イオン シネマ フード。 イオンシネマのフードメニューを一覧で紹介!おすすめをまとめてみました。

イオンシネマ-映画館、映画情報、上映スケジュール、試写会情報、映画ランキングのシネマ情報サイト

イオン シネマ フード

電子マネー WAON WAON以外の電子マネーは(国際ブランド付与型電子マネーを除き)一切使用出来ない。 交通系電子マネー 使えない 相性の良い電子マネー WAON イオンシネマのチケットカウンター、コンセッション(飲み物などを買う所)、グッズ売り場で使える。 おすすめクレジットカード イオンカード チケット料金が常時300円引き。 20日、30日にはチケット代金が1,100円に。 WAON一体型イオンカードならなお便利。 ポイントカード "ミタ"ポイント、dポイントカード、WAON POINTカード ミタポイントは年会費400円のワタシアタープラス会員限定で貯まるポイントで6個集めると無料クーポン(ミタクーポン)と引き換え可能(従来のスタンプカードは2019年10月31日で販売終了)。 dポイントは100円で1ポイント貯まり、100ポイント=100円で利用可能。 WAON POINTは200円で1ポイント貯まり1ポイント1円で利用可能。 貯まりやすいポイント 独自のスタンプカード、dポイント、WAON POINT 現金いらず得点 4. 1点(5点満点中) 使える電子マネーの種類がWAONのみなのと、AMEXブランドが使えないのが残念。 スタンプカードの購入にもWAONが使えたら便利かも? 公式HP 概要• イオンシネマで使える電子マネー イオンシネマでは イオングループの電子マネーのWAONが支払いに使えます。 店頭でチケットを購入する際にも、飲み物を購入するコンセッションでも、映画館に併設されているチケット専用端末(発券機)でも、物販購入時に使用可能です。 WAON POINTは2019年7月からいつでもポイント2倍になっているので、200円で2WAON POINTが貯まります(会員登録済みWAONの場合)。 ポイントが基本2倍になったため、5日、15日、25日のお客さまわくわくデーではWAONで支払ってもポイント還元率は変わりません。 ただし、当たり前ですが、オンラインチケット予約システム「e席リザーブ」の支払いと、ポイントカードの発行手数料は支払いにWAONは使えないのでご注意ください。 その他、楽天Edy、nanaco、iD、QUICPayといった電子マネーは使えません(イオンでは使えても、イオンシネマでは使えない)。 その他、 au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、LINE Payカードはクレジットカード扱いでオンライン(e席リザーブ)、チケットカウンター共に使えます。 VISA、MasterCard、JCB、Dinersのクレジットカードは使えるのですが、 アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードだけは使えないのでご注意ください。 また、 グッズ売り場や ポップコーンや飲み物を購入するコンセッションでもクレジットカードが使えるようになっています(情報ありがとうございます)。 ポイントカードの発行手数料ではクレジットカードは使えません。 イオンが発行しているイオンカード(イオンカードセレクト、コスモ・ザ・カード・オーパス、スポーツオーソリティカード、ワタミふれあいカード含む)を使えば、 いつでも映画料金が300円割引になります(一般料金(1800、1700円以上から)。 また、 毎月20日と30日のイオングループのお客さま感謝デーには映画代金が1,100円になります(食品などの5%オフよりもお得)。 クレジットカードのイオンカードを何かしらの理由で作れない方でもイオン銀行のキャッシュ&デビットというデビットカード機能付きキャッシュカードでも20日、30日の優待は効くのでおすすめです。 