バジリスクタイム 終了ボイス。 バジリスク3 終了画面と設定示唆

【白ナビ】バジリスク絆 激レア中の激レア演出とは【激アツ】

バジリスクタイム 終了ボイス

好きなところから見る• 通常時は主にバジリスクチャンス(BC)と、3種類の 争忍チャレンジ(CZ)を契機にARTバジリスクタイム(BT)突入を目指す。 大きく進化した点は、争忍の刻中はいわゆる自力バトルとなっている点で、毎ゲームのレバーオンではより手に力が入る仕様。 1 98. 7 99. 4 102. 4 104. 0 107. 2 110. 6枚現金…730G~ 狙い目 時給3,000円lv 等価…710G~ 5. 【リセット時の周期】 リセット時は周期モード1確定!この 周期モード1はCZに入りやすい状態なので若干ではありますが恩恵といえるでしょう。 リプレイの揃い方によるリセット判別 朝イチ、ベルのこぼし目が出現する前のリプレイの揃い方に注目すればリセットを見抜ける可能性がある。 また店員などにより対策される可能性もあるので過信は禁物。 やめ時 やめどきに関しては、ART終了後の前兆がないことと、高確非滞在を確認してからやめる。 シリーズお馴染みの「弾正屋敷」はバジリスク3でも高確示唆ステージとなっているため、移行した場合はしばらく様子を見ておきましょう! また、新たに追加された「計略の道」と「卍谷月下」はCZ前兆ステージとなっています。 ART後伊賀スタートの意味 ART後ステージが伊賀鍔隠れは周期モード1確定。 CZ当選までモード転落はないので、リセット狙いと同じように初回CZまで打つのもあり。 RT状態は打ちきる ART終了後に通常画面に戻っても内部的にはRT状態が継続しています。 RT転落契機は「ベルこぼし目」「上段リプレイ」の2つ。 液晶目とステージ 夕方背景の甲賀弾正屋敷は高確示唆なので様子見。 また、 液晶に銀の派手な玉が頻出している際は周期が近い事を示唆しているのでこちらも様子見を推奨。 変則押ししてもペナルティは発生しない。 逆押し ボーナスに期待出来る場面や強役後は右リール中段に青 or 黄BARを狙ってみましょう。 中段に停止すれば実践上、強チェリー or 巻物 or BCが確定! ボーナス・ART中 基本は通常時と同じ、ナビに従う。 1 弱チェリー成立には設定差がある。 0 通常時解析・概要 ステージ一覧・期待度 甲賀弾正屋敷はCZ高確示唆。 謀略の道・卍谷月下はCZ前兆ステージ。 液晶出目 液晶下部に停止する出目にも注目。 駿府城ミッション「駿府城」 ・継続:15G ・突入時点で ART確定!? ・区間中に「バジリスクタイム」の告知を発生させる事が出来れば 高モードのARTになり、 ART2セットも保証!? 周期とは別に通常時には「通常・高確」の2つの状態が存在。 移行抽選は弱チェリー・ハズレで行われで弾正屋敷ステージに移行した際は高確を示唆。 なお、 高確中に周期を迎えた場合は CZの当選が確定する。 周期短縮抽選 通常時はレア役成立時に、 周期短縮抽選が行われている。 当選すれば周期までのG数が0となり、周期抽選が行われる。 なお、非当選の場合は周期までのG数が1減算される。 小役 当選率 巻物 25. ・伊賀鍔隠れ…周期モード1に滞在確定!? ・前兆ステージ(謀略の道・卍谷月下)…CZ前兆残り16G以下が確定!? (謀略の道・卍谷月下)…CZ前兆残り16G以下が確定!? ・甲賀卍谷…周期モード1、かつCZ前兆残り8G以下が確定!? ・伊賀鍔隠れ…周期モード1、かつCZ前兆残り8G以下が確定!? ボーナス(バジリスクチャンス)中は、成立役に応じてART抽選を行っている。 当選したボーナス種別と設定に応じて選択率が異なる。 基本的に 黄BAR時は弦之介・ 青BIG時は朧のボイスとなるが、矛盾すれば高設定確定!? となる。 0 ART:バジリスクタイム(BT) 【突入契機】 ・CZでの抽選 ・バジリスクチャンス中の抽選 ・天井到達 など 【ART性能】 ・純増:約1. モードの振り分けは特定契機を除き、 奇数設定かつ高設定ほど優遇されています。 継続モード振り分け ART初当たり時 設定 モード1 モード2 モード3 モード4 1 66. 上位モードほどベルリプレイ確率がアップし、 争忍モードはバトル背景で示唆しています。 期待度 背景 高 城 高モード+継続の大チャンス!? 争忍モード振り分け 継続モード別 争忍モード 継続 モード1 継続 モード2 継続 モード3 継続 モード4 争忍モード1 75. 曲による示唆内容は以下の通り。 BGM 示唆 甲賀忍法帖 継続確定!? WILD EYES 2セット以上の継続が確定!? ARTストックの超高確率ゾーン。 」時にのみ発生。

