ブヨ 虫除け。 ブヨ対策にハッカ油!作り方と効果を解説・市販品を使わない理由は? | 悩み解決青空ブログ

ブヨ対策(対処編)~ポイズンリムーバーは効果なし?

ブヨ 虫除け

烏帽子小屋でブヨが大量発生! 6月3日のブログでも書きましたが、北アルプス・裏銀座コースのテント場を調べている時に烏帽子小屋のホームページにこんな情報が載っていました。 最近、温暖化の影響か、テント場や登山道に大量のブヨが発生しております。 普通の虫よけでは効果がありませんので、虫よけネット、ハッカ油、ブヨ専用の蚊取り線香などご用意されればよいかと思います。 小屋での販売は行っておりません。 出典: ブヨが大量発生!しているようです。 ブヨとアブ ブヨというのは ハエを小さくしたような奴ですね。 体長 2~5mmの大きさで刺されてもしばらく気が付かないことが多いです。 ちなみに、 アブというのは ハエを大きくしたような奴で体長が 2~3cmもあります。 アブは大きくて、羽音もするので、近づいてくればすぐにわかります。 アブが寄ってきたら、逃げるか、追っ払うか、戦うか、何かしらの対処をすることが可能です。 でも、ブヨは小さくて音も立てずに近寄ってきます。 気付かないうちに刺されてしまうので、たちが悪いんです! ブヨに刺されると厄介だ! 正しくは刺すのではなく皮膚を噛み切って血を吸うらしいのですが、その際に、毒素を注入してくるので、激しい腫れや痒みの症状が現れてなかなか治りにくいのです。 私も何度かブヨにやられたことがありますが、治るのに2~3週間はかかりますね。 ひどい時には1ヶ月以上たっても痒みが引かないこともありました。 烏帽子小屋は、裏銀座コースの1日目にテント泊する場所なので、初日からブヨにやられたら、せっかくの山旅が台無しになってしまいます。 今回、この憎きブヨの予防方法やら、刺された時の対処用法やらを、いろいろと調べてみたので私なりにまとめてみました。 ブヨの予防方法 予防方法は下記の3つ。 それぞれ詳しく説明していきます。 【1】服装に注意!~肌を露出しないこと 【2】ハッカ油スプレーをこまめに噴射! 【3】虫除けネットで顔を防御! 以前、 雲ノ平へ行った時の話ですが、最終日に わさび平小屋から、下山口の 新穂高温泉へ向かう途中の事。 徒歩1時間ほどの平地歩きだったので、安心して「半ズボン」に履き替えたら、その1時間ほどの間で、両足のふくらはぎ付近を十数カ所、ブヨに噛まれてしまいました。 ブヨは油断禁物です! 頭には帽子をかぶり、手にはトレッキンググロープを着けておけば、顔周辺の虫を振り払う時も、刺される心配もないでしょう。 あと、ハチやアブと同じく、黒色や暗い色に群がる習性があるようなので、 なるべく明るい色の服装にしたほうが良さそうです。 【2】ハッカ油スプレーをこまめに噴射! 首周りや、手首等、肌が露出してしまう場所には虫除けとして、ハッカ油スプレーを吹きかけておきます。 一般の虫除けスプレーは、ブヨには効果がないようです。 ブヨはハッカ(ミント)の匂いが嫌いなので、ハッカ油スプレーが効果的です。 ハッカ油は人体への影響がないので安心して使えますね。 ハッカ油スプレーのスプレー部分とキャップを付け替えて使えます。 【容量】12ml x 2本 【重量】48g ハッカ油スプレーの使い方・注意点 ハッカ油スプレーは汗で流れたり、ハッカの匂いがなくなると虫除け効果がなくなります。 ザックの雨蓋など取り出しやすい場所に入れておいて、虫が多い場所ではこまめにに吹きかけておくほうが良さそうです。 【3】虫除けネットで顔を防御 烏帽子小屋に限らず、高瀬ダムから烏帽子小屋まで登るブナ立尾根付近でも、虫が多くてブヨが顔の付近にまとわりついてきた、という書き込みが多くありました。 足と手と頭は、長袖、長ズボン、帽子とハッカ油スプレーで防御できますが、顔はむき出しで目の周りはハッカ油スプレーも使えません。 ということで、顔を防御するために頭からかぶる虫よけネットを用意しました。 アウトドアや山岳用品で、お馴染みのシートゥーサミットの虫除けネット。 軽量&コンパクトでスタッフバック付きです。 ネット自体にも殺虫処理がされ、黒いメッシュで視界も良好です。 つば付き帽子にかぶせて使うものですが…これをずっと頭に被って歩くのは、さすがに煩わしいので、普段はザックにしまっておいて、虫が多くなってきたら、サット取り出して、頭にかぶるという作戦で行こうと思います。 その他 ブヨ用蚊取り線香(パワー森林香)について パワー森林香という蚊取り線香が、ブヨ・アブ対策には有効のようですが(ブヨには効かないという情報もありますが…)、かさばるのと、火を点ける必要があるので、登山中には扱いにくいと思って外しました。 腰にぶら下げて歩くのは邪魔だし、灰を撒き散らしてしまいそうですね。 テント場ではいいかもしれませんが… [].

