薄力粉 強力粉の違い。 【違い】小麦粉の種類「強力粉」「中力粉」「薄力粉」

【違い】小麦粉の種類「強力粉」「中力粉」「薄力粉」

薄力粉 強力粉の違い

今回はこの3つの粉の違いを紹介していきます。 「薄力粉」とは 小麦粉と薄力粉はよく同じ意味で使われている印象がありますが、厳密にいうと少々違います。 薄力粉は小麦粉というカテゴリーのなかにある粉のひとつです。 薄力粉とは軟質小麦を原料とした小麦粉で、タンパク質の割合が少ないのが特徴です。 グルテンの量が一番少ないので粘性は弱く、もちもちとした食感を生み出すことはできませんが、逆にサクッとした軽い食感やふんわりした柔らかいものを作るのに一番適しています。 またよく「レシピに小麦粉って書いてあるけど、薄力粉でもいいの?」とインターネット上の掲示板等で質問されているのを見かけますが、基本的にはOKです。 一般的にレシピの中で「小麦粉」と呼ばれるものは薄力粉を指していることが多く、特別「中力粉」「強力粉」と記載がなければ、大抵の場合「小麦粉=薄力粉」と考えてよいでしょう。 料理のなかで圧倒的に使われる機会が多いのは薄力粉です。 「小麦粉」とは 小麦粉とは小麦を製粉したもの。 小麦粉の成分の7~8割は炭水化物であり、その他にもタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル類などを含んでいます。 小麦粉特有のタンパク質である「グルテン」の量や性質によって「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の3種類に大分されます。 グルテンは粘着性と弾性の特性をもつもので、量や質が異なると当然硬さなどに違いが出ます。 簡単に説明すると、薄力粉はグルテンの割合が一番少なく 8. 水を含ませた時の粘りが弱いため、ケーキなどの洋菓子や、天ぷらの衣などに使われます。 中力粉は、薄力粉と強力粉のちょうど中間に位置する粉で、グルテンの割合が8. 5~10. 水を含ませた時に滑らかに伸びるのが特徴で、うどんなどの麺類、餃子の皮などに使われます。 強力粉はグルテンの割合が一番多く 11. 水を含ませると強く粘るため、パンやラーメンなどに使われます。 「片栗粉」とは 片栗粉とはでんぷんを精製した粉です。 つまり、これまで紹介した薄力粉を含む小麦粉とは原料に違いがあります。 本来ユリ科のかたくりという植物の根っこから造られていましたが、かたくりの花が減少したことと、ジャガイモが大量に作られるようになったことで、現在ではじゃがいもを原料としているものが一般的です。 片栗粉の最大の特徴は水に加えて加熱すると、粘性が増大し柔らかくなるところです。 この現象を「糊化」 こか と言います。 この特性を利用して、調理で「とろみ」をつけたい際によく使われます。 とろみをつける時の注意点としては、片栗粉を粉の状態で使わないこと。 でんぷんは水に溶けにくく、また粉の状態だとダマになりやすいので、あらかじめ片栗粉を水で溶いておき、少量ずつ回し入れるのがGOOD。 またとろみをつける以外にも、衣にしたり、つなぎにしたり様々な用途があります。 冒頭で「唐揚げで使うのは小麦粉?片栗粉?」とありましたが、これはどちらでもOKです。 小麦粉を使った唐揚げの衣は茶色く、歯ごたえはザクッとしっかりした食感になります。 対して片栗粉を使った唐揚げの衣は白く、補が絶えはカリッとした食感になります。 それぞれ粉の意味・特性を理解すると料理のレパートリーが増えそうですね。

次の

天ぷら粉、小麦粉、強力粉、薄力粉に片栗 何が違うの?粉物の使い分けがわからないので教えて!

