染野いつき。 染野唯月全国高校サッカーのミライモンスターが怪我?出身地やスパイクも

染野唯月の読み方や出身小学校他プロフィール紹介!ジュニアユースと今後の進路も調査

染野いつき

Contents• モンゴル力士全盛(4人横綱)の時代に、 よく踏ん張っておられました。 茨城と言えば泣く子も黙る、鹿島アントラーズのおひざ元になります。 その アントラーズの下部組織が つくばジュニアユースになります。 染野唯月選手は、ジュニアユースでは結果を残せず、 ユースに昇格が出来なかったようですね。 そこで、高校サッカーチームに活路を見出し、 福島県郡山市の尚志学園高に進学します。 尚志学園がどうも、染野唯月選手にぴったり合ったと見えて、 ここから染野唯月伝説が始まります! 染野唯月の高2の高校サッカーが凄かった! とくに圧巻で伝説として語られているのが、 高2の高校サッカーの準決勝ですね。 尚志学園は、 高校サッカーの常連校の青森山田高校と対戦します。 そこで、何と!染野唯月選手は、 ハットトリックを達成します。 ところが、染野選手は、 青森山田のディフェンスをやすやすと破って3得点。 (試合は結局PKの末に、 青森山田高校に軍配が上がりました) この接戦を制した青森山田高校は、 決勝戦でも勝ち、別格の強さを見せたのでした。 しかし、この大会で 得点王に輝いた、染野唯月選手の実力は伝説として語られることとなったのでした^^ 染野唯月の高3での様子は? 破竹の勢いで、高2時代を駆け抜けた染野唯月選手は、高3になったときに 早々と、鹿島アントラーズに入団が決まります。 J1鹿島に来季入団が内定したFW染野唯月選手(福島・尚志高3年)が2日、尚志高で会見を開きました。 鹿島ジュニアユースつくばに所属していたこともあり、「他のクラブから誘いもあったが、鹿島アントラーズに帰りたい気持ちがあった」と入団の理由を話しました。 詳細は3日付け紙面に掲載します。 結局、無理をすることが得ではないということで、 高3の高校サッカーはメンバー外になってしまったのでした。 ですが!怪我さえ治れば、 高2時代の切れが戻ってくるはずだと思います。 鹿島入りしたとたん、コロナウイルス騒動があり、 スムーズにプロでのプレーに入れなかったのはちょっと痛いです。 しかし、これは染野唯月選手だけのことではありませんので! コロナ休みのうちに、一段プレーに磨きをかけて、 圧倒的な力を見せてくれるのではないかと思います。 染野唯月選手の 出身小学校は不明でしたが(詳しくは上を)• 出身中学校は、 龍ヶ崎市立城ノ内中学校のようです。 出身ジュニアユースチームは、 つくばジュニアユースになります。 ユースチームには上がれませんでしたが、 福島県の名門 尚志学園高に進学!• 高2で 高校サッカー選手権でベスト4に進出し、得点王に輝きます。 (準決勝の 青森山田高校戦でのハットトリックは語り草になっています)• 高3では怪我のため、 高校サッカー選手権はメンバー外となりました。 しかし、地元 茨城県の雄 『鹿島アントラーズ』に入団が決まっています。 染野唯月選手の活躍から目が離せません!!!

