萩野洋一。 萩野公介がmiwaと結婚&子供性別年齢!不調原因や馴れ初め対談?

荻野公介の病気はうつだった?まぶたや結婚の噂も気になる!

萩野洋一

Sponsored Link 萩野公介選手の家族 萩野公介選手は栃木県出身、1994年8月15日生まれで現在21歳です。 リオオリンピック中に22歳になりますね。 萩野公介選手の父親は萩野洋一さんで、今年55歳になります。 東北大学工学部卒業の萩野洋一さんのお仕事は耐震設計を中心とする一級建築士で、NTTファシリティーズに所属しているそうです。 NTTファシリティーズとはNTTグループ主要8社の一つで、日本屈指の組織系建築設計事務所・エンジニアリング企業です。 萩野公介選手は、父親のことを 「物事の真理を追求したがる癖は父親似」 と話しています。 萩野公介選手は、普通ならとてもキツい練習でも「楽しい」と思いながらやるという思考で取り組んでいるんだとか。 どのような思考法をすればいいのか、そういった頭で考えることは、父親譲りなのかもしれませんね。 そして萩野公介選手の母親萩野貴子さんは、萩野公介選手が競泳者として活躍することを全面的にサポートしてきました。 萩野公介選手の両親は、萩野公介選手に幼い頃からピアノ・英会話・茶道など様々な習い事をさせました。 そしてその中でも水泳が一番実力をつけていき、9歳で御幸ケ原スイミングスクールへ通うようになってからは、萩野貴子さんは車で1時間の距離を週6日送迎していたのです。 これを10年間続けてきたわです。 萩野公介選手は兄弟がいません。 これについて萩野貴子さんは、子供は一人だけにして、その子に多くのことを与えようと考えたようで、 「掃除、洗濯、子育て、全てのことに手抜きしないでやろうと思ったら、私には1人っ子で精一杯でした」 と話しています。 トップアスリートを支える家族って、本当にある意味たくさんのことを犠牲にしていると思います。 確かに一人っ子で精一杯というのは、十分理解できます。 週6日、片道1時間の距離を運転するって、凄い。 萩野公介選手の筋肉美 2012年のロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した萩野公介選手の、その肉体、筋肉美には惚れ惚れします。 美しい肉体美といえば、陸上のケンブリッジ飛鳥選手の筋肉も素晴らしいです。 萩野公介選手は競泳選手ですから上半身、特に肩・胸・腕の筋肉が発達していますよね。 お腹ももちろんシックスパックがくっきり見えます。 リオオリンピック競泳代表の池江璃花子選手も上半身、特に腕が長いのが強さの秘訣らしいですよね。 萩野公介選手のこの美しい肉体、筋肉はハードな練習やトレーニングの結果です。 萩野公介選手は個人メドレーの選手だけあって、4泳法全て均等に泳ぐようにしているんだそうですが、得意なものを多めに練習するんだとか。 