瞬き多い心理。 瞬きが多い原因は?病気の可能性と、瞬きが多い心理学についてを知ろう!

瞬きが多い時の心理にはどんなものがある?

瞬き多い心理

瞬きしない人の心理や性格を解説します。 瞬きしない人の心を見分けるには、身の危険を感じているのか、真剣に話しているのかを知ることが大切です。 瞬きをしない人を見ると、ドライアイは大丈夫だろうか?何を見ているのだろうか?と、相手に疑問に思わせてしまいます。 小学生ならまだ許されますが、中学生以上では気持ち悪いと思われてしまうでしょう。 オフィスで働くビジネスマンであれば尚更ですね。 そして、瞬きが少ないということは、数多くの心理状態を表しているのです。 例えば、真剣な思いを伝えたい・好奇心が強い性格・気持ちを探りたい等が、瞬きしない人の心理に当てはまります。 このページでは、瞬きしない男性と女性の心理をすべて挙げていますので「この人、なんで瞬きしないのかな?」と思ったら、当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。 こちらになります• 身の危険を感じている 瞬きしない人の心理として、身の危険を感じていることが挙げられます。 身の危険を感じている人は、緊張している・肉体関係的な恐怖を感じている・デリケートな性格・ストレスを溜め込みやすい・対人恐怖症である・血が苦手で血の話を聞いたり想像するだけでも怖くなってしまう等の瞬きしない人特有の特徴があります。 さらにその裏には、噂話を信じ込んでいる・警戒心が強過ぎる・霊感があって幽霊が見えている・超常現象を強く信じている・メンタルが弱い等の瞬きしない人特有の心理があるのです。 そして、身の危険を感じやすいと、危険を回避する本能がつく・丁寧に物事を観察出来る・リスクを考えて行動出来る・リスクマネジメント能力に長ける等のメリットがあるのです。 逆に、身の危険を感じ過ぎると、理論よりも感情を優先してしまう・パニックになりやすい・恐怖という感情自体が心身ともに大きな負担になる・本人をとても惨めな気持ちにさせる・人間の集団は気の強さで序列のほとんどが決まる・異性に告白出来ない等と、本人や身近な人にとってマイナスな結果になる事もあります。 以上のように、身の危険を感じる事は素晴らしい事ですが、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しですので、時には勇気を出して自分の伝えたい事を言ってみたり、円滑な人間関係のライフワークを築いて下さい。 真剣な思いを伝えたい 瞬きしない人の心理として、真剣な思いを伝えたいことが挙げられます。 真剣な思いを伝えたい人は、誠実な気持ちがある・自分の話す内容に自信がある・自分の話が相手に正確に伝わっているかどうか知りたい・真剣で大切な話だから・気配りや愛情の証がある・相手の反応や感情も読み取っている等の瞬きしない人特有の特徴があります。 さらにその裏には、お互いの気持ちが通じやすくしたい・嘘じゃない事を伝えたい・聞く側のモチベーションを上げたい・大切な話を伝えたい・相手の意見を肯定したい等の瞬きしない人特有の心理があるのです。 そして、真剣な思いで伝えると、告白が成功して交際出来る・分かり合えなかった人とも分かり合える・嘘かどうかを見抜ける・聞いている相手は安心させられる等のメリットがあるのです。 逆に、真剣な思いを伝え過ぎると、過剰な愛情表現で重くなる・相手にプレッシャーを与えてしまう・笑顔じゃないと怖がられる・警戒していると誤解される・緊張感を与えて追い詰めてしまう・逆ギレされてしまう等と、本人や身近な人にとってマイナスな結果になる事もあります。 以上のように、真剣な思いを伝える事は素晴らしい事ですが、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しですので、時には相手に逃げ道を与えてあげたりフランクな気持ちで接してあげて、円滑な人間関係のライフワークを築いて下さい。 興奮している 瞬きしない人の心理として、興奮していることが挙げられます。 興奮している人は、いつも物事に全力投球している・常にワクワクすることを求めている・怒る時や泣く時の感情表現が激しい・冷静に考えるということが苦手・熱血漢な性格・1度感情に火がつくと自分でもコントロールが効かなく等の瞬きしない人特有の特徴があります。 そして、興奮していると、創造力が増す・自分に必要なものを見逃さないようになる・季節の変化を楽しむことができる・些細なことに感動できる等のメリットがあるのです。 