次の

バジリスク絆2【セリフ テーブル モード 高確示唆 演出】解析

バジリスクタイム 終了ボイス

天井到達率が高めなので、天井狙いにはプラス要素ですね! ゾーン狙いはせず、スルー回数と併用した天井狙いで攻めていくのがいいでしょう。 狙い目 狙い目 0スルー 300G~ 1スルー 400G~ 2スルー 350G~ 3スルー 100G~ 4スルー以上 0G~ ゲーム数天井の狙い目はスルー回数に応じて変化させていく形がベストだと思います。 基本的にはスルー回数が少ないほどボーダーが高めになりますが、 0スルー時にゲーム数天井に到達すれば、AT確定+期待獲得枚数優遇という恩恵があるため、少し浅めから狙うことが出来ます。 4スルー以上していれば、ゲーム数不問でAT当選まで打ち切っていいでしょう。 ただし、前述しましたが、 スルー天井はG数天井からのBC当選でもリセットされるので、狙う際はスルー回数だけでなくBCの当選G数も要チェックです。 また、天井狙いの場合はデータカウンターではなく、 サブ液晶のゲーム数を参考にしてください。 プッシュボタンを押すとサブ液晶に現在のハマリゲーム数・BCスルー回数が表示されるので、必ずチェックしましょう。 ただし、即ヤメ厳禁のパターンがあるので、以下にまとめました。 また、も確認しておきましょう。 通常モードテーブル 通常時はモードA~Dの4種類のモードがあり、高モードほどBC当選時のAT突入率が優遇。 モードD滞在時はBC当選=AT確定となります。 このモードはテーブル1~16の16種類のテーブルで管理されていて、最大7回スルーで天井到達。 基本は6回スルーで天井となりますが、最大天井が選択された場合はAT複数ストックに期待できるようです。 である程度モードが推測できると思うので、そこから滞在テーブルを予測し、場合によってはBC後もAT当選まで打ち切ったほうがいいパターンもあるかもしれませんね。 朧BCの月 星空 流れ星 流星群 モードA 50. 月ならモードC以上確定• 赤満月ならモードD確定 となっているので、確認できた場合は次回当選まで追ったほうがいいですね。 モード判別をするためにも、BC当選時は朧を選択したほうが良さそうです。 絆ランプが点灯した場合はテーブル15or16確定となるので、次回AT当選まで打ち切ったほうがいいですね。 朧・弦之介ボイスは追えるかどうか際どいラインですが、個人的には即ヤメでいいかなと思います。 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112.

