アソボーノ。 東京ドームシティ「アソボーノ|ASOBono」に初めて行ったきた。

【アソボーノ 東京ドームシティ】雨でも遊べる!割引クーポンも

アソボーノ

アソボーノ!ASOBonoとはどのような施設?土日は混雑? まず簡単に、アソボーノという施設についてを紹介します。 施設内はいくつかのエリアに分かれています。 まず施設内に入って靴を脱ぎ、フロントで入館料を支払います。 ちなみに土日は大人1人子ども1人の場合、1時間1860円。 (下記詳細あり) 一時間分のみ先に払い、延長した場合は延長料金を帰りの際に払います。 小学生が大興奮の大規模なボールプールやトランポリン、アスレチックや滑り台などで伸び伸びと遊べるエリアがあり、これが施設内で一番面積も大きい。 完全に部屋が分かれているわけでなく、各場所子どもが自由に行き来できる構造です。 アソボーノ!の広さは? 入場すると、ざっと施設内を奥まで見通せる位の広さ。 小さい子が全ブースを回ってもそこまで疲れないです。 あんまり広すぎると、周るのも疲れてしまいますし、また迷子も心配なので、特に小さい子を持つ親の立場としては、個人的にはちょうど良いくらいの広さだと思いました。 アソボーノ!の気になる土日の混雑具合。 平日は? 自分は、ゴールデンウイーク明けの最初の土曜日と次の土曜日2週連続朝に行ったのですが・・・ 上の写真を見てお分かりの通り、 すごく、すいてました! 他の方のブログなど読むと、すこく混んでいた!とか入場規制を行っていた!などの情報も多く見つかったので心配だったんですが、2回行った中で朝の営業開始すぐ〜お昼の時間までの数時間は幸いとても空いていました。 他のブログなどを見ても、やはり「午前中は混まなかった」という情報は多かったので、 午前中は比較的すいている傾向にあるのではないかと思います。 ただ、近くには東京ドームやジーロッソ、東京ドームシティホール、ラクーアなど娯楽施設がたくさんあるため、これらのイベント次第で混雑具合は変わってくる可能性も高いでしょう。 場所は分かりやすい!アソボーノ!のアクセス:JR水道橋駅東口を左にまっすぐ! 場所はとても簡単で、 JRなら水道橋駅東口を降りて、左に曲がり道なりにまっすぐ。 横断歩道を渡ってとMEETS PORTという名前が書いてあるビルを左に見つつ直進します。 じきにこの壁が見えてきたら到着。 三田線なら、a5出口出て真ん前。 迷いません。 ただし三田線の場合、 ベビーカーで地上に出られる出口はa2出口のみと限られるので詳しくはをチェック。 また、平日に比べて土日の料金体系が高いので、意外と平日の方も混むのかもしれないです。 詳しくは下記。 アソボーノ!の料金体系 アソボーノは、平日と休日で料金体系が異なります。 土日 最初の60分大人も子どもも930円 30分延長ごとに子どもだけ410円の追加料金が発生。 他のブログを見ると以前は900円だったみたいですね。 途中で値上げした模様。 平日 土日と同じ料金体系もしくは子どものみ1日フリーパスが選べます。 このように、土日は30分刻みで料金が高くなるので、土日で長時間いる予定の方は注意。 私はあまりカードが増えるのが嫌な性格なので今回はカード作りませんでした。。 今度行った時には作ってもいいかなと思ってます。 その後カウンターがあるので、入場手続きをして入場。 1日フリーパスならば、途中退場入場ができますが、土日は時間制のみのためできません。 アソボーノ!のベビーカー利用は? JRの場合、降りる東口にエレベーターがあります。 三田線ならa2出口より地上に出ます。 アソボーノ!は当然小さな子対象の施設なので、ベビーカー設置場所も広めに取ってあります。 (入り口入って右奥) 盗難の心配がないのが嬉しいですね。 オススメの時間帯は? 個人的な感想ですが、時間は 午前中がオススメ。 なぜかというと、 施設内が整っていて気持ちよく遊べたから。 これにつきます。 すいていたというのもありますが、何より営業開始すぐは まだみんなが荒らす前なので施設内がとても綺麗な状態なんです。 夕方になると、おもちゃが床にバラバラ・・・ということもあるようです もちろん掃除してくださるスタッフさんはいらっしゃいますが、施設を利用する一人一人が常に遊んだおもちゃをきれいな状態に戻す意識はマナーとして持ちたいものですね。 アソボーノ!で授乳室・離乳食は?オムツ替えは大丈夫? ちゃんと授乳室が完備されてます。 カーテンで仕切れる椅子2席に、カーテンで仕切られていない普通の椅子が壁際に2席。 おむつ外れの時期にも嬉しい心配りです。 まとめ 有料施設だけあって、おもちゃがとにかく豊富。 娘も入った瞬間目を輝かせていました! 大好きなアンパンマンもいっぱい! また、施設内は常に清掃してくれている清掃員さんがいらっしゃるのでとっても綺麗で気持ちよいです。 少し値段は高いですが、行って見るだけの価値有り! 近くのラクーアや東京ドームシティ周りでショッピングやレジャーを楽しむのも一興。 私もまた、ちょくちょく遊びに行きたいと思います。 ただ、うちの子ちょっと少食気味。。 うちの子偏食気味。。 本当は栄養のあるおやつを与えたいけどついつい甘いお菓子系になってしまう。。 そんな栄養にまつわる心配をお持ちの方も意外と多いはず。 ただ、普段の食事習慣を変えるのはなかなか難しいですよね。 親がどんなに食べて!と言っても食べないときは食べないし、食習慣を変えるのって意外と難しいものです。 うちの場合ら娘がチョコの味を知ってしまったその日から「チョコレートー!!」と毎日おやつをねだるように。 泣 どうしたもんかな・・・と悩んでいた時、たまたま広告で見つけて知ったのがという飲み物でした。 一杯でなんとカルシウムビタミンD鉄分の1日に必要な摂取量の3分の2が補える上222種類の野菜や果物発酵エキスも配合。 もちろんパパママも一緒に飲んでOK! お子さんにおいしい食事をさせたい、そして健康を願っているパパママにぴったりの商品です。 お子さんのおいしい笑顔を見るのは本当に幸せですよね。