薄力粉 強力粉の違い

市販されている4種類の小麦粉 日本国内では、4種類に分類されます。 薄力粉:約6. 5~8. 中力粉:約8. 0~10. 準強力粉:約10. 5~12. 強力粉:約11. 5~14. 5% しかし、4分類がすべてではありません。 たとえば、パン、菓子、麺では異なる小麦粉が用いられますし、パン専用の小麦粉の中にも「食パン用」「フランスパン用」などのように分けられます。 また、同じ食パン用であっても「ボリュームがでやすいタイプ」「クラスト(外皮)がパリパリになりやすいタイプ」など、ニーズに合わせた様々な小麦粉が存在します。 基本的に、小麦粉のタンパク質含有量は品種による違いです。 しかし、同じ品種であっても産地や栽培方法による違いが生じます。 小麦粉には、1品種のみが原料とされることもあれば、複数の品種をブレンドされることもあります。 分類だけでは、分からないことが多いのです。 小麦粉4種類の使い分け方法 小麦粉は、種類によって使い分けられます。 薄力粉は「菓子や料理など」、中力粉は「麺や菓子など」、準強力粉は「パンや麺など」、強力粉は「パンなど」のように用途の違いで分けられるのです。 薄力粉:菓子や料理など• 中力粉:麺や菓子など• 準強力粉:パンや麺など• 強力粉:パンなど しかし、上記はあくまでも簡易的な分類です。 薄力粉の中には複数の異なる特徴を持つ薄力粉がありますし、中力粉、準強力粉、強力粉であっても複雑に細分化されています。 4種類の小麦粉は、大まかな分類であるということになります。 分類の不確実性と等級 小麦粉の4分類は、タンパク質含有量によるものです。 小麦粉にはタンパク質含有量のほか、「灰分(リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄など)による分類」があります。 等級と呼ばれる分類法です。 灰分含有量が低い(外皮や胚芽の混入の少ない)ものから、特等粉、1等粉、2等粉、3等粉、末粉のように分類されています。 特等粉(0. 3~0. 1等粉(0. 35~0. 2等粉(0. 45~0. 3等粉(0. 7~1. 0%):グルテン(もしくは澱粉)など• 末粉(1. 2~2. 市販品の多くは2等粉までであり、3等粉以下は加工原料や飼料として用いられています。 また、日本ではタンパク質含有量による分類(薄力粉、中力粉、準強力粉、強力粉)が用いられていますが、フランスでは灰分含有量による分類が用いられています。 まとめ 小麦粉の違いは、タンパク質含有量の違いです。 しかし、基本の4分類(薄力粉、中力粉、準強力粉、強力粉)以外にも複雑に分類されていますので、一概に「薄力粉なら同じ」とは言えません。 家庭向けに、簡易的な「4分類にされている」ということになります。

次の

薄力粉・強力粉・中力粉の違いは?代用はできるの?|楽しくしてればどんなもんだい

薄力粉 強力粉の違い

天ぷら粉と小麦粉は違うもの? 天ぷら粉とは、誰でも上手に天ぷらがカラッと揚げられるようになっている粉です。 原材料には小麦粉や片栗粉、卵などが入っていて、水と混ぜるだけで簡単に天ぷらができます。 一方小麦粉はその名のとおり小麦の粉。 天ぷら粉には小麦粉が使われていますから、まったく別物とは言えません。 もともと料理店などでは小麦粉に卵や冷水を混ぜたもので天ぷらを作ります。 天ぷら粉が無くても小麦粉があれば天ぷらは作ることができます。 しかしプロの方法は素人にはなかなか難しく、天ぷらがべチャッとしてしまうことも。 ところが今はさまざまな裏技があり、素人でもカラッと美味しく天ぷらを作れる方法があります。 小麦粉と水、卵は入れても入れなくても天ぷらにはなります。 アレルギーで避けたい場合はいれなくても大丈夫。 裏技ではそれにプラスして酢をちょっと入れる、酒をちょっと入れる、マヨネーズをちょっと入れる、などがあります。 酢は小麦粉のグルテンが出るのを抑えるはたらきでサクサクに。 酒やマヨネーズは衣の水分を蒸発させてくれるはたらきがあり、カラッと揚がるそうです。 使い分けは? 粉物の使い分けですが、小麦粉はシチューやホワイトソースなど洋風料理のとろみづけに使われたり、から揚げの衣だったり、フライを作るときの下準備に使われます。 片栗粉は主に中華料理のとろみづけに使い、こちらもから揚げの衣に使われます。 から揚げの衣については、小麦粉を使うと柔らか食感になり、片栗粉を使うとカリッとした食感になります。 これは好みなので自分のお好きなほうを使えばいいです。 どちらが間違いということはありませんよ。 また、 天ぷら粉は天ぷらの時に使うだけでなく、お好み焼きやクッキーなどを作るときにも使うことができるんですよ。 卵やベーキングパウダーが入っているので、色々な材料を揃える手間も省ける優れものなんです。 天ぷら粉を買ったけど、あまり天ぷらを作ることがなく残っているときはぜひ別の料理に使ってみてください。 強力粉と薄力粉ってなに?どんな時に使うの? 強力粉と薄力粉、真ん中には中力粉というものもありますが、これはすべて小麦粉のこと。 小麦粉はグルテンの量によって分別され、作るものにより用途が違います。 強力粉がグルテンが一番多く、これはパンや餃子の皮などを作る時に使われます。 中力粉は強力粉と薄力粉のちょうど真ん中。 うどんを作る時はこれ。 薄力粉は一番馴染みがあると思いますが、天ぷらの衣やクッキー、ケーキなどお菓子作りによく使われます。 片栗粉って何に使うの? 片栗粉は小麦と違い、じゃがいものでんぷんから出来ています。 マーボー豆腐やあんかけ焼きそばのあんなど、汁にとろみをつけたい時や、から揚げ、竜田揚げ、揚げだし豆腐などにも使われます。 揚げ物に使うと小麦粉よりもカリッとした食感に仕上げることができます。 あとは、大福やお餅の表面についている白い粉、あれも片栗粉です。 我が家は小麦粉よりも片栗粉の方が出番が多いですね。 揚げ物は片栗粉を使うことばかりです。 最後に それぞれの違い、使い分け、わかったでしょうか? 色々な種類はありますが、もともとは同じだったり誰でも使いやすいように混ぜ合わせていたりするだけです。 あまり難しく考えなくても大丈夫、試しに色々使ってみてください。

次の