まぶたのむくみを取る方法。 むくみを取る方法|むくみを解消する食べ物や飲み物、むくみに効く顔や足のマッサージ方法などまとめ

朝のむくみ顔が5分で元にもどる即効解消法

まぶたのむくみを取る方法

まぶたがたるむ原因を徹底解説! そもそもまぶたはなぜたるむのでしょうか。 まぶたがたるむ原因が大きく分けて3つあります。 「皮膚が伸びてしまう原因」 皮膚は強くこすったり摩擦が起きることによって伸びてしまうことがあります。 メイクを落とす時や花粉症で目を擦ってしまうなど、まぶたを日常的に刺激を与えてしまうとたるむ原因になります。 伸びた皮膚はまぶたを覆い被さるように垂れていきます。 「まぶたの筋力の低下」 まぶたを動かすときに使う眼瞼挙筋という筋肉が低下すると、まぶたはたるんできます。 まぶたを持ち上げる力が無くなるので、視野が狭くなってしまいます。 この状態を眼瞼下垂といいます。 「ハリが失われてしまう原因」 お肌のハリは、日々の紫外線や乾燥によって失われます。 UVケアや保湿をしっかり行わないと、お肌の老化も早まってしまいます。 特にまぶたは皮脂の分泌が少ないため、乾燥しやすい部分をなっています。 さらに太ったり痩せたりを繰り返していると、たるむ原因になります。 皮膚が何回も引っ張られることで、まぶたがたるんでいってしまい、逆に痩せすぎているとお肌のハリが失われている状態と似ているので、内部の少ないと余った皮膚が垂れてしまいます。 こちらは急激にダイエットをした人に見られることが多いです。 こういった原因で20代でもまぶたが老けてしまうことは少なくないのです。 まぶたのたるみを簡単に取るには!? それでは、まぶたが老けてしまう原因も分かったところで、瞼の老けを改善する方法をお伝えしてきます。 今からお伝えする方法を実践すると、すぐにでも違いがわかるので、是非試してみてくださいね。 まず、目元には周りを囲んでいる眼輪筋という筋肉があります。 眼輪筋が衰えてくるとまぶたのたるみに繋がります。 反対に眼輪筋を鍛えることで見た目年齢を若くすることができます。 まぶたのたるみを取る方法は、簡単なエクササイズなので、毎日続けていると効果も実感でき、ドライアイの解消にも繋がりますので、ぜひしてみてください。 次に目尻を指で上方の外側に押し上げてそのまま目を閉じます。 これを何回か繰り返したら、まぶたの中心を眉間の下でまぶたを引き上げるように押さえて、鏡を見ながら目をぎゅっと閉じます。 これをリズミカルに 1,2,3…1,2,3…と 2~ 3回繰り返します。 眉毛を動かさないように努力して眼輪筋だけ閉じるように意識しましょう。 これを左右 5回ずつ行いましょう。 これを同じように右側も行い、 3セット繰り返します。 ここまでがまぶたのたるみを取とる方法です。 他にもたるみに効くツボをマッサージすることでまぶたのたるみを取ることができます。 まずは目の下にある「魚腰(ぎょよう)」というツボを押します。 ツボに親指の腹を当てて眉を押し上げるように 20回ほどもみます。 次に目尻の約 1cmほど横にあるくぼみに「瞳子りょう(どうしりょう)」というツボがあります。 他にも目元周辺の「承泣」「攅竹」「太陽」といったツボを押すことで、まぶたのたるみや、目の周りのたるみ、目尻の小じわや肌の乾燥にもいいといわれています。 このトレーニングを毎日続けることで眼輪筋は鍛えられ、まぶたのたるみを取ることができて、見た目年齢も若返ること間違いなしです! まぶたのたるみを解消できるツボとは? 上記のエクササイズと合わせて、ツボを押すことでたるみを解消することができます。 また、上記のエクササイズが難しいと感じる方には、このツボを押すだけでもたるみ解消すに繋がりますので、是非取り入れてみてください。 「目の近くのツボを押す」 目の近くには目の内側と目頭、あと鼻の根本の間にあるツボを押します。 時間は2秒ぐらい押して離すを繰り返します。 これを1セットで5セット行います。 