おとめ かい ほう 歌詞。 セリフ集・データ集/カッペイの歌の歌詞

貝殻節 歌詞の意味 鳥取県民謡

おとめ かい ほう 歌詞

浜村温泉の。 昭和初期には、『』や『』など、「新民謡」と呼ばれる地域色の強い民謡調のご当地ソングが数多く作曲されており、この『貝殻節』もその流れの一つ。 かつて鳥取市を含む日本海沿岸では、ホタテガイ(帆立貝/板屋貝)漁が盛んにおこなわれており、底曳き漁で舟の櫓(ろ)を漕ぐ際に『貝殻節』が労働歌として唄われていた。 やがてホタテガイの漁獲量減少と舟の近代化(発動機化)により、労働歌としての『貝殻節』はすっかり廃れてしまったが、昭和初期の新民謡・ご当地ソング運動の流れに乗る形で、古い労働歌に新たに作詞する形で現代版『貝殻節』として復活した。 写真:貝殻節のふる里 浜村温泉(出典:Wikipedia) 見出し 1.何の因果で 貝殻漕ぎなろうた カワイヤノー カワイヤノー 色は黒うなる 身はやせる ヤサ ホーエーヤ ホーエヤエーエ ヨイヤサノサッサ ヤンサノエーエ ヨイヤサノサッサ 2.浜村沖から 貝殻がまねく かか(女房)よまま(飯)たけ 出にゃならぬ 3.戻る舟路にゃ 櫓櫂(ろかい)がいさむ いとし妻子が まつほどに 4.小さい時から 貝殻漕ぎなろうて 今じゃ舵とり とも櫓(ろ)とり 5.海は荒波 浜村そだち 男度胸なら ひけとらぬ 6.忘れられよか 情もあつい あの娘浜村 お湯そだち カワイヤノの意味は? 『貝殻節』の歌詞には、「カワイヤノー」や「ホーエーヤ」などの囃子詞(はやしことば)が使われている。 これらは基本的に歌の調子を整えるための意味のない掛け声のようなものだが、あえて何らかの語源・由来を(多少強引に)考えてみたい。 まずは「カワイヤノー」から。 「カワイ」は「可愛い」か「可哀想」のどちらかが語源と思われるが、昔の底曳き漁はかなりの重労働であり、「色は黒うなる 身はやせる」の歌詞から考えると、重労働で「可哀想やのう」と解釈できそうだ。 ホーエーヤの意味は? 『貝殻節』における「ホーエーヤ」については、鳥取市にある賀露神社(かろじんじゃ)の「ホーエンヤ祭り」との関係性が伺われる。 写真:賀露神社本殿と拝殿(出典:賀露神社公式Webサイト) 鳥取市公式Webサイトでは、「ホーエンヤ」の語源・由来について次のような解説を掲載している。 鳥取市賀露神社の古文書に、それは今から約1300年前に遣唐使吉備真備が帰朝の途次に遭難したとき、賀露浦の若者たちが向う鉢巻で八丁櫓の船を仕立て救助に赴いたときの掛け声が、「ホーエンヤ、ホーエヤエーエ、ヨヤサノサッエ」という木遣りの囃し言葉だったと伝えている 「ホーエンヤ」の具体的な意味については記述がなかったため、強引に意味を推測するしかないが、「ホーエン」は「ホーエイ(宝栄/豊栄)」や「ホーライ(宝来)」などが変化したものではないかと推測される(漢字は当て字)。 大阪の愛染まつりにおける「宝恵かご」の「宝恵(ほうえ)」とも近いものがある。 ホーランエンヤとの関係は? 西日本を中心とする各地には、島根県松江市「ホーランエンヤ祭」や、大分県豊後高田市「ホーランエンヤ祭」など、「ホーランエンヤ」と呼ばれる船神事のお祭りが複数存在する。 その掛け声は『貝殻節』における囃子ことばと良く似ており、両者の関係性の近さが伺われる。 おそらく、『貝殻節』の「ホーエーヤ」は、これらの船神事「ホーランエンヤ」が変化したものと推測される。 詳しくは、こちらのページ「」も適宜参照されたい。 関連ページ 「会津磐梯山」、「草津節」、「ソーラン節」、「ちゃっきり節」など、日本全国各地の地元に根付いた地方の民謡・ご当地ソング、地名の入った歌まとめ 『草津節』、『貝殻節』、『山中節』など、温泉地に関連した日本の民謡・有名な歌まとめ.

次の

今更誰かに聞けない、初音ミクが歌う「千本桜」を徹底解説!

