二重整形 違い。 二重整形、デザインはどう決める?あなたに似合う二重の決め方

【一重・奥二重・末広二重・平行二重】の違い。メイクのコツから二重マッサージまでご紹介!【美容のきほん⑤】|地曳久美子|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト

二重整形 違い

こんにちは! JYですううう 毎朝、アイプチやテープで二重を作るのってほんと大変😥 いちいち外出先でアイプチが取れてないか気にするのもすごく疲れちゃいます。 よく電車やネットで『手軽に二重なら29,800円』といった美容整形クリニックの広告を見かけたことはありませんか? 最近はアイプチに疲れ、メイク感覚で出来る二重整形を受ける人が急激に増えています! そこで二重整形を考えているけど、 埋没と 切開どっちいいか悩まれている方が多いのではないでしょうか? JYはどっちがいいか、すごくすごく悩んだあげく切開法にしました。 なぜかというと、 切開法は半永久の二重が手に入るという大きなメリットがあるから。 しかし、切開法は『施術費用が高い』『腫れがひどい』などデメリットもあり、大半の方は手軽にできる埋没法をする人が多いんです! これから二重整形を考えている方は、しっかり埋没法と切開法のメリット・デメリットを知って、自分に合った施術法を選びましょう。 カウンセリングで悩みを相談し、じっくり検討しましょう。 もちろん 切開法も 保証制度があるので、施術されるクリニックでしっかり保証内容を確認しましょう。 埋没法が取れたら切開法を受けるという選択も 埋没法と切開法を両方経験している方もたくさんいらっしゃいます。 『永久的な二重になりたいけど、いきなりの切開法はやっぱり怖い』という方は、一度お試しで埋没法を受けてから、同じ二重のラインで切開法に切り替えるという選択もあります。 また、埋没法が何年も取れる様子がないのであれば、無理に切開法を受ける必要もありません。 埋没法の糸が取れてなくても、抜糸と同時に切開法を受けることも可能なので、 一度埋没法を受けてみて、どんな感じの二重になるのか体験してみるのもおすすめです! 二重整形は韓国と日本どっちがいいの? 整形大国の韓国は日本からも多くの人が美容整形をするために渡韓しています。 しかし、今は日本の整形技術も上がってきており、費用も比較的安価になってきています。 韓国でしても、日本でしても大差はないかと思います。 JYも最初は二重の整形を韓国でするか日本でするか悩みましたが日本で切開してもらいました。 なぜなら、韓国まで帰る旅費もかかる上、物価もそう変わらないからです。 費用も切開法で平均10万~25万円ですが、日本とそこまで変わらないです。 航空券、宿泊費用、食費などを考えたら日本と同じくらいか高くなります。 さらに! 二重整形に関しては日本と韓国は医療技術も同じくらいのレベルです。 なので、今回は日本でおこないました。 (仕事などもありまあすしねー。 ) 言葉の壁がある方は細かいニュアンスが完全に伝わらないというのは不安要素になります。 また、韓国で施術した後に炎症や感染、万が一のトラブルが起きてしまっても、すぐに診てもらうのが困難です。

次の

二重整形と眼瞼下垂の違いとは?