次の

バジリスク3 終了画面と設定示唆

バジリスクタイム 終了ボイス

この記事に書かれていることは…• バジリスク3の終了画面について。 当初は、設定示唆ではないかと言われていましたが、次回の周期抽選がCZ(チャンスゾーン)当選確定の示唆でしたね。 他にも、この様な示唆がないのか、調べてみました。 ART(バジリスクタイム)終了画面などは、特に変化はないようです。 前作(絆)では、特定の条件で、全員集合といった特殊パターンがありましたね。 エンディング経由では、朧と弦之介の終了画面がみれるようです。 その他にも、特殊条件が、もしかしたら隠されているかもしれませんね。 特殊条件なので、プレミア級だと思います。 確認できたという情報は、まだ出ていないので、調査中です。 その他には、今作での、設定示唆が、小役振り分け以外に、複数あることがわかりました。 把握できている所を、順に説明していきます。 新基準機は、高設定でないと厳しいと言う声も多いので、確認できれば、勝利が目前です。 次項目をご覧ください。 バジリスク3の「追想の刻」に設定示唆 高設定確定演出です。 「追想の刻」のゲーム数に設定6確定の振り分けがあります。 上乗せ込みとの情報もあるので要チェックですね。 こちらをご覧ください。 上乗せ込みなので、10G乗せた後などは、一応覚えておいた方がいいですね。 さらに、ボーナス(バジリスクチャンス)を引いたと場合も、40Gが確定するパターンであれば良いそうです。 60ゲームと間違えないようにしなければいけませんね。 複数引いた場合の継続ゲーム数も参考までにご覧ください。 バジリスク3のボーナス聴牌に設定示唆。 基本となるボーナス(バジリスクチャンス)図柄は、「黄色」と「青」です。 「赤」は、瞳術図柄で「白」はプレミアムバジリスクチャンスとなります。 それでは、振り分けをご覧ください。 パーセントも多いので、特殊な聴牌ボイスには要注目ですね。 これであれば、近場の台の設定も把握できそうです。 矛盾は、問答無用6確定になるみたいですね。 ただ、一部の情報では、設定4挙動台で、矛盾が出たとの報告例も・・・ まだはっきりしていませんが、高設定確定は間違いなさそうですね。 「青」で「この時を~」は5以上。 「黄色」で「この好機~」は3以上、「我が瞳術の~」がでれば、5以上になります。 覚えやすいと思うので、把握しておくことで、絶対に有利です。 設定さえ入っていれば、聞けるレベルですね。 バジリスク3のボーナス(バジリスクチャンス)出現率 バジリスク3でのボーナス(バジリスクチャンス)は、比較的に重いです。 ですが、設定差があるので、ご覧ください。 1000回に1回くらいですが、以外に多く当選している台などもありますね。 バジリスクチャンスの色は、数字はでていませんが、若干設定差あるのではないかと言われています。 設定1= 青色バジリスクチャンスが多い。 設定6= 黄色バジリスクチャンスが多い。 おそらく、黄色バジリスクチャンスは、3以下を否定する示唆がある為と思われます。 今作のバジリスク3での、小役設定差も弱チェリーです。 弱チェリーは、高確ステージ移行の役割もあるので、高設定は必然的に、「弾正屋敷」への移行率もあがります。 設定1~6の弱チェリーの振り分けをご覧ください。 ですが、明らかなのは、設定6は、弱チェリーが、かなり軽くなります。 低設定との差も大分あるので、弱チェリーが頻繁にでるようであれば、高設定の可能性があります。 「弾正屋敷」への移行率も設定差がでます。 CZ(チャンスゾーン)に関係してくるので、結果的には高設定は、CZ(チャンスゾーン)当選率があがります。 次項目は、CZ(チャンスゾーン)の当選率です。 バジリスク3CZ(チャンスゾーン)設定別振り分け。 CZ(チャンスゾーン)は主に、周期モードや、高確率滞在時の周期到達などで、当選します。 周期モード3は、CZ(チャンスゾーン)確定。 高確率中の周期到達もCZ(チャンスゾーン)確定となっています。 それ以外のケースに設定差があるようです。 通常周期到達や、レア役減算時に高確率経由なしで、前兆へ行くパターンですね。 確定を除いた抽選です。 こちらをご覧ください。 設定1 30,1% 設定2 30,1% 設定3 30,1% 設定4 36,8% 設定5 33,6% 設定6 53,6% この様になっています。 設定6だけは、別格ですね。 もし、確定のパターン以外での、CZ(チャンスゾーン)当選が多いようであれば、設定6を意識してもいいと思います。 その他では、大きな差はないので、参考にできるのは、ここまでになります。 バジリスク3の終了画面や、設定示唆のまとめ 今作の、バジリスク3では、ART終了画面などには、設定示唆や特殊なパターンは、現状ありません。 あるのは、エンディング経由時の、終了画面ですね。 「絆」の特殊条件でのプレミアム終了画面の様な物が、もしかしたら、隠されているかもしれません。 ですが、恩恵のあるような画面は、調査しましたが、把握できませんでした。 また、当初は、ボーナス(バジリスクチャンス)終了画面に「朧」が出現することで、設定示唆ではないかと言われていましたが、詳細が分かりました。 バジリスクチャンス終了画面に「朧」出現で、次回周期到達時に、CZ(チャンスゾーン)確定です。 CZチャンスゾーンは、最低でも期待度40%超えなので、周期到達までは、回しましょう。 周期モード3が選択されていれば、1Gもあるかもしれないですね。 バジリスクチャンスでは、聴牌(てんぱい)ボイスに設定差がありました。 振り分けも、大きい数値であるので、当選時は、要注目です。 青は、朧ボイス。 黄色は、弦之介ボイスです。 こちらで、矛盾が発生したら、高設定に王手です。 456確定説もあるのですが、おそらく6確定の可能性が高いです。 また、青で、「この時を~」なら設定5以上。 黄色で、「この好機~」は3以上で、「我が瞳術の~」がでれば、5以上が確定します。 弱チェリーも、頻繁に出現するようでしたら、6を意識しましょう。 弱チェリーと弾正屋敷が頻度が高ければ、高設定の可能性大です。 CZ(チャンスゾーン)の振り分けは、格段に6が強いので、確定パターン以外の周期到達に注意してみてください。 CZ(チャンスゾーン)が軽いようでしたら、6に期待しましょう。 設定示唆の演出は、「追想の刻」にもあります。 40ゲーム継続に注意してみてください。 全体的に見ても、今作のバジリスク3は、設定判別がしやすい印象です。 あとは、ホール様が設定を入れてくれればですね。 新基準機は、設定が上でないと、なかなか勝てません。 設定示唆が勝負所かもしれないですね。 皆様が、高設定を掴めるように、お祈りしております。 パチスロよりも勝率の高いギャンブルがあるのをご存知ですか? パチスロが規制、規制でどんどんと稼げなくなっている中、 すでにネットの一部ではパチスロよりも勝率が高いと話題になっているのですが、 それは、 「オンラインカジノ」です。 オンラインカジノの中でも、特に、「ベラジョンカジノ」で勝ちやすいのには、 3つの理由があります。 無料会員登録で、30ドル分はもらえるので、これで遊べばリスクゼロです。 勝っても負けても、損はしませんし、パチ屋の空いていない時間にもスマホで稼げてしまうのもメリットなので、試しに遊んでみてくださいね。 そうなれば、カジノの認知度は上がり、カジノのない地方に住んでいる人はオンラインカジノで遊ぶようになります。

次の