冴え ない 彼女 の 育て か た。 『冴えない彼女の育てかた』13巻感想。これにて完結!恵が可愛すぎたっ!

www.lojadassabrinas.com

冴え ない 彼女 の 育て か た

冴えない彼女の育て方の3期制作の可能性を検証 では、冴えない彼女の育て方の3期製作の可能性を検証していきましょう。 アニメの続編では、 「製作委員会の財政状況」と 「原作のストック」が重要になってきます。 また、3期になると、2期よりも1期の人気が落ちていないか?なども計算に入れる必要があるため、様々な角度から考えていく必要があります。 では、まずは、円盤の売上からみていきましょう。 円盤の売上からアニメ3期を見る まずは、円盤の売上から、冴えカノの3期を検証していきましょう。 アニメの続編を検証する際、なぜ円盤の売上を見る必要があるのか。 それは、製作委員会の お金の事情が絡んでくるからです。 アニメは無料で見れますが、当然、製作費はかかっています。 その製作費は、どのように回収するのか?といいますと、スポンサー収益はもちろんのこと、大きな部分を占めているのが、 「円盤の売上」なのです。 製作委員会が赤字であれば、当然続編は作られません。 しかし、黒字化できていれば、はじめて3期を作ろう!と製作委員会が動き出します。 その財政状況を計るものが、 円盤の売上になるわけですね。 では、冴えカノの2期の円盤売上はどうだったのか。 では、2期の円盤売上を見ていきましょう。 1巻の売上が1万枚超え! 厳密に検証するならば、すべての巻数を見比べる必要がありますが、現状は 「成功アニメ」という分類にしておいても良いでしょう! 現状、円盤売上だけで見る、3期制作の可能性は 70%程度だといえます。 ちなみに、冴えない彼女の育て方は グッズ売上も非常に良いです。 とにかくキャラ人気が高いアニメですから、様々な場でのグッズ売上や、公式サイトのグッズ売上も上々の様子。 3期制作の可能性は十分だといえるでしょう。 さて、もう一つ重要な事があります。 それが、 1期に比べて、2期の円盤売上が落ちていないか?という部分。 この部分が、冴えカノ3期を大きく左右することは間違いないです。 これまで、様々なアニメの続編記事を書いてきましたが、 1期>2期の円盤売上で、3期が作られたアニメはほとんどありません。 (ジャンプ系のアニメは例外です。 ) アニメ3期を制作することは、とにかく難しい傾向にあることを知っておきましょう。 では、比較するために1期の売上を見ていきます。 現状、アニメ1期>アニメ2期の円盤売上になっています。 この後の推移によっては、3期の可能性がなくなる可能性も。 まずは、2期1巻の売上が、1期の1巻の売上に追いつく必要がありそうです。 原作ストックから冴えカノ3期を見る 冴えない彼女の育て方に、原作のストックは残っているのでしょうか? 冴えない彼女の育て方は、 現状12巻が発売されている状態です。 そして、次の13巻で 最終巻となる予定となっています。 さて、アニメ2期ではどの部分までアニメ化されたのでしょうか? 冴えない彼女の育て方のアニメ2期では、 原作の7巻の途中まで放送されました。 つまり、原作のストック的には、 全く問題ないと思われます。 2期の終わり方的に、 3期が無いとおかしいような内容になっています。 ただ、いきなりアニメ3期はやってこないでしょう。 (過去のデータから推測しています。 ) では、先程保留にしておいた、3期はハードルが高いという理由をお話します。 冴えカノのアニメ3期への障壁 基本的に、アニメの3期が放送されることは少ないです。 日常系の「萌えアニメ」などは、3期以降も放送されることが多いですが、アニメ3期は非常にハードルが高いのです。 例えば、 「SAO」や「けいおん」は、続編が作れる状態にあるにも関わらず、製作されていません。 ただ、こちらは別枠のアニメですし、けいおん等に関しては2期で完結になってもおかしくない内容でした。 しかし、「ノイタミナ」枠のアニメはこれまで 一度も3期を放送したことはありません。 冴えない彼女の育て方はノイタミナ作品の中でも、トップに近い人気ですから、前例がない状態でも製作される可能性はあります。 ただし、いきなり3期を作るのではなく、他の道もあると思われます。 劇場版をクッションに? 3期が制作される前に 「劇場版」が製作される可能性が高いです。 アニメ2期まで放送し、少し間をあけて劇場版の放送をする。 アニメ業界の傾向を考えても、 劇場版をクッションにしてくる可能性は大いにありますね。 5巻まで放送。 最終巻が13巻と短編もあるので、そのうちのいくつかを集めて、劇場版を作る可能性があると見て良いでしょう。 ただし、円盤の売上は良かったので、3期or劇場版orOVAの中で続編が作られることは確実と言えますね。 結論とまとめ 今回は、冴えない彼女の育て方に関して、円盤の売上や原作ストック、その後の方向性などをまとめました。 結論から言いますと、冴えない彼女の育て方の3期の可能性は、70%ほどでしょう! 3期の製作は、非常に多くのハードルを超える必要があります。 ただし、円盤の売上などを見ても、続編が作られることは確実。 まず、劇場版などを挟み、その反応を見てから3期製作などの流れも十分にあると思いますよ。 続編制作が決定次第、この記事も追記していきます!.

