 主人公と同じくらいの年齢の少女 身長は彼女の方が高め で、の助手。 主人公が到着する3ヶ月前に浜辺で倒れていたところを、空間研究者に保護され、以降バーネット博士の夫であるククイ博士のもとで助手として過ごすようになった。 自分を助けてくれた博士夫妻のことは両親のように慕っている。 の奥深くで主人公と出会って以降、行く先々で手持ちポケモンを回復するなど、サポートをしてくれる。 名前の由来はドイツ語でを意味する「」と思われる。 にてが登場したが、あちらはライバルも兼任しているので、正統派ヒロインという点はいまだに色褪せていない。 人物 容姿 雪のように白い肌と淡い。 服装は白いのに白の()という、いかにも「お嬢様」らしいもの。 ハワイモチーフのよりも、フランスモチーフのを思わせる気品ある佇まいである 実際、 出身はアローラではない別の地方だった。 これは 母親がコーディネートしたものらしい。 なお、ではリーリエのイラストに「」のタグが付けられている事が多いが、実際のスラウチハットはリーリエの被っている帽子よりもツバが狭く、ツバが波打ってソフトに垂れた形状の帽子である。 性格 読書好きで、彼女の部屋にも本が沢山ある。 ポケモンが傷つくことを嫌い、バトルでポケモンを戦わせるのはあまり好きではない。 当然、野生のポケモンと戦わせるためのポケモンもいないため、旅の最中は虫除けスプレーが欠かせない。 その他にも、主人公のポケモンを回復させるための道具も大量に持ち歩いている。 方向感覚に自信がないらしく、「 目的の建物は 街の中にあるから迷わない」「 目的地を店の人に聞いたらすぐそこだった」といった旨の会話がある。 研究所のロフトが自室で、やコスメが置いてあるなど、年相応のかわいらしい趣味を持つ。 ロフトにはリーリエの日記が置いてあるが、キラキラした鍵で閉じられており、読むことはできない。 しかし、キラキラ好きのがじっと日記をみており、いつか壊されてしまうかも…? なお、そのロフトではリーリエの ソファベッドで寝ることも可能だったりする。 「…… …… …… …… …… …… リーリエが 使っている ソファベッド……」 素性 その正体は、エーテル財団の代表 の娘。 の用心棒をしているは 2年前に出奔した実兄である も参照。 父の失踪により歪んでしまった母のを止めるため、物語の冒頭で「」を助け出して逃亡しククイ博士のもとに身を寄せていた。 少々ミスマッチな印象の大きなスポーツバッグを肩から提げ、ほしぐもちゃんをこの中に隠し、主人公やククイ博士等、信頼のおける人間にしか明かさないようにしていた。 島巡りに挑戦する主人公の旅に同行し、その過程でほしぐもちゃんを元の世界に帰す方法を模索していく。 当初は控えめで自己主張が乏しかったが、次第に自分の意思を強く見せるようになる。 主人公がのアジトに向かった際エーテルハウスに留まっていたが、ハウたちを傷つけないように交渉して捕まり、に連れ戻されてしまう。 エーテル財団本部での事件後にはを果たし、ウルトラスペースに消えた母を追う手がかりをつかむためにある大試練発祥の聖地までそのまま同伴する。 ちなみにその異変の際のの体重は999. 9kg。 こんな超重量のポケモンをリュックに入れて平然と動ける彼女の身体能力には驚かされるばかりである。 一連の事件の終息後、主人公に覚醒した「」を託し、自身はルザミーネの治療に尽力することを決める。 主人公がの初代チャンピオンとなり、でお祝いした際は、初めて出会った戦の遺跡に赴きとのバトルを見守った。 翌日、母の後遺症を回復させるを掴む目的も含め、トレーナーになるべくへと船で旅立つ。 いつか再びアローラにやって来ることを告げて…。 尚、エンディング後リーリエとは一切 会うことができなくなる。 これを嘆く人が続出しており「 リーリエショック」「 リーリエロス」などと呼ばれている。 ちなみにククイ博士の研究所にあるリーリエの日記が読めるようになっており、エーテルパラダイスから脱出し主人公に出会うまでの経緯が書かれている。 あなたにあえてよかった タグについて 以上『ポケモンSM』での活躍を述べたが、彼女のロストの理由が 「トレーナーになるべく」とある。 そう、彼女は ポケモントレーナーではなかったのである。 ほしぐもちゃんは バッグに入れてあるだけで、ボールにしまっていない。 つまり彼女の手持ちのポケモンではない。 このため、タグから トレーナー が外され ポケモン に差し替えられた経緯がある。 だがトレーナーになるべく修業しに行ったのだから、いずれ本当にトレーナーになる日が来るかもしれない。 実際、版では早々に手持ちポケモンが加入していたりする。