次の

アソボーノの料金を割引クーポンで安くする方法。アクセス・ランチ情報や駐車料金を安くする方法まとめ。

アソボーノ

児童手当は、中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している人に支給されます。 児童を養育している人の所得が所得制限額以上の場合は特例給付として支給されます。 所得制限があります。 給与所得者は、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」にあたります。 請求の手続き方法、必要書類についてはこちらでご確認ください。 文京区子育て支援課児童給付係 児童手当はどこも同じ(23区)だと思いますが、 「子供の医療費補助」 は異なります。 文京区の場合、医療費補助は中学校までです。 うちは保育園の影響のせいか風邪になることが多く、よくお世話になってます。 千代田区と 北区は助成制度期間が高校までなんですよね。 うらやましいですね。 前置きが長くなりましたね。 先日子供を連れて に行ってきたので、今日は紹介したいと思います。 この記事の目次• こどもが主役の「遊びの共和国」アソボ~ノ こどもとおとなが一緒に楽しめる、都内最大級の屋内型キッズ施設。 広いスペースで、ボールプール、おままごと、プラレールなど思う存分楽しめます。 お子様の成長や性格に合わせたコーナーが設けられ、好奇心がそそられます。 混雑時は入館待ちになる。 混雑の状況によっては入れない場合あり。 催事などにより変更の可能性あり。 入館予約はできない。 てっきり年齢制限が生後6ヶ月~と思ってましたが、料金が発生するのが6ヶ月からだったんですね。

