おでん すじ 肉 下ごしらえ。 面倒だけど効果は絶大★牛すじ肉の下ごしらえ

おでんの牛すじの下ごしらえ!圧力鍋使ったら本当に簡単?まじかよ!

おでん すじ 肉 下ごしらえ

こんにちわげんか~~! ちょっと嫌なことがあってイライラした日、 なべ子は黙々と煮込み料理を作ります笑! お料理に集中しているときって、他の余計なこと考えなくていいから、 頭がスッキリしますよね。 しかもちゃんと料理という結果が残るので、 美味しいものを食べてるうちに、悩みなんか「ま、いっか」って気分になれますよ。 そんな なべ子が大好きな煮込み料理。 カレー、どて煮、おでんに煮こごりなど、 いろいろな煮込みレシピに使える牛すじ肉の下ごしらえについて今日は紹介しますね! はい、じゃんっ。 キレイなすじ肉が手に入りました。 冷凍や解凍物じゃないものはやっぱり新鮮でキレイですね。 新鮮なお肉を使うと、アクが出にくいので下処理も楽ですよ。 ですので、なべ子にとってすじ肉料理、 生のお肉が買えた時に突発的に作るものって位置づけです。 まずは切らずに水で洗います。 血などがついていたらとっておきましょう。 ざっとで全然OKです。 下茹で用に、お鍋に500ml程度お湯を沸かします。 多ければ多いほどいいですが、ガス代電気代もかかりますし、 小鍋で十分です。 沸騰したら、切らないままのお肉を入れて、日本酒を50ml入れて煮立たせます。 再沸騰したらあくがこんなに出ました。 すぐにざるにあげて、じゃーっとぬるま湯であくを洗い流します。 この時点で火が通っていなくても全く問題ありません。 そしてこのタイミングで、包丁を取り出し、ちょうどいい大きさに切り揃えます。 少し熱いですが、生のすじ肉に比べてかなり切りやすいはず。 その間に、小鍋も軽くゆすいでもう一度お湯を沸かしておきます。 沸いたら、また日本酒を50ml入れて、今度は生姜も皮付きのまま一片入れて、 切ったお肉をドバーッと。 中火で再沸騰させると、2回目でもまだまだこんなにアクが。 今度はこのまま5分ぐらい沸かせておきます。 もう一度ざるにあげて、ぬるま湯でアクを洗い流します。 また、小鍋でお湯を沸かせて、沸いたら日本酒と、さっきの生姜を使いまわして、 お肉をドバーッ・・・沸いたら5分放置で・・・ を繰り返し、 これぐらいアクが出ないようになったら下ごしらえ完了です。 全部で3回~5回ぐらい茹でこぼすとだいたい大丈夫です。 新鮮なものを手に入れたら3回(運が良ければ2回)で済むので、 すじ肉は特に新鮮なものが嬉しいですね。 なべ子レシピでは、臭み取りにお酒をたっぷり使っていますが、 もったいないなと思う人は減らしてもらっても大丈夫ですよ。 なべ子はあっさり目のスープを作りたかったので豪快に使ってますが、 このお肉のにおいが好きな人もいるはずなので、その辺はいろいろ試してみてください。 そんなあなたに<お得情報>のプレゼント オンラインショップで買い物する際には、を踏んでからショッピングすると、各ショップのポイントに加えて楽天のポイントも追加でゲットできます。 ポイント還元率も5%以上もザラにあって、楽天リーベイツのサイトをクリックしてから普通にネットショッピングするだけでポイント二重取りできます。 今は初回購入キャンペーン(3000円以上購入で500円ポイントバック)などにも力を入れていて、さらにお得。 既に楽天会員の方には絶対おすすめです。 私、編集者時代は毎日忙しく、肌は荒れやすく、寝ても疲れはなかなかとれず、栄養ドリンクに頼る日々を送っていました。 そんな時に、お休みの日に久しぶりにキッチンに立ってぐつぐつトマトカレーを煮込んでいたら、ハッと気づいたんです。 「気持ちに余裕があるから料理を作れる」のではなく、 「料理を作るから気持ちに余裕ができるんだ!」 この発見をしてからは、料理を単なる家事タスクの1つとして扱うのではなく、むしろストレス解消法として日常に取り入れたいという思いがぐんぐん強くなり、料理研究家としてnabeko. comを立ち上げるに至りました。 アーカイブ• カテゴリー• 110• 129• 43 なべ子ハマり中のらでぃっしゅぼーや.

