ファイヤースターター 使い方。 ファイヤースターターのおすすめ15選まとめ|YAMA HACK

【初心者必見】ファイヤースターターの使い方のコツとは?おすすめもご紹介!|山行こ

ファイヤースターター 使い方

ファイヤースターターとは? ファイヤースターターはフェロセリウム、もしくはマグネシウムで作られた棒 ロッド を、ストライカーと呼ばれる金属で擦ることで火花を発生させる道具です。 現代版の火打ち石と言ってもいいでしょう。 使い方は至ってシンプルですが、素早く火を起こせるようになるには慣れが必要です。 初心者の方は効果的に火起こしをする方法も知っておく必要があります。 手間はかかりますが、そのぶんファイヤースターターで火起こしに成功するたびに達成感を得ることができ、だんだんと上達していく過程がとても楽しく感じられます。 また、ファイヤースターターは万が一の備えとしても役に立つので、持っておくことをおすすめします。 バーナーが燃料切れで使用不可能になったときなどに備えて、ファイヤースターターで火起こしができるようになりましょう。 ファイヤースターターのフェロセリウムとマグネシウムの違いは? フェロセリウム製のファイヤースターターとマグネシウム製のファイヤースターターでは、どのような違いがあるのかを解説します。 ファイヤースターターを選ぶ際の参考にしてください。 火花の違い フェロセリウムの方がマグネシウムよりも、ストライカーで擦ったときに大きくて高温の火花が発生します。 そのため着火のしやすさを重視する場合には、フェロセリウム製のファイヤースターターがおすすめです。 寿命の違い ファイヤースターターの寿命は、素材の違いよりも長さや太さで決まります。 フェロセリウム製のファイヤースターターもマグネシウム製のファイヤースターターも、だいたいのものが数千回使用可能なので、一度買ったら何年も使い続けることができます。 寿命の長さを重視するのであれば太くて長いファイヤースターターがおすすめですが、そのぶん携帯性が損なわれます。 逆に携帯性に優れる小さなファイヤースターターは、発生する火花も小さく使いこなすには慣れが必要です。 火花の大きさ・寿命・使いやすさの3つのポイントにおいて、自分にとって最適なバランスのファイヤースターターがどれなのかを考えましょう。 初心者の方でも簡単に火起しができるよう、ファイヤースターターの使い方のコツを解説します。 初心者の方におすすめな火口はコットンを二つに裂いて毛羽立たせたものや麻紐をほぐしたものがファイヤースターターで着火しやすいです。 慣れている方ですと、ススキの穂や木の枝でフェザースティックを作って火口にすることもできます。 その粉を集めて火口に乗せましょう。 これは着火するための準備のようなもので、集めた粉に火花を飛ばすと一気に燃え上がり、着火の成功率が上がります。 ここまでの準備がちゃんとできていれば、あとは初心者の方でも簡単に火をつけられるはずです。 火花の飛ばし方として、ストライカーを奥側にスライドする方法と、ロッドを手前側に引く方法があります。 これに関しては自分がやりやすい方法を選ぶといいでしょう。 ナイフで火起こしをする場合も基本的には同じやり方でおこないます。 ナイフでファイヤースターターが使えるとカッコいいので、ぜひ練習してみてください。 ナイフによっては、そのままの状態でロッドを擦っても火花が発生しない場合があります。 そんなときには粗めのヤスリでナイフの背を削りましょう。 摩擦力が増して火花を出せるようになります。 小枝を太さごとに分ける• 鉛筆の芯• 鉛筆の太さ• 小指の太さ このサイズの乾いた小枝を分けて、細い方を中心に組んでおくとほぼ放置の状態でも火を安定して起こすことができます。 そこから効率よく火を行き渡らせるには、薪の組み方も重要です。 初心者の方が使いやすいファイヤースターターの選び方 ファイヤースターターでの着火は少しコツがいるので、最初は使いやすいものを選ぶようにしましょう。 ここからはファイヤースターターの初心者の方向けの選び方を説明します。 ストライカーの長さは7cm以上 まずはファイヤースターターのストライカーの形状です。 上手に火花を起こすにはしっかりと握って力の入るものが良いです。 グリップ付きのタイプもあるので、出来れば試しに握ってみて力が入るか確認すると良いでしょう。 また、初心者の方はストライカーが7cm以上のものを選びましょう。 