「眉の近くのツボを押す」 続いて眉頭のキワにあるツボを押します。 こちらも2秒押して離すを繰り返して、5セット行います。 「こめかみを押す」 先ほどの目の近くのツボを眉近くのツボに軽く指を置いて、こめかみを押します。 こちらも同様に2秒押して離すを5セット繰り返します。 ツボ押しはついつい力が入ってしまうかもしれませんが、まぶたは非常にデリケートな部分ですので、まぶたの周りをそっと当てるイメージでエクササイズをして解消していきます。 これらのツボ押しは毎日できるので1日3回を目標に続けると、まぶたの新陳代謝があがって、まぶたのたるみは解消されていくでしょう。 二重が一重に!?まぶたを引き締めが大事! まぶたがたるむと昔は二重だったのに、ふと気づいたら一重になったりしちゃいます。 一時的なものもありますが、なかなか治らないこともあるので、さらに進行しないようにまぶたを引き締めることが大事です。 そもそも二重だった人が一重になるのは、さまざまな理由があります。 「むくみ」 朝起きたら一重になることがある人はむくんでいる証拠です。 前日に塩辛いものや、お酒をたくさん飲んでしまったりしてしまうと、むくんで二重が一重になったりします。 「目の酷使」 目を酷使し過ぎてしまうと二重が一重になってしまうことがあります。 パソコンなどを長時間使っていると目の疲れでまぶたがたるむことがあるそうです。 「メイク」 メイクの刺激で皮膚が伸びたり、たるんで一重になることがあります。 また目を擦りすぎたりしてもたるみになります。 「脂肪」 まぶたにも脂肪が付きますので、最近太った!と感じているならそれが原因かもしれません。 顔には脂肪が付きやすいので、太ったら顔の表情なども変わってきます。 「加齢」 目元は刺激に弱く皮膚が薄いので、老化が現れやすいです。 また加齢によってコラーゲンなどが無くなってハリが失われていきますので、一重になることがあります。 これから二重を引き締める方法をご紹介しますね。 まぶたがむくんでいる場合は、結構を促進してあげることが大事です。 まぶたにホットタオルなどを乗せて血行を促進します。 冷たいタオルと交互に当てることでまぶたが引き締められます。 最近太ったと感じている人は、生活習慣を変えていきましょう。 また寝る前には水分を取りすぎないようにして、スマートフォンによる目の疲れも防ぎましょう。 こちらは一重まぶたが解消されるまで引き締め続けることをおすすめします。 近頃増えているまぶたの病気とは!? 「まぶたの病気なんてあるの?」と思う人もいると思いますが、実は手術件数が増えてきている病気があるのです。 その病名とは『眼瞼下垂』という病気です。 眼瞼下垂は保険適用手術で受ける人が増えてきています。 症状が似ているほかの病気との判別も大事になります。 まず眼瞼下垂とは、上まぶたを開けようとしても開かない状態のことをいいます。 症状としては、視野が狭くなったり、よく見えなくなったり、運転がしずらいなど日常生活に支障をもたらします。 最近では年間 10万件以上の手術が行われています。 手術を受ける患者さんは 20代~ 50代と幅広いです。 眼瞼下垂は、黒目の真ん中のある瞳孔に上まぶたがどれだけかかっているかで判断します。 上まぶたが瞳孔に少しかかり、視野の上の方が少し欠け始めている場合は、軽症のため手術がいらない場合があります。 その場合は目をパッチリさせ、視野を改善するために、まぶたに貼るテープや専用の接着剤を使います。 そのテープなどは、パッチリ二重まぶたにするときに使われる一般的なもので、ドラッグストアなどで購入することができます。 あとは「クラッチ眼鏡」という、眼鏡のフレームにバネが付いていて、上まぶたを上げるものもあり、眼鏡店で購入することができます。 まずは、自分のまぶたのたるみを見てもらって、手術しないといけないのか判断してもらうといいでしょう。 まぶたのたるみをメイクでカバーできる方法! エクササイズやツボ押しはすぐに効果を実感できる場合もありますが、徐々に効果を感じるケースがほとんどです。 