萩野公介選手のすごいところは、「水に逆らわない泳ぎ」というエコで無駄が無い泳ぎ方にあるそうです。 萩野公介選手の泳ぎを見ていると、体のほとんどが空中に出ているように見えます。 それは手から足まで一直線にして水の抵抗を受けない泳ぎ方で、それを可能にしているのは、小学校の頃から徹底して基礎トレーニングを重視し作り上げてきた体幹にあります。 体がブレないとは、こういうことを言うんでしょうね。 Sponsored Link 1日6回の食事 萩野公介選手は高校時代、昼食、夕食とそれぞれ2000カロリーも摂取していたにもかかわらず、ハードな練習のため体重がおちていったそうです。 一日2000カロリーも消費していない自分からすると、萩野公介選手の消費エネルギーはものすごいのでしょうね。 確かに私も中学生や高校生のときは、運動部に所属していたので、昼食は食パン一斤まるごと食べていましたが、太りませんでした。 今そんなことは恐ろしくてできません。 萩野公介選手の母親萩野貴子さんは、萩野公介選手のお腹を満たすためと、アスリートの体作りのため、栄養管理士をつけて栄養のあるバランスのとれた食事を作っていました。 で、萩野公介選手は一日6回食事をしていたというわけです。 一日のメニュー例はこんな感じ。 1食目: 家で朝食 ご飯1杯、納豆、味噌汁、野菜ジュース、果物 2食目: 学校で2時限目の休み おにぎりまたはパン 3食目: 学校で昼食 ご飯は2膳、おかずは肉、魚、芋類、緑黄野菜、果物 4食目: 練習前 おにぎり、パン、野菜ジュース、ゼリー飲料 5食目: 練習後30分以内 バナナ、ゼリー飲料 6食目: 22時に夕食 大盛カレー2杯、果物 そういえば、私が高校の時、運動部に所属していた男子生徒も、一日5〜6食でした。 彼らは朝ご飯をしっかり食べてくるんだけど、2時間目が終わるとお腹が空くので昼食用のお弁当を食べて、昼休憩に食堂で本当の昼食を食べていました。 で、練習前に食堂で買ったパンを食べ、部活の練習が終わると部員同士でお好み焼き屋によって食べ、家では夕食を食べていました。 お好み焼き屋はオプションで、行く日もあれば行かない日もあったとか。 運動をする十代の子供のお腹を満たすのって、母親にしてみたら重大ですよね。 十代だから重大。 毎日同じものを作るわけにはいきませんから、メニューも考えて、しかも量も作らなければいけません。 家族のサポートは必須なわけですね。 最後に 萩野公介選手の家族が全面的にサポートするのは大変だったでしょうが、同時にやはり楽しみであっと思います。 それが生き甲斐といいますか。 その甲斐あって、きっと萩野公介選手はリオオリンピックで活躍してくれると確信しています。 以上、萩野公介選手の筋肉美と一日6回の食事、それを支える萩野公介選手の家族についてでした。

