パワーポイント フッター 編集 できない。 パワーポイントでヘッダー・フッターに日付や会社名を入れる方法

ヘッダーとフッターの編集・挿入|パワーポイント(PowerPoint)の使い方

パワーポイント フッター 編集 できない

PowerPointのプレゼンテーションには、WordやExcelの文書と同じようにヘッダーやフッターを挿入することができます。 日付やスライド番号、すべてのスライドに共通して入れておきたい会社名やプロジェクト名などは、ヘッダーやフッターを利用します。 ヘッダーとフッターが整えば、プレゼンテーションの完成度が上がり、配布資料として印刷する際にも便利です。 とくに、スライド番号は表示させることをおすすめします。 スライド番号の表示は、プレゼンテーション中の質疑応答がスムーズに行えるだけでなく、プレゼンテーション終了後の配布資料の確認などの際にも、スライドの位置を指定するのに役立ちます。 ヘッダーとフッターの書式は、選択しているテーマによって異なります。 書式や位置の変更には、スライドマスターを利用します。 ここでは、サンプルデータを使用して説明します。 ここでは、サンプルデータを使用して、スライドに通し番号を入れる手順を説明します。 このサンプルデータには、ある企業の事業計画書のスライドが8枚作成されています。 サンプルデータを開きます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「挿入」タブに移動します。 Tab キーを押して「スライド番号」を選択してEnter キーを押します。 「ヘッダーとフッター」のダイアログ ボックスが開きます。 * アクセスキー: Alt N S N• Tab キーを押して「スライド番号」のチェック ボックスに移動して、Space キーを押してチェックをオンにします。 Tab キーを押して「すべてに適用」に移動してEnter キーを押します。 すべてのスライドにスライド番号が表示されます。 * スライド番号は、初期状態ではフッター部分の右端に表示されます。 表示位置の変更は、下記のを参照してください。 上記では、すべてのスライドに通し番号を挿入しましたが、一般的に、タイトルスライドには、スライド番号は表示させません。 ここでは、サンプルデータを使用して、タイトルスライドにスライド番号を表示させない操作をした後、スライド番号の開始番号を変更して2番目のスライド番号が「1」になる手順を説明します。 このサンプルデータには、上記手順ですべてのスライドにスライド番号が挿入されています。 サンプルデータを開きます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「挿入」タブに移動します。 Tab キーを押して「スライド番号」を選択してEnter キーを押します。 「ヘッダーとフッター」のダイアログ ボックスが開きます。 * アクセスキー: Alt N S N• Tab キーを押して「タイトルスライドに表示しない」のチェック ボックスに移動して、Space キーを押してチェックをオンにします。 * サンプルデータでは、「スライド番号」のチェックボックスがオンになっています。 Tab キーを押して「すべてに適用」に移動してEnter キーを押します。 タイトルスライドのスライド番号が非表示になります。 このままでは、スライド番号が2枚目のスライドの「2」から開始するので、2枚目のスライド番号を「1」に変更する手順に進みます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「デザイン」タブに移動します。 Tab キーを押して「スライドのサイズ」を選択してEnter キーを押します。 「スライドのサイズ」のメニューが開きます。 * アクセスキー: Alt G S• 上下方向 キーを押して「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択してEnter キーを押します。 「スライドのサイズ」のダイアログ ボックスが開きます。 Tab キーを押して「スライド開始番号」に移動します。 下方向 キーを押して「0」に変更します。 半角数字で「0」と直接入力することもできます。 Tab キーを押して「OK」に移動してEnter キーを押します。 スライドの開始番号が変更され、2枚目のスライドが「1」になります。 ここでは、サンプルデータを使用して、フッターに会社名を挿入する手順を説明します。 サンプルデータを開きます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「挿入」タブに移動します。 Tab キーを押して「ヘッダーとフッター」を選択してEnter キーを押します。 「ヘッダーとフッター」のダイアログ ボックスが開きます。 * アクセスキー: Alt N H• Tab キーを押して「フッター」のチェック ボックスに移動して、Space キーを押してチェックをオンにします。 Tab キーを1度押して「フッター」に表示する文字を入力するボックスに移動します。 フッターに表示する文字を入力します。 例:SPAN. LTD. Tab キーを押して「すべてに適用」に移動してEnter キーを押します。 すべてのスライドのフッターに入力した会社名が挿入されます。 