そのため、効果を感じるまでは、まぶたのたるみをメイクでカバーするといいでしょう。 ただ、まぶたが老けてしまう原因の一つにメイクのしすぎもあるので、濃く塗りすぎたり、お肌に刺激を与えるようなメイクの方法は絶対NG! 刺激の少なくお肌に優しい方法でメイクをしてください。 では、瞼のたるみを目立たなくさせるメイク方法をお伝えしていきます。 まぶたのたるみをカバーできるメイク術はアイシャドウがポイントです。 アイシャドウの色は、肌馴染みのいいベージュやゴールドがいいです。 ベージュやゴールドは目元に光を取り入れてくれて、ハリのあるまぶたに見せてくれます。 アイホールに幅広く塗るので、薄めの色がおすすめです。 そしてまぶたを引き締めるように見せるには、最後に締め色を使いましょう。 締め色もブラウンなどの濃い色を使って目尻に向かって、やや幅広く上向きに乗せるといいです。 続いてアイラインのメイク術をご紹介します。 まぶたがたるむとアイラインが引っかかってうまく引けなくなります。 そのため、ジェルタイプやリキッドタイプのアイライナーがおすすめです。 まぶたを指で軽く持ち上げて、まつ毛とまつ毛の間を綺麗に埋めると目元が引き締まって見えます。 そして最後にマスカラのメイク術をご紹介します。 加齢でまつげも少なくなったからといって、マスカラをたっぷり塗るのはNGです! たるんだまつ毛を根本から上向きにカールしているのが理想です。 なのでマスカラ前にビューラーでまつ毛を根本から持ち上げていきます。 まぶたを挟んでしまうとたるみの原因になりますので、ご注意ください。 マスカラはカール力がありキープできるものを選ぶといいです。 まぶたのたるみはメイクで見え方が変わってきますので、目元は丁寧にメイクするといいですよ! まぶたのたるみはアイクリームやアイプチでケアしよう! メイク以外にも、まぶたのたるみにはスキンケアプラスアイテムを使うとより効果的にたるみを解消できます。 それは保湿と同時にやっておきたいのが、アイクリームです。 実は目の周りの皮膚は薄いだけではなく水溶性の美容液が浸透しにくい場所なのです。 なのでまぶたのたるみ解消には目元用のアイクリームを使うことをおすすめします。 アイクリームは浸透性の高い目元用化粧品なのでまぶたの潤いには欠かせません。 また美顔器を使うときは、まぶたの部分はとてもデリケートなので中尉が必要です。 アイクリームはどのようなものを選べばいいのでしょうか? アイクリームを選ぶ際の 3つのポイントをお伝えします。 『保湿効果の高いもの』 保湿効果が高いものなら、長時間潤いをキープしてくれるのでおすすめです。 『肌そのものの機能に働きをかけるエイジングケア成分が配合』 アイメイクは年齢が出やすい目元のトラブルを研究して開発されているため、エイジングケアが入っているものがおすすめです。 『肌にしっとりなじみやすいもの』 アイクリームは伸びがよく滑りがスムーズなものを選ぶと、よりしっとり肌になじみます。 アイクリームのほかにアイプチでもケアができるので、ご紹介します。 アイプチは長年二重づくりの美容液として愛用している人が多いと思いますが、まぶたのたるみをアップさせるサポートもしっかりしてくれます。 そこでアイプチの正しい使い方を見てみましょう。 1、使う前にまぶたの油分をふき取る 2、理想の二重のラインに美容液を塗る 3、乾ききる前にプッシャーでまぶたを押す アイプチを使い初めは、二重の幅がおかしくなったり、まぶたのたるみ具合でうまくできなかったりしますが、癖付けすることでよりきれいな二重を作れちゃうので、継続して試すことをおすすめします。 クリニックに頼ることもおすすめ! ここまでまぶたのたるみに効くツボ押しやトレーニングなどでの解消法をご紹介してきましたが、すぐに効果を実感できるクリニックでの手術もおすすめです。 クリニックでのたるみの解消法として人気があるのは、眉下切開法という施術です。 