これはロッドと手が近すぎると火花を起こしにくいからです。 携帯性も重視したいところですが、ストライカーにはある程度の大きさは必要です。 ロッドは極太サイズが使いやすい 次にファイヤースターターのロッドの太さです。 アウトドアで使う以上、携帯性は気になるでしょう。 ネックレスのように首から下げるタイプや、ブレスレットのように身に着けられるタイプもありますが、これらのタイプは紛失しやすく、ロッドが細くなります。 初心者の方には極太サイズのロッドが火花がでやすく、扱いやすいです。 ロッドの長さは5cm以上 ファイヤースターターのロッドの長さも火花の出やすさに関係します。 ロッドが短いと削る時も火花を飛ばす時もなかなかうまくいきません。 ロッドが5cm以上あるものを選ぶと使いやすいです。 初心者の方でも使いやすいおすすめのファイヤースターターを厳選! それでは、初心者の方でも火起こしが簡単になるおすすめのファイヤースターターをご紹介します。 火花がよく飛ぶファイヤースターターを使用することで、キャンプに欠かせない焚き火がもっと楽しくなります。 エクソタック EXOTAC nanoSTRIKER XL• <商品スペック>• 重量:27g• ロッド素材:フェロセリウム 前衛的で美しいデザインが目を引くファイヤースターターです。 収納時はロッドと持ち手とストライカーが一本にまとめられ、まるでカッコいいアクセサリーのような姿に変身します。 初めてこれを見て、キャンプ用品だと気づく人がどれだけいるでしょうか。 これを販売しているエクソタックは、アメリカのジョージア州にあるメーカーです。 火起こしに必要なファイヤースターターと、その関連商品を中心に開発しています。 エクソタックが製作するアイテムはどれも高い機能性とデザイン性を持っているため、とても人気があります。 シンプルな見た目のファイヤースターターが多い中、つい人に見せたくなってしまうオシャレなアイテムです。 Bush Craft ブッシュクラフト オリジナル ファイヤースチール2. <商品スペック>• 5mm• 重量:55g• ロッド素材:マグネシウム ブッシュクラフト関連の商品を開発・販売している、ブッシュクラフト株式会社のファイヤースターターです。 日本企業が手がける安心のメイド・イン・ジャパン。 品質に関しては心配無用です。 12000回使用可能なロッドの性能もさることながら、ストライカーの出来が良いことで評判です。 ロッドが細くなって買い換えることになっても、ストライカーはほとんど消耗しないのでそのまま使い続けることができます。 もうひとつの特徴が、ロッドとストライカーをつなぐコードが着火剤として使用できることです。 火口に使えそうなものが見つからない場合は、コードを少し切り、それに向けて火花を飛ばすと火起こしができるという優れものです。 バーゴ VARGO アルティメットファイヤースターター• <商品スペック>• 使用時サイズ:464mm• 収納時サイズ:152mm• 重量:53g• ロッド素材:フェロセリウム ファイヤースターターと火吹き棒が合体したアイテムです。 こちらを販売しているバーゴは高品質なチタン製品を中心に、数多くのキャンプ用品を製作しているアメリカのメーカー。 このファイヤースターターにも実戦で役に立つ工夫が詰め込まれています。 ロッドを火吹き棒の中に収納できるのでとてもコンパクト。 さらにフックがついているので、リュックやズボンのベルトにぶら下げておくことができます。 ロッドは小さめながらフェロセリウム製なので火花の飛びは十分。 着火が成功したら、そこからは火吹き棒の出番です。 火起こしに必要な2つのアイテムがひとつになった、まさに焚き火好きの人のための商品です。 Chileeany ファイヤースターター• <商品スペック>• 重量:110g• ロッド素材:マグネシウム 30000回も使える大きなロッドと、ストライカーのセットです。 ロッドが一般的なファイヤースターターのサイズよりはるかに大きいので、火起こしをするときには惜しみなくロッドを削ってマグネシウムの粉をためることができます。 ストライカーにはスケールが刻まれており、5cmまでの長さと、地図上での実際の直線距離を測ることができます。 それにくわえて栓抜きとしても使用可能となっています。 長さ110cmのパラコードもついていて、テントのコードが切れた時などに使えるので便利です。 