地震 予知 ミシェル。 地震を予知する!ミシェル(キャンディ),リシル,すず,とは?

地震予知でミシェル氏は高い的中率を誇る

地震 予知 ミシェル

ですが、 少しでも災害による影響を減らそうと 地震予知をしている人はたくさんいるんですよねー。 かれらは、 目に見える理屈から理論を展開し、 数学的に確率論で地震を予測するタイプですね。 多少語弊はあるかもしれませんが勘弁ください 一方、 予知夢や預言者というのは、 第6感と言いますか、目に見えないパワーを感じ取り、 未来に起こり得る預言をするというものですよね。 どちらかが正しくて、 どちらかが間違っているということではなく、 そういうものであることを理解した上でこれからの情報を拾ってほしいわけです。 地震予知の予想を日々アメーバブログに書いている『華。 過去の記事は見れます。 前震検知手法では、その地震が「前震」であることを判定する基準が肝要となります。 当研究会では、過去の歴史地震及び東日本大震災を詳細に分析した結果、以下の前震判定基準を見出し採用しています。 ある地点で発生した1回目の地震と、その直後に近傍で発生した最大地震(2回目)のマグニチュード(M)の差を比較します。 海溝型地震の場合:M差が0. 7以上(例えば1回目がM8なら、2回目がM7. 3以下) 内陸型地震の場合:M差が0. 3以上(例えば1回目がM7なら、2回目がM6. 7以下) の場合、1回目を「本震」、それ以降を「余震」と判定し、1回目を上回る地震は発生しないと予知します。 一方、 海溝型地震の場合:M差が0. 6以下(例えば1回目がM7なら、2回目がM6. 4以上) 内陸型地震の場合:M差が0. 2以下(例えば1回目がM7なら、2回目がM6. 8以上) の場合、1回目と2回目を共に「前震」と判定し、2回目から3日以内に、2回のMを上回る「本震」が発生すると予知します。 東日本大震災では、3月9日にM7. 2、3月10日にM6. 6が発生し、海溝型地震2回のマグニチュード差が0. 6だったため、この2回は「前震」と判定されました。 今回の熊本地震では、4月14日にM6. 5、4月15日にM6. 4が発生し、内陸型地震2回のマグニチュード差が0. 1だったため、この2回は「前震」であると判定し、その後にこれら2回を上回る「本震」が発生すると予知しました。 前震の判定基準と予知方法のあらましは以上です。 これらは破壊力学と密接に関連する現象であり、前震がある場合は、これらにより判定可能です。 前震がない場合であっても、物体が破壊する時は必ず事前に「微小な破壊」が発生していますので、破壊音や電磁波などにより検知可能です。 当研究会では、上記の前震検知手法と並行して、御前崎海岸など数ケ所において、破壊音=低周波音の計測を行い、より精度の高い予知手法の構築を試みています。

次の

アキラの地震予報

地震 予知 ミシェル

ミシェル氏は地震の予知を体感で行っておられる方です。 Amebaブログを運営されています。 最近の記事は台風19号の記事です。 大分県にお住いでお仕事は自営業とのことです。 ブログの文章量はそんなに多くありません。 11日12時過ぎから自身の気象病的耳鳴りで低気圧耳鳴りが凄いです。 現在15号時を少し越すような大音響ですので、台風19号最大級の警戒をして下さい。 地震は九州南部? 沖縄方面の体感がありました。 台風19号についてミシェル氏が書いた文章です。 文章は以上の様に淡々としていますが、評判になっているということは何か読者を引き付けるものがあるでしょう 体感で予測を行うということで、地震の前には耳鳴りがするとのことです。 またペンデュラムも使われています。 また地図の前に手をかざして予測を行うこともあるようです。 ペンデュラムとはダウジングの際に使われるツールのことです。 地下水や貴金属の鉱脈など隠れた物を、棒や振り子などの装置の動きによって発見でき>ると謳う手法。 ダウジングで用いられる用具にはペンデュラム・ダウジング(振り子)、ロッド・ダウジング(L字形・Y字形の棒)などの種類がある。 以上Wikipedeiaより転載しています。 ちなみにダウジングとは地中に埋められたものを人間が持つ道具で探知する 方法のことです。 土の中に埋められている宝物などをL字型の針金を使い、見つけ出す方法になります。 宝物が埋められている地上に到着するとL字型の針金が両サイドに開くというものです。 筆者が小学生くらいに流行ったのを記憶していますが、まだ細々と流行っていたのですね。 今までは多くの地震学者による地震予測が行われてきましたが、ある時期を区切りとして断定的な地震予測は精度があいまいということもあり、避けられる傾向にありました。 政府の期間が行う予測などは、今後何十年の間に起こる確率がXX%という表現の仕方で 表されることが多く、このような書き方ですと情報を受けた人々は 今日明日から何をすればよいか迷ってしまうわけです。 この事情が体感による予測が一定の支持を受けてきた理由でしょう。 体感による予測は客観的な根拠がなくあくまでも個人の主観による予測です。 ですがいつ頃どのくらいのレベルの地震が起こるかは、明確になっていますので 今後とるアクションが明確になるわけですね。 体感は個人の感覚をベースにして、予測を行うものです。 一見非科学的に見えますが、プロセスはともかくとして予測が当たっていれば良いわけです。 世の中にはまだ人間の知らない世界がたくさんあるものです。 2018年6月に起こった大阪北部地震を例にして説明致します。 大阪府北部地震(おおさかふほくぶじしん)は、2018年(平成30年)6月18日7時58分39>秒に、日本の大阪府北部を震源として発生した地震。 ですが、 ミシェル氏のツイートは以下の通りです。 おはようございます。 断続的にオルゴールがなる耳鳴りが多いので震度3~4多発するか>もしれませんので気を付けて行動して下さい 5:41 — 2018年6月19日 これは地震発生日の翌日のツイートです。 ですので地震予知が明確にされたということではないですね。 今回は1つの例のみの紹介でしたが、他に事例がないかどうかは改めてリサーチをさせて頂きます。