眉下切開法とは、眉下のラインギリギリを切り取って、まぶたのたるみの原因となっている余分な皮膚を取り除くというという方法です。 眉下切開法はまぶたのたるみの解消法の中でもシンプルな施術なので、本来の目元を自然に生かせると理由から施術をする人が増えています。 またメリットも魅力的です。 人によっては腫れの出方に違いがありますが、長くても 1週間ほどで腫れは引いていきます。 中には全く腫れないという人もいるぐらいです。 他には、眉下のラインに沿ってメスを入れるため、傷跡が目立ちにくいです。 なので周囲に施術を受けたことを知られる心配もありません。 クリニックを使う時は、信頼できる先生を見つけることと、カウンセリングはきちんと受けること。 まぶたのたるみの解消法は、簡単な施術だとしても顔にメスを入れるのでリスクが無いわけではありません。 なので自分の目できちんと見極めてクリニック選びをすることが大切です。 まぶたのたるみによって見た目年齢も上がってしまうので、眼輪筋のエクササイズやツボ押しを毎日取り入れていくと解消できます。 プラスアルファーでアイクリームやアイプチ美容液を使って目元を乾燥させないようにするのもおすすめです。 まぶたがたるんでいるのは、病気の場合もあります。 自分のまぶたがたるんでいるなと思ったら、たるみの種類を知ることが大事です。 まぶたの脂肪を除去する整形の流れ! まぶたの脂肪を除去する方法は、簡単に出来るようになっています。 まぶたに負担をかけずに、素早く脂肪を除去したい人におすすめです。 まぶたの脂肪を除去する方法はメスを使わないプチ整形から、切開して脂肪を除去する方法があります。 プチ整形は腫れや内出血はほとんどなく短時間で完了するので、すぐに効果が得られます。 施術の流れ まずは来店しカウンセリングをきちんとします。 施術内容によってはその日にできることがありますが、希望の日にちがあれば伝えましょう。 その後に申込書とお会計などの手続きを行います。 施術日になると施術室で準備をしていきます。 麻酔は局所麻酔なので簡単に終わります。 施術時間は10~15分程度で終了します。 その後時間が経ってもまぶたに問題なかったら、施術は完了をなります。 まぶたのたるみは病気の可能性も!? 先ほどお伝えした方法を実践したのに、全然まぶたの老けが取れない・・・ そういう方も中にはいらっしゃるかと思います。 そういう人は、 眼瞼下垂という病気の可能性があります。 眼瞼下垂とは、目を開いたときに上まぶたが下がることで、黒目の一部が隠れてしまう状態のことです。 垂れ下がった上まぶたにより目の一部が隠れてしまうので、視野が狭くなり、機能障害が発生するケースもあります。 眼瞼下垂は病気扱いになるので、保険が適用されます。 眼瞼下垂の手術の内容を以下の手順で行われます。 手術が必要な場合、主な手術の流れとしましては、上まぶたを切り開き、腱膜を筋肉の収縮から伝わる位置で縫い留める方法。 まぶたの裏から切り開く場合もありますが、局所麻酔をして 1泊、もしくは 2泊の入院で済む手術です。 あとは生まれつきの場合が多いのですが、まぶたの筋肉の力が弱かったり、動きが悪い眼瞼下垂は、おでこの筋肉を取って、吊り上げるという手術をします。 どんなものかというと、患者さんの足の太ももの筋膜を少し取って、まぶたに移植するという方法です。 眉毛とまつ毛の上の 2箇所を切り開き、移植した筋膜とおでこの筋肉をつなぎます。 しかしおでこの筋肉でまぶたを持ち上げる形になるため、まぶたを開くときには、眉毛を上げる必要があります。 このような手術をしないといけない人は、さきほどの標準な手術で効果がなかった人や、 80歳を超えていたり、筋肉の力が弱くなっていたり、生まれつきの人に対して行う手術です。 こちらも局所麻酔で行うため、 1泊~ 2泊の入院で済む手術です。 どうしても、瞼のたるみがひどいという時は一度、お医者さんに診せて見るといいでしょう。

次の

