ドラクエ レックス。 デッキ紹介:レックステリー

バトルレックス【ま】

ドラクエ レックス

デッキの概要 レックスの効果を活かしたアグロデッキ リーダー自身の攻撃に反応するを採用した速攻デッキです。 英雄を0コストで使用でき、などの小型で質の良いユニットをテンポロスなく出していけるため、低いMP時点での動きが他のデッキに比べて強力です。 絶好調持ちユニットを多く採用 やといった優秀なステータスを持った絶好調ユニットを多く採用しています。 それらのユニットで相手リーダーのHPを削りつつ、終盤は勇者の雷でフィニッシュを狙います。 テリーは優秀な低コストの絶好調ユニットを持っているのと、兵士長の剣などの効果で絶好調状態に戻すのが比較的容易なので盤面にこのカードが残るだけで大きな打点を生むことができます。 アイラ BET効果でランダムな武器を手に入れることができます。 ランダム性は高いですが自身の効果で2回のBETができるため、1度リトライすることができます。 後半はもあるため武器を装備できるだけで優秀と言えるでしょう。 いなずまのけん 装備したターンと壊れたターンに相手ユニット全体に2点ダメージを出せるので、盤面を取りつつリーダーのHPを削ることができます。 小型ユニットを並べてくる相手には滅法強く、盤面制圧とリーサル手段の両方で優秀な武器です。 リーダー自身の攻撃で敵ユニットを処理し、味方ユニットを残してHPを削ることを意識しましょう。 中盤 中型ユニットを展開 コストを余らせないようにユニットを展開しつつ、武器を振ってヒーロースキルのレベルを上げていきます。 絶好調ユニットの攻撃に反応して攻撃力が上がるブルサベージが特に強力で、場に残らせることで相手リーダーのHPを大きく削ることができます。 シーゴーレムやケムケムベスといったユニットでブルサベージを守りきるようにしましょう。 終盤 いなずまのけんでフィニッシュ 終盤はいなずまのけんを装備し、相手リーダーのHPを削っていきます。 装備時と破壊時に2点ダメージを相手盤面に飛ばすことができるので、小型ユニットで作られたウォールは崩しつつリーダーに攻撃することが可能です。 ライディンでダメージプッシュ コントロールデッキ相手にリソースで勝負するのは無謀なので、とにかく相手リーダー本体を狙ってフィニッシュを狙います。 手札が無くなってもリーダーの攻撃手段が残っていれば、ヒーロースキルのによって残った体力を削りきることもできます。 ドラクエライバルズ関連記事.