次の

【アソボーノ 東京ドームシティ】雨でも遊べる!割引クーポンも

アソボーノ

海のエリア(アドベンチャーオーシャン)• 森のエリア(トイフォレスト)• 街のエリア(カラフルタウン)• 駅のエリア(プレジャーステーション)• ベビー専用エリア(ハイハイガーデン) この5つのエリア以外にも、ベビーカー置き場や靴箱、ロッカー、ベビールームなども完備されているので、1日中子供と一緒に遊び倒すことができる、まさに夢の施設です。 こちらは海のエリア。 ボールプールは子供のみならず、大人もテンションが上がってしまいます。 こちらは駅のエリア。 電車を走らせるレールのおもちゃなどもあります。 こちらはベビー専用エリア(ハイハイガーデン)。 我が家のベビーはまだ9か月なので、主にここでたむろしてました。 ベビールームにはオムツ交換台、給湯設備、授乳室もあります。 至れり尽くせりですね。 アソボーノの料金 アソボーノの料金はこちら。 子供を1日フリーパスにすると、大人も子供も 再入場可能になります。 一旦外に出る時に手の甲にハンコを押してもらえますので、再入場時にそのハンコを見せればOKです。 アソボーノを平日利用するなら、 絶対に1日フリーパスがおすすめです。 アソボーノの中に入るとわかりますが、1時間なんてあっという間に過ぎてしまいますし、 下で紹介する割引クーポンを使えばそこまで気にならない程度は安く利用できます。 再入場できるようにしておけば、ドームシティ内のレストランでランチもできます。 また、ちょっとした買い物やカフェでひと休みなんてこともできます。 平日に遊びに行ったので、私たち家族が利用したのは大人の入館料 100円割引と、こども1日フリーパス 300円割引の2つです。 合計で、 なんと 500円割引になりました。 平日限定・5人までという制限はありますが、人数が多ければ多いほどかなりお得な割引クーポンなので、アソボーノに行くのであればぜひ活用してみてください! TDポイントカードのアソボーノ割引 その場ですぐに発行できるTDポイントカードを利用すれば、 アソボーノの料金が割引になります。 上で紹介したいこーよの割引クーポンとTDポイントカードの割引は併用できないので、アソボーノの料金を割引したい場合はどちらか一方を利用してください! TDポイントカードの発行が面倒という方は、いこーよの割引クーポンのほうが気軽に使えて便利ですよ。 得10チケットの割引クーポン アソボーノでは、 「得10チケット」が利用できます。 丸亀製麺• カレー専門店 Hot Spoon• 創作だし茶漬け こめらく• ラーメン せたが屋• びっくりドンキー• カフェ&ソフトクリーム マザー牧場 丸亀製麺やびっくりドンキーの割引クーポン情報はこちらの記事をどうぞ。 フードコートの利用を考えると、 やっぱり自由に出入りできる一日フリーパスが便利ですよね。 週末に一日フリーパスを利用できないのが本当に残念ですが、これはもう仕方がありません。 週末にアソボーノを利用する場合、午前中なら朝一から利用するのがベターです。 午前中の11時前後などの中途半端な時間に入場するくらいなら、 早めにフードコートやドームシティ内のお店でランチを済ませた後、午後からアソボーノに入場したほうがお得ですよ。 車でアソボーノに行くなら、ずばりこの駐車場がおすすめ! まずはじめに、前提知識として知っておいてほしいアソボーノ周辺の駐車場情報です。 30分毎に400円かかる。 平日だと最大料金で1,700円になる。 といった感じです。 アソボーノを利用すると、 駐車料金 4時間分が1,000円になる割引券を購入することができます。 4時間以内に遊びつくして帰るのであれば駐車料金割引券を購入するの一番安いのでお得ですが、 せっかく行くのであれば時間を気にせずゆっくりしたいですよね。 ちなみに私が使ったのは、タイムズ東京ドーム駐車場です。 アソボーノを利用したのが平日ということもあり、 6時間7分駐車して最大料金1,700円でした。 これだけ駐車して1700円で済むならラッキーと思っていたのですが、よくよく調べてみたところ、アソボーノから徒歩で行ける距離にある「NPC24H三崎町パーキング」がもっと安かったです。

次の