次の

染野唯月の読み方や出身小学校他プロフィール紹介!ジュニアユースと今後の進路も調査

染野いつき

Contents• モンゴル力士全盛(4人横綱)の時代に、 よく踏ん張っておられました。 茨城と言えば泣く子も黙る、鹿島アントラーズのおひざ元になります。 その アントラーズの下部組織が つくばジュニアユースになります。 染野唯月選手は、ジュニアユースでは結果を残せず、 ユースに昇格が出来なかったようですね。 そこで、高校サッカーチームに活路を見出し、 福島県郡山市の尚志学園高に進学します。 尚志学園がどうも、染野唯月選手にぴったり合ったと見えて、 ここから染野唯月伝説が始まります! 染野唯月の高2の高校サッカーが凄かった! とくに圧巻で伝説として語られているのが、 高2の高校サッカーの準決勝ですね。 尚志学園は、 高校サッカーの常連校の青森山田高校と対戦します。 そこで、何と!染野唯月選手は、 ハットトリックを達成します。 ところが、染野選手は、 青森山田のディフェンスをやすやすと破って3得点。 (試合は結局PKの末に、 青森山田高校に軍配が上がりました) この接戦を制した青森山田高校は、 決勝戦でも勝ち、別格の強さを見せたのでした。 しかし、この大会で 得点王に輝いた、染野唯月選手の実力は伝説として語られることとなったのでした^^ 染野唯月の高3での様子は? 破竹の勢いで、高2時代を駆け抜けた染野唯月選手は、高3になったときに 早々と、鹿島アントラーズに入団が決まります。 J1鹿島に来季入団が内定したFW染野唯月選手(福島・尚志高3年)が2日、尚志高で会見を開きました。 鹿島ジュニアユースつくばに所属していたこともあり、「他のクラブから誘いもあったが、鹿島アントラーズに帰りたい気持ちがあった」と入団の理由を話しました。 詳細は3日付け紙面に掲載します。 結局、無理をすることが得ではないということで、 高3の高校サッカーはメンバー外になってしまったのでした。 ですが!怪我さえ治れば、 高2時代の切れが戻ってくるはずだと思います。 鹿島入りしたとたん、コロナウイルス騒動があり、 スムーズにプロでのプレーに入れなかったのはちょっと痛いです。 しかし、これは染野唯月選手だけのことではありませんので! コロナ休みのうちに、一段プレーに磨きをかけて、 圧倒的な力を見せてくれるのではないかと思います。 染野唯月選手の 出身小学校は不明でしたが(詳しくは上を)• 出身中学校は、 龍ヶ崎市立城ノ内中学校のようです。 出身ジュニアユースチームは、 つくばジュニアユースになります。 ユースチームには上がれませんでしたが、 福島県の名門 尚志学園高に進学!• 高2で 高校サッカー選手権でベスト4に進出し、得点王に輝きます。 (準決勝の 青森山田高校戦でのハットトリックは語り草になっています)• 高3では怪我のため、 高校サッカー選手権はメンバー外となりました。 しかし、地元 茨城県の雄 『鹿島アントラーズ』に入団が決まっています。 染野唯月選手の活躍から目が離せません!!!

次の

染野唯月(サッカー)の経歴や家族構成を調査!鹿島決定の理由や今後も調査!|みやもんのまろUPブログ

染野いつき

尚志(福島)が誇る絶対的エースストライカー・染野唯月(そめの・いつき/2年)が覚醒の時を迎えている。 鹿島アントラーズジュニアユースつくばから鹿島ユースに昇格できず、福島の尚志高に新天地を求めたストライカーは、高さとフィジカル、そして足下の技術を発揮して、1年生ながらすぐに出番をつかんだ。 今年度に入ると、プロのスカウトも注目をする存在になった。 春先から前線の起点として不動の存在となり、よりたくましくなったフィジカルとアジリティー、そして前へ運ぶ力に磨きがかかった。 だが、その一方でプレーの連続性という面でまだ課題を残していた。 夏のインターハイ2回戦の東山(京都)戦では、ボールを収めてからの仕掛けやパスの精度は高かったが、複数の徹底したマークを剥がし切れずに、試合中に消える時間帯もあった。 不完全燃焼のまま夏が終わった。 しかし、12月の高円宮杯プレミアリーグ参入決定戦で、彼は見違えるほどの成長を遂げていた。 横浜F・マリノスユースとの一戦。 エースを欠くチームは前半、横浜FMユースの猛攻に押し込まれ、1点のビハインドを背負った。 前半だけを見ると、完全に横浜FMユースの試合で、追加点を決められてもおかしくない展開だった。 後半、仲村浩二監督は満を持して染野を投入。 すると試合の雰囲気が驚くほどがらりと変わった。 染野は前線で横浜FMユースの守備陣形を見ながら、オフ・ザ・ボールの動きを繰り返して、相手にマークの的を絞らせないようにした。 縦パスやロングボールを動きながら正確に収めて周りのアタッカー陣につなぐと、守備面でも前線から強烈なプレスを仕掛け、前半あった相手のリズムを完全に打ち砕いた。 60分に生まれた尚志の同点ゴールは相手のGKへのバックパスがそのまま入るというオウンゴールだが、染野の鬼気迫るプレスがそのミスを誘発させた。 そして最大のハイライトは後半45分。 左CKを得ると、DF沼田皇海(3年)が蹴ったボールを負傷した頭で豪快にゴールに突き刺した。 頭一つ抜けた高い打点のヘッドは圧巻で、このゴールが尚志に来季プレミアリーグ昇格をもたらした。 「自分が後半から出て、決めてやろうと思っていた。 僕の中では厳しい展開になると思っていたので、その中で自分が点を決める、チームを勝たせるという意識は強く持っていました」 まさにエースの気迫だった。 この変貌ぶりの要因を本人に聞くと、彼は笑顔でこう語った。 あと、僕が見習わないといけないのが清水エスパルスユースの山崎稜介選手で、彼は前線からしっかりと追いかけていくプレーができる。 世界に飛び出して、同年代のトップレベルの選手達と過ごした時間は、彼にとってものすごく大きな刺激となった。 「チェコから帰って来たら意識が変わった。 自覚というか、貪欲さが出てきた」と仲村監督も彼の成長ぶりに目を細めたように、同年代から受けた刺激は彼を大きく変えたのだった。 大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。 ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。 2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。 筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。 13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。 ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。 昨年まで1年間、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

次の