次の

【ドラクエライバルズ】レックスカミュのグランプリ最新デッキレシピ

ドラクエ レックス

第ニ霊廟でも、バトルレックスの「竜のおたけび」、「ドラゴンビート」が重宝します。 バトルレックスのスキル振り バトルレックスのスキル振りは基本的に第一霊廟用と同じです。 「竜のおたけび」は、周りの敵をまとめてノックバック(ターンリセット)することができます。 「ドラゴンビート」は、敵を倒す度にテンションアップします。 テンションが上がれば「竜のおたけび」の威力も倍増していきます。 テンションが上がってなくても、「竜のおたけび」で周囲の敵をノックバックしてくれるだけで、味方が受ける攻撃の機会を大幅に減らすことが可能です。 以下は、バトルレックス Lv50時のスキル振り分け例です。 2から火炎スキルが変更 転生2回以上の場合は、「HPアップ」と「みのまもりアップ」をお勧めします。 バトルレックスの使用とくぎ設定 ピラミッドの中では、基本的に「竜のおたけび」だけをしてもらいたいので、他の特技はチェックボックスから外しておきましょう。 2倍+たまにマヒ• 75倍+0. 72倍• 5倍+ふっ飛ばし、ターンリセット• 1倍(オノなので1. 3倍)• 2倍+ごくたまにマヒ ピラミッドでの戦闘中、バトルレックスの作戦は「ガンガン」にして、なるべく「竜のおたけび」だけをしてもらいます。 「竜のおたけび」は消費MP8なので、敵が1体の時は「MPつかうな」か「オレにまかせろ」に一時的に変更して、MPを節約しながら戦います。 ピラミッド第二霊廟 with バトルレックスで戦う時に用意すると良い物 バトルレックスを転生させた上で、できるだけ高Lvの装備を着せてあげましょう。 守備力はそれほど高くないので、装備でカバーしてあげます。 また、MPも枯渇しがちなので、アイテムでのMP回復も必要になる場合があります。 幻惑ガード装備、ダンディサングラス: 閃光対策• しばりガード装備: イモ虫(秘宝の怪虫)の糸対策• ロイヤルチャーム: ドルモーア対策• 又は、竜のおまもり: しっぽ爆弾対策• せいかいじゅの葉: もったいないので使いません ピラミッド第二霊廟 with バトルレックス+サポート仲間のみの場合は・・・ 緑のカニ(秘宝の甲殻)が痛恨を使うので、会心完全ガード持ちのサポを雇います。 バトルレックスは盾を持てないので、HP+されたアタマ装備やアクセを付けてあげましょう。 できれば、神兵のセット装備にして、ドルモーア(闇)耐性も上げてあげましょう。 本人の職業にもよりますが、サポのみで戦う場合は、僧侶が2人いると安心です。 会心完全ガード: 痛恨対策• ロイヤルチャーム: ドルモーアを連発されると厳しいので、できれば探してみましょう プレイヤーはLvが高ければ何でも可能かと思われますが、• 本人: 範囲攻撃できる職業か、僧侶• バトルレックス: 転生1回以上、高Lv装備(できれば神兵セット)• 0(オノ強化以前) 戦闘した時間: 10分50秒 使用したアイテム• まほうのせいすい: 14個 戦士Lv80+バトルレックス+サポのみで戦ってみました。 バトルレックスは痛恨を受けてしまう分、神兵セット装備や、アクセも戦士(本人)より良いものを装備させました。 戦士(本人)はMP燃費の良いオノを装備したいところですが、会心完全ガードが必要なことと、飛んでいるネコ(秘宝の妖獣)が離れがちにドルモーアを撃つので、「オノむそう」ようりも広範囲にダメージを与えられる「ギガスラッシュ」でダメージを与えていきます。 バトルレックスの作戦は「ガンガン」 「ギガスラッシュ」と「竜のおたけび」で雑魚を倒していきます。 敵が少ない時は、早めに魔法の聖水で回復。 MPパサーしてくれる魔法戦士がいないので、戦士(本人)とレックスに配らないとなりません。 ファラオ・エレフ1体になれば、まほうの小ビン回復でも間に合いますが、敵が多い時は聖水を大量に使うことになります。 ファラオ・エレフは攻撃力が高いので、登場時に「やいばくだき」で攻撃力を落としておきます。 また、たまたまスクルトを受けていて守備力も異様に高かったので、ファラオ・エレフが1体になった時にオノに装備替えして「かぶと割り」で守備力を下げました。 バトルレックスを使っての第二霊廟は、まほうのせいすいを10個以上使っての討伐となりました。 まほうのせいすい: 2~5個 僧侶1人となってしまいますが、バイキルトとMPパサーを期待して魔法戦士を入れてみました。 このサポ魔戦は最大HPと守備力が高い優秀な魔法戦士です。 バイキルトの乗った戦士のギガスラ+竜のおたけび+魔法戦士のギガスラで、早い殲滅は可能ですが、誰かが死ぬと立て直しが効かなくなる場合があります。 モンスターが湧く時に「ビッグシールド」、緑のカニが出る時に「会心完全ガード」、赤いイモ虫が出たら「まもりの盾」と「心頭滅却」をすることが大事です。 サポがフバーハをしてくれると良いのですが、回復に忙しくてなかなか使ってくれません。 モンスターの出る順番や匹数にもよりますが、4戦して2勝2敗。 まほうのせいすいは節約できますが、少々運ゲー的なところがあります。 本人の装備やバトルレックスの装備が神兵クラス以上で充実していれば勝率はかなり上がるかと思われます。 全滅するかもしれないので、予め所持ゴールドは1000G単位で預けて、端数Gで まほうのせいすいを買って、更に端数のGは自分宛ての郵便に送っておきました。 「みのまもりアップ」でSP25を振ると、守備力が+90なります。 これは、戦士がLv28装備の「はがね」セット(守備力+51)から、Lv75装備の「神兵」セット(守備力+142)に衣替えしたことに匹敵します。 その分、攻撃力は落ちますが、バトルレックスに頼りたいことは「竜のおたけび」で複数の敵を吹っ飛ばしてターンをリセットさせることなので、攻撃力よりも「死ににくくする」ことを重要視しています。 以下は、 Lv50時のスキル振り分け例です。 スキル振り分け 転生 1回 転生 2回 転生 3回 備考 レックスセンス 40P 40P 40P 最大HP+20、攻撃力+25 ドラゴンビート、竜のおたけび 火炎ブレスの心得 0P 0P 10P 攻撃力+10 オノスキル 32P 12P 12P 攻撃力+10+15+25 HPアップ 7P 7P 7P 最大HP+10+20 みのまもりアップ - 25P 25P 守備力+15+30+45 残り 0P 5P 5P バトルレックスでレベル上げ レベル上げ中の本人とバトルレックスを使ってピラミッド第二霊廟をサポのみで攻略してみました。 本人は「マヌーサ」が使えるレンジャーLv60~、バトルレックスは転生3回のLv40~の攻略です。 サポもレベル上げ用に使っている僧侶+魔法戦士なので、耐性装備にはこだわっていませんが、最大HPはかなり高めです。 0(オノ強化以前) 戦闘した時間: 7分55秒 使用したアイテム• まほうのせいすい: 2~5個 僧侶は1人ですが、本人がレンジャーなので蘇生&回復もできます。 また、マヌーサで多くの敵を幻惑することもできます。 本人の武器は戦士時代に使っていたLv60のオノ。 バイキルトをもらってのオノむそう+竜のおたけびで攻撃となります。 レンジャー(本人)はマヌーサを使いつつ攻撃し、僧侶の蘇生・回復だけでは追いつかない時には補助をしますが、基本的には攻撃を重視し、早めの殲滅を心掛けます。 「竜のおたけび」のおかげで敵の攻撃を度々キャンセルするので助かります。 敵が多い場合や、竜のおたけびが発動しないと全滅してしまうこともありますが、この第二霊廟でも本人と仲間モンスターのレベル上げ&黄金の秘宝GETに使うことが可能です。 オンラインゲームの仕様上、内容やデータは予告なく変更されている場合があります。 ボス攻略は、基本サポート仲間のみの攻略法を掲載しています。 ドラクエ10最新情報• 仲間モンスター• 家 ハウジング 住宅村• ドラクエ10職人• DQ10逆引きシリーズ• 職業・スキル・魔法• 武器・防具・アクセ• アクセサリー• ドラクエ10 アイテム• 町の施設• オフラインチャート• オンラインチャート• クエスト• ドラクエ10モンスター• ドラクエ10終了イベント• ドラクエ10プレイ• これから始める方へ• お薦めブラウザ 画質と音質がGood! 無線USBキーボード.