次の

萩野公介不調の原因 東京オリンピックに暗雲 怪我と瀬戸大地の躍進

萩野洋一

萩野公介の母親が決断した1人っ子教育 2013年の日本選手権男子水泳で史上初の5冠に輝いた萩野公介千選手(21)。 萩野公介選手の母親の萩野貴子さんは、息子の出る大会を見に行くのが楽しいんですよと語ります。 今、水泳界で最も注目を集めている「怪物」萩野公介選手。 栃木県小山市に住む母親の貴子さんによると、萩野公介さんは、貴子さんが30歳すぎてできた子どもだったそうです。 そして公介さんが生まれて生後5カ月になると、ベビー・スイミングにも行くことになりました。 こうして萩野公介さんのスイミング人生が始まりました。 貴子さんは、水泳以外にも様々な習い事に公介選手を連れて行きました。 3歳のころには、ピアノに英会話に学習塾も掛け持ちさせていたそうです。 貴子さんは、その全てに同行しました。 そこには、ある思いがありました。 「掃除に、洗濯に、子育て。 そのすべてを手抜きしないでやろうと思ったら、私には1人っ子で精一杯でした。 だからあえて1人っ子として育てよう。 その代わり、なるべく多くのチャンスを与えようと決意したんです」 水泳界の怪物として注目されている萩野公介選手が水泳を始めたのは、生後5カ月。 その後、両親の教育方針で様々な習い事を経験しましたが、もっとも才能の片鱗をみせたのは水泳でした。 母親の貴子さんは、息子を全面的にサポートするために、1人っ子として育てる決断をされました。 息子のサポートを全力で行った母 数々の習い事のなかで、頭角を表してきたのが水泳でした。 小学校のころは「天才スイマー」といわれるまでに成長。 それに伴い、貴子さんの生活もハードになっていきました。 「中高の6年間、毎朝4時半に起きて、朝練に出かける公介へお弁当を持たせていました。 夕方5時半になると、塾まで公介を迎えに行き、そのままスイミングスクールに車で送っていく。 そこで2時間の練習を見学して、終わると家に連れて帰ります。 そこから主人を駅まで迎えに行き、夜12時過ぎにようやく就寝という生活でした」 さらに貴子さんの奮闘は続きます。 水泳選手として体が大きくなかった萩野公介選手をサポートすべく、食生活を見直すことにしました。 「中学までは好きなものを好きなだけという食生活でしたが、あの子は牛乳だけが嫌いだったんです。 だから高校に入ると管理栄養士さんに毎日メールで献立を送り、不足分の栄養素を補うようにしました。 他人に見せるんですから、冷凍食品は使えません。 それがプレッシャーでしたね(笑)」 当時、萩野公介選手はハードな練習の中でも身体を維持するため、1日6度もの食事を摂るようになっていました。 貴子さんが始めた毎日のメニューノートは、すでに何冊分にもなったそうです。 母親の貴子さんの支えなしに、怪物は育たなかったといえるでしょう。 天才スイマー・萩野公介選手は、母親の強力なサポートで才能を開花させていきます。 母親の貴子さんのとって、かなりハードな生活だったと思われますが、その苦労は報われたようです。 萩野公介選手本人の努力と周囲の方々のサポートが、リオ五輪の金メダル獲得につながるのかもしれません。 父親の職業は一級建築士 萩野公介選手の父親の萩野洋一さんの職業は、耐震設計を得意とする一級建築士だそうです。 萩野公介さんによると、自分は両親の影響をすごく受けているそうです。 物事の真理を追求したがる癖は父親似、口が達者なのは母親譲り。 大学に入学し、親元を離れて初めてわかったことがあり、それは自分の両親は間違いなく尊敬できるということ。 茶の間で交わした一言一言が、自分の生き方のベースになっていると気づかされる。 家を出て2年目くらいになって、よくわかるとの事です。 萩野公介さんが自ら語るように、母親の貴子さんも公介さんが、試合で気持ちを引きずらないのは、父親譲りのところがあると分析しています。 スランプに陥ってもおかしくない状況でも、引きずることがない萩野公介選手。 母親の貴子さんによると、その秘訣は父親の洋一さん譲りの「切り替え力」だと言います。 「公介はサッと切り替えるのは早いほうなんですね。 主人も全然平気なんですよ。 私はネガティブ志向で、ちっちゃいことでも考えちゃうタイプなんですけど…」 どんな時でも大崩しない性格は常時、複数レースに出場し続ける萩野公介選手にとって、大きな強み。 前人未到のオリンピックでの4個のメダル獲得を達成されるかもしれませんね。 萩野公介選手の父親の仕事は、一級建築士だそうです。 常に冷静に物事の真理を追求する姿勢が、息子にも引き継がれているようですね。 以上が、その活躍ぶりから「和製フェルプス」とも呼ばれている萩野公介選手の父親・母親特集でした。