まぶたのリンパマッサージでむくみ取り!プロが教える効果的な方法

まぶたのむくみを取る方法

恐らくこのことはご存じの方が多いでしょう。 では、その水分はどこから来て、 どういうメカニズムで身体の一部だけを腫らしてしまうのでしょうか? その答えは細胞周辺の水分の流れの様子にあります。 顔のむくみの原因 次に、顔のむくみの具体的な原因について見て行きましょう。 顔のむくみは基本、 朝に症状が現れて、時間が経つにつれ治っていきます。 顔のむくみが朝生じる理由 顔から下に向かって静脈やリンパは流れているため、 日中の生活では重力の影響でこの流れは促進されています。 しかし、寝ている間は顔から足にかけて水平のため、 重力の影響をほとんど受けません。 また、顔は他の部位よりも皮膚が薄いため、 浮腫が現れやすいとも言われています。 また、同様に日中は下半身の静脈の流れは重力に逆らっているため、 夜になるに連れて足にむくみが現れます。 それは 『アルコールの摂取』です。 これは、 お酒を飲んで体内の水分が過剰の状態で寝たため、 普段よりも朝、顔が浮腫みやすい状態だったのです。 なので、アルコールによって体内の水分量は減りそうですが、 そういうわけではなく、ここから続きがあります。 水分を排泄した後は喉が渇くため水分補給をします。 この時、 アルコールの影響で体内の水分量を正常に判断する機能が麻痺しているため、 水分を過剰に摂取してしまいます。 このため、飲酒をすると体内の水分量が増加するのです。 また、アルコールには血管を拡張するという性質もあるので、 動脈から出て行く水分、細胞間質液の量が増え、これもむくみの要因となります。 この他のむくみの原因 この他にもむくみの原因は、以下のものがあります。 筋肉の衰え• 塩分の摂り過ぎ• たんぱく質の不足• 自律神経の乱れ• 内臓疾患 しかし、これらは顔のむくみに限らず、 あらゆる部位のむくみに関係しています。 そのため本題とは少し逸れるので割愛しますが、 興味があったり、他の部位のむくみも気になる人はこちらをご覧ください。 顔のむくみの解消法 さて、続いて顔のむくみの解消法です。 まず 『顔が浮腫んでしまう前の予防法』についてお話します。 強いて言うなら、 『寝る前にアルコールの摂取や水の過剰摂取を控える』。 また、後述する 『リンパマッサージ』をすることでむくみを軽減できるとも言われています。 顔のむくみを取る方法 では、顔が浮腫んでしまった時の解消法についてです。 顔が浮腫んでいるのは、 静脈やリンパの流れが滞っていたり、体内の水分が過剰であるからでしたね。 これらを解消するのが顔のむくみを取るポイントとなります。 具体的な解消法は以下のものです。 入浴する• 蒸しタオルで顔を温める• 運動する• リンパマッサージ• 放置する 入浴する お風呂に浸かり体温を上げると、 血流が促進され、汗をかきます。 静脈の流れの促進とともに、 水分の排出ができます。 半身浴程度で結構です。 蒸しタオルで顔を温める これも入浴と同様に 血流(静脈の流れ)の促進ですね。 ちなみに、蒸しタオルの作り方は、以下のとおり。 タオルを水で濡らし軽く絞る• そのまま電子レンジに入れて500W or 600Wで1分温める 水加減とかは最初は適当で構いません。 失敗してもやり直せばいいだけの話なので、 ネットで調べるより実際にやってみる方が早いです 運動する これも入浴と同様、 血流の促進と 発汗効果でむくみを取ります。 リンパマッサージ 読んで字のごとく、 リンパをマッサージすることで リンパの流れを促します。 詳しい方法については以前記事にしたのでこちらを御覧ください。 よっぽど水分過剰でもない限り、 大抵は昼ごろには収まっているはずです。 あとがき 以上、朝の『顔のむくみの原因』と『顔のむくみを取る方法』でした。 今回の記事に関連して、 顔を小さくする方法についてもまとめたので、こちらもご覧下さい。

次の

老けて見える瞼(まぶた)のたるみを取る方法!

