赤い疑惑。 赤い疑惑 #23【大映テレビ劇場】

赤いシリーズ

赤い疑惑

ストーリー [編集 ] 大島茂は妻・敏江との間に、17歳になる娘・幸子を持つ大学助教授。 フランスには舞台演出家として活躍する妹の大島理恵がいる。 実は、その理恵こそが幸子の本当の母親であり、幸子は大島家の実の娘では無かった。 に住む理恵が日本に来るという日、父・茂を空港に連れて行くために大学にやって来た幸子は、学内の爆発事故に巻き込まれ、用が放出するに大量してしまう。 その時、幸子を助けたのが、相良光夫という医大生だった。 しかし幸子は、になってしまい闘病生活を送ることになり、その間に父と母の秘密、そして、互いにひかれあったはずの光夫との、本当の関係(実は異母兄妹だった)を知っていく。 出演 [編集 ]• 大島茂:• 大島理恵:()• 大島幸子:• 相良光夫:• 相良多加子:• 村田一:• 土屋:• 森川助教授:• 岡崎ゆかり:小川美希• 川村:• 和田(日本航空機機長):• 伊藤(日本航空機客室乗務員):• 小沼(日本航空機客室乗務員):• ユミ:千波恵美子• 西城:• イソベアキラ:• 佐々木:• (第18話 捨子の母親の兄役)• デデ・モンマルトル• 岡崎:• 杉岡太一郎:• 相良英治:• 安本莞二 降旗康男 18. 土井茂 23. 土井茂 26. 土井茂 28. 一日の健康をください 鴨井達比古 土井茂 28. 安本莞二 30. 国原俊明 29. 、、、の4人による、初の海外ロケをで行った。 当時、岸はパリ在住であった。 ドラマで使われた衣装は、が全面協力した。 パリからの帰国の途中、機内で幸子が倒れるシーンはの全面協力。 機内の撮影にはモックアップ(客室乗務員の訓練用施設)が使われた。 このパターンは第4作『』でも使用された。 ただし、日本航空の協力のわりには雑な面もあり、飛行機はだがは(当時の花形で「空の貴婦人」と呼ばれた)を使用していた。 『赤い衝撃』とはキャストやプロットが一部共通する。 『赤い衝撃』での恋人(新田秀夫)役は三浦友和、実の父親役は長門裕之、イビリ役 にが配置されており、山口演ずる大山友子と新田秀夫は途中で異母兄妹の疑惑をかけられる(実際は異母兄妹ではなかった)。 八千草が第6話にて降板し、第7話からは渡辺に交代した(冒頭にて、による字幕テロップで演者交代の断りが流れたが、第6話での次回予告で、既に渡辺が登場していた)。 なお、途中降板した理由は、当時の百恵のスケジュールが過密で、背中だけ写した百恵の代役相手に演技をさせられることなど に八千草が憤慨した結果と言われている。 が、百恵は後に自著 の中で、この件に触れ、八千草の名前こそ出していないものの、「スケジュールを組んだのは私ではないのに、自分に腹を立てられても困る」と反論している。 一方、八千草側からは元所属事務所の社長の弁で、多忙なスケジュールから作品と百恵を守るために制作側と揉めたとしている。 同様の問題は次回作『』でのの降板 という形で再現された。 なお、同作ではも途中で降板している。 キャストの最後()にクレジットされる役で、この位置にクレジットされる女優は、当シリーズでは「宇津井の演じる主役」の妻や、「百恵の演じる少女」の母親といった重要なポジションである。 中国では『血疑』の題名で放送され、出演した山口百恵とともにブームを巻き起こした。 山口百恵は「中国人が日本人で想像する人物」のアンケートで1位に選ばれたこともある(の調査) [ 要出典]。 DVD [編集 ]• 赤い疑惑 DVD BOX ASIN: B00031YCQY• 他に1-7巻の物とVHS版あり 系 金曜21時台 前番組 番組名 次番組 リメイク版 [編集 ] - の『』内で放送。 45周年・TBSテレビ放送50周年記念作品「」の第1弾。 ホリプロ所属の、の2人が幸子、光夫を演じた。 視聴率は第1週16. 舞台設定は現代ではなく、オリジナル版が放送された1970年代とし、忠実にリメイクをしようとしていた。 しかし、乗車するタクシーが1970年代にはない(1995年より販売)だったり、泊まったのロゴが2005年当時のロゴだったりと時代考証に一貫していない面もあった。 オープニングのスタッフロールに1970年代当時のドラマ作品同様に縦書きの手書きテロップを用いた。 オリジナル版はフィルム撮影だったがリメイク版ではVTRでの撮影となっている。 なお一部映像では1970年代当時の建物や飛行機を映すためフィルム映像になっていた。 キャスト [編集 ]• 大島幸子:• 相良光夫:• 大島理恵:• 杉岡太一朗:• 相良多加子:• トラック運転手:()• 相良英治:()• 佐藤医師:• 大島敏江:• 大島茂:• ナレーション: スタッフ・主題歌 [編集 ]• 監修・プロデューサー:、• 脚本:• 演出:、• 音楽:• 主題歌:「ありがとう あなた」(編曲:藤谷一朗、門脇大輔)• 歌唱指導:• ギター指導:春行• 技術協力:• 美術協力:• スタジオ:• 協力:• 編成:、渡辺信也• 企画:小田信吾• プロデューサー:菅井敦、梶野祐司、長坂淳子• 企画協力:• 製作:TBS、ホリプロ DVD [編集 ]• 石原さとみ主演「赤い疑惑」ASIN: B000A8MK50 系 赤いシリーズ2005 前番組 番組名 次番組.