逆に、興奮し過ぎると、周囲からは「扱いにくい人」とみなされる・心を鎮めることが苦手になる・危険な事にまで手を出し後でトラブルに巻き込まれる・人に流されやすく情に弱くなる・自分の感情をうまくコントロール出来ない・何度も同じ過ちを繰り返す等と、本人や身近な人にとってマイナスな結果になる事もあります。 以上のように、興奮している事は悪い事ではありませんが、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しですので、時にはやって良い事と悪い事の区別をして、円滑な人間関係のライフワークを築いて下さい。 嫉妬している 瞬きしない人の心理として、嫉妬していることが挙げられます。 嫉妬している人は、急に黙り込む・自分に自信のない・恋人を信じられない自分自身を信じられない・誰に対しても疑い深い・人を容易に信じて許せる性格ではない・とにかく張り合う等の瞬きしない人特有の特徴があります。 さらにその裏には、コンプレックスが強い・無駄にプライドが高くて素直になれない・嫉妬心に勝てずに嫌味を言いたい・見下してる人が自分より結果を出した・パートナーが他の人と外出するのが嫌等の瞬きしない人特有の心理があるのです。 そして嫉妬は、適量であれば恋を盛り上げる・自分の本当に気付ける・自分磨きのモチベーションになる・高みを目指して登っていける等のメリットがあるのです。 以上のように、嫉妬する事は決して悪い事ではありませんが、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しですので、時には嫉妬心が解消出来るまで会うのを控えて、円滑な人間関係のライフワークを築いて下さい 瞬きしない男性特有の心理 瞬きしないメンズの心理として、露出が多い服のレディーがいることが挙げられます。 露出が多い服のレディーをじっと見ている人は、セクシーな服装だったから瞬きが減った・レディーの胸元が開いていた・丈の短いスカートだった・ブラジャーが透けて見えた・タイトスカートが少し小さめで後ろのスリットが開いていた・長く観賞していても飽きない等の瞬きしない人特有の特徴があります。 さらにその裏には、ボディータッチしたい・肉体関係を持ちたい・ただ見ていたい・レディーをキュンとさせたい・話しかける勇気がない等の瞬きしない人特有の心理があるのです。 そして、露出が多いレディー見ると、心が癒される・目の保養になる・身だしなみを意識するようになる・男磨きのモチベーションがあがる等のメリットがあるのです。 逆に、露出が多いレディー見過ぎると、気味悪がられる・下心MAXと誤解される・変質者と誤解される・スカートを覗いていると誤解される・思わずボディタッチしてしまう・怯えられる等と、本人や身近な人にとってマイナスな結果になる事もあります。 以上のように、露出が多いレディー見る事は決して悪い事ではありませんが、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しですので、時には視線を外したりレディーが怖がらない程度に見つめて、円滑な人間関係のライフワークを築いて下さい 瞬きしない女性特有の心理 瞬きしないレディーの心理として、品定めしたいことが挙げられます。 品定めしたい人は、相手を知りたい・人見知りで恥ずかしがり屋・男性不信・近寄りがたいオーラがある・男性恐怖症で昔襲われたトラウマがある・性のガードが堅い等の瞬きしない人特有の特徴があります。 さらにその裏には、信用できるのか探っている・自分の事を好きなのか知りたい・彼氏の気持ちを探りたい・男性経験がなくて怖い・付き合うまで時間を掛けたい等の瞬きしない人特有の心理があるのです。 そして、品定めすると、体目的のメンズを遠ざける事が出来る・望まない妊娠をさけれる・自分を大事にしてくれる彼氏と出会える・色んなメンズを選ぶ選択肢が増える等のメリットがあるのです。 逆に、品定めし過ぎると、付き合うまでに時間がかかり過ぎてフェードアウトしてしまう・婚期を逃す・良い彼氏が出来る機会を潰してしまう・異性同性から煙たがられる・消極的過ぎて脈なしと誤解されてしまう・理想が高い相手を選びがちになる等と、本人や身近な人にとってマイナスな結果になる事もあります。 以上のように、品定めする事は素晴らしい事ですが、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しですので、時には肩の力を抜いてメンズの良い部分を見て加点方式に接して、円滑な人間関係のライフワークを築いて下さい。