フッターに入力した文字は、初期状態ではフッターの中央に表示されます。 表示位置の変更は、下記のを参照してください。 スライドに挿入する日付は、プレゼンテーションを開くたびに自動的に更新されるように挿入したり、プレゼンテーション日などの任意の日付を固定して挿入することができます。 ここでは、サンプルデータを使用して、フッターに任意の日付を固定して挿入する手順を説明します。 サンプルデータを開きます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「挿入」タブに移動します。 Tab キーを押して「日付と時刻」を選択してEnter キーを押します。 「ヘッダーとフッター」のダイアログ ボックスが開きます。 * アクセスキー: Alt N D• Tab キーを押して「日付と時刻」のチェック ボックスに移動して、Space キーを押してチェックをオンにします。 上下方向 キーを押して「固定」に移動します。 ここでは、「自動更新」と「固定」のどちらかを選択することができます。 日付を自動的に更新させたい場合は「自動更新」を、任意の日付を固定して表示させたい場合は「固定」を選択します。 Tab キーを1度押して「固定」の入力ボックスに移動します。 ここは、固定表示にする文字を入力するボックスです。 任意の日付を入力します。 Tab キーを押して「すべてに適用」に移動してEnter キーを押します。 すべてのスライドのフッターに入力した日付が挿入されます。 * プレゼンテーションを開くたびに自動的に更新される日付を挿入するには、上記手順6で「自動更新」を選択します。 Tab キーを押して「言語」に移動して、上下方向 キーで言語を選択します。 上下方向 キーを押して目的の日付表記を選択してEnter キーを押します。 「言語」で「日本語」を選択したときのみTab キーで「カレンダーの種類」に移動できます。 * 日付は、初期状態ではフッター部分の左端に表示されます。 表示位置の変更は、下記のを参照してください。 ヘッダーとフッターに挿入した文字やスライド番号は、プレース ホルダーなどと同じように個々のスライドで編集することができますが、すべてのスライドを共通で編集するには、スライドマスターを使います。 ここでは、サンプルデータを使用して、フッター部分のプレース ホルダーの位置の変更と書式の変更の手順を説明します。 このサンプルデータのタイトルスライド以外のフッター部分には、スライド番号と会社名、日付が挿入されています。 スライド番号の位置の変更と会社名の書式変更の手順を説明します。 * スライドマスターの詳しい説明は、を参照してください。 サンプルデータを開きます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「表示」タブに移動します。 Tab キーを押して「スライドマスター」を選択してEnter キーを押します。 表示モードがスライドマスター表示に変わります。 * アクセスキー: Alt W M• 上下方向 キーを押して「タイトルとコンテンツ レイアウト:スライド2-8で使用される」のスライドを選択します。 このスライドは、スライド2から8までに共通したレイアウトです。 このスライドの変更がスライド2から8へ反映されます。 * スクリーンリーダーによっては、スライドマスターのサムネイルペインを読み上げないことがあります。 表示モードをスライドマスター表示に変更した直後は、「タイトルスライドレイアウト スライド1で使用される 」が選択されています。 上記で選択したのは、このスライドの1つ下のスライドで、全体では、上から15番目のスライドです。 Tab キーを押して「スライド番号〈#〉」のプレース ホルダーを選択します。 サンプルデータでは、5番目のプレース ホルダーです。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「書式」タブに移動します。 Tab キーを押して「配置」に移動してEnter キーを押します。 「配置」のメニューが開きます。 * アクセスキー: Alt J D A A• Tab キーを押して「左右中央揃え」に移動してEnter キーを押します。 スライド番号のプレース ホルダーが左右中央の位置に移動します。 Tab キーを押して「フッター」のプレース ホルダーに移動します。 サンプルデータでは、4番目のプレース ホルダーです。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「ホーム」タブに移動します。 Tab キーを押して「フォントサイズ」に移動します。 * アクセスキー: Alt H F S• 下方向 キーを押して「フォントサイズ」のメニューを開きます。 上下方向 キーを押して「14」に移動してEnter キーを押します。 選択したフッターのプレース ホルダーのフォントサイズが変更されます。 Alt キーを押してリボンに移動します。 左右方向 キーを押して「スライドマスター」タブに移動します。 Tab キーを押して「マスター表示を閉じる」を選択してEnter キーを押します。 標準表示モードに戻ります。 * アクセスキー: Alt M C * 標準表示モードには、「表示」タブの「標準」を選択しても戻ることができます。 アクセスキー: Alt W L.