次の

山口百恵 ありがとう あなた 歌詞&動画視聴

赤い疑惑

ストーリー [編集 ] 大島茂は妻・敏江との間に、17歳になる娘・幸子を持つ大学助教授。 フランスには舞台演出家として活躍する妹の大島理恵がいる。 実は、その理恵こそが幸子の本当の母親であり、幸子は大島家の実の娘では無かった。 に住む理恵が日本に来るという日、父・茂を空港に連れて行くために大学にやって来た幸子は、学内の爆発事故に巻き込まれ、用が放出するに大量してしまう。 その時、幸子を助けたのが、相良光夫という医大生だった。 しかし幸子は、になってしまい闘病生活を送ることになり、その間に父と母の秘密、そして、互いにひかれあったはずの光夫との、本当の関係(実は異母兄妹だった)を知っていく。 出演 [編集 ]• 大島茂:• 大島理恵:()• 大島幸子:• 相良光夫:• 相良多加子:• 村田一:• 土屋:• 森川助教授:• 岡崎ゆかり:小川美希• 川村:• 和田(日本航空機機長):• 伊藤(日本航空機客室乗務員):• 小沼(日本航空機客室乗務員):• ユミ:千波恵美子• 西城:• イソベアキラ:• 佐々木:• (第18話 捨子の母親の兄役)• デデ・モンマルトル• 岡崎:• 杉岡太一郎:• 相良英治:• 安本莞二 降旗康男 18. 土井茂 23. 土井茂 26. 土井茂 28. 一日の健康をください 鴨井達比古 土井茂 28. 安本莞二 30. 国原俊明 29. 、、、の4人による、初の海外ロケをで行った。 当時、岸はパリ在住であった。 ドラマで使われた衣装は、が全面協力した。 パリからの帰国の途中、機内で幸子が倒れるシーンはの全面協力。 機内の撮影にはモックアップ(客室乗務員の訓練用施設)が使われた。 このパターンは第4作『』でも使用された。 ただし、日本航空の協力のわりには雑な面もあり、飛行機はだがは(当時の花形で「空の貴婦人」と呼ばれた)を使用していた。 『赤い衝撃』とはキャストやプロットが一部共通する。 『赤い衝撃』での恋人(新田秀夫)役は三浦友和、実の父親役は長門裕之、イビリ役 にが配置されており、山口演ずる大山友子と新田秀夫は途中で異母兄妹の疑惑をかけられる(実際は異母兄妹ではなかった)。 八千草が第6話にて降板し、第7話からは渡辺に交代した(冒頭にて、による字幕テロップで演者交代の断りが流れたが、第6話での次回予告で、既に渡辺が登場していた)。 なお、途中降板した理由は、当時の百恵のスケジュールが過密で、背中だけ写した百恵の代役相手に演技をさせられることなど に八千草が憤慨した結果と言われている。 が、百恵は後に自著 の中で、この件に触れ、八千草の名前こそ出していないものの、「スケジュールを組んだのは私ではないのに、自分に腹を立てられても困る」と反論している。 一方、八千草側からは元所属事務所の社長の弁で、多忙なスケジュールから作品と百恵を守るために制作側と揉めたとしている。 同様の問題は次回作『』でのの降板 という形で再現された。 なお、同作ではも途中で降板している。 キャストの最後()にクレジットされる役で、この位置にクレジットされる女優は、当シリーズでは「宇津井の演じる主役」の妻や、「百恵の演じる少女」の母親といった重要なポジションである。 中国では『血疑』の題名で放送され、出演した山口百恵とともにブームを巻き起こした。 山口百恵は「中国人が日本人で想像する人物」のアンケートで1位に選ばれたこともある(の調査) [ 要出典]。 DVD [編集 ]• 赤い疑惑 DVD BOX ASIN: B00031YCQY• 他に1-7巻の物とVHS版あり 系 金曜21時台 前番組 番組名 次番組 リメイク版 [編集 ] - の『』内で放送。 45周年・TBSテレビ放送50周年記念作品「」の第1弾。 ホリプロ所属の、の2人が幸子、光夫を演じた。 視聴率は第1週16. 舞台設定は現代ではなく、オリジナル版が放送された1970年代とし、忠実にリメイクをしようとしていた。 しかし、乗車するタクシーが1970年代にはない(1995年より販売)だったり、泊まったのロゴが2005年当時のロゴだったりと時代考証に一貫していない面もあった。 オープニングのスタッフロールに1970年代当時のドラマ作品同様に縦書きの手書きテロップを用いた。 オリジナル版はフィルム撮影だったがリメイク版ではVTRでの撮影となっている。 なお一部映像では1970年代当時の建物や飛行機を映すためフィルム映像になっていた。 キャスト [編集 ]• 大島幸子:• 相良光夫:• 大島理恵:• 杉岡太一朗:• 相良多加子:• トラック運転手:()• 相良英治:()• 佐藤医師:• 大島敏江:• 大島茂:• ナレーション: スタッフ・主題歌 [編集 ]• 監修・プロデューサー:、• 脚本:• 演出:、• 音楽:• 主題歌:「ありがとう あなた」(編曲:藤谷一朗、門脇大輔)• 歌唱指導:• ギター指導:春行• 技術協力:• 美術協力:• スタジオ:• 協力:• 編成:、渡辺信也• 企画:小田信吾• プロデューサー:菅井敦、梶野祐司、長坂淳子• 企画協力:• 製作:TBS、ホリプロ DVD [編集 ]• 石原さとみ主演「赤い疑惑」ASIN: B000A8MK50 系 赤いシリーズ2005 前番組 番組名 次番組.