次の

群馬県前橋市の美容室リーリエ|誰もが振り返る艶髪に

が ん ば リーリエ

ゲーム『』での活躍については「 」の記事を、 アニメ『 』での活躍については「 」の記事を参照してください。 概要 ゲーム『ポケモンSM』に登場する リーリエに関して、最初に記事が作られたのはこちらだが、彼女は 実際にはではなかった。 そのため、 トレーナーでなかったことが後から判明したこともあって こちらは 結果的に間違って広まったタグということになった。 トレーナーでなかったことが判明して以降、こちらのタグは「後にポケモントレーナーになったら」というif設定の作品に付けられるタグとされた。 トレーナーではないと認定された理由は、ゲーム版及びアニメ版 初期 のいずれも手持ちポケモンを所持しておらず ゲーム版に至ってはモンスターボールにすら入れていない 、当時の活躍もゲーム版では共に旅をして大きくなったほしぐもちゃんを主人公に託して別れ、アニメ版では昔はポケモンを抱き締めるなどしていたが、 当人は覚えていないらしいが ある出来事以降ポケモンが近寄って来るだけでも反射的に怯えるほど怖がる他、ゲーム版とアニメ版では手段が違うものの、 手持ちがいないので当然だが 野生ポケモン対策にポケモンを介していない。 詳細は「」及び「」の項に譲るが、いずれのリーリエもポケモンを嫌っておらず、むしろ自分のポケモンでないとはいえ大切にしているし、その容姿で怯えるポケモンもまずいない おかげで課外授業で野生のポケモン達と触れ合う機会で一番割りを食らう展開になっているが。 とはいえアニメ版では早々にを自分のポケモンとして確保しており、理由付けが早い段階で崩れてしまっていたりする。 そのアニメ版も放送開始からしばらく経ち、記載項目も増えてきたため、アニメ版のリーリエの記事を独立させるに至った。 そして…… マイナーチェンジ版となる『』のキービジュアル。 まるで劇場版を思わせるようなその中に、強い決意の眼差しを浮かべ モンスターボールを持つリーリエの姿がある。 リーリエが旅立つことがなかった世界。 基本的な流れはサンムーンと同じだが、ルザミーネがウツロイドと合体せず昏睡状態にならなかったのでリーリエもカントーへは旅立たず、ストーリークリア後もアローラに残っている。 ネクロズマを巡る物語が終息した後、によってエーテルパラダイスが占領された際、母を助け出す為に主人公と共に乗り込んだ彼女は、主人公の足を引っ張る不安要素としてに嘲笑されるも、敢然と立ち向かう。 それはまるで、別世界で母親・ルザミーネの歪んだ野望に異議を唱えた時のように…… わたし、〇〇 主人公 さんと旅をして変わったのです! ゼンリョクをみせます! 手持ち 特性 技構成 (Lv. そう、 リーリエは晴れてポケモントレーナーになったのだ。 ポケモントレーナーになってからの経験は浅い筈だが、少なくとも ロケット団員を完膚なきまでに倒せる腕前に到達しており、たった1匹しかいないものの、短期間でポケモンのレベルだけなら長年修練を積んできた兄・グラジオに匹敵するまで育て上げている。 ただし、相手のザオボーと職員の手持ちは合計6匹で、ピッピが早々に倒されると1vs2のまま戦うことになるため、間違っても「」や「」のような味方を巻き込む技は使わないようにしよう。 サポート重視の技構成になっており、味方のダメージを減らすことに重きを置いた戦術を取る。 ちなみにボールはヒールボール。 ただし、職員のポケモンがを連発してくることも相まって、火力には期待出来ない。 主人公の母親はリーリエのトレーナーとしての優れた素質を予感しており、まだまだ新米だが実際にその勘は確かだった模様。 事件解決後はククイ博士の研究所におり、話しかけるとのマルチバトルのパートナーにすることができる。 手持ち 持ち物 技構成 ひかりのねんど 、、、 クサZ 、、、 手持ちを見れば分かるように、名実ともにの使い手となっている。 いつか島巡りに出るという夢を抱いているが、 この時点でZ技も習得済み。 リーリエ、恐ろしい子…… エピソードRRの時と同様、サポート重視の戦術を取る。 ちなみにボールはモンスターボール。 もちゃんと振ってあるガチ仕様。 ただし、タイプの都合上や、は苦手であり、両者共にHPが低く打たれ弱いので、ノーマルコースはともかく、スーパーコースのパートナーには厳しいかもしれない。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