オンラインチケット購入のe席リザーブの場合はクレジットカード払い(及び国際ブランド付きデビット、プリペイド)のみとなります(こちらもAmerican Expressは使えない)。 イオンシネマで使える商品券・ギフトカード イオンシネマではJCBギフトカードやVISA(VJA)ギフトカードなどの クレジットカード会社発行のギフトカードは使えません。 またイオンが発行しているイオンギフトカードも使えません(イオンギフト券は使用可)。 イオンの商品券は利用可能です。 イオンシネマ独自のギフトカードであるシネマギフトなら、ポップコーンとドリンク(各Sサイズ)と映画1本が付いています。 イオンシネマのポイントサービス・会員サービス スタンプが6つ押されると無料の映画鑑賞券として利用できるポイントカードの販売は2019年10月31日で終了。 新サービス、ワタシアタープラス開始(2019年6月25日から)。 イオンシネマでは会員サービスとしてワタシアターが提供されています。 クーポンが提供されたり、e席リザーブの入力が簡単になったり、鑑賞履歴を確認できたりします。 年会費無料で利用できる ワタシアターライト会員と 年会費や更新日が年間400円(税込)かかるワタシアタープラス会員の2種類があります。 ワタシアタープラス会員限定でミタクーポンという制度が用意されており、有料で観ると1ミタが貯まり、2ミタで1,300円で鑑賞できるクーポン、 6ミタで無料クーポンと交換できるという仕組みです。 大人なら2回観れば、年会費の元は取れることになります。 ミタクーポンを手に入れるためにはワタシアターの会員ページでログインしてe席リザーブから予約するかチケット窓口で会員証を提示する必要があります。 イオンシネマではdポイントが貯まる・使える イオンシネマでは独自のポイントの他に、Docomoのdポイントが貯まるし、使えます。 100円で1ポイントが貯まり、100ポイント=100円でイオンシネマの料金の支払いでも利用可能です。 dポイントはオンライン予約のe席リザーブでも貯まるし使えます。 ただし、 WAON POINTとの併用は不可。 dポイントを貯める際には、 常時300円オフになるイオンカード払いはdポイント付与の対象外です。 その他、電子マネーのWAONでの購入時、前売り券、ムビチケでの購入、ACチケットでの購入時にもdポイント付与の対象外となります。 ご注意ください。 dポイントを使う際には、電子マネーのWAONで支払うときのみdポイントでの支払いは併用できません(イオンカードで支払うときにはdポイントの併用は可能になっています)。 dカードユーザー(dポイントクラブ会員)なら毎週火曜日がお得 dポイントクラブサイト内で発行されているスペシャルクーポンを利用すれば、 毎週火曜日はdocomoチューズデーで映画鑑賞料金が1,100円になるので、dポイントを貯めていない方でも作っておきたいところです。 イオンシネマではWAON POINTが貯まる・使える イオンシネマではイオンが発行するWAON POINTが貯まるし、使えます。 200円で1ポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能です。 グッズ販売店でも使えます。 イオンカード、dポイントカード提示時、dカードなどでの支払い時にはポイントは貯まりません。 また、 dポイントと違って、e席リザーブでの支払い時には貯まらないし、使えません。 イオンオーナーズカードの特典 イオンオーナーズカードはイオンの株を100株以上保有している方に提供される株主優待です。 さらに映画鑑賞券を買えば、ポップコーンか飲み物の引換券も貰えます。 当然その他優待との併用は出来ませんが、お客さま感謝デーやDocomoチューズデーなどの割引よりもお得です。 イオンをお使いの方ならWAONやクレジットカードのイオンカード各種をお持ちの方も多いと思いますので現金いらずで映画を観ることが出来ます(QUICPayやiDなども使えたら嬉しい・・・)。 ただし、 ポイントカードの購入が現金のみな点には注意が必要。