次の

萩野公介不調の原因 東京オリンピックに暗雲 怪我と瀬戸大地の躍進

萩野洋一

萩野公介さんの出身小学校・中学校・高校は? 栃木県小山市出身の萩野公介選手。 ご家族はご両親と萩野公介さんの3人家族です。 ご兄弟はいらっしゃらないんですね。 そんな萩野公介さんの幼少期から、高校までをご紹介します。 萩野公介さんの幼少期 言葉の発達が遅かったという萩野さん。 3歳くらいまでほとんど言葉を発することがなく、一人っ子だったこともあってご両親は当初心配されたそうです。 言葉の発達の原因に、家庭の問題があるのではないかと保健所から調査が来たこともあったとか。 でも、ほとんど言葉を話さない代わりに、表情豊かなお子さんだったそうで、お母さんは発達に関してはそれほど心配しなくなったそうです。 今でも確かに表情豊かで、はじけるような笑顔が印象的ですよね。 「言葉が遅かった代わりに、自分の意思にそぐわないとテコでも動かない頑固者だった」という萩野公介さん。 ご両親は、萩野さんの気持ちを尊重しながら育てたいと、 自宅から少し離れた自由教育の幼稚園に通わせることにしたそうです。 そして、ひとりっこの萩野公介さんに、ご両親はピアノや英会話などいろんな習い事を幼少期から始められましたが、 萩野さんがいちばん夢中になったのは、水泳だったそうです。 水泳を始めた時期はなんと生後6ヶ月! 幼稚園のときにはすでに、選手育成コースに入っていたとか。 小さなお子さんの才能を伸ばすことのできる習い事を始められたご両親も素晴らしいですよね。 萩野公介さんの出身小学校 幼稚園を卒園後、萩野さんが入られたのは、地元の 小山市立羽川西小学校(栃木県小山市)です。 この小山市立羽川西小学校は、2015年に栃木県で集中豪雨があった際に大きな浸水被害を受けた学校でもあります。 当時はきっと萩野選手も心を痛めていらっしゃったに違いありません。 学校関係者の尽力により、現在は復興して授業も再開されています。 小山市立羽川西小学校で1年生を過ごした萩野さんですが、一級建築士のお父さんの洋一さんのお仕事の都合で、 名古屋市立御器所(ごきそ)小学校(愛知県名古屋市)へ転校することになりました。 転校先でも、水泳を続けることにした萩野さんは、 名門スイミングスクールの東海イトマン鯱(しゃち)に通われていました。 この東海イトマン鯱出身の有名人には、同じく競泳の伊藤健太選手や俳優の玉木宏さん(意外ですね!)がいらっしゃいます。 伊藤健太選手 この東海イトマン鯱で、ぐんぐんと頭角を現した萩野公介さんは、 小学校2年生のときにジュニアオリンピックで優勝という成績を収めています。 その後、再びお父さんのお仕事の都合で栃木県小山市に戻った萩野公介さんは、また 小山市立羽川西小学校に通いながら、宇都宮市にある みゆきがはらスイミングスクールに通い始めました。 当時萩野さんが住んでいたご実家から車で1時間の距離にあるこのみゆきがはらスイミングスクールを選んだのは萩野さん自身だったそうです。 名古屋でイトマンという名門スクールで学んだことを活かせるスクールだとご自身で判断されたんでしょうね。 小学校3年生でこの志・・・。 さすがのひとことです。 車で毎日往復2時間半の送り迎えを続けて萩野選手のサポートのをしたのが、 お母さんの貴子さんです。 車での往復2時間半と練習の2時間の4時間半。 それを週6日、学校帰りにする生活は、 小学校3年生から高校3年生まで実に10年間続いたそうです。 そして お父さんの洋一さんは、水泳の洗濯物を一手に引き受けていらっしゃったのだとか。 他の一流アスリートの方も軒並みそうですが、やはり 親御さんの全力サポートというのは本当に大事なんですね。 ご両親ともに、 子供が好きなことを好きなようにできるよう全力でサポートしようと決めていたそうです。 その甲斐もあって、小学校時代の萩野公介さんはは全国にも敵なし、 「金メダルに一番近い小学生」と言われる天才スイマーになりました。 萩野公介さんの出身中学校 小学校を卒業した萩野公介さんは、 作新学院中等部(栃木県宇都宮市)に進学されました。 中学校に進学しても、水泳がメインの生活は続きます。 中学に入ると、お母さんの貴子さんは 朝4時半に起きて、朝練に出かける萩野選手に持たせるお弁当を作っていたそうです。 そんな萩野公介さんですが、中学に入ってから膝に痛みを感じるようになり、中学2年の冬に初めて手術を受けることになりました。 手術は成功したものの、それから6週間もの間、プールに入ることができず、プールサイドでリハビリのトレーニングをする日々。 生後6ヶ月でプールに入ってから、6週間もプールに入らない時期が続いたのは萩野さんにとって初めてのことだったそうです。 