次の

新着情報

冴え ない 彼女 の 育て か た

あらすじ・内容 安芸 倫也(あき ともや)は、ある日坂の上に佇む加藤 恵(かとう めぐみ)を観て心奪われた。 ともやはめぐみのようなキャラクターがメインヒロインの理想のゲームを作る決心をする。 ともやの理想のゲームを作るにはともやの実力では実現できないので、脚本はライトノベル作家霞ヶ丘 詩羽(かすみがおか うたは)イラストは有名同人イラストレーター澤村・スペンサー・英梨々に頼むことにした。 はたしてともやの理想のゲームは完成するのか、加藤 恵は理想のメインヒロインとなることができるのか。 「冴えない彼女の育て方」ネタバレあり感想 登場人物の変化についてのネタバレはありですが、ストーリーについてはネタバレなしのレビューです。 ライトノベル系ハーレムものだが、創作・クリエイターへのあこがれがつまってて見応えあるアニメ ライトノベル系でよくある設定が、 やっぱり消費しているだけでなく「なにかを作り出す」っていうレベルに踏み込むって、すごくあこがれるんですよね。 レビューを書くことと、作品を作り出せることはレベルが違う 主人公の安芸 倫也(あき ともや)は好きなラノベなどの批評ブログを書いていてTAKIというハンドルネームは、その界隈では有名っぽいです。 ともやのブログはライトノベルの売り上げを左右するほどの影響力を持っているんですね。 感想とか批評をブログに書いてアップすることも「なにかを作り出す」ということをしていることになるんだと思うんですが、それでも小説や曲、アニメーション、漫画、ゲームなど作品を作ることとはまた 別レベルのものだと思うんです。 主人公自らが創作レベルをあまり上げない展開はめずらしい 主人公のともやは、好きな作品があったりゲーム(ギャルゲー)を作りたいという情熱をすごく持っています。 でも、• すでにプロのライトノベル作家となっている 霞ヶ丘 詩羽(かすみがおか うたは)• 同人作家(イラストレーター)として有名になっている 柏木エリ(主人公の幼馴染の澤村・スペンサー・英梨々) この2人にサークルに入ってもらうことで、ともやは自分の理想のゲームを作ることにします。 クリエイターとして、ほぼ成長しない主人公だから感情移入しやすいのかも ともやは、創作・クリエイターへの情熱のみが先走りした人物であることに変わりがないんですね。 だからこそ、 大半がクリエイターではないだろう視聴者が主人公のともやに感情移入できるのでしょう。 ともやの妄想だけの先走りが少し落ち着く• 加藤 恵がスクリプト作りにハマりだす• えりりのイラストレーターとしての成長 といった クリエーター関連の成長が多く描かれていますね。 えりりはクリエイターとして成長したいと同時に、幼馴染のともやに愛されたいとも思っています。 あるきっかけがあり、えりりとともやの距離は近くなりえりりにとって、とてもうれしい状況が続くんですが 創作意欲がなくなっていくんですね。 つまり幼馴染のともやに愛されたいという願いが満たされて、それで満足できて創作意欲がなくなっていったというわけ。 満たされない思いが創作意欲につながっているえりりの悲しさが切ない しかし、あるきっかけがありえりりは見事にクリエイターとしてさらに成長します。 ところが、 その成長のきっかけとなったのは、ともやと離れることだったというえりりにとっては悲しい出来事をともなっていました。 ともやに愛されるということが満たされないからこそ、えりりの創作意欲が湧いてくるという悲しさ。 「冴えない彼女の育て方」は楽しく観れる創作をテーマにしたアニメだと思って観てました。 