蒼空 日本酒。 蒼空 純米酒 美山錦 1800ml

日本酒 通販

蒼空 日本酒

「日本酒50選シリーズ」は、「〇〇の日本酒を徹底解説!味の特徴は?どんなこだわりがあるの?」と題して、様々な銘柄や酒蔵を紹介するシリーズ記事です。 今回は第二弾です!「」 に書いてありますので、読んでみてください。 前回好評だった第一弾の記事はこちら、に書いてあります。 50は「蒼空(そうくう)」です! それでは、はじまり〜はじまり〜• はじめに 京都伏見の日本酒酒造である「藤岡酒造」で造られる「蒼空」。 名前の通り、青空を思わせるような優しく爽やかな味わいが特徴となっています。 藤岡酒造は、三代目蔵元が亡くなった平成7年に一度閉鎖された歴史があります。 そこから、今の五代目のなんとか酒蔵を復活させ、またお酒を造りたいという熱い想いによって再建され、造られたお酒が蒼空です。 一度閉鎖して復活した伏見の酒造、藤岡酒造 藤岡酒造は、三代目蔵元である藤岡義文が平成6年に亡くなったことで一旦閉鎖を余儀なくされました。 そこから、現在の蔵元である五代目蔵元・藤岡正章によって復活を遂げた酒蔵となっています。 五代目蔵元は、一度閉鎖された際の最後に造られたお酒の味わいを目指して、日々丁寧なお酒造りに勤しまれています。 また、藤岡酒造は京都・伏見で一番小さい酒蔵としても知られています。 全てのお酒を機械を使わず手造りしていることもあり出荷量も少ないため、 通の間では幻の日本酒とも言われています。 蒼空を楽しめる酒蔵Barの誕生 造られた蒼空を、できたての美味しさで楽しんでもらいたいという想いから、仕込み蔵を眺めながらお酒を楽しむことができる酒蔵Bar「えん」が生まれました。 各種蒼空はもちろんのこと、蒼空を引き立てるつきだしやお酒を飲めない方でも楽しめる酒饅頭など、お酒の生まれる場所でゆったりと楽しむことができる空間となっています。 また、藤岡酒造のこだわりを見せて頂ける蔵見学もされています。 酒造期間外の見学となりますが、蒼空が気に入った方はどのようなところで造られているのかを見に行くことができるのも嬉しいポイントとなっていますよ。 蒼空と名付けられた由来や想い 五代目が新たに藤岡酒造を再建してから造られたのが蒼空で、蒼空の名前の由来としては青空のように爽やかで優しい味わいのお酒という想いが込められています。 青空を見上げた時に感じるホッとした気持ちと同じように、飲んだ人が優しい気持ちになれるお酒が造りたいという想いが込められた名前になっています。 その名前のイメージにぴったりな、ほのかな甘味やキリッとした爽やかな酸味、また鼻腔に広がる香りを楽しむことができるお酒に仕上がっています。 蒼空と名付けられたお酒の中でも、純米酒から純米大吟醸酒まで様々な種類のものがラインナップしています。 季節限定品なども多く、時期によって旬の美味しさを楽しむことができるのも魅力の1つです。 同じ蒼空でも、後口のすっきりとしたものからにごり酒のようなまろやかなものまで様々あるため、時期や好みに合わせて選ぶ楽しみもあります。 すっきりとした味わいを楽しむために冷やして飲むのが美味しいものや、温めて飲んでも美味しいものなど、種類によって飲み方も様々です。 蒼空の美味しさが気に入った方は、期間限定などその時期にしか楽しめない種類のものをチェックするのがおすすめですよ。 全国に誇れる酒処「伏見」でこだわりの酒造り 蒼空の土地柄として、日本の中でも全国に誇ることができる酒処である伏見で造られているのもポイントです。 伏見は質のよい地下水が潤沢に採れる土地として有名で、その質の良い地下水で質の高い日本酒を造ることができると言われています。 地下水が潤沢に採れることから、その昔「伏水」と書かれることがあったほど、豊富な水を得ることができる土地となっているんです。 伏見で採れる地下水で酒米を発酵させることで、柔らかでまろやかでキメの細かい日本酒が出来上がります。 また、藤岡酒造で100m掘られた井戸から採れる水は、白菊水において最も上流に位置しているため、最高級の質と量を誇っています。 蒼空絹のように滑らかな味わいは、このこだわりの地下水を使用しなければ産み出すことができません。 蒼空は、酒造り・パッケージ・蔵へのこだわりも高い日本酒となっています。 パッケージは、一般的な日本酒のそれとは違い、イタリア製のボトルに詰められてコルクで栓をされた、ワインのような見た目が特徴です。 シンプルで洗練されたパッケージデザインからも、日本酒の味への期待が高まります。 また、お酒造りにもとてもこだわりを持たれていて、全てのお酒を手造りされているのが特徴となっています。 蔵を閉鎖される以前は、安価なお酒は機械を使って大量生産されていましたが、お酒の種類によって造り方を変えることに疑問を感じ、全てを手造りされるようになりました。 そのため、純米酒から純米大吟醸まで全て目が行き届いた納得のいく仕上がりのお酒が造られています。 たくさんの量が造れないのが、また特別感を醸し出しています。 蔵元が目指すのは、お料理と一緒に楽しむことができる食中酒で、楽しい仲間と共にする食事に蒼空を合わせて欲しいとの願いも持たれています。 澄み渡る青空のような伏見の日本酒、「蒼空」 ここまで、「蒼空」の魅力についてまとめてきました。 全て手造りで丁寧に醸された日本酒は、すっきりと爽やかで滑らかな味わいが特徴です。 おしゃれで洗練されたシンプルなボトルに詰められているので、大切な方へのプレゼントや手土産にもぴったりです。 こだわりの製法や素材を楽しむことができる、希少価値の高い蒼空をぜひ試してみてくださいね。