次の

ブヨ(ブユ・ブト)に刺されたら?キャンプ初心者向けに対策・対処法を解説

ブヨ 虫除け

外での活動機会が増える夏は害虫(蚊・ブヨ・アブ・マダニ・ハエ・ノミ・ナンキン虫・ツツガムシなど)もより活発になりやすい時期であり虫刺され対策に追われる人も多いのではないでしょうか。 虫に刺されると強烈なかゆみや腫れが中々おさまらずに、仕事をしたり寝る時にも気になってしまいうっとおしいですよね。 筆者自身も虫に刺されやすく、山でのキャンプやBBQ・河川や海での花火大会などは万全の対策をしないと怖くて行けません。 そこで、虫刺されを予防するための虫除けスプレーを買うべく薬局やドラッグストアに足を運ぶわけですが、いつもどの商品を買うか迷っていました。 どの商品も忌避効果のある害虫として商品表示されているのは同じなので、有名な製薬会社の商品を無意識に選んでいましたが、どうも商品によって効き目が違うように感じていました。 実際に虫除けに効果的な薬剤や市販薬などネットや書籍を漁って読んでみると色々な噂や事実が明らかになってきたので、本当に効果的な虫除け薬はどうやって選べば良いのかについて得た知識をここでご紹介しようと思います。 絶対に虫に刺されたくないという人にとってはきっと役立つ情報になるかと思います。 記事の内容• 虫除け効果のある商品と効果がない商品の差とは? 私自身がずっと気になっていた疑問。 それは虫除け薬として販売されている数々の商品の効果の違いです。 私と同じようにずっと気になっていた方はかなり多いと思いますが、実際に調べたりした方は私も含め案外少ないかと思います。 で、そもそも商品によって虫除け効果に差はあるのかという問いの答えですが「商品によって効果に明確な差がある」と断言できます。 ネット上の情報だけ頼りにしていると、「〇〇は蚊には効くけどアブやブヨには効かない」「ブヨにはハッカスプレーが効く」「ハーブ系のアロマが虫除けに効果的」「どの商品も虫除け効果はないから自作した方が良い」など市販薬に対しては否定的な内容が多く散見されていますが、それはもしかすると効果が少ない商品を選んでいたから効き目を実感できなかったとも言えます。 虫除け効果を左右する薬剤や成分とは? 市販されている虫除け薬には確かにダニや蚊・ブヨ・アブなどの吸血生物に対する忌避効果のある成分が含まれています。 これは研究や実験などで効果が明らかになっている成分が含まれているので間違いありません。 実際に虫除け効果(忌避効果)を左右する成分は「ディード」という成分です。 気になって調べた方はおそらく「ピレスロイド」「ディード」という殺虫剤や虫除け薬に含まれる成分名についてどこかで聞いたことがあるはずです。 他にも害虫に対して有効とされる成分は他にも発見されていますが、効果の面からはこれらの成分を上回る薬剤は現時点では見つかっていません。 つまり、現在市販されている薬剤はどれも科学的根拠の裏付けがあり、もっとも有効とされる成分が含有されている商品が売られているのでそこは信頼しても問題ないようです。 スポンサーリンク 効果の違いは成分含有量と用途かも!? 