まぶたのむくみを取る方法

この記事の目次• 皮膚が薄いまぶた。 むくみの大半は日常生活に原因が! まぶたは皮膚が薄く、顔の他の部位よりも3分の1ほど薄いと言われています。 更に、まぶたには皮脂を作り出す皮脂腺が少ないため乾燥しやすく、肌のハリを保つのが難しい部位です。 むくみは血液やリンパの流れが悪く、老廃物などが溜まると起こりやすくなります。 むくみは更にたるみへ繋がることもあります。 女性にとってまぶたは、アイメイクで目が行きやすいですよね。 メイクを始め、まぶたのむくみの原因の多くは日常生活であることがほとんどです。 ではまぶたのむくみにはどのような原因があるのか、もう少し詳しく見てみましょう。 リンパ管と血管の流れが悪くなると、老廃物が溜まってむくむ! 人間の体には、リンパ管と血管が張り巡らされています。 むくみは主に、血液やリンパ液がスムーズに流れず、老廃物や不要な水分が溜まることが原因です。 リンパは全身に流れており、体内の栄養分を運んだり、老廃物を回収するといった役割があります。 つまり、まぶた周辺のリンパの流れが悪くなると• 体内へ栄養分がうまく運ばれない• 老廃物や不要な水分などが溜まる などの弊害が生じ、まぶたのむくみに繋がってしまいます。 まぶたの血液の流れが悪い場合も老廃物などが溜まり、むくみが発生しやすくなります。 水分の摂り過ぎはむくみの原因に!寝る前の過剰な水分も要注意 不要な水分が溜まってまぶたがむくんでいる原因として、水分の摂り過ぎが挙げられます。 過剰に水分を摂取すると余分な水分が体内に溜まり、まぶたもむくみやすくなります。 例えば、寝る前に水をたくさん飲むと、睡眠中に水分の代謝が追いつきません。 朝起きた時に、まぶたがむくんでいる可能性が高くなります。 大量のアルコールは体内に水分を溜めやすく、むくみに繋がる アルコールもむくみの原因になります。 少量の飲酒なら血行を良くする効果がありますが、飲み過ぎると血液中のアルコール濃度が高まります。 血管が拡張して• しょうゆ• 魚の塩焼き• 梅干し• 麺類の汁• インスタント食品 などがあります。 塩分の高い食事を好む人は注意が必要です。 また、糖分も摂り過ぎるとむくみに繋がりやすくなります。 糖分をエネルギーに変えるにはビタミンB1が必要です。 糖分が過剰に体内へ摂取されると、ビタミンB1を多く必要とします。 ビタミンB1が不足するとむくみの原因になり、まぶたも例外ではありません。 ビタミンB1はアルコールの分解にも必要な栄養素です。 甘いものを食べながらお酒を飲むと、まぶたがむくむ可能性があります。 うつ伏せ寝や低い枕、睡眠時間。 睡眠はむくみの原因が様々 睡眠にも、まぶたがむくむ原因が潜んでいます。 うつ伏せで寝るのが習慣で「朝起きるとまぶたがよくむくんでいる」という方は寝る姿勢が原因の可能性が高いです。 うつ伏せは顔を下に向けて寝ているため、顔を圧迫して水分の排出を妨げやすくなります。 睡眠不足でも老廃物や水分が溜まりやすくなります。 反対に寝過ぎも問題で、体をあまり動かさない状態が続き、リンパが溜まってむくみに繋がりやすい状態です。 意外かもしれませんが、 枕が低いとまぶたのむくみの原因になることもあります。 頭側へ血液や水分が流れやすく、まぶたがむくむ可能性が高まります。 睡眠の質が悪化して、睡眠不足の原因にもなり得ます。 泣いたらまぶたがむくんだ…。 皮膚の弱いまぶたをこするのは厳禁 泣いた次の日まぶたが腫れていた…こんな経験はありませんか?涙を流した後にまぶたがむくんでしまうのは、目をこするのが主な原因です。 まぶたの裏には多くの毛細血管があり、こすると血管が痛みます。 傷んだ血管を治そうと、組織液と呼ばれる液体をたくさん出し、まぶたがむくんでしまいます。 他にも• まぶたを引っ張ってマスカラを塗る• 力を入れてつけまつげを取る このような行為もまぶたへの強い刺激となり、むくみの原因になる可能性があります。 まぶたがむくんでいるだけではなく• かゆみ• 痛み などの症状があれば、炎症を起こしている可能性があります。 細菌やウイルスなど炎症の原因は様々です。 使っている化粧品が古くなるなど、肌に合わず急にまぶたが腫れることもあります。 まぶたのむくみには病気が隠れていることも! まぶたのむくみは、病気が原因の場合もあります。 