次の

イオン シネマ フード

よし!それではまずはTOHOシネマズのフードメニューを全種類料金とカロリーを調べてみたよ。 これをみれば完全攻略! カロリーについては、トッピングや調理状況により若干の誤差のでる可能性がありますが、 公式の問い合わせに確認した内容を記載しています。 スポンサードリンク ポップコーンの種類とコンボセットについて ポップコーンは、味はもちろん セット価格についても抑えておきたいポイントです。 ホットサンド・ドッグメニュー一覧 値段 カロリー ジョンソンビル ホットドッグ 500円 400kcal ジョンソンビル ホットドッグ セット 820円 ホットドック+ ドリンクM ジョンソンビル ホットドッグ コンボ 1040円 ホットドック+ ポップコーンS+ ドリンクM ホットサンド 550円 未確認 ホットサンド セット 870円 ホットサンド+ ドリンクM ホットサンド コンボ 1090円 ホットサンド+ ポップコーンS+ ドリンクM この中で選ぶならホットドックが一番おすすめ! ホットドックレビュー ホットサンドレビュー フリじゃが、ちょびっとチキンのホットスナックメニュー フリジャガとちょびっとチキンはビールにも合うのでおつまみでもおすすめできるフードメニュー。 ホットスナックメニュー一覧 値段 カロリー ちょびっとチキン 370円 219kcal ちょびっとチキン セット 690円 フリじゃが+ ドリンクM ちょびっとチキン コンボ 910円 ちょびっとチキン+ ポップコーンS+ ドリンクM フリじゃが 370円 116kcal フリじゃがセット 690円 フリじゃが+ ドリンクS フリじゃがコンボ 910円 フリじゃが+ ポップコーンS ドリンクM ポップコーン+でもう一品頼むなら、ホットスナックはおすすめです。 その前までに飲食物の購入を済ませておきたい。 なので 気になるのが待ち時間ですよね。 通常列待ちがなければポップコーンセットは2,3分もあれば十分に購入できます。 ただし、チュリトスなどは 場合によって5分ほど待つ事があります。 これは焼きの時間があって、準備がない場合は一からオーブンで焼くので時間がかかります。 調理する 手間のある商品を頼む場合は少し時間がかかるので注意しましょう。 ちなみに列待ちがある場合は、1組あたり5分くらいかかると思って逆算してから並ぶようにしましょう! TOHOシネマズの飲食物の購入にクレジットって使える? 結構気になるところなので、ここも調べてご紹介します。 クレジットや電子マネーは使える? TOHOシネマズではまず「 クレジットカード」は利用可能です。 基本的には窓口でもフードの購入でも利用できます。 しかし、交通系をはじめとする電子マネー系は利用できない場合が多いです。 劇場によってはSuikaなどを利用できるところもありますが、 全国的に見ると少数のようです。 今後は利用可能劇場も増えると思いますが、クレジットカードの決済が妥当だと言えます。 お得な割引クーポンはある?映画がお得になるサービス! フードメニューをお得に購入することができる割引システムが実はTOHOシネマズにはあります。 「」という動画見放題サービスか「」というクーポンサービスに加入することで、以下の特典が得られます。

次の

イオンシネマでポップコーンを食べるなら「キャラメル&プレッツェルポップコーン」をオススメします!