効果に差を感じてしまう原因はおそらく使用場所や使用用途によって目的別に商品を選べていないことが原因の可能性があります。 同じ商品名でも違うタイプの虫除けスプレーなど数種類の商品が同じメーカーから販売されていたりするので、商品棚に並ぶ数が多くなり迷ってしまうのは当然。 メーカー側からしたら用途別に使えるように親切に成分含有量が異なる商品を製造してくれているのですが、これが消費者が迷ってしまう原因にもなっているのではないでしょうか。 さらに、成分量や容量によっても価格帯が異なってしまうため、お手頃価格の商品は手が出しやすいのですが含有量が少なく効果が少ない場合もあるでしょう。 例えば山奥でのキャンプや野外フェスなど明らかにたくさんの害虫が生息する場所に近づく時は忌避効果の高い高配合商品を選ぶに越したことはありませんよね。 また、汗などによって流れたり、商品ごとの持続時間なども考慮して使わないと「スプレーしたのに刺された」なんてことになってしまいます。 蚊・ブヨ・アブ・マダニなどの害虫対策のすすめ では、どのような商品をどのように選べば良いのか最後にご紹介しましょう。 注目すべきは「ディード」という成分です。 まずはディード配合商品を選ぶようにすれば間違いありません。 日本で販売されている直接肌や衣類に吹きかけたり塗ったりするタイプのディード配合商品は最高でも30%と決められているので、もっとも効果の高い虫除け薬は「ディード配合率30%の商品」です。 登山やハイキングなど奥地に足を踏み入れて長時間の活動をしなければいけない時はこの高濃度配合商品がオススメです。 蚊やブヨ対策はもちろんですが、ヒルやマダニなども寄せ付けない効果があり、濃度が濃いため持続時間も最長です。 逆に短時間(3〜4時間)の外出や近くへの買い物や用足し程度であれば高濃度配合商品は避けても問題なく、一般的に販売されている虫除けスプレーや塗るタイプの虫除け薬で問題ないといえます。 要は活動する場所や時間などによって商品を使い分けるといったことができるようになると正しい商品が選べて効果もそれなりに実感できるようになるということです。 スポンサーリンク さらに効果を高めるための組み合わせ 虫除けスプレーに加えて使用するとさらなる効果を発揮できるのが日本でもおなじみの「蚊取り線香」などの置き型タイプのもの。 電子蚊取りやアースノーマットなど火を使わないタイプの商品なども販売されていますが、海外の危険生物にも効果的な商品もあり海外旅行の必需品としても人気のタイプが置き型や持ち運びができるタイプのものです。 スプレーや塗るタイプの虫除け薬は肌に負担がない範疇の濃度となっていますが、これらの商品はさらに強い成分(虫にのみ作用する成分)を周囲に漂わせるため虫除けスプレーと併用するとより高い効果が得られます。 風の流れや天候などで完璧とは言えませんが、バリア機能は高く評価されており海外でも日本製は人気です。 運良くバリをすり抜けてきた虫に対してはスプレーが守ってくれるのでさらに安心といえるのではないでしょうか。 オススメ商品などを詳しく知りたい方はの記事で具体的な商品を紹介していますので、合わせてチェックしてくださると商品選びが簡単になりますよ。