次の

伏見で酒蔵めぐり!見学や飲み比べで日本酒に溺れる一日観光のススメ

蒼空 日本酒

今をときめく人気蔵元18社が会する大試飲会が福島郡山で行なわれた。 詳しくは。 蔵元さん自らが、おすすめ銘柄を注いでくれ、話をしてくれるうれしい催しゆえに、会場に詰めかけたお客さんなんと350名。 青森「田酒」、岩手「南部美人」、宮城「浦霞」、「日高見」、山形「出羽桜」、「十四代」、福島「末廣」、「飛露喜」、石川「天狗舞」、福井「黒龍」、愛知「醸し人九平次」…などなど、そうそうたる人気蔵ばかり。 『蒼空 そうくう 』。 伏見の 藤岡酒造。 注いでくださるのは 五代目 藤岡正章さん、34歳。 彼にとってはこのお酒が初仕込みなのだとか。 『蒼空』という名も当然新しい。 藤岡酒造は、明治35年に京都市東山区で創業。 主要銘柄 『万長』は今でも記憶されている方が多い地元密着の普通酒だった。 阪神大震災の後に建て替えられた ところが、三代目の急死により平成7年の造りを最後に酒造業を廃止。 当時酒問屋に勤務していた彼は、きっと悩んだことだろう。 このまま自分が酒造りを続けていくかどうか…。 不運なことに、最後の造りの時に阪神大震災にも襲われている。 しかし、「自分の手で酒を造りたい」との思いを芽生えさせたのは、同業の蔵元さんたちだったという。 酒問屋を退社後、全国の蔵元で修行を重ね、温かい応援を背に、平成14年春、新しい酒蔵を建築し7年ぶりの酒造りを始めたのだった。 一升瓶で2800本。 実際に使用するボトルは、家庭の冷蔵庫に入る大きさでもあり、二人で飲みきりサイズでもある500ml。 これだと約1万本だ。 ちなみにワインボトルでいえば6700本。 あのロマネコンティと同じくらいの生産量になる。 中身は、兵庫県産特等山田錦55%磨きで純米仕込み。 米洗いもタンク投入も火入れも、イタリア製のボトルへのビン詰めもコルク洗いも、藍染布に銀の箔押しという凝ったラベルの張りも、すべて手造りだ。 小造りのタンク。 すべて手造り そりゃあそうだ、最初から大量生産機械導入なんてできるわけがない。 私の手元にあるのは『二〇〇二年度仕込四号』(5つあるタンクのうちの4つ目の意味)の生酒だが、今飲んでちょうど「ひやおろし」状態になっている。 淡い山吹色、みずみずしい梨のような香り、嫌味のない吟醸香、軟水仕込みからくるなめらかさと柔らかな旨味。 まるで、温かい絹ごし豆腐を、上品な出汁でいただいたときのような、ほっこりやさしい舌触りが印象的。 藤岡さんのお人柄が伝わってくるようにも思えた。 ディスプレーも目を引く ちなみに、郡山の大試飲会の三次会で、「友田さんの好きな銘柄は?」と聞く藤岡さんに、「そうですね~、今好きなのは、この前訪ねた青森弘前の三浦さんところの『豊盃』かなあ~」と答えると、「ウソッ、それ友達。 ちょっと電話しちゃおう」と携帯でいきなり電話。 「いやあ、三浦君よろしくお願いしますね~」って、言われちゃったけど、藤岡さん、ご自分のところも頑張らないと~。 他の酒蔵さんの紹介してる場合じゃないでしょう…、と思っちゃいましたね。 こんなエピソードからもわかるとおり、藤岡さんっていい人でしょう~。 柔らかな旨みの『蒼空』 さて、二〇〇三年度版のできたては、きっと、冬の冷たく引き締まった空気に映える蒼空(あおぞら)のように、きりりと爽快な味わいになるにちがいない。 「よい酒は必ずや天に通じ、人に通じる」という代々伝わる言葉を信じ、新たな挑戦に取り組む五代目を、日本酒ファンとして注目していきたいね。 藤岡酒造株式会社 075-611-4666 『蒼空 二〇〇二年度仕込四号』500ml 1,900円(完売).