ところが、 エピソード10でここまでシリアスに深いところまで描くという期待以上のものがあって、よけい心打たれたのだと思います。 メインヒロインだけの役割だった加藤 恵がスクリプト作りに夢中になってくとこがいい。 加藤 恵は最初はともやに無理やりサークルに参加させられた、というか「まあいいか。 」という感じでともやのゲーム作りに参加することになります。 ともやの理想とするゲームのメインヒロインのモデルという謎の役割を与えられた加藤 恵でしたが、少しずつゲーム作りにも関わりだすんですね。 オタクとか創作とか、そういうのに無関心だった加藤 恵の変化が「冴えない彼女の育て方」の面白いポイントでもあります。 あんなにクールで無関心だった加藤 恵がえりりにあそこまでのことを言っていたというのは、ちょっと驚きでした。 消費するだけだった安芸 倫也が創作への情熱を燃やすことがメインテーマ 「冴えない彼女の育て方」は、ただ消費するだけだったオタク安芸 倫也が、 そのあふれる情熱をもって、少しずつ自らも創作活動に関わっていく とこも良いです。 うまい絵を描けるわけでも、すごい脚本・小説を書けるわけでもなく、消費メインで自分で創作することにまでは踏み込んでいけなかった安芸 倫也。 そんな彼が、「できる人」に参加してもらったとはいえゲームを完成させる。 そうできたのは、やっぱり安芸 倫也が自分の好きなものをただ消費するだけでなく、 自分が関わって作り出したいという情熱があったからですよね。 しかしあくまで安芸 倫也自身が絵がうまくなるとか、少しずついい脚本を書けるようになるといったことにはならないとこが面白いです。 あくまで安芸倫也は、クリエイターではない視聴者の等身大のキャラクターってことなんでしょう。 自分の「好き」を大切にしたいと思わせてくれるアニメ 子供のころ、学生のころ、あれだけ夢中になったことがあったのに仕事などで忙しくなって、 いつのまにか夢中になっていたことを忘れていた ってことないでしょうか。 そして気づくと夢中になることができなくなってしまった。 なにか趣味を持ちたいと思っても、いまひとつ夢中になれない自分がいる。 そんなふうになっている人は「冴えない彼女の育て方」を観ると、昔のあの夢中になれる気持ちを思い出すことができるかもしれません。 主人公安芸倫也の自分の好きなことへの情熱のすごさを見れば、熱中して物事に取り組む意欲が湧いてくるんじゃないかと思います。 本気で取り組む良さっていうやつですね。 僕も昔好きだった小説とか、ほんとは読みたいのにお金がかかるからと読まずにいた漫画を読んでみようと思います。 漫画のまとめ買いは高いですが、ネットカフェで読むっていう方法もありますしね。 あと昔からしたいと思っていたDTMで作曲もやっていきたいです。 自分の「好き」をとことんやってみる。 これって人生を充実させるには大事なことですよね。 アニメ「冴えない彼女の育て方」1期2期ネタバレあり感想まとめ ということでアニメ「冴えない彼女の育て方」1期2期ネタバレありの感想でした。 まとめると、• 創作・クリエイターへのあこがれがつまってて見応えあるアニメ• メインヒロインだけの役割だった加藤 恵がスクリプト作りに夢中になってくとこがいい。 消費するだけだった安芸 倫也が創作への情熱を燃やすことがメインテーマ• 自分の「好き」を大切にしたいと思わせてくれるアニメ といったところです。 アニメや小説、映画、ドラマ、ゲームそういったコンテンツただ消費するだけでも楽しいです。 しかし、 なにか創作して完成させて見てもらう喜びって、たぶん消費してただけとは違うレベルの面白さがあると思うんですよね。 冴えない彼女の育て方を観て、そんなことを思った僕でした。