ロッドが太いだけでなく、機能性にもすぐれているファイヤースターターと言えます。 ガーバー GERBER ベア・グリルス ファイヤースターター• <商品スペック>• 重量:74g• ロッド素材:フェロセリウム 大手ナイフメーカーのガーバー社と、ディスカバリーチャンネルの番組に登場するベア・グリルスが手を組んで開発したファイヤースターターです。 ロッドとストライカーを1本の筒状に収納することができます。 むき出しの状態にならないので、バッグの中でほかのキャンプ用品に傷をつけることがありません。 ロッドのケースには、小さな収納スペースが備わっています。 火口になるものを入れておくことができて便利です。 さらにホイッスルもついているので、緊急時や遠くにいる友人を呼ぶときなどに役に立ちます。 KUPILKA クピルカ ファイアスチール8• <商品スペック>• 重量:27g• ロッド素材:マグネシウム ポップなカラーリングと丸い形が可愛らしい、ファイヤースターターの中でも定番のアイテムです。 Amazonの評価も非常に高い人気商品となっています。 コンパクトで邪魔にならず、それでいて火花の飛びがいいのが人気の理由。 持ち手のくぼみが手にフィットし、小さいながらも扱いやすいファイヤースターターです。 ストライカーの性能が良いのも、このファイアースチールスカウトのいいところ。 ロッドを使い切ったとしても、この優秀なストライカーは取っておきましょう。 Bush Craft ブッシュクラフト メタルマッチ• <商品スペック>• 重量:190g• ロッド素材:フェロセリウム 長さ20cmの巨大なロッドが、他に類をみない圧倒的な高火力を生み出してくれます。 ロッドが短いファイヤースターターは、火花が発生するのは一瞬です。 しかしこのファイヤースターターは長いストロークを活かして、大きな火花を長い時間だし続けることが可能です。 付属するストライカーはペンダントにしても違和感がないハイセンスなデザイン。 ブッシュクラフト社のロゴが、このストライカーを首にさげている人がキャンプ好きであることを周囲に主張します。 ロッドのサイズが大きいため、やはり重量もかなりのもの。 それでもキャンプに持っていく価値は十分にあると言える、非常に優秀なファイヤースターターです。 モーラ・ナイフ Mora knife ブッシュクラフトサバイバル• <商品スペック>• サイズ:23. 2cm• ブレード長さ:10. 9cm• 刃厚:3. 2mm• 重量:123g• ブレード:カーボンスチール• ハンドル:ラバー キャンプ用ナイフでは定番となっているモーラナイフのひとつ、「ブッシュクラフト サバイバル」です。 このモーラナイフにはファイヤースターターが備わっているので、おすすめとしてご紹介します。 すでに絶大な人気を誇っているモーラナイフの中でも、サバイバルでの使用を想定した作られたナイフです。 厚みがあり頑丈なブレードは、バトニングによる薪割りにも対応。 高いグリップ力を生むラバー製のハンドルは、人差し指が当たる部分をくぼませることで握りやすさを向上させています。 スタンダードなコンパニオンもいいですが、よりワイルドなキャンプをしたい方には、こちらのブッシュクラフト サバイバルをおすすめします。 <ファイヤースターターが削れるモーラナイフ>• ガーバーグ• コンパニオンスパーク• ライトマイファイヤー LIGHT MY FIRE ロッドとストライカーともに親指にフィットするように作られているので、非常に持ちやすく使いやすいです。 麻紐にも安定して着火することができます。 火花の出方はこんな感じです。 ファイヤースターターの使い方のコツのまとめ 今回は、初心者の方がキャンプで焚き火をするときに役に立つファイヤースターターの使い方やコツについて解説するとともに、おすすめのファイヤースターターをご紹介しました。 なかには初めて見るものもあったのではないかと思います。 普段からライターなどを使用する方であっても、ファイヤースターターはぜひ持っておいて欲しいアイテムです。 焚き火で使えるだけでなく、ガスバーナーの点火装置が壊れた時や、緊急時のシグナルにも使うことができます。 そして何よりファイヤースターターで火起こしに成功したらうれしいものです。 ファイヤースターターの使い方やコツを覚えて、キャンプでの焚き火を十二分に楽しみましょう。