二重整形 違い

眼瞼下垂と言う単語はここ数年でよく聞くようになりました。 本来は、先天的や加齢、病的に目の開きが悪い状態で生活に支障が出る場合に治療を行います。 美容整形でも同様に行う事もありますが、病的でない方にも、眼瞼下垂の手術を行う事によって目をパッチリ見せることができ、印象を変えることが出来るので美容的にのみ行われることがあります。 実際に美容整形で眼瞼下垂の手術をするとどうなるのか?希望通りに行くのか?心配な事もあるでしょう。 ここでは美容整形で行った眼瞼下垂手術の症例や保険で治療を行う場合との違いについて、また一般的な眼瞼下垂のダウンタイムやリスクについて解説いたします。 眼瞼下垂の美容整形手術に興味のある方は是非一度お読みください。 1.眼瞼下垂とは 眼瞼下垂とはまぶたの開きにくい状態です。 当たり前ですが、目を閉じている時は上まぶたが下りて来て眼球・黒目が見えません。 目を開けると徐々に眼球・黒目が見えて来て目が開いた状態になります。 この、まぶたを開ける力が弱い、しっかり開いておらず見えている黒目が小さい、と言う状態です。 上まぶたの開き具合によって。 重度~軽度まであります。 眼瞼下垂の症状は 視野が狭くなる、 目が開きにくいのでおでこの筋肉で目を開けようとして疲れる、 肩がこる、 頭痛が起きるなどがあります。 広い意味ではまぶたの皮膚が被さる事によって、目が開いてないように見えるのも眼瞼下垂とされる事があります。 この場合、まぶたの開きは正常で問題ない場合とまぶたの開き自体も悪く、皮膚のたるみも多くかぶっている状態の2つが同時に起こっている場合があります。 今回は病気の眼瞼下垂ではなく、 美容整形で行う眼瞼下垂手術にスポットを当てながら、保険との違いにも触れていきます。 2.美容整形で行う眼瞼下垂手術とは:二重整形とは何が違うのか 眼瞼下垂とは目の開きが悪い事でしたが、眼瞼下垂の手術を行えば、目の開きの悪さは改善して目がパッチリします。 これを病的ではない眼瞼下垂の方、目をぱっちりさせたい人に応用したのが美容整形で行う眼瞼下垂になります。 また病的な眼瞼下垂の場合でも、希望の二重にしたいなどの美容的な要望がある場合は、健康保険ではなく自費の美容整形で行う方もいます。 以下は、美容的に眼瞼下垂の手術を行ったケースの写真です。 もともと病的なほどに目の開きが悪いという訳ではありませんが、より目をパッチリさせるために手術を行っています。 *手術後はメイク等をした状態です *ROOF切除とはまぶたの腫れぼったさを取り除くために脂肪を除去する手術です また、美容整形で行われる二重整形ですが、こちらは二重にする事を目的にしています。 全切開の二重手術と眼瞼下垂手術はどう違うのと疑問に持つ方もいると思います。 下の写真は眼瞼下垂手術を行っていない二重整形手術の症例写真です。 眼瞼下垂手術を行わない場合は、見えている黒目の大きさに大きな変化はなく、二重の幅が変わっていることがおわかりいただけると思います。 *手術後はメイク等をした状態です 美容目的で眼瞼下垂手術を行う方のほとんどは、同時に二重まぶたも作ることが多いです。 眼瞼下垂手術のみでも二重まぶたになることはありますが、不確実です。 しっかりとしたラインを希望に応じて意図して作るために二重ラインの固定をしっかり行います。 クリニックによっては、眼瞼下垂手術の中に二重形成も含んでいると事もあるでしょう。 全切開手術の方から見れば、全切開手術は二重を固定する手術ですので、目の開きに関与する機能は基本的に変わらないという事になります。 3.手術の流れと全切開法との違い 眼瞼下垂手術や全切開手術の詳しい流れは「」に記しています。 眼瞼下垂では、目を開ける筋肉(腱膜)を縫い縮めるのに対して、全切開手術ではその作業は行いません。 *手術術式には色々なものがあります。 4.美容整形と保険の違い 細かい手術の術式には触れませんが、美容整形も保険の眼瞼下垂手術も同じような手術の方法です。 美容整形では見た目の変化に主眼を置き、病的な眼瞼下垂でない人も対象にします。 一方、保険で行う場合は目の開きを良くして不自由な分を取り除くことに主眼が置かれます。 医師によってどこまで美容的な事を考慮するかが違ってきますので、美容的な事はあまり考えてくれない人もいます。 また、気に入らない場合の再手術ですが、美容整形で行った場合は無料や低額で行ってくれることが多いですが、保険の場合は目がしっかり開いていれば、建前上、再手術は受けてもらえません。 5.眼瞼下垂の費用 健康保険を使って眼瞼下垂の手術をした場合は、かなり費用を抑える事が出来ます。 健康保険は加入者によって自己負担割合が違いますが、 3割負担の方ですと4-5万円の自己負担になります。 通院回数や使うお薬によって多少の費用の違いが出ますが、健康保険で行う場合はどこの病院で行っても一律の料金です。 また、民間の医療保険に入られている方であれば、給付金が出る場合があります。 保険で治療した場合ですが、手術前にご自分の加入されている契約内容について担当者に問い合わせてみましょう。 対して、 自費で美容クリニックで行った場合は平均40-50万円の費用が必要になります。 6.眼瞼下垂の経過とダウンタイム(回復期間) まぶたの切開はダウンタイムの長い手術になります。 また、年齢が上がってまぶたにたるみが出て来ている方と皮膚のハリがしっかりある若い方では、若い方の方が腫れも強く出る印象があります。 6-1.腫れが出る 手術後は絶対に腫れが出ます。 かなり個人差は大きいですが、それなりに腫れると思っていた方がいいでしょう。 *手術後はメイク等をした状態です 6-2.二重が落ち着くのは3か月後くらい 腫れが出ていると二重のラインが広く見えます。 大きな腫れは2週間程度で落ち着きますが、二重のラインが完成したわけではありません。 二重が予定した幅になるのは手術から3ヶ月後程度かかると思って下さい。 もちろん、幅が広く見えますが、人前に出れない状態が3ヶ月も続いているようなわけではありません。 下の図は腫れが引いていくイメージです。 6-3.内出血が出る 腫れとともに内出血も出ます。 青タンと言うものですね。 まぶたが青く見えたり、赤、紫、黄色に見えたりします。 また重力により下がったてくる事もありますが、10日程度で消えます。 6-4.抜糸が必要 手術後は皮膚を糸で縫っています。 1週間程度で抜糸を行います。 6-5.傷がなじむのに早くても3ヶ月は必要 眼瞼下垂の手術は基本的に皮膚を切って行いますので、まぶたに傷が出来てしまいます。 傷は人によって全然治り方が違いますが、早い人でも目立ちにくくなるまで3ヶ月は必要かと思います。 (設定した二重の幅が狭く傷の位置が低い場合、年齢的にシワが多い場合は1ヶ月でも気にならないこともあります。 ) 多くのクリニックでは抜糸後からメイクをOKしていると思いますが、メイクでごまかすようにして過ごして頂いています。 7.眼瞼下垂のリスクや失敗 7-1.目の開きや二重のラインに左右差が出ることがある 眼瞼下垂の手術は、他の美容整形目的の手術に比べて左右差が出やすい手術だと思います。 医学専門誌でも眼瞼下垂の左右差についてたびたび論じられるほどです。 なぜ左右差が出やすいかと言うと、まぶたを開ける機能を調節しますが、手術中と術後で差が出る事や、麻酔の筋肉への影響で正確な判断が行いにくかったり、また美容整形で眼瞼下垂をする場合には二重まぶたも作る事がほとんどですが、二重のラインが眼瞼下垂で調節した筋肉の動きに影響されることや、眉毛の上げ方の左右差など色々な因子に影響を受けるからです。 左右差が出なく理想の目になるのが一番ですし、医師もそう思って手術を行ってもどうしても左右差が出てしまい、再手術が必要なことがあります。 7-2.まれに視力が変化する場合や乱視が出る場合がある 両方とも1%以下ですが、モノが2重に見えたり、視力に変化が出る場合があります。 原因は分っていませんが、極まれなリスクです。 (参考文献 島倉康人:眼瞼下垂症手術の合併症とその対策.形成外科53:57-63,2010) ただし、40代以上など年齢が上の方では手術後に視力が変化することが時々あります。 3-6ヶ月くらい様子を見て変わらなければ新しいメガネを作ってもいいと思います。 3-6か月くらいまでは手術後の変化があるので、作るとしても安めのメガネで一時的なものが良いのではないでしょうか。 その他のリスクに関しては「」も合わせてご覧ください。 8.眼瞼下垂手術をするかどうかの判断について 美容整形で眼瞼下垂を行う時にはだいたい二重整形も同時に行います。 また、二重整形を受けに行ったのに、眼瞼下垂を同時に勧められることもあります。 目が小さく見える人には全て眼瞼下垂の手術が必要なのでしょうか?もちろん希望にもよりますが、 眼瞼下垂をしなくてもパッチリ希望通りになる場合も多々あります。 写真は埋没法によって二重にしただけの写真です。 見て頂くとお分かりのように、目が小さく見えても、目の開きが悪い訳ではなく皮膚が上から被っているために目が小さく見えています。 もしこれ以上、黒目を大きく見せたいという事であれば、眼瞼下垂の手術が必要になりますが、まぶたの皮膚がかぶって見えにくいという場合には必ずしも眼瞼下垂の手術を行わなくても(全切開二重手術や埋没法のみでも)パッチリ見えることもあります。 上の写真のようにまつ毛に皮膚が被っている方は、二重にするだけでも目がパッチリ見えます。 試しにアイテープやアイプチで二重を作ってみて、黒目の大きさに満足いくようであれば、眼瞼下垂手術は必要ないと思います。 それよりももっと、大きく黒目を見せたいのであれば眼瞼下垂手術を受けるのがいいでしょう。 9.まとめ 美容整形で行う眼瞼下垂を中心にまとめさせて頂きました。 眼瞼下垂の手術自体は1-2時間で終了し、身体への負担が大きな手術ではありません。 しかし、整容的に左右差が出やすかったり、手術後のケアが必要になる事もあります。 美容整形で手術を行うのであれば、話を聞いてくれて、術後までしっかり見てくれそうな医師をしっかり選ぶようにしましょう。 新規の記事や記事の更新をtwitterでお知らせしています。 ご興味ございましたら、ぜひからフォローしてください。 キレイの教科書を運営している高野です。 最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。 当医院では 美容目的の眼瞼下垂治療、また 保険による眼瞼下垂の治療を行っています。 目が開きにくい、疲れる、肩がこるなどの方は是非一度ご相談ください。 また現在メールによる無料相談を実施しています。 ・眼瞼下垂手術をしたいけど、失敗やリスクがないのか不安 ・保険で受けれるのか知りたい ・手術後にどれくらい仕事に影響があるのか知りたい もしあなたが、手術前に気になることがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。 *ホームページから無料メール相談も受け付けております。 *保険診療ご希望の場合は予約時にお伝えいただき、保険証をご持参ください。