次の

瞬きの理由10選!まばたきが多い人の心理は緊張や癖?目は口程に物を言う

瞬き多い心理

目が泳ぐの意味は? 目が泳ぐの意味|視点が定まらずキョロキョロしている 目が泳ぐの意味には、視点が定まらずキョロキョロしているという意味があります。 キョロキョロしている姿はどことなく落ち着かない雰囲気を出していますよね。 キョロキョロしている人は視点が一点に定まっているわけではないので、どこを見ているのかわかりません。 目が泳ぐの意味|極度の緊張や心の揺れから来る場合が多い 目が泳ぐの意味は、極度の緊張や心の揺れから来る場合が多いことを意味しています。 心の落ち着きがないと、目が泳ぐことにもなるのですね。 人生生きている中で、緊張や心の揺れを幾度となく経験することでしょう。 目が泳いでいるというのに、周りは気づいても、自分は気づいていないこともあるのです。 自然と目が泳いでいるということもあるのですね。 目が泳ぐの類語|目を合わせない・キョドっている 目が泳ぐと同じ意味の類語は、「目を合わせない」「キョドっている」というのがあります。 緊張や心の揺れから起こる「目が泳ぐ」という言葉を使う人はあまり見かけないかもしれません。 目が泳ぐと同じ意味で使われる「目を合わせない」「キョドっている」という言葉の方が使っている人も多いのではないでしょうか。 恥ずかしいと感じると、顔が赤くなったり、声が上ずってしまうこともあるでしょう。 そういう変化がある中で、恥ずかしいと感じることにより、目が泳ぐ人もいるのです。 相手の顔を見るのが恥ずかしいから、わざと目線を外して、見ないようにしているのです。 嘘をついていると、どうしても焦ることを隠しきれなくなってしまいますよね。 嘘をついても焦ることなく動じずにいる人もいますが、たいては嘘をつくとしどろもどろになったり、態度で現れるものです。 目が泳ぐというのも、嘘をついて焦る場合に現れることもあるのです。 隠し事をしていると、相手にバレないか気になりますよね。 バレないために冷静を装うものの、自分では気づかぬうちに焦ることで、目が泳いでいるということもあるのです。 緊張する場面に直面することもあるでしょう。 緊張すると、表情が強ばったり、声のトーンが変わったりする他に、目が泳ぐこともあるのです。 視線を合わせることができないために、キョロキョロしてしまうのです。 以下の記事には、人と目を合わせられない心理、職場で目を見て話さない性格について紹介されています。 目を合わせられない心理にはどのようなものがあるのでしょうか。 目を見て話してくれないと、嫌われているのかなとも思ってしまいます。 人と目を合わせられない心理について知りたくなったら、参考にしてみてください。 話していて、「この人は自分とは合わない」と感じることもあるでしょう。 話している相手のことを良く思っていなかったり、話をしていて苦手だと感じる場合は、目が泳ぐこともあります。 コミュニケーション能力の高い人は、目を合わせて話すことができるので、目が泳ぐことはありません。 しかし、特定の苦手な人がいなくても、もともと人と話すのが苦手でコミュニケーション能力が低い人は、目を合わせて話すことができずに、目が泳ぐこともあるのです。 以下の記事には、人嫌いの特徴、原因と心理や人間が苦手なのを克服する方法も紹介されています。 人付き合いが得意だという人もいれば、人付き合いが苦手だという人もいるでしょう。 人と関わるのが苦手でも克服したいと思っている人も多いのではないでしょうか。 この記事を読んで、参考にしてみてください。 自分と気が合って楽しく話せる仲ならいいですが、初対面の人と会って一緒にいてつまらなく感じることもありますよね。 あるいは自分の知らない話で、話についていけないと感じることもあります。 一応話を合わせようとはして、笑顔を繕ったりしますが、目だけが泳いでいるということもあるのです。 ですから周りの人が見て、目が泳いでいると思ったら、その場にいるのが気まずいのかなと感じることもあるのです。 好奇心が旺盛な人もいるでしょう。 相手と話をしているのに、話に集中できずに、どことなくキョロキョロして目が泳いでいる人もいるのです。 相手の話がつまらないわけでもなく、他に興味がいってしまっているため、目が自然と泳いでいるのですね。 相手と話をしている最中や一人でいる時など、キョロキョロしている人がいたら、それは何かを思い出すために目が泳いでいる可能性があります。 頭の中で何かを思い浮かべることで、視点が定まらずに左右をキョロキョロしてしまうのです。 長い人生の中で悩みというものは尽きないですよね。 悩み事があると、心に余裕がなくなり、考えすぎてしまうことで、落ち着きません。 そういうことからも、目が泳ぐこともあるのです。 悩み事が解決したら、目が泳ぐこともなく、キョロキョロすることもなくなるでしょう。 何か決断することに迷いがあったり、悩んだりすることで、目が泳いだりすることにもなるので、自分に自信をつけることが大切になってきます。 自分に自信が持てるようになったら、目が泳ぐこともなくなるでしょう。 以下の記事には、なんでもできる人は嫌われるのか、特徴や性格と器用貧乏にならない方法も紹介されています。 周りになんでもできてしまう人はいませんか?どんなことでもテキパキとこなすことができる人は、うらやましく感じるものです。 しかし自分に自信があって、一見良い人そうに見えますが、なんでもできる人は嫌われてしまう可能性もあるらしいのです。 器用貧乏にならない方法を知りたくなったら、この記事を読んで、参考にしてみてください。 嘘をついたり隠し事をすることが、目が泳ぐ原因にもなります。 ですからバレて困る嘘や隠し事をできるだけしないことで、目が泳ぐこともなくなるはずです。 緊張することが、目が泳ぐ原因になります。 ですから緊張をほぐして、リラックスすることが大切です。 人それぞれリラックスできる環境というのは違います。 自分の気持ちが安らぐようなことをして、気持ちを落ち着かせましょう。 目が泳ぐ心理を身につけて改善できるよう努力しましょう! 目が泳ぐという意味はキョロキョロしたり、緊張や動揺からくることが多いものです。 目が泳ぐという意味を知らなかった人も多いのではないでしょうか?目が泳ぐ人の心理にはいろいろな心理があります。 心理を覚えておくと、一緒にいて目が泳ぐ人がいたら、このような心理が働いているのだということが理解できるでしょう。 自分自身目が泳ぐことに気づいていなく、周りだけが気づいているということもあります。 自然と目が泳いでいる場合もあるのです。 しかし、自分で目が泳ぐのが気になっている人も中にはいるはずです。 心の内がバレてしまいそうで、直せるなら直したいものですよね。 目が泳ぐ心理を理解して、改善できるよう努力しましょう!.