おとめ かい ほう 歌詞

本文も加筆修正されています! — 神憑特殊桜小隊 千本桜 senbonzakuraAMW VOCALOID「初音ミク」により奏でられた『千本桜 feat. 初音ミク』は、2011年に人気クリエイター・黒うさPが作詞・作曲・編曲し、インターネット上で公開された楽曲です。 この曲が人気の理由の一つとして、曲はもちろんのこと、歌詞やPVもかっこよく、それに加えて震災のタイミングも重なったことで、応援歌として用いられたこともあり、爆発的な人気となりました。 カラオケ曲としても人気があり、2012年度カラオケランキングではVOCALOID史上初となる総合カラオケランキング3位を獲得し、公開後3年経った2014年にはカラオケランキングにて2位を獲得し、配信後常にボカロ曲ナンバーワンの人気を維持しています。 また、2013年3月にはミュージカル化、小説化も行われ、2013年春にオリコンの文芸部門1位を記録しました。 『千本桜』のキャラクターのコスプレやライブも数多く開催されていて、「歌ってみた」「演奏してみた」等の二次作品制作も盛んに行われていることから、その人気ぶりが伺えます。 漫画化、ゲーム化もされていて、更にはCMソングとして使用され、2015年の年末には紅白で小林幸子とコラボもしています。 2016年2月11日には、ニコニコ動画にて1000万再生を達成しました。 そんな『千本桜』とは一体どんな曲なのかをご紹介します。 サビの部分は、いろんな人の言葉や声が、たくさん咲き乱れ、誰か一人の声すら届かなくなっていく。 いろんな人の意見が入り乱れ、宴のように賑わい騒がしくなり、例えばその一人の声が意見に反していれば、その意見が違うと思う人たちの意見の中 檻 に囲われてしまう。 それでも、世界を変えられるかもしれないから、首を切られる覚悟でこの世界を見下ろしてみよう、というような内容になっています。 この曲は、「和楽器バンド」によりカバーされ、テレビにて披露されたことから、更に大きな反響を得ています。

次の

ゲスの極み乙女。 キラーボール 歌詞

おとめ かい ほう 歌詞

ゴンドラの唄 いのち短し 恋せよ少女 日本の歌謡曲/朱き唇 褪せぬ間に 明日の月日の ないものを 「いのち短し(命短し) 恋せよ少女」の歌い出しが印象的な歌謡曲『ゴンドラの唄』は、劇団・芸術座により1915年(大正4年)に公演が行われた『その前夜』における劇中歌として作曲された。 なお、「いのち短し 恋せよ少女」のフレーズが歌とは別に用いられる場合、「恋せよ少女」は「恋せよ乙女(おとめ)」に差し替えられる場合が多い。 【関連ページ】 作詞者は、歌人・劇作家の吉井 勇(1886-1960)。 石川啄木らと共に雑誌「スバル」の編集にあたり、坪内逍遥に推され戯曲の脚本家としてキャリアを重ねた。 なぜヴェネツィアのゴンドラ? 『ゴンドラの唄』の歌詞だけを見ると、タイトルにあるキーワード「ゴンドラ」との関連性が即座には明らかではなく、なぜこの曲が『ゴンドラの唄』と名付けられたのか疑問に思う方も少なくないだろう。 この疑問を解決するには、この曲を生んだ劇団・芸術座の公演『その前夜』の内容に軽く触れる必要がある。 『その前夜』の原作は、ロシアの小説家・ツルゲーネフによる同名の戯曲。 この中で、主人公の女性・エレーナは、恋人とヨーロッパへの旅路から戻る途中、イタリアのヴェネツィアで船を待っている場面で、ゴンドラの船頭が集ってざわめくシーンが登場する。 イタリアのヴェネツィアにおける船といえば、古くから「ゴンドラ gondola」と呼ばれる手漕ぎボートが用いられてきた。 原作では、ここで曲が歌われることはないのだが、劇団・芸術座による日本独自の演出により、ヴェネツィアの船待ちシーンで『ゴンドラの唄』が劇中歌として追加されることとなった。 歌詞の内容のルーツは? ヴェネツィアのゴンドラを待つ場面で歌われる曲ということで、『ゴンドラの唄』の歌詞についても、やはりゴンドラに関係する内容が意図された。 作詞にあたって参考にされたのが、アンデルセンの長編小説『即興詩人』(訳:森鴎外)。 その中で、ヴェネツィアへ行く船の水夫が歌っていた舟歌の内容が、『ゴンドラの唄』の歌詞に大きく反映されているという。 なお一説には、かつてヴェネツィアで流行していた歌がルーツとする説明もあるようだ。 関連ページ 『東京音頭』、『兎のダンス』、『シャボン玉』、『あめふり』、『背くらべ』など、童謡作曲家・中山 晋平の有名な童謡・代表曲まとめ 『ゴンドラの唄』と同じく劇団・芸術座のために作曲された中山 晋平の大ヒット曲(プロデビュー作)。 大正時代に作曲された有名な童謡・唱歌、大正時代に浅草オペラなどで流行したオペラの名曲、大正時代に歌われた流行歌など、大正ロマンを感じる名曲まとめ。

次の