次の

赤い疑惑: Smile of angels

赤い疑惑

日本のテレビ史に大きな足跡を残した「赤いシリーズ」だが、すべてが順風満帆だったわけではない。 その最たる例が「主要キャストの降板」であった。 たとえば「 赤い疑惑」(75年)では百恵の母親役である八千草薫が第6話で、「 赤い運命」(76年)では名優の志村喬が途中で降板している。 その理由は、あまりにも多忙だった百恵のスケジュールが原因とされている。 宇津井ら語りかける役者たちが影武者を相手に熱演し、後で百恵のアップを撮って帳尻を合わせる。 10代の百恵自身に罪がないとはいえ、八千草も志村も、その手法に我慢がならなかった。 「私たちのスケジュールも百恵ちゃんに合わせて深夜とか早朝のスタートということは多かったわよ。 分刻みで動く百恵ちゃんだから、私が話しかけていた場面でも振り返ったらいなくなってたりね」 サバサバとした表情で振り返るのは、シリーズきっての「イビリ役」を演じた原知佐子である。 第2作の「 赤い疑惑」では友和を溺愛する母親役で百恵を寄せつけず、第4作の「赤い衝撃」(76年)では父親の寵愛を受ける百恵に嫉妬する義理の姉を演じた。 「アイドルをいじめるのは私の必殺技だったわよ。 同じ大映ドラマでは堀ちえみの『花嫁衣裳は誰が着る』(86年、フジテレビ)でも、徹底的にイビる伯母を演じていたし」 「赤い疑惑」で共演した旧知の岸恵子には、こうした悪女の役をうらやましがられたという。 「あんたは言いたいことを言って、ストレスのたまらない役だからいいわね。 私みたいに全部、いい人で通すのもつらいのよ」 プロレスと同じ論理ではあるが、視聴者に激しく感情移入させるのは、実力のある悪役こそが必要となる。 そのため原は、ボブスタイルの髪型で冷徹な印象を与え、赤の衣装を多用することで攻撃性を加味した。 「長門裕之さんに『赤い衝撃』の時に語呂合わせでからかわれたの。 これはお前の『赤・衣装・劇』だろうって」 控え室で見かける百恵は、いつも多くのマネジャーやレコード会社のスタッフに囲まれていた。 とても声などかけられそうもない雰囲気だが、原はシリーズごとに1度は「1人で出ておいで」と耳打ちする。 「吉永小百合さんと同じで、下半身がしっかりしていたことじゃないかしら。 日本人で長く人気を得るのは、ああいう体型の人だったと思う」 神秘性の中に絶妙のバランスで大衆性が入り混じる。 それは「赤いシリーズ」の高い視聴率にも表われていた。

次の