次の

瞬きしない人の心理!まばたきが少ない男性と女性の精神を徹底解説

瞬き多い心理

こちらになります• 容姿端麗な人にビビっている 瞬きが多い人の心理として、容姿端麗な人にビビっている事が挙げられます。 容姿端麗な人にビビっている人は、好きな人 憧れる人 と話している・自分のルックスに自信がない・いつも良い人や良い友達で終わってしまうパターン・男 女 としての自信がない・そもそも話した事が少なく脈が薄い・今まで恋愛について薄っぺらい人生経験を積んで来た・いつもオドオドして挙動不審・見ために気を使う意味が分かっていない等、瞬きが多い人ならではの特徴や原因があるのです。 さらにその裏には、キリッとしている感じが怖くて苦手・美人 イケメン は何を考えているか分からないから怖い・「こんな自分を好きになってくれるのだろうか?」と不安・見た目や言動が完璧で近寄りがたい・美人 イケメン なのに言葉遣いが乱雑だったのが怖い・ライバルが多く自分が告白しても迷惑かもしれない・「自分は美しい人と付き合うには値しない人間だ」と思っている等、瞬きが多い人ならではの心理や理由があるのです。 ですが、容姿端麗な人にビビっているままでは、急に口数が少なくなってしまう・妥協した恋人しか出来ない・恋人がいる友人を妬み続ける・数年後に必ず後悔する・いつまで経っても成長しない・世の中のリア充達を恨み続ける・挙動不審になってしまう等と、瞬きが多い本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。 逆に、容姿端麗な人に対して免疫がつけば、理想の恋人ができて幸せになれる・付き合えなくても友達になれる・フラれても課題が見つかって男磨きが出来る・他の女の子を紹介してもらえる・数年後振り返った時に後悔しない等、瞬きが多い人にとってメリットがあるのです。 容姿端麗な人にビビっている本人の改善方法及び対策としては、料理教室に通って女性に免疫をつける 男 ・今日しかないと思い込って告白する・YESの答えをもらった時のことを想像する・友人に背中を後押ししてもらう・告白するか告白しないかのどっちが辛いか考える等が、瞬きが多い癖の改善にベストです。 友人さんや家族の最善な接し方としては、断られても終わりではないと教えてあげる・恋人にできるかもしれない妄想を断ち切らせる・告白したいけど出来ないのはもったいないと教えてあげる等が、瞬きが多い人に対して効果的です。 動揺を抑えきれない 瞬きが多い人の心理として、動揺を抑えきれない事が挙げられます。 動揺を抑えきれない人は、瞳が左右に激しく揺れ動く・ヤマシイことをしている・鋭い指摘を受けた・騙そうとしてる時に危うくバレそうになった・不倫や浮気をしている・人に完全な濡れ衣を着せる事を厭わない・精神のバランスを崩れている等、瞬きが多い人ならではの特徴や原因があるのです。 さらにその裏には、動揺を隠したい・根本的なところでは劣等感が強い・今が良ければそれで良い・嘘に嘘を重ね過ぎて何が本当か分からなくなっている・現実から目を背けたい・話をでっちあげたい等、瞬きが多い人ならではの心理や理由があるのです。 ですが、動揺を抑えきれないままでは、冷静に答えを求めても的確な回答は返ってこない・無理に質問すると口から出まかせを言っていい加減な回答をする・子供が真似する・信頼されていれば得られるはずの多くの利益を得られない・個人的な世界観が悪化する・陰であることないこと悪口を言われてしまう・取り返しのつかないレベルで信頼を失う・歪んだ思考が治らない・相手も自分も、両方が辛い思いをする等と、瞬きが多い本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。 