次の

パワーポイントのスライドマスターの使い方

パワーポイント フッター 編集 できない

Word ヘッダーやフッター ページ番号や日付など の文字が印刷されない場合は、お使いのプリンタでは印刷ができない領域に入力されている可能性があります。 この場合、以下の手順でヘッダーとフッターの表示位置を調整すると印刷することができます。 ヘッダーとフッターの表示位置を変更する Word2013・2010・2007の場合• [挿入]タブをクリックし[ヘッダーとフッター]グループの[ヘッダー]または[フッター]をクリックします。• 表示されたメニューから[ヘッダーの編集]または[フッターの編集]をクリックします。• [位置]グループの[上からのヘッダー位置]または[下からのヘッダー位置]を変更します。 お使いのプリンタの最小余白より大きな数値を入力します プリンタによって最小余白が違いますのでお使いのプリンタの説明書などをご確認ください。• リボンの[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。 Word2003の場合• [ファイル]メニューから[ページ設定]をクリックします。• [ページ設定]画面が表示されるので、[その他]タブを開きます。• 「ヘッダーとフッター」の「用紙の端からの距離」を変更します。 お使いのプリンタの最小余白より大きな数値を「ヘッダー」と「フッター」に入力します プリンタによって最小余白が違いますのでお使いのプリンタの説明書などをご確認ください。• [OK]をクリックします。

次の

PowerPoint(パワーポイント)| セクションを追加する方法とセクション名が変更できない時の対処法|ちあきめもblog

パワーポイント フッター 編集 できない

PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint 2019 PowerPoint 2016 PowerPoint 2013 PowerPoint 2010 PowerPoint 2007 PowerPoint スライド ショーを実行するときに添付されるノート ページを作成して印刷することができます。 印刷されたノート ページの半分にはスライド サムネイル、残りの半分には発表者のノートが表示されます。 ノート ページにページ番号、フッター、ヘッダー、または日付を追加する• [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスが表示されます。 [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスで、[ ノートと配布資料] タブを選択します。 印刷されたノート ページに表示する項目のチェック ボックスをオンにします。 次に、ノートの各ページの上部または下部に表示するテキストを入力します。 既定では、[ ページ番号] がオンになります。 印刷されたノート ページに表示しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。 [ 日付と時刻] には、以下の日付スタンプの書式設定オプションがあります。 目的 操作 プレゼンテーションが開かれるたびに更新される日付と時刻を追加します。 [ 自動的に更新する] を選択します。 次に、目的の日付や時刻の形式を選択します。 固定の日付と時刻を追加する [ 固定] をクリックして、日付と時刻を入力します。 [ プレビュー] 画像には、オンになっている項目が表示されます。 [プレビュー] 画像の四隅に 4 つの狭い四角形が表示されます。 太字の四角形は、印刷されたノートで項目がオンになっていることを示します。 この例では、ヘッダーとページ番号がオンになっています。 [ すべてに適用] を選択します。 リボンの [ ビュー] タブで、[ ノート ページ] を選択して変更の効果を確認します。 ファイル名とファイル パス PowerPoint では、ファイル名やパス名の自動挿入はサポートされていません。 代わりに、上記の手順に従って、指定されたテキスト ボックスにファイルまたはパスを入力します。 ノートにロゴやその他の画像を追加する ノートのページに画像を追加するには、次のようにしてノート マスターを編集します。 ツールバーのリボンで、[ 表示] タブ、[ ノート マスター] の順に選択します。 リボンの [ 挿入] タブで、[ 挿入]、[ 画像] の順に選択します。 目的の画像を探して選択し、[ 挿入] を選択します。 ページの中央に画像が挿入されます。 画像を目的の場所にドラッグして、必要に応じて画像のサイズを変更します。 その他の書式設定のオプションを表示するには、[ 図ツール] の [書式] タブをクリックします。 ノートからヘッダーとフッターの情報を削除する• 任意のスライドを選択します。 [ 挿入]、[ ヘッダーとフッター] の順にクリックします。 [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスで [ ノートと配布資料] タブをクリックし、ヘッダーまたはフッターから削除するオプションのチェック ボックスをオフにします。 [ すべてに適用] を選択します。 リボンの [ ビュー] タブで、[ ノート ページ] を選択して変更の効果を確認します。 これらの変更は、スライド自体のヘッダーやフッターには影響しません。 印刷されたノート ページにのみ影響します。 関連項目.

次の