次の

冴えない彼女の育てかた Fine

冴え ない 彼女 の 育て か た

」 「J. STAFF」 「Lerche」 「MADHOUSE」 「MAPPA」 「NUT」 「project No. 9」 「Studio 3Hz」 「ufotable」 「WHITE FOX」 「アクタス」 「アンサー・スタジオ」 「エイトビット」 「キネマシトラス」 「サンジゲン」 「サンライズ」 「シャフト」 「スタジオディーン」 「ピーエーワークス」 「ブレインズ・ベース」 「ボンズ」 「ポリゴン・ピクチュアズ」 「マッドハウス」 「ライデンフィルム」 アウトライン 『冴えない彼女の育てかた』(さえないヒロインのそだてかた)は、丸戸史明による日本のライトノベル。 イラストは深崎暮人が担当している。 略称は「冴えカノ」。 2017年3月時点でのシリーズ累計部数は250万部を突破している。 『月刊ドラゴンエイジ』(富士見書房)、『ヤングエース』(角川書店)、『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)でコミカライズされ、2015年よりアニメ化された。 ポイント 『冴えない彼女の育てかた Fine』(さえないヒロインのそだてかた フィーネ)のタイトルで、2019年秋に公開予定。 制作はテレビアニメ版を制作したA-1 Pictures高円寺スタジオがスタジオ名を改称、ブランド化したスタジオCloverWorksが担当。 監督であった亀井幹太が総監督となり、テレビアニメ第1期及び第2期にて各話演出を務めた柴田彰久が監督を務める。 VOD OnAir 最新のタイムスケジュールは各放送元を確認してください。 YouTube Book U-NEXT ComicWalker サブタイトル 0 愛と青春のサービス回 1 間違いだらけのプロローグ 2 フラグの立たない彼女 3 クライマックスはリテイクで 春休み、アニメグッズ購入費用を得るためにアルバイトしている高校生・安芸倫也は、桜の舞う坂道で出会った少女に興味を抱き、彼女をメインヒロインのモデルにした同人ゲームの作成を思いつく。 1か月後、倫也はその少女が名前すら知らないクラスメイト・加藤恵であることを知った。 筋金入りのオタクだがイラストもシナリオも書けない倫也は、同学年の美術部エースで隠れオタクの新進同人イラストレーター・澤村・スペンサー・英梨々と学年1位の優等生の先輩で人知れず新人ライトノベル作家として活躍している霞ヶ丘詩羽を誘い、恵の協力でなんとか同意を取りつけ、コミケ参加を念頭にサークルとしてゲーム作りを始める。 4 予算と納期と新展開 5 すれ違いのデートイベント 6 二人の夜の選択肢 会わないスケジュール、乏しい予算、仲が悪いメンバーに四苦八苦しながらも、倫也達はゲーム制作を進める。 詩羽は恵に準じたキャラクターをメインヒロインに据えた伝奇系ゲームのプロットを作る。 倫也は一抹の疑問を感じてそれを受け入れられないが、明確な理由を示せない。 そのまま過ぎていく日々に、英梨々と詩羽は不満を漏らす。 恵を伴ってショッピング施設を訪れた倫也は、詩羽のプロットに日常に戻る結末が足りないことに気づく。 過去、詩羽の作品を詩羽と語り合うようになっていた時期がある倫也だったが、詩羽の求めを拒絶したことをきっかけに、数ヶ月間、音信不通になったことがあり、その再発を防ぐため、プロットの不足点を早急に詩羽に告げようと、恵を置き去りにして詩羽の元に出向いた。 プロットの不足点について倫也から説得を受けた詩羽は、過去を捨てて日常に戻る結末も選べる変更作業を倫也とともに行い、恵に準じた薄いキャラの描写に苦労しながらも倫也とのモノ作りの楽しさを再確認し、倫也をクリエイターとして認めて歓迎した。 一方、中途半端にキャラが薄い恵の特徴をなかなか掴めずキャラクターデザインに苦戦してきた英梨々は、置き去りにされた恵が不満顔を見せたのを捉え、特徴を掴む。 7 敵か味方か新キャラか 8 当て馬トラウマ回想モード 9 八年ぶりの個別ルート 一学期の終業式の日、倫也は二学年下の波島出海と再会した。 かつて倫也がオタクな精神や知識を叩き込んで愛弟子と呼び、それに応えてゲームやアニメ三昧の人生を送るようになった出海は、個人サークルで夏のコミケに参加しようとしていた。 そんな中、出海の兄・波島伊織が率いる大手サークル『rouge en rouge』が、英梨々の引き抜きを図るが、英梨々はそれを拒否し、自分のサークルの同人誌作成の合間を縫って、倫也達とのゲームの原画作成を続ける。 夏のコミケが始まり、自らのサークル設営のために参加した英梨々は、その日、島中で参加して完売した出海の作品を見て、倫也がその作品の凄さを高く評価していることに嫉妬し、過去のいじめをきっかけとした倫也との仲違いを思い出して涙を見せ、倫也と距離を取ろうとする。 倫也達はサークル名を『blessing software』に決め、冬のコミケに申し込む。 10 思い出とテコ入れのメロディ 11 伏線回収準備よし 12 波乱と激動の日常エンド 原画とシナリオの進捗に伴い、倫也がスクリプト作成と音楽担当探しを始めたころ、倫也の従姉妹でバンド『icy tail』に属する氷堂美智留が、両親からバンド活動を反対されて家出し、倫也の家へ転がり込んできた。 オタクに無理解ながらアニソンやゲーソン風の曲を作る美智留を気に入った倫也は、美智留を『blessing software』へ誘う。 しかし、美智留は、自らのバンド活動継続の危機もあり、倫也が誘うオタク活動に興味を持てず拒否。 逆に、両親からバンド活動継続の条件として、お目付役としてのマネージャーをつけることを提示され、両親からの信頼が厚い倫也をバンドのマネージャーとして誘い、倫也の同意を得た。 その後、倫也が『icy tail』のマネージャーとして設定した初ライブの開始直前、美智留は他のメンバーが全員オタクで初ライブもアニソン・ゲーソンライブであることを知り、動揺するが、結局は、それを受け入れ、バンド活動継続と、『blessing software』への参加に同意する。 Music オープニング 曲名: 君色シグナル 歌 : 春奈るな エンディング 曲名: カラフル。

次の