レタス チャーハン レシピ。 絶対失敗しないパラパラチャーハンを作るコツ。初心者でもプロ並みのできに!

【男子ごはん】レタスチャーハンのレシピ【6月6日】

レタス チャーハン レシピ

【手順】• ご飯は炊いておき、炊き立てのご飯を皿に取って5分ほど冷まします。 生姜の皮を剥いてみじん切りにし、レタスは1~1. 5㎝四方に切ります。 鍋に湯を沸かし、塩鮭を入れて4~5分茹で、取り出したら皮と骨を除いて身をほぐします。 フライパンにごま油とサラダ油を入れて熱し、生姜を炒めます。 香りが出たら、ほぐした鮭を入れてさっと炒めます。 フライパンをキッチンペーパーなどで拭き、サラダ油を追加して強火で熱します。 ご飯を加え、ヘラの先で全体を6~7回ほぐすようにつき、鍋を振ってまたご飯をほぐすという工程を繰り返しながら1分程炒めます。 生姜と鮭を戻し入れてさっと炒め合わせ、醤油、塩、胡椒で味を整えます。 レタスと白いりごまを加え、全体を大きく混ぜ合わせながら炒め合わせます。 レタスがしんなりしたら、皿に盛り付けて完成です。 【材料】• レタス…2枚• 鮭の切り身…100g• 溶き卵…1個分• サラダ油…大さじ1• ご飯…360g• 塩胡椒…少々 【手順】• 鮭は骨と皮を除いて一口大に切り、レタスは食べやすい大きさにちぎります。 鮭、レタスそれぞれにサラダ油を加えて絡めます。 ボウルに溶き卵とサラダ油を入れて混ぜ、ご飯を加えて混ぜ合わせます。 卵ご飯に塩胡椒を振って味付けし、耐熱皿へドーナツ状に入れます。 鮭を散らしてふんわりとラップし、600Wのレンジで4分加熱します。 レタスを乗せて再びラップをし、600Wのレンジで1分加熱します。 全体を混ぜ合わせて完成です。 【材料】2人分• 鮭フレーク…1瓶• レタス…2〜3枚• 卵…2個• 塩…ひとつまみ• 胡椒…ひとつまみ• サラダ油…適量 【手順】• レタスは2〜3cm角にちぎり、卵は器に割り入れて溶いておきます。 フライパンにサラダ油を1周回しひき、サラサラになるまで強火で温めます。 サラダ油がサラサラになったら、溶き卵とご飯を加えます。 ダマがなくなるまでご飯を切るようにほぐしていきます。 ダマがなくなったら、鮭フレークを加えて混ぜほぐします。 鮭フレークが混ざったら、レタスを加えて軽く混ぜます。 塩胡椒を加えて更に炒めます。 レタスにツヤが出たら、火を止めて皿に盛り、完成です。 【材料】• お米…2合• 創味シャンタン…大さじ1• レタス…2~3枚• 溶き卵…2個• 鮭フレーク…適量• オイスターソース…大さじ1• 酒…大さじ1• 醤油…大さじ1• ごま油…適量 【手順】• 炊飯器にお米と水、創味シャンタンを入れて炊きます。 レタスを一口大の大きさに切ります。 卵を器に割り入れ、溶きほぐしておきます。 フライパンに油をひき、強火で熱します。 卵を入れて半熟になったら、ご飯を加えて切るように混ぜます。 鮭フレークを加え、全体が混ざるように炒めます。 炒めながら、オイスターソース、酒、醤油を順に加えます。 レタスを入れてしんなりするまで炒め混ぜます。 ごま油を加えて炒め、全体が混ざったら皿に盛り付けて完成です。 【材料】• 焼き鮭• きのこ• レタス• にんにく醤油• オリーブオイル 【手順】• きのこは薄切りに、大葉は千切りにします。 卵は器に割り入れて溶きほぐします。 にんにくをつぶして醤油に浸しておき、にんにく醤油を作ります。 鮭は焼いて皮と骨を除き、身をほぐしておきます。 レタスは洗って食べやすい大きさにちぎります。 フライパンにオリーブオイルをひいてきのこを炒めます。 卵を入れて半熟に炒め、ご飯を加えて混ぜながら炒めます。 塩胡椒で軽く味付けしたら鮭を入れて炒め、にんにく醤油を加えます。 レタス、大葉、ごまを入れて全体が混ざるように炒めます。 味がなじんだら、皿に盛り付けて完成です。

次の

鮭レタスチャーハンのレシピ/作り方:白ごはん.com

レタス チャーハン レシピ

たまごはご飯と混ぜておく? チャーハンを作るとき、生の溶きたまごをご飯と絡めてから入れるという方法があります。 これはご飯をたまごでコーティングすることで、ご飯をくっつきにくくするため。 ですが、こうするとたまごの水分をご飯が吸ってしまったり、たまごが具材としての存在感を失ったりしてしまいます。 生のたまごはご飯と絡めず、一度先に焼いて後から混ぜ合わせるのがおすすめです。 チャーハンを作るときフライパンを振るのはなぜ? お店のチャーハンは、作るときに大きな中華鍋を振っているイメージがありますよね。 ただ、それをイメージしておうちで作ると、ご飯がこぼれてしまったり、うまく振れなくて失敗してしまうことも。 実はお店の火力は家庭の何倍も強くて焦げやすいため、フライパンを振る必要があるのです。 家庭で作るときは火力がお店よりも弱くなるので、振らなくても大丈夫!そうは言えども、ご飯がべちゃっと仕上がったり、たまごが固くなってしまったり、失敗しやすい点が多いチャーハンの作り方。 コツ[1] たまごは先に焼いて取り出す たまごは生の状態でご飯と絡めるのではなく、先に炒めておきましょう。 ただしたまごを炒めたところにご飯を加えると、たまごが固くなってしまう場合があります。 ふわふわのたまごに仕上げるには、一度取り出すのが失敗しないポイントです。 またご飯を焦らずにしっかり炒められるので、パラパラに仕上がります。 コツ[2] 熱々のご飯は使わない 冷やご飯または粗熱の取れたご飯を使いましょう。 熱々だとべちゃっとした仕上がりになってしまいます。 コツ[3] フライパンは振らない ご飯は中火でじっくり炒めましょう。 コツ[4] 具材の大きさは細かく揃えて 具材の大きさが違うと、火の通り加減が変わってきます。 細かく揃えると手早く炒めやすいですよ。 これできっとパラパラチャーハンの達人に。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

鮭レタスチャーハンのレシピ/作り方:白ごはん.com

レタス チャーハン レシピ

Directions• ハム、長ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。 レタスは一口大にちぎる。 卵は溶く。 豚肉は1㎝幅の細切りにする。 塩、黒こしょうで下味をつける。 【A】を混ぜる。 フライパンを熱してごま油をひき、豚肉を入れて強火で炒める。 豚肉に焼き目がついたら【A】を加えて、汁気を飛ばすようにして炒める。 一旦取り出す。 フライパンを熱してサラダ油をひき、にんにく、しょうがを中火で炒める。 香りが出てきたら卵を流し入れて、すぐにごはんを加えてフライパンに押し付けるように焼いていく。 ごはんのかたまりを切るようにしながらよく炒める。 ごはんをレタスの上にのせるように炒めていく。 レタスが少ししんなりしたら長ねぎを加えてザッと炒め合わせる。 器に盛って完成。

次の