次の

「二重整形埋没法」の挙筋法とは?挙筋法と瞼板法の違いを徹底解説!

二重整形 違い

40代、50代の二重整形はまぶたの状態、状況に応じた治療法を検討して、1回の手術ではなく数回にわたる施術や手術できれいな二重まぶたを目指します。 上まぶたのゆるみをフラクショナルレーザーで引き締める。 上まぶたのゆるんで余っている皮膚を眉下切開法で切除する。 二重埋没法、または二重切開法で確実に二重を再建する。 以上のコンビネーションですっきりとした二重まぶたを復活させます。 実際には、1から3の全てが必要な場合もありますし、1と3だけできれいな二重まぶたになる場合もあります。 患者さまひとり一人の状況を診察して判断し、必要な組み合わせを決めます。 症例1:40代女性 数回の二重埋没法を行い二重まぶたを維持していらっしゃいましたが、希望する二重まぶたにならないために良い方法を探して相談に来院されました。 <治療> 上まぶたにゆるみがあるため、ゆるみの解消と引き締めのため「フラクショナルレーザー」照射を数回行いました。 上まぶたのゆるみが解消された後、切開法による二重整形手術を行ました。 症例2:60代女性。 二重整形を希望され受診されました。 <初診時> 上まぶた外側の皮膚のたるみ が強く、まぶたが奥二重になっていました。 <治療> 「眉下切開法」により上まぶたの余剰皮膚の切除を経て、最終的に「埋没法」にて二重整形を行いました。 <第1段階「眉下切開法」> 眉下切開法術前:上まぶたの皮膚がたるんで目の上に被さってしまっています。 眉下切開法デザイン:青い線で囲んだ部分の皮膚を切除し上まぶたのたるみを取り除きます。 眉下切開法術直後:当院では抜糸の不要な手術を行っております。 切開線は眉下にきれいに入っています。 眉下切開法術後1カ月:眉下切開をしただけでも、まぶたのたるみはかなり解消されることがお分かりになると思います。 眉下切開法術後3カ月:眉毛の下のラインに切開線があるので眉メイクをすると切開線がほとんどわからなくなります。 <第2段階「埋没法」> 二重整形埋没法ではっきりとした二重を作りました。 眉下切開の手術をしないと上まぶたの皮膚が余ってしまいこのようにきれいな二重が作れません。 40代、60代の患者さまの症例から、40代以降に理想の二重まぶたを目指すためには、2〜3種類の施術、手術を組み合わせるのがベストな選択です。 「お手軽」な二重整形では理想の二重とは違う結果になるかもしれません。 レーザー治療でたるみを引き締めてから二重整形するのが良いのか、眉下切開法で余った皮膚を切除してから二重埋没法で手術するのが良いか、レーザーでたるみを引き締めて、眉下切開で余った皮膚を切除してから二重切開法で二重まぶたに整形するか、患者さまのまぶたの状態でひとりひとり違います。 医師は基本的な手技が確実に実施できることに加えて、何がベストな選択か的確な診断が必要となります。 20代の皮膚は傷の治りが早いですが、年齢を重ねると傷の治りも遅くなります。 眉下切開の切開線をきれいにする基本的な技術、天然の二重のようにみえる切開法の二重ラインなど医師の技術が重要です。 ティーズクリニックでは形成外科専門医の田牧聡志院長が丁寧に診察して、わかりやすく説明しております。 お気軽にご相談ください。

次の