逆に、リラックスして落ち着ければ、人によって態度を変えなくなる・嘘のお世辞を言わなくなる・公平さを大切に出来る・自分サイドの不備があった時に謝れる・法律に無い規則を守れる・本能に従わず自制心を持てる・店員や誰に対しても対応が変わらない等、瞬きが多い人にとってメリットがあるのです。 動揺を抑えきれない本人の改善方法及び対策としては、パニック改善ノートを作る・「もしも」を「そうしたら」に変える・嘘がバレるリスクを考える・周囲の人間は嘘を見抜いていることに気付く・嘘による自己評価の上昇は無いことを知る・友人にヤマシイ事を打ち明ける等が、瞬きが多い癖の改善にベストです。 友人や恋人さんの最善な接し方としては、相手を質問責めにしないで様子を見る・嘘をつく人だと認識する・どうして嘘をつくのか背景を理解する・自分は嘘をつく癖があるんだと自覚させる・改善させてどうさせたいか考えさせる・自分がどういった時に嘘をつくのかを認識させる等が、瞬きが多い人に対して効果的です。 緊張が止まらない 瞬きが多い人の心理として、緊張が止まらない事が挙げられます。 緊張が止まらない人は、目をパチクリパタパタさせる・心に余裕が無い・窮地に追いやられている・自分にプレッシャーを与えがちな性格・自分のキャパシティー以上のことをやろうとする・目の前のことに集中できない・計画性がなく後先考えずに行動している・主観的になり客観的に物事を見られない・準備が足りない性格等、瞬きが多い人ならではの特徴や原因があるのです。 さらにその裏には、目上の人や気になる異性と話している・「失敗したらどうしよう」と考えてる・予想外の出来事などに直面している・この状況からいち早く逃げ出したい・目の前の事をこなすのに精一杯・頭が真っ白になっている・「緊張してはいけない」と思い込み過ぎている・ネガティブ思考が頭の中を巡っている・みんなの視線が向けられて怖い等、瞬きが多い人ならではの心理や理由があるのです。 ですが、緊張を止めないままでは、緊張がMAXになり開き直って逆ギレしてしまう・相手の変化や本音に気付けない・実力通りの評価や成績を得られない・落ち着いて振舞えない・言葉が出なくなる・周囲の目障りや耳障りになってしまう・思うように実力を発揮できない等と、瞬きが多い本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。 逆に、緊張を集中力に昇華できれば、話し方がゆっくりになる・落ち着いた雰囲気を醸し出せる・追い詰められた状況でも自分を客観視でき冷静でいられる・パニックになることが減る等、瞬きが多い人にとってメリットがあるのです。 緊張が止まらない本人の改善方法及び対策としては、とくかく場数を踏んでみる・常に要点をまとめておく・本来の目的をしっかりと掴んでおく・気が済むまで追い込む・緊張している今の瞬間を楽しむ・良い想像をシミュレーションする・鏡の前で笑顔を作る等が、瞬きが多い癖の改善にベストです。 友人や恋人さんの最善な接し方としては、緊張がほぐれるようなジョークを言う・相手を評価せず受け止める姿勢で接する・自分自身が緊張せずリラックスした状態でいる・温かいカフェオレを差し入れする・相手に対してウェルカムな微笑み・「緊張しなくていいですよ」と言ってあげる等が、瞬きが多い人に対して効果的です。 話し相手に恐怖を感じている 瞬きが多い人の心理として、話し相手に恐怖を感じていることが挙げられます。 話し相手に恐怖を感じている人は、緊張を通り越して恐れを抱いている・「なるほど」を連発する・震える声で話してしまう・ガツガツと一方的に来られたらその勢いに圧倒される・観察力が鋭く少し気が弱い・トラブルの対処が苦手・何事も否定から入る・不安が強くなりやすい・成功体験が少ない又はほとんど無い等、瞬きが多い人ならではの特徴や原因があるのです。 