次の

登山と虫よけ~やぶ蚊とブヨ対策

ブヨ 虫除け

キャンプで気を付けたい虫は? キャンプ場で被害に遭う確率が高い虫です。 最近話題になるマダニのように、藪に潜む小さな虫は、「近寄らない」以外の対策が困難なので、ここでは省略しています。 蚊 言うまでもない「困った虫」の代表格。 池や水たまり、川の流れが弱い淵の近くに発生しやすく、テントはできるだけ離れて設営したほうがよいでしょう。 ブヨ(ブユ、ブト) キャンプ場でよく見かけるのは、蚊より大きくハエより小さいくらいのサイズです。 人の身体を口で噛んで吸血します。 蚊に刺されるより、痕が大きく、強いかゆみが残ります。 蜂 ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチなど。 中でもオオスズメバチの危険度は高く、土の中に巣を作ることが多いと言われています。 ムカデ 私も経験がありますが、刺されると30分くらいは動けなくなるほど痛いんです! 山よりも海辺のキャンプで多く見かけます。 基本の虫よけ(虫除け)対策 スプレーなど虫よけ(虫除け)アイテムを、と考える前に、危険を回避するとても大事な虫対策。 蜂対策はできるだけ薄い色の服で 黒や赤など、濃い色の服は蜂に狙われやすいと言われています。 理由は定かではありませんが、白や水色など、薄い色の服のほうが無難。 帽子もできれば色の薄いものがベターです。 蜂が近くに来て、手で払ったりするのは得策ではありません。 蜂が、攻撃されていると勘違いして、反撃してくる可能性があります。 静かに、じっとして通り過ぎるのを待ちましょう。 靴やバッグの中身をよく確認 私自身の経験ですが、海のキャンプで靴の中にムカデが入っていることに気づかず、そのまま履いて刺されたことがありました。 ムカデに限らず、靴やバッグの中に虫が潜んでいる可能性は十分にあります。 靴を履くとき、バッグの中から洋服を出して着るときは、必ず逆さまにして振るなど、虫がいないことを確認してからにしましょう。 湘南自然学校が実際に使う虫よけ(虫除け)アイテム5 子どもに持参するよう推奨したり、スタッフが実際に使っている虫よけ(虫除け)アイテムです。 写真は湘南自然学校で実際に使っている携帯救急セットの中身。 個人的に一番手軽で効果を実感しているのは、やはり肌に直接付けるタイプの虫よけ(虫除け)スプレーです。 ただし、広範囲に噴霧するタイプより、手のひらに付けて広げるミストやローションタイプのほうを、親御さんにすすめています。 噴霧するタイプだと、虫に向かって吹いて遊ぶ子がいます。 それでは当然効果はありませんし、スプレーがあっという間になくなってしまいます。 ファミリーでも、リキッドタイプのほうが、何かと手間いらずではないでしょうか。 累計200万本突破の大人気商品!天然成分100%で、デリケートな6ヶ月以降の赤ちゃんから使用できる虫除け。 キャンプ情報メディアLANTERN-ランタン-は、キャンプの楽しさを伝える情報メディアです。 キャンプ初心者、キャンプ愛好者の疑問や不安をやさしく照らす「ランタン」のような存在として、現場で役立つキャンプ術、キャンプ用品の体験やキャンプ用品のレビュー、新作キャンプギアの紹介、キャンプ場紹介、キャンプ・アウトドア関連のイベント情報など、キャンプに関する新鮮で正確な情報を毎日お届けしています。 リアルキャンパーのキャンプスタイル情報量No. 1! キャンプ場での現地取材と一般キャンパーからの投稿で、キャンプスタイルを数多く掲載。 ファミリー、カップル、グループ、ペットなど、いろんなキャンパーのキャンプスタイルを毎日更新中!キャンプの楽しさをイメージでもお届けする、キャンプスタイル情報量No. 1のキャンプ情報メディアです。

次の