むくみは「浮腫」とも言います。 始めは単にむくみだと思っていても、症状によっては大きく腫れることもあります。 むくみだけではなく、かゆみや痛みなども伴っていれば病気が隠れている可能性もあります。 そのまま放置していれば症状が悪化することも考えられます。 ここからは、まぶたがむくみを生じる病気をお伝えします。 心当たりがあれば病院で検査を受け、きちんと原因を探ってください。 全身どこでも発症する蕁麻疹。 顔ではまぶたに発症しやすい 蕁麻疹 じんましん でまぶたがむくみ、段々と大きく腫れ上がることがあります。 蕁麻疹は全身どこにでも発症する可能性があり、顔では口周りやまぶたなどが腫れやすい部位です。 原因は様々で、• 食べ物や薬剤のアレルギー• ストレス これらはほんの一例です。 複数の原因が組み合わされることもあり、蕁麻疹の原因をはっきりと特定するのは難しいと言われています。 まぶた以外の部位にも発症し、 蚊に刺されたような膨らみ、赤みやかゆみを伴うこともあります。 短期間で消失するのが特徴ですが、慢性化して1ヶ月以上続くと治りにくくなります。 蕁麻疹の1種の「クインケ浮腫」という病気では、突然皮膚が腫れます。 主にまぶたや唇など顔に発症しますが、体のどの部位でも腫れる可能性はあります。 クインケ浮腫も食べ物などのアレルギーやストレス、遺伝などが原因として挙げられますが、原因を特定できない場合もあります。 「ものもらい」とも呼ばれる麦粒腫。 汚れたタオルや手は要注意 まぶたが赤くむくみ、麦のような形で腫れていれば「麦粒腫 ばくりゅうしゅ 」と呼ばれる病気です。 一般的に「ものもらい」「めいぼ」「めばちこ」などと呼ばれています。 まぶたの中のマイボーム腺という所へ細菌が入り、赤く痛みがあり化膿します。 押したりこすったりすると、周囲へ広がって治りにくくなるので注意が必要です。 麦粒腫が一度生じると、繰り返しできる場合があります。 原因には• 不潔な環境• 結膜炎• 糖尿病 などがあります。 汚い枕カバーやタオルを使用したり、手を洗わずに目の周辺を触るなどが不潔な環境として挙げられます。 小さなしこりができる霰粒腫。 基本的に赤みや痛みはない まぶたの中にあるマイボーム腺の排出管が詰まるのが原因で、分泌物が溜まってしこりができることがあります。 「霰粒腫 さんりゅうしゅ 」と呼ばれ、霰 あられ のような小さなしこりができるのが特徴です。 ホルモンバランスの乱れ• 化粧品が詰まる などが原因とされていますが、特定できない場合もあります。 まぶたが腫れぼったくなり、基本的に赤みや痛みはありません。 急に炎症が起きると赤みを帯びて痛み、炎症霰粒腫と呼ばれます。 橋本病やバセドウ病、甲状腺に関する病気が隠れていることも のど仏の下にある「甲状腺」が病気になると、まぶたにむくみを生じることがあります。 橋本病 慢性甲状腺炎 ではまぶたや唇のむくみ、声が低くなる、皮膚が乾燥するなどの症状が現れます。 甲状腺を刺激する抗体が原因とされる バセドウ病も、まぶたのむくみ、眼球が突出する、視力低下などの症状が出ることがあります。 バセドウ病眼症とも呼ばれ、甲状腺の機能が正常であってもまぶたや眼球だけ異常な場合もあります。 まぶたのむくみは、腎臓の病気の初期症状である可能性も まぶただけではなく全身がむくんでいる場合には、腎臓に問題が生じている可能性があります。 腎不全• ネフローゼ症候群• 糖尿病性腎症 などの 腎臓の病気の初期症状では、まぶたのむくみが起こることが多いとされています。 日常生活を改善して、まぶたのむくみを解消! まぶたのむくみは、日常生活に原因が潜んでいることが大半です。 生活習慣の改善でまぶたのむくみが解消することもあります。 ここからは原因を取り除いたり改善したりすることで、まぶたのむくみ解消を目指す方法をご紹介します。 水分は1日1. 5〜2Lを目安に!大量のアルコールや糖分は控えて 水分を摂り過ぎると、まぶたがむくみやすくなります。 しかし水分は老廃物などを排出するために必要ですので、少量でも問題です。 1日1. 5〜2Lを目安に水分補給しましょう。 寝る前はコップ1杯程度 200ml に留めておきましょう。 しかし、大量のアルコールは水分を溜めやすくなります。 