次の

【ドラクエライバルズ】レックスカミュのグランプリ最新デッキレシピ

ドラクエ レックス

はやぶさ斬りは単体攻撃として有用性が高く、ボスモンスター戦から雑魚戦まで、幅広く活躍してくれます。 はやぶさ斬りをスキルに持っているはそれなりに多いものの、ついていないでもはやぶさ斬りを加えることができるのは大きなメリットです。 斬撃・体技ダメージ上昇 バトルレックスのこころは、 斬撃・体技ダメージの上昇効果も備えています。 上昇率は5%ですが、主となる攻撃スキルの破壊力が上昇するので強力です。 この心の得意であるは基本的に体技・斬撃をダメージソースとして用いるので、単純に火力が上昇します。 火力が上昇するのは単純に強力なので、この点はかなり大きなメリットといえるでしょう。 ステータスと耐性の兼ね合いが強力 バトルレックスのこころは攻撃性能のみならず、 優秀な耐性を備えています。 特に注目したいのは、メラ属性耐性+7%。 メラ属性は威力が高い傾向にあり、それを防ぐことができるという点で強力です。 また、物理職の弱点となりがちな幻惑耐性も備えているの点も優秀といえます。 得意属性の職業が微妙 バトルレックスのこころの色は青なので、が得意となっています。 はそれなりに強力なものの、 一歩足らない部分も多く、使いづらいとされているのです。 その点は優秀なバトルレックスの心の中でも一歩劣っている点といえます。

次の