次の

ファイヤースターターのおすすめ15選まとめ|YAMA HACK

ファイヤースターター 使い方

2020年4月1日 更新• 現代版、火打石として注目を集めています。 火種となる金属がすり減るまで長く使えることから、今やキャンパーの必須アイテムであり、災害に備えて自宅に持っておく人も多いアイテムです。 この記事では、そんなファイヤースターター、メタルマッチのおすすめ商品を紹介。 記事の前半では、ファイヤースターターの使い方も動画と共に紹介しています。 はじめて購入する人や買い替えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。 出典: 上級キャンパーを中心に、愛用者の多いファイヤースターター。 マグネシウムやフェロセリウムといった燃えやすい金属を着火剤にして火をつけるアイテムです。 ライターやマッチのように、使用回数に制限がないところが大きな魅力。 見た目は金属製の工具で、ライターのようにガス漏れや発火の心配がなく、雨や水に濡れても拭けば何の影響もありません。 現代版火打石として注目を集めていて、アウトドア好きの人をはじめ、災害用に備えておくという人も増えています。 ですが、使い方を知らないまま火をおこすと火事になる危険性も。 初心者でも安心して使えるように、ファイヤースターターの安全な使い方を紹介します。 出典: ファイヤースターターの使い方は最強にシンプルです。 燃えやすい金属の棒 ロッド がついており、この棒を付属のブレードや手持ちのナイフで少量削り、金属粉をティッシュや紙、木くずなどに落とします。 次に、金属ロッドをナイフやストライカーで強く擦ることで火花を起こし、金属粉に火花を散らして着火。 ストライカーは金属棒にグッと押し付けるようにしながら、焦らず削ることで多くの火花が発生します。 小さいものからだんだんと火を大きくしていくことがコツの一つ。 キャンプで暖をとるとき、調理に使いたいとき、災害時に電気やガスが通らないときなどに簡単に火を起こせるため、非常に便利です。 細かい使い方は、動画を参考にしてください。 出典: ライターやマッチなどに比べて、風や雨、湿気などに影響を受けづらいファイヤースターターやメタルマッチ。 ですが、あくまでも火花を起こして大きな火を作るときに重宝するアイテムです。 そのため、ライターやマッチの感覚でタバコに火をつけてしまうと、火花が飛び散り、火傷や思わぬ怪我、火事などのトラブルの原因になります。 思わぬ火事を防ぐためにも使い方をよく理解し、ファイヤースターターやメタルマッチを活用してください。 出典: ファイヤースターターは、シンプルに金属ロッドのみのもの、ストライカーがセットのものなど色々な製品が売られています。 中には、SOSサインを出したいときに便利なホイッスル付き、調理や薪割りに便利なナイフ付き。 荷物をまとめる際や止血帯、洗濯ロープとして使えるパラシュートコード付きのものなど、機能が充実したサバイバルグッズ仕様もあります。 商品を選ぶ際は、こうした機能面もチェックしてみてください。 ここからは、通販で買えるシンプルなメタルマッチから、多機能なファイヤースターターまで、おすすめの商品を紹介します。 出典: ロスコは1953年に創業した、ミリタリーウェアやアウトドア用品を扱うアメリカのブランドです。 そんな老舗ブランドが手掛けるファイヤースターターは、マッチほどの手のひらサイズでコンパクト。 ボールチェーン付きで鞄などに取り付けできます。 SHAVING EDGEと書かれた部分を削り、SPARKING INSERTと書かれた部分をナイフなどで摩擦し火花を落として使用。 シンプルな使い方、デザインが魅力です。 外形寸法 幅2. 5cm 厚み0. 9cm 長さ7. 5cm 出典: マグネシウムロッドを削る道具が一体化していて、よりコンパクトなファイヤースターターを探している人にはこの商品がおすすめ。 アルミケースの先端に、ステンレス製のブレードが付いており、スムーズにマグネシウムを削れます。 マグネシウムロッドの持ち手には穴が空いているため、チェーンや紐を通して鞄に結び付けられるのも便利です。 外形寸法 直径1. 5cm 長さ9cm 出典: ブラックカラーのアルミ合金ボディが、クールなファイヤースターター。 