さらにその裏には、勢いに圧倒されている・早く話が終わって欲しい・「僕はどうせ臆病者だから」と思い諦めてしまっている・言いたい事が言えてない・自分の気持ちを押し殺してしまう・声の大きな人に恐怖を感じている・「絶対叱られるに決まってる」と悲観している等、瞬きが多い人ならではの心理や理由があるのです。 ですが、話し相手に恐怖を感じているままでは、ミスを他人のせいにする・自分の主観だけで相手の考えていることを決め付ける・自分を正当化させ自己保身に走る・自分を大きく見せようとし過ぎる・他人に依存しやすい等と、瞬きが多い本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。 逆に、話し相手ともフレンドリーに話せれば、リーダーシップがつく・成功体験が増えて自信が湧く・未体験の分野でも結果が予測出来る・勝負するべき場を見極められる・余計なプレッシャーから解放される等、瞬きが多い人にとってメリットがあるのです。 話し相手に恐怖を感じている本人の改善方法及び対策としては、勉強のためと割り切る・挨拶だけは自分からちゃんとする・苦手な人の良いところを見つける・単純接触効果で良いパートナーになるのを狙う等が、瞬きが多い癖の改善にベストです。 怖がれている相手の最善な接し方としては、恐れを感じさせる雰囲気を変える・気が楽になれる話題に変える・より注意深く相手を観察する・時間をかけてゆっくりと距離を縮める・イライラして怒鳴ったりしない・相手に嫌な思いをさせていると自覚する等が、瞬きが多い人に対して効果的です。 嘘がバレないか不安 瞬きが多い人の心理として、嘘がバレないか不安な心理が挙げられます。 嘘がバレないか不安な人は、後ろめたさを感じている・本来正直者で嘘がつけない性格・無意識的に右上へ目線が向く・言動が一致しない・幻術の世界に半分入り込んでしまっている・不倫や浮気をしている・目を見て会話をしない等、瞬きが多い人ならではの特徴や原因があるのです。 さらにその裏には、悪気を感じている・家族、先生、友人に対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱい・何かしらの責任を取ることで少しでも納得したい・嘘をついてる事に取り返しがつかない後悔をした・もう自分自身でも真実の境界線が分からなくなっている・嘘に嘘を重ね過ぎて何が本当か分からなくなっている等、瞬きが多い人ならではの心理や理由があるのです。 ですが、嘘をつく癖を直さない事には、友人や恋人が離れている・足がガクガク震える・理由はないのに申し訳ない気持ちになる・特に謝罪する必要がなくても「すみません」が口癖になる・恋愛に臆病になる・逆に相手に気を遣わせてしまう・必要のない負い目を自ら作り上げて苦しんでしまう・信頼されていれば得られるはずの多くの利益を得られない・人間関係を乱す等と、瞬きが多い本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。 逆に、後ろめたい気持ちを克服出来れば、失敗しても自分でリカバリーする自信がつく・無駄に嫌われることを恐れなくなる・無駄に迷うことには時間を使わなくなる・発言に一貫性が出る・目的や優先順位がハッキリする等、瞬きが多い人にとってメリットがあるのです。 嘘がバレないか不安な本人の改善方法及び対策としては、嘘つきに気付けた今がチャンスと思って誠実になる・バレるリスクを考える・周囲の人間は見抜いていることに気付く・嘘による自己評価の上昇は無いことを知る・友人に打ち明ける等が、瞬きが多い癖の改善にベストです。 友人や恋人さんの最善な接し方としては、笑える話題や興味がもてる話題に変えてリラックスさせる・嘘をつく人だと認識する・どうして嘘をつくのか背景を理解する・自分は嘘をつく癖があるんだと自覚させる・改善させてどうさせたいか考えさせる・自分がどういった時に嘘をつくのかを認識させ等が、瞬きが多い人に対して効果的です。

次の