次の

地震予知でミシェル氏は高い的中率を誇る

地震 予知 ミシェル

この記事の目次• 2019年地震予知の前に絶対知っておくべきは気象庁の地震速報 誰もが見たことがあるかとは思いますが、 地震が起こった後に震度を確認したり、震源地を確認したり 周辺都道府県や地域への余震具合、被害状況を確認するために 必ず知っておくべき情報源として【気象庁の地震速報】が挙げられます。 >> 各地の地震情報が出ている上方の方に 『再読込』というボタンがあるのでコチラをクリックすれば いつでも最新情報をチェックすることが出来ます。 コレについては、 2019年だろうと東京オリンピックのある2020年だろうと変わらずチェックすべき最重要サイトの1つです。 地震を事前に察知するためにはやはり地震予知情報が必要? とは言え、 地震速報は文字とおり 地震が起こった後にいち早く情報を教えてくれる存在です。 つまり、 地震が起こる前にはあまり役に立ちません。 確かに、 津波などの二次災害を防ぐ意味では 非常に重要になりますが、マグニチュードの大きな地震が発生するのかどうか? 事前に察知する方法としては活用することができません。 緊急地震速報という国の取り組みもありますが、 これは1分以内のアラートなどであり、どこまで対応出来るか?という課題もあります。 ということで、 2019年現在の状況から言えば 個人法人問わず地震予知情報というのは 多少なりとも参考にすべき情報なのではないでしょうか? ということで、 2019年も注目されている地震予知/予言情報発信者の 情報発信源 ブログやTwitterなど をまとめてみたいと思います。 ミシェルさんの最新情報が得られるブログは グラグラさん 東日本大震災発生以後、何か出来ることはないか?と データ予測を基本とした地震予知情報をブログとTwitterで発信してくださっています。 地震科学探査機構JESEAの顧問を務めています。 JESEAのWebサイトは 村井俊治さんのTwitterは リシルさん 一時期地震体感情報発信をやめていたが再開。 東京都に在住の女性。 リシルさんのブログは 2062年未来人 2016年熊本地震で脚光を浴びた2062年未来人。 懐疑的な人も多いが公式サイトも立ち上がり2chなどでは引き続き注目されている。 さん 従姉が福島県で東日本大震災の被災に遭い、そこから体感情報を発信してくださっています。 さんのブログは SOE 多方面から寄せられた地震予報情報をまとめた掲示板 SOEの地震予報掲示板は 龍さん 掲示板にて情報発信してくださっている方。 硫酸の情報はから 麒麟地震研究所 NPO法人国際地震予知研究会 IAEP のメンバーの方が情報発信してくださっています。 麒麟地震研究所のウェブサイトは 松原照子さん 書籍なども複数出版しスピリチュアルな世界では有名な方。 地震予知や世界情勢についても予知しています。 松原照子さんの公式サイト『幸福への近道』は ということで、 2019年も世界が平和で幸せに包まれることを願うばかりですが 足元でもM4. 0レベルの地震が頻発している日本ですから、 いつ南海トラフ地震や関東大震災が起こっても不思議ではありません。 皆さんが一人ひとり 出来る限りの対策をして日々を過ごしましょう! やまたさんを除いて、予言者はいかがわしい人ばかりだとおもいます。 例えばイギリスのEU離脱について予言するなら、イギリスのニュースをみていたら分かりますし、当てずっぽうでも的中率は2分の1あります。 また抽象的な予言はなんとでも解釈できます。 私はほとんどの予言者はにせ者のようにかんじます。 松原さん、ミシェルさん、リシルさん、グレイクさんも調べれば全く完璧にノーマークなものを予言しているものはないとおもいます。 またその予言は抽象的です。 その中でやまたさんは新潟の地震を的中させています。 それも場所、地域にいたるまで、震度も、次におこる震度6の地震と限定してなど、またそのときは新潟には地震は起こっていなく、全くノーマークな地帯を正確に地震がおこる10日くらい前に事前予知していたから驚きです。 それも、ミクルで自分の力に悩んでいて、それを相談しているなかで嘘吐き予言者などのバッシングを受け、なら占ってやるよ、証明してやるよって売り言葉に買い言葉で予言にいたるという経緯をたどります。 からかった人は罰を当てないでとか、ごめんなさいって謝っていました。 ムーとか占いや予知に詳しい友人に聞くと、確実に事前に的中させた人は記憶にないということですが、このやまたという方はどうして有名にならないのでしょうか?私が知らないだけで有名なんでしょうか? また、やまたさんはそれが本当の名字で他に違う名前などで活動されているのでしょうか?プログなどがあれば教えてください。 事前にこのように告知して全く予見できないノーマークな出来事を見事に予言的中した方は、やまたさん以外にいますか? また、占い好きや予言好きな方で、いかがわしい予言者や占師などを、おかしいんじゃないって?抽象的ですよ。 ってツイッターなどで呟いて、世間に広めて、それを伝えてください。 また、やまたさんのような事前に予知してそれがどうして適中したのか理由がわからない人をツイッターなどで広めてください。 私はそういう力のある人に占ってもらったり、予言してもらいたいです。 私は抽象的な予言、占いをしている方は、信用できません。 どうおもいますか?.

次の