やや長めのマグネシウムロッドで使いやすいサイズの上、120gと軽量なところも嬉しいポイント。 口コミでも使い方が簡単で、大きな火花が出るため着火しやすいと評判です。 ケースの端に方位磁石がついており、山登りなどのアウトドアでも活躍します。 外形寸法 幅6. 3cm• 機能 方位磁石、5cm定規 出典: リーズナブルで、質の高いアイテムを販売している、アメリカ発のガーバー。 ステンレス製ストライカーが付属した、着火がスムーズなファイヤースターターです。 マグネシウムロッドは濡れても、しっかり拭けばすぐ使用できます。 ホイッスルもついているため、緊急時のSOSサインにも役立ちます。 アウトドアでの活用はもちろん、使わないときは非常用持ち出し袋に収納しておくと安心です。 外形寸法 直径2. 2cm 長さ12cm• 機能 ホイッスル 出典: 約12000回擦れるロッドを採用しているタフなファイヤースターター。 付属のストライカーを使えば、約3000度の火花を散らせます。 初心者でも簡単に火をつけられたという口コミも多数。 雨や雪の中でも発火する実力から、スウェーデン軍も使っているといいます。 実力派のファイヤースターターを探している人におすすめです。 外形寸法 長さ9. 5cm 出典: 比較的簡単に強い火花を飛ばせるとして注目されている、フェロセリウムをロッドに採用したファイヤースターターです。 長さは7cmもあり、約10000回もの火打ちが可能。 寿命が長く、アウトドア用としても、非常時の備えとしてもおすすめ。 北欧風でおしゃれな、持ち手の木材デザインも魅力的。 ボトルオープナーやシグナルミラーとして使える細かい機能性もポイントです。 外形寸法 長さ7cm フェロセリウムロッド部• 機能 ボトルオープナー、5cm定規、シグナルミラー 出典: ステンレスブレードが付属した、マグネシウムロッドのファイヤースターター。 シックなデザインで、キャンプ道具をおしゃれに揃えたい人にもおすすめ。 バーベキューの火おこしや焚火の着火も素早くできるようになります。 SOSに使える救護ホイッスルも付属しているため、山登りやソロキャンプなどに持っていると安心です。 外形寸法 幅2. 9cm 長さ7. 7cm• 機能 ホイッスル 出典: ミリタリーアイテムとして、腕やカバン、ベルトループに装着できるマルチファイヤースターター。 洗濯ロープや、止血帯などにも使えるパラコードでできています。 小さいながら、バックル部分にはロッドと火打ち棒が収納されており、救護ホイッスルも付いているなど、機能が充実。 持ち運びにも便利で、非常時に備えて持っておきたい優れたサバイバルグッズです。 外形寸法 長さ25. 5cm• 機能 パラコード、ホイッスル 出典: 木や紐などを切る際、金属ロッドを削る際、火花を起こす際に使えるナイフを収納した、モーラナイフのネックナイフキット。 デザイン性のある収納ケースにより首から下げても物々しさはなく、おしゃれに身につけられます。 ストラップはパラコードになっているため、ほどけば非常時に便利なロープとしても使えます。 イエローやグリーン、ブルーといった目立つカラーが、アウトドアシーンにぴったりです。 外形寸法 長さ14. 3cm• 機能 ナイフ、パラコード 出典: 丈夫なカーボンスチール製ナイフを収納した、サバイバルグッズ。 ナイフの持ち手はラバー素材のため、滑りにくく、握りやすいデザインです。 小さな火打ち棒や、ロッドが使いにくいという人にもおすすめ。 ファイヤースターターとして火起こしに使えるのはもちろんのこと、調理や薪割り、作業などにも難なく使えて便利です。 外形寸法 長さ23. 2cm• 機能 ナイフ アウトドアシーンや非常時に役立つファイヤースターター・メタルマッチの選び方や、おすすめ商品、使い方などを紹介しました。 マグネシウムなどで作られ、使用回数が非常に多いのが魅力のファイヤースターター・メタルマッチ。 コンパクトなものから、モーラナイフなど本格的なサバイバルグッズまで、さまざまな商品が販売されています。 口コミなども参考にしながら、自分にとって最強のファイヤースターターを見つけてください。 アウトドア、災害時に便利な手回し充電器はこちら。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の