イオン シネマ フード

電子マネー WAON WAON以外の電子マネーは(国際ブランド付与型電子マネーを除き)一切使用出来ない。 交通系電子マネー 使えない 相性の良い電子マネー WAON イオンシネマのチケットカウンター、コンセッション(飲み物などを買う所)、グッズ売り場で使える。 おすすめクレジットカード イオンカード チケット料金が常時300円引き。 20日、30日にはチケット代金が1,100円に。 WAON一体型イオンカードならなお便利。 ポイントカード "ミタ"ポイント、dポイントカード、WAON POINTカード ミタポイントは年会費400円のワタシアタープラス会員限定で貯まるポイントで6個集めると無料クーポン(ミタクーポン)と引き換え可能(従来のスタンプカードは2019年10月31日で販売終了)。 dポイントは100円で1ポイント貯まり、100ポイント=100円で利用可能。 WAON POINTは200円で1ポイント貯まり1ポイント1円で利用可能。 貯まりやすいポイント 独自のスタンプカード、dポイント、WAON POINT 現金いらず得点 4. 1点(5点満点中) 使える電子マネーの種類がWAONのみなのと、AMEXブランドが使えないのが残念。 スタンプカードの購入にもWAONが使えたら便利かも? 公式HP 概要• イオンシネマで使える電子マネー イオンシネマでは イオングループの電子マネーのWAONが支払いに使えます。 店頭でチケットを購入する際にも、飲み物を購入するコンセッションでも、映画館に併設されているチケット専用端末(発券機)でも、物販購入時に使用可能です。 WAON POINTは2019年7月からいつでもポイント2倍になっているので、200円で2WAON POINTが貯まります(会員登録済みWAONの場合)。 ポイントが基本2倍になったため、5日、15日、25日のお客さまわくわくデーではWAONで支払ってもポイント還元率は変わりません。 ただし、当たり前ですが、オンラインチケット予約システム「e席リザーブ」の支払いと、ポイントカードの発行手数料は支払いにWAONは使えないのでご注意ください。 その他、楽天Edy、nanaco、iD、QUICPayといった電子マネーは使えません(イオンでは使えても、イオンシネマでは使えない)。 その他、 au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、LINE Payカードはクレジットカード扱いでオンライン(e席リザーブ)、チケットカウンター共に使えます。 VISA、MasterCard、JCB、Dinersのクレジットカードは使えるのですが、 アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードだけは使えないのでご注意ください。 また、 グッズ売り場や ポップコーンや飲み物を購入するコンセッションでもクレジットカードが使えるようになっています(情報ありがとうございます)。 ポイントカードの発行手数料ではクレジットカードは使えません。 イオンが発行しているイオンカード(イオンカードセレクト、コスモ・ザ・カード・オーパス、スポーツオーソリティカード、ワタミふれあいカード含む)を使えば、 いつでも映画料金が300円割引になります(一般料金(1800、1700円以上から)。 また、 毎月20日と30日のイオングループのお客さま感謝デーには映画代金が1,100円になります(食品などの5%オフよりもお得)。 クレジットカードのイオンカードを何かしらの理由で作れない方でもイオン銀行のキャッシュ&デビットというデビットカード機能付きキャッシュカードでも20日、30日の優待は効くのでおすすめです。 オンラインチケット購入のe席リザーブの場合はクレジットカード払い(及び国際ブランド付きデビット、プリペイド)のみとなります(こちらもAmerican Expressは使えない)。 イオンシネマで使える商品券・ギフトカード イオンシネマではJCBギフトカードやVISA(VJA)ギフトカードなどの クレジットカード会社発行のギフトカードは使えません。 またイオンが発行しているイオンギフトカードも使えません(イオンギフト券は使用可)。 イオンの商品券は利用可能です。 イオンシネマ独自のギフトカードであるシネマギフトなら、ポップコーンとドリンク(各Sサイズ)と映画1本が付いています。 イオンシネマのポイントサービス・会員サービス スタンプが6つ押されると無料の映画鑑賞券として利用できるポイントカードの販売は2019年10月31日で終了。 新サービス、ワタシアタープラス開始(2019年6月25日から)。 イオンシネマでは会員サービスとしてワタシアターが提供されています。 クーポンが提供されたり、e席リザーブの入力が簡単になったり、鑑賞履歴を確認できたりします。 年会費無料で利用できる ワタシアターライト会員と 年会費や更新日が年間400円(税込)かかるワタシアタープラス会員の2種類があります。 ワタシアタープラス会員限定でミタクーポンという制度が用意されており、有料で観ると1ミタが貯まり、2ミタで1,300円で鑑賞できるクーポン、 6ミタで無料クーポンと交換できるという仕組みです。 大人なら2回観れば、年会費の元は取れることになります。 ミタクーポンを手に入れるためにはワタシアターの会員ページでログインしてe席リザーブから予約するかチケット窓口で会員証を提示する必要があります。 イオンシネマではdポイントが貯まる・使える イオンシネマでは独自のポイントの他に、Docomoのdポイントが貯まるし、使えます。 100円で1ポイントが貯まり、100ポイント=100円でイオンシネマの料金の支払いでも利用可能です。 dポイントはオンライン予約のe席リザーブでも貯まるし使えます。 ただし、 WAON POINTとの併用は不可。 dポイントを貯める際には、 常時300円オフになるイオンカード払いはdポイント付与の対象外です。 その他、電子マネーのWAONでの購入時、前売り券、ムビチケでの購入、ACチケットでの購入時にもdポイント付与の対象外となります。 ご注意ください。 dポイントを使う際には、電子マネーのWAONで支払うときのみdポイントでの支払いは併用できません(イオンカードで支払うときにはdポイントの併用は可能になっています)。 dカードユーザー(dポイントクラブ会員)なら毎週火曜日がお得 dポイントクラブサイト内で発行されているスペシャルクーポンを利用すれば、 毎週火曜日はdocomoチューズデーで映画鑑賞料金が1,100円になるので、dポイントを貯めていない方でも作っておきたいところです。 イオンシネマではWAON POINTが貯まる・使える イオンシネマではイオンが発行するWAON POINTが貯まるし、使えます。 200円で1ポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能です。 グッズ販売店でも使えます。 イオンカード、dポイントカード提示時、dカードなどでの支払い時にはポイントは貯まりません。 また、 dポイントと違って、e席リザーブでの支払い時には貯まらないし、使えません。 イオンオーナーズカードの特典 イオンオーナーズカードはイオンの株を100株以上保有している方に提供される株主優待です。 さらに映画鑑賞券を買えば、ポップコーンか飲み物の引換券も貰えます。 当然その他優待との併用は出来ませんが、お客さま感謝デーやDocomoチューズデーなどの割引よりもお得です。 イオンをお使いの方ならWAONやクレジットカードのイオンカード各種をお持ちの方も多いと思いますので現金いらずで映画を観ることが出来ます(QUICPayやiDなども使えたら嬉しい・・・)。 ただし、 ポイントカードの購入が現金のみな点には注意が必要。

次の