次の

『日本酒「蒼空」蔵元のbar。』by kamokawa : 酒蔵BAR えん

蒼空 日本酒

com 「蒼空」の蔵元、藤岡酒造は100年の歴史を持つ老舗 「蒼空」の造り手、藤岡酒造は、明治35年(1902年)に京都市東山区で創業。 最盛期には年間の酒造量が8千石に達していたとの記録があり、一升瓶に換算すると約80万本ですから、当時の人気がうかがえます。 一度は幕を下ろした「蒼空」蔵元の歴史 藤岡酒造の歴史は、創業100年を迎える寸前の1995年、3代目当主の急死を受けて一旦、幕を閉じます。 蔵の閉鎖に際して、関係者一同が最後の酒を酌み交わした際、その味わいに感動を覚えた若者が、「いつか必ず酒造りを復活させる」と誓ったのだとか。 その若者こそ、後に5代目当主となる藤岡正章氏にほかなりません。 「蒼空」は、復活への第一歩を記す酒 その後、各地の蔵元で酒造りの勉強を重ねた藤岡氏は、周囲の協力のもと、2002年に赤レンガ造りの倉庫を酒蔵に改造。 念願の酒造りを再開しました。 「藤岡酒造が積み重ねた歴史に恥じない酒を」との想いを込めた醸した酒に、藤岡氏は「蒼空」と名づけました。 「蒼空」は、まさに老舗蔵の新たな歴史の第一歩となる銘柄と言えるでしょう。 com 「蒼空」という銘柄に込めた蔵元の想い 「蒼空」という銘柄名には、「よい酒は必ずや天に通じ、人に通じる」という藤岡酒造の家訓とともに、「青空を見上げるとホッとするように、飲んだ人がやさしい気持ちになれるようなお酒を造りたい」という造り手の願いが込められています。 「蒼空」の特徴である、すっきりとしたキレのよい味わいは、その銘柄名に恥じない、青空のような爽快さを感じさせます。 「蒼空」のこだわりは瓶・ラベルにも 「蒼空」のこだわりは味わいだけではありません。 酒瓶は、イタリアのベネチアンガラスによる優美な曲線を描き、独特の存在感があります。 内容量も飲み切りサイズの500ミリリットルを基本とし、一升瓶は業務用のみの販売です。 また、ラベルには藍染めした布を使用。 瓶からはがせばコースターとしても使える優れ物で、贈り物にも喜ばれます。 com 「蒼空」が生まれる場所で「蒼空」をいただく 「蒼空」が生まれる場所で、生まれたての「蒼空」を心ゆくまで飲んでもらえたら・・・そんな蔵元の想いから生まれたのが蔵元直営の酒蔵Bar「えん」です。 ここでは、ガラス越しに仕込み蔵を見ながら、ゆったりとお酒をたのしむことができます。 「蒼空」をたのしめる酒蔵Barの多彩な魅力 「蒼空」の酒蔵内に設けられた酒蔵Bar「えん」は、お酒好きはもちろん、そうでない人も含めて、友人同士やカップル、家族連れでたのしめます。 「蒼空」以外にも甘酒や酒まんじゅう、酒粕アイスクリームなどのメニューが用意され、酒造り文化の幅広さが堪能できます。 ほかにも「蒼空」オリジナルグラスや前掛け、酒粕なども販売されていて、ちょっとしたお土産や旅の思い出を買い求めることができます。 藤岡酒造は、「伏見で一番小さな酒蔵」とも呼ばれる小規模な蔵元ながら、丹精込めて醸される「蒼空」は、全国の地酒ファンから高く評価されています。 少量生産のため入手は困難ですが、ぜひ一度は味わってほしい1本です。 製造元:藤岡酒造株式会社• おすすめ情報• 関連情報.

次の