次の

おでんには肉を入れるのがおすすめ!牛すじの代わりになるものもご紹介します

おでん すじ 肉 下ごしらえ

圧力鍋に牛すじ肉を入れ、かぶるぐらいの水を加える。 (水の量は最低でも500mlは入れること) 15分加圧したら火を止め、圧が抜けたらふたを開ける。 ざるに上げて軽く水洗いし、食べやすい大きさに切る。 大根は皮をむいて2cm厚さの輪切りにし、煮崩れ防止のために面取りをする。 コンニャクは水からゆでてアク抜きをし、表面に浅い格子状の切り目をたくさん入れて食べやすい大きさに切る。 ちくわとはんぺんは食べやすい大きさに切る。 さつま揚げなどの練り製品は、熱湯をかけて余分な油を抜く。 はんぺん以外のおでん種とAを圧力鍋に入れ、 10分加圧して室温に冷めるまでそのまま放置する。 (圧が抜けたらすぐにふたを開けても良いけど、しばらく放っておいたほうが味がなじみます。 私は一晩放っておきます。 はんぺんを加えてふたをせずに煮る。 コメント 圧力鍋で「おでん」、おススメです! 昔、牛すじ肉の入ったおでんに挑戦しようと普通の鍋で2時間ほど煮込んで失敗したことがあります。 全然柔らかくならず、しかもなんだか生臭くなってしまって それ以来「牛すじのおでん」は諦めていたのですが、ふと「圧力鍋ならいけるのでは?」と思い立ち、今回挑戦してみました。 大正解でした あんなにゴリゴリした牛すじ肉が、トロトロもちもちになるなんて本当にびっくりです。 まさにおでん屋を開けるレベル。 (自画自賛過ぎ ) しかも、圧力鍋なら下ゆで15分、煮込み10分で牛すじおでんの出来上がり 牛すじを使わないのなら、10分の煮込み時間だけでおでんができちゃうんです。 (大根の下ゆでをしなくていいのが楽ですよね) また、少量のおでんが簡単に作れるのもポイントが高いですね。 土鍋で作ると、どうしても6人前はできてしまうので...... これで数日おでんが続くことも無くなりそうです。 鍋料理は大量に作ったほうが美味しいような気がしますが、少しだけ食べたいって事もありますもんね。 圧力鍋おでんは定番メニューになりそうです。

次の

牛すじ肉と大根のおでん|レシピ|ゆとりの空間

おでん すじ 肉 下ごしらえ

あれま~。 とりあえず脂身を除き、2. 3センチ角に切り分けました。 左がすじ肉で右が脂身デス。 これはちょっと 笑。 アキレス腱の白さと脂身の白さは似ているので、見分けがつかないですね。 やっぱり安物は駄目だな~と。 ぼやいていても仕方が無いので脂身は放置、赤身の方だけ使う事にしました。 牛すじ肉を2回茹でこぼす まず初めは、圧力鍋にすじ肉をを入れて水をヒタヒタになるくらい注ぎ入れます。 沸騰したらしばらくしてザルに取り、流水で洗ってやります。 これを2セット続けます。 圧力鍋で牛すじを15分間加圧 ここから牛すじ肉の本茹でに入ります。 先ほど流水で洗ったすじ肉を3たび圧力鍋に戻し、ヒタヒタまで水を入れて火をつけます。 蒸気が出て来たら、約15分間圧をかけます。 今回のすじ肉は脂身ばかりでショボいので、13分間に設定しました。 13分間経ったら火を止めて圧が下がるまで放置します。 しかし、ロスが多すぎましたね、半分しか使えませんでした。 使えなかったすじ肉の脂身は、冷凍庫で凍らせておいて、炒め物の時に少しずつラードとして使う事にします。 牛すじを串に刺して完成! 粗熱が冷めたら串に刺して、おでん用の牛すじ串の完成です。 ちなみに、右のお椀に入っている物は、細かすぎて串に差せなかった肉なので、チャーハンや野菜炒めに使えば良いですね。

次の