リーリエ(トレーナー) (りーりえ)とは【ピクシブ百科事典】

が ん ば リーリエ

南のではしい、のような姿の。 年齢はと同じくはあまり好きではなく、を好む。 読んでいる本はたくさんある。 ある理由での助手をしているほか、のでは重要な存在となっている。 に、当時発売前だったの新が開されると、の一体「01」のがに似ていると評判になり、のと代表のは、 、 瞳の色がと似通っている事から関係を思わせた。 幼少期、観たののをしての中歌い踊り、をひいたことがある。 (恐らく12 27 年開、・ケリー演『』と思われる。 一体何歳なんだ… 以下、につき• のにてなにやら不穏な雰囲気の中、何かを抱えて追っ手からるのが入る。 を開始してなくがそのと出会うが、そのはリーリエと名乗った。 などからを護っているが、はではないためをに入れられず、ンの中に直接入ってもらって運搬している。 なので時々勝手に出てきて困らされている。 ・瞳の色から予想されていた通り、代表・のであった。 も同じくの子で、リーリエはにあたる。 は全く登場していないが、恐らくは実子だと思われる。 幼少の頃はの言う通りにので暮らしていたが、をあけるためににを与え続けるを見かねて、を連れてを脱走。 これがの場面である。 終盤、と結託していたの策略によりついにが奪われてしまい、それを取り戻すために・と共にへと乗り込む。 そこでとの関係なども全てにされ、の説得にかかるが全く聞き入れられず、を使っての生成を許してしまう。 がの彼方へと消えた後は、「直接会って言いたい事を言う」と言う的のためになどのを一新し、以降はな性格になる。 を追う過程でを開く事ができる存在としての存在を知り、ののために奔走するのだが、の正体とは・・・。 なお、がを開いた後は、犠牲となったは休眠状態としての状態になり、は引き続きリーリエのバッグの中で運搬されるのだが、このの重量は. 9kgである(後、別個体のを手に入れるの後に図鑑を見て初めて分かる)。 ではkgのを投げ飛ばしただの何だのでがとして活躍しているが、ほぼkg=1 にも及ぶ物体をバッグに入れて然と歩き回れるリーリエは、のをかに駕するであるとの疑いが急速に強まっている。 アニメでのリーリエ• 版ではが通うのとして登場。 に関しては一番の知識を持ち、は(学びの対として)大好きだが、なぜか直接触ることが出来ず近付くと固まってしまう。 昔はに触ることができていたようだが、なぜ触れなくなってしまったのかは本人にもわからない模様。 時として他のににされるに手に驚いたり、がとの中にの前からを掘って出て来た時は物凄い形相になったり、のが膝に乗った時は魂が抜けたかの様にになったりと、が加速しつつある。 見た通りのであり、にはというがいる。 とは別居中。 8話ではの気遣いからの世話係という役を任されることに。 最初はに触れることもできずにいたが、野生のにが襲われそうになった際、リーリエは咄嗟にをい抱き抱えるという行動を取る(は駆け付けたたちによって退治された)。 それがきっかけとなり、はに触れることができるようになった。 その後14話でが孵り、のが誕生。 リーリエはの時から名付けていた「ン」というでを呼ぶことにし、でするが、の形でなくなったことで再びンに触れなくなってしまう。 しかし、一緒に過ごす内にンともが芽生え、との戦いを経てついにンにも触ることができるようになった。 話では授業の一環としてと手持ちを一時的に交換することになり、リーリエはを預かることに。 最初はやはりに触ることができなかったが、のとのを通して自身もと共にという意思が生まれ、と心を通わせたことで見事のを撃破。 同時にに触ることもできるようになった。 その後の話ではの特訓の末にに乗ることができるようになるなど、少しずつではあるがをしつつある。 話にて今までに触れない原因が幼いころをめぐる事件に巻き込まれた為だと判明。 紆余曲折の末、誤解から恐怖心を植え付けられていたと和解し遂にする。 同時期に情ゆえ気持ちがすれ違っていたととも正面から向き合うことができるようになった。 話では野生の()の棲みに迷い込み暴れるを止めるため、のと協してンとのでに挑み、見事撃退するという大きな成長ぶりを見せた。 その後からの印としてコオリZを手渡され、のが内で見つけてきたこおりのい手に入れるが、Zを所有していなかった上にンがすることを怖がったため、この2つは使われずリーリエの手元に保管される形になっている。 手持ちポケモン• 技:こな、、 リーリエので、は「ン」。 が預かっていた「ラナで発見された」から孵り、以降はの世話係をしたリーリエの手持ちとなる。 産まれたばかりだが、「こな」は相手を氷漬けにするほどの威。 話ではと交換で一時に預けられる。 最初はあまりたちに染めずにいたが、からを分けてもらったことで彼らに心を許し、その後との特訓をしたことで大きく成長した。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目• 一般的ながおよそ1~1. 5程度である.

次の