【やっと見つけた】セリアのファイアスターター!使い方をご紹介

ファイヤースターター 使い方

ファイヤースターターって何? セリアの商品名は『ファイアスターター』ですが、一般的には『ファイヤースターター』の方がメジャーの様なので、ここからはファイヤースターターと表記します。 ファイヤースターターは火をつけるための器具です。 マグネシウムを削り、そこにマグネシウムと金属(または火打石)を擦り合わせて火花を飛ばし、着火します。 はじめは燃えやすいティッシュペーパーや麻ひもをほぐしたもの(火口)、などに着火させ、徐々に火を大きくしていくそうです。 実際にやってみると火打石よりは、金属の方が擦り合わせやすい感じがしました。 100円ではないけれど、1,000円切る価格でさらにカッコ良くて使いやすそうなファイヤースターターがたくさんありました。 着火前の準備 ティッシュペーパーでも良いのですが、せっかくならと麻ひもを30cm程度にカットして、ほぐしていきます。 よじれをとったと思ったらからまったりと、結構面倒なので、 30cmよりも短くした方がほぐす作業はやりやすそうです。 ふんわりした麻玉? が出来上がりました。 コレは火付きが良さそうです。 このモフモフ麻玉は暇なときにでも黙々と作っておきましょう。 ちなみに、結構カスがひろがるので、新聞紙などを敷いておくことをオススメします。 今回使用した麻紐もセリアのものです。 100円で約70mあるそうなので、1つあればたくさんのふわふわ麻玉が作れそう。 疲れそうですが・・・。 あの小さな種火からいきなり炭に火をつけるのは難しいので、薪よりもさらに小さくて燃えやすい小枝などを用意します。 徐々に火が付きにくいものへ段階を踏む感じです。 ここがつまずきポイントになりそうですね。 事前準備をしっかりしないとダメですね。 早速使ってみよう 開封時、マグネシウムの棒部分には黒いコーティングがされています。 一瞬この黒いのがマグネシウム?! と思ったら違うそうです。 この辺は既に体験された方々のブログを見て知りました。 先輩たち、ありがとうございます! ということで、ガリガリ削っちゃって大丈夫です。 黒いコーティングをきれいに剥がしちゃった方がしっかりマグネシウムを削れるので、むしろ コーティングは剥がすべし。 黒いコーティングがなくなってきたら、いよいよマグネシウムを削ってティッシュや麻のふわふわ玉に乗せます。 スポンサーリンク いよいよ火花を散らします 火花を散らす際のスクレーパーとマグネシウム芯は写真のようにVの字にして、手首のスナップを使い、スクレーパーをシュッとこすり合わせます。 先ほどのマグネシウムを削る ガリガリではなく、シュッとです。 すると火花がバチッと飛びます。 フラットな面でも角でも火花は散っていました。 何度か繰り返すと着火できました!! 思ったよりも簡単でビックリしました。 でも、私よりも夫の方があっという間(3回くらいりのシュッと)に着火できたので、上手い下手があるのかな? 力かな? 慣れなのかな? 悔しいので、私はもうちょっと修行したいと思います。 そして、問題はここから 火を大きくしていく事ですね。 そこがやっぱり 難しそう。 小枝や他にもよく燃えそうなものをたくさん仕込んでおかないと、なかなか火を大きくできないかも。 これも何回か練習が必要かもしれません。 家での実験なので、そこまで挑戦できませんでしたが、次回のキャンプでは頑張りたいと思います。 キャンプもこういうミッションがあると盛り上がりますね。 今回非常に参考になったのがいつも楽しくわかりやすい記事をアップしているです! 動画もあり、体験談のレポなのでとてもわかりやすかったです。 実は失敗のご報告という記事なんですが、これを読んだおかげて私は思ったよりも簡単に着火することができました。 のざるさんありがとうございます!!.

次の