どうしでもレースに戻りたい、その一心でリハビリを続けて迎えた復帰戦の50m背泳ぎで、萩野選手は見事優勝。 しかも 中学生の日本新記録を打ち立てるという快進撃を成し遂げました。 お母さんの貴子さんは、元のように泳げないかもしれない姿を見るのがつらくて応援には行かなかったそうですが、応援していたお父さんの洋一さんからの電話に泣いて喜んだそうです。 萩野公介さんの出身高校 作新学院中等部(栃木県宇都宮市)を卒業した萩野公介さんは、そのまま 作新学院高等部(栃木県宇都宮市)に進学されました。 進学校であると同時に、スポーツにも力を入れているこの学校は、多くのプロ野球選手を輩出していることでも知られていて、江川卓さんも作新学院出身です。 また、萩野公介さんと同じく 競泳400m個人メドレーでのリオ五輪出場を決めている、清水咲子さんも作新学院の同窓生です(萩野さんより3歳先輩)。 清水咲子さん 同じ中学・高校出身で同じ競技の男女がそろってオリンピックに出場なんて、本当にすごいことですよね。 ちなみに、栃木県出身の清水咲子さんは、萩野公介さんが通っていた みゆきがはらスイミングスクールの先輩でもあります。 高校生活をスタートさせた萩野さん、2010年高校1年生の時には、第86回日本選手権水泳競技大会の男子400m個人メドレーで2位を獲得、同年開催の パンパシフィック水泳選手権の日本代表に選出されました。 高校に入ってからも、お母さんの貴子さんのお弁当作りは続きます。 中学校までは、好きなものしか食べなかった萩野さん。 特に牛乳が嫌いで、飲まなかったそうです。 そんな萩野さんの栄養のバランスを少しでもよく保とうと、毎日のお弁当や食事の献立を栄養士さんにメールし、不足しているものを毎日補うようにしていたそうです。 当時、萩野さんは1日6食食べていたとか。 食べ盛りの高校生の栄養バランスを考えて食事を作るお母さんのサポートで、荻野選手の身体は作られて行ったんですね。 そして高校3年生になったばかりの2012年4月2日、 第88回日本選手権水泳競技大会の男子400m個人メドレーで日本新記録(高校日本新記録)を叩き出し、ロンドンオリンピック日本代表の座が確定しました。 そして迎えた2012年7月のロンドンオリンピックの400m個人メドレーで、見事銅メダルを獲得しました。 男子個人メドレー種目での銅メダルは、 日本人選手としては初、高校生選手としてもなんと56年ぶりという快挙でした。 ロンドンオリンピックの個人メドレーを観戦するご両親 個人メドレー400mの銅メダルに感きわまるお母さんの貴子さん その後、2013年4月に東洋大学文学部へ進学した萩野公介さん。 2013年4月11日の第89回日本選手権水泳競技大会の男子400m個人メドレー決勝で日本新記録での優勝、2日後の4月13日には、男子200m個人メドレーでも日本新記録で優勝と、次々に記録を塗り替えていらっしゃいます。 そして2016年4月16日に行われたリオデジャネイロ五輪代表選考会兼日本選手権、 男子200メートル個人メドレーで1分55秒07の日本新記録で優勝を決め、リオ行きを決めた萩野公介さん。 リオオリンピックでは、200m個人メドレー、400m個人メドレー、200m自由形などに出場されます。 萩野公介さんの目の上の腫れ(コブ)はゴーグルのせい? 萩野公介さんの切れ長の特徴的な目元に目が行く人は多いですよね。 その切れ長の目の上に、ぽこっと膨らみがあるのに気付いた方もいらっしゃると思います。 ちょうど、まぶたの少し上、まゆげの下の部分、両方の目の上にあります。 これは、 長年ゴーグルをはめて泳いできたせいでできた、タコというかコブのようなものなんだそうです。 水泳の選手や競泳の選手は、 水に飛び込んだ時にゴーグルが外れないようにきつくゴーグルを締め付けるのだそうで、そのせいでタコができてしまうことがあるそうです。 とはいっても、北島康介選手などほかの競泳の選手で目の上の腫れが気になるというのは聞いたことがないので、骨格とか肌質にもよるのかもしれませんね。 生後6ヶ月からプールで過ごしている萩野公介さん。 顔の作りもゴーグルにフィットするように進化しているのかもしれません。 ちなみに、萩野公介さんが愛用しているゴーグルは、 MIZUNO ミズノ ACCEL EYE アクセルアイ ノンクッション ミラーゴーグルというゴーグルだそうです。 これは、北島康介選手モデルとも言われているもので、女子の競泳選手寺川綾さんも使っていました。 以上、• 萩野公介さんのプロフィール• 萩野公介さんの出身小学校・中学校・高校は?• 萩野公介さんの目の上の腫れ(コブ)はゴーグルのせい? の内容でお送りしました。

次の