お酒の飲み過ぎには注意しましょう。 厚生労働省によると、 適度な飲酒は1日アルコール20gとされています。 ビール中瓶1本• 日本酒や焼酎1合 180ml• ワイン1杯 120ml が目安です。 ジュース• 砂糖がたくさん入ったコーヒーや紅茶 などは糖分が高くむくみの原因になりやすいため、なるべく控えましょう。 水分補給には水や緑茶、黒豆茶などがおすすめです。 利尿作用のある紅茶は、余分な水分を排出する効果が期待できます。 糖分や塩分の高い食事は控えて!1日の塩分量は7g未満を目安に まぶたがむくみやすい方は、日頃の食生活を見直すことも大切です。 糖分や塩分が高い食事は控えてください。 毎日、食後にケーキなどの甘いものを食べる• 麺類のスープは飲み干している• ファーストフードやインスタント食品ばかり食べる これらは糖分や塩分が高く、むくみやすくなります。 もし習慣化していれば、控えるように心がけてください。 また、厚生労働省が定めた基準 2015年 では、 1日の塩分摂取量の目安は成人女性7g未満、男性8g未満とされています。 しょうゆやソースはかけるのではなく、つけて食べる• 漬物や麺類、丼物など塩分の高い食事は控える• 調味料に頼らず、薄味の食事にする などの工夫で塩分を減らしましょう。 うつ伏せ寝はNG!枕は高めに、睡眠時間は6〜8時間確保を 寝る時の姿勢や環境を改善すると、まぶたのむくみが解消する可能性があります。 うつ伏せで寝てまぶたがむくみやすい人は、仰向けや横向きで寝るようにしてください。 しかし、毎日うつ伏せで寝ていれば寝相を変えるのは簡単ではないですよね。 少しずつうつ伏せ以外の寝相で眠るようにしましょう。 枕の高さが合っておらず、特に低い場合はまぶたがむくみやすい状態です。 枕は頭が心臓よりも高い位置になるよう調整し、目元に血液が溜まるのを防ぎましょう。 睡眠不足や寝過ぎもまぶたがむくむ元になりやすいので、要注意です。 個人差はありますが、6〜8時間を目安に睡眠時間を確保するようにしてくださいね。 刺激の強いメイクや古くなった化粧品は避け、目はこすらない アイメイクでまぶたがむくんでいるようなら、使っている化粧品やメイクを見直してみてください。 まぶたは皮膚が薄いため、摩擦や化粧品による強い刺激は禁物です。 まぶたは皮膚が薄いため、痛みやかゆみに我慢できず目をこすると、症状が悪化する可能性もあります。 まぶたのむくみ以外にも気になる症状があれば、早めの受診をおすすめします。 塗り薬や内服薬を使って治療しますが、病気や症状によっては手術する場合もあります。 食べ物でまぶたのむくみ改善!カリウムとビタミンB1が効果的 まぶたがむくむ場合、「糖分や塩分は控える」など食生活の改善は大切なポイントです。 まぶたのむくみ解消に効果的な食べ物も、ぜひ知っておきましょう。 ご紹介する食べ物を普段あまり食べていなければ、この機会に取り入れてみてくださいね。 塩分を排出してくれるカリウム。 海藻類や納豆を副菜に! まぶたのむくみ解消には、カリウムが効果的です。 体内に溜まった塩分を排出する働きがあるため、積極的に食べましょう。 カリウムは• 使い終わったティーバックを2袋分用意する• 2袋とも冷蔵庫で約15分冷やす• まぶたに1袋ずつ乗せ、約10分待つ 紅茶はお好きなもので良いですよ。 まぶたの皮膚を引き締め、むくみが落ち着いてくるはずです。 紅茶を日頃からよく飲まれる方なら、すぐにでもできる簡単なパックです。 ティーバックを捨てずにむくみ解消に使ってみてください。 日常生活を見直して、スッキリまぶたを目指そう! まぶたのむくみは、老廃物や不要な水分が溜まることが主な原因です。 睡眠や食生活など、生活習慣が原因でまぶたがむくむ人は少なくありません。 女性はメイクや化粧品が原因でまぶたがむくんでしまうこともあるため、まぶたに強い刺激を与えていればメイクなど見直してみましょう。 また、目をこすると皮膚の薄いまぶたはむくみやすくなります。 塩分や糖分を控えたり、枕の高さを調整したり、まぶたのむくみ解消のためにできることは多くあります。 「これが原因かな?」と思うことがあれば原因を取り除くことから始め、むくみ解消の温冷ケアなどもぜひ試してみてくださいね。

次の