屋外プール 関西。 【関西プール】この夏のおすすめ11選!ウォータスライダーや長~い流水プールも!|じゃらんニュース

関西の一年中遊べる人気屋内プール10選 冬もOK&子供も大満足!

屋外プール 関西

関西の大人向けのプール1 ナガシマスパーランド ジャンボ海水プール 【遊び重視の大人向けプール】 世界最大級のスライダーを含む11種類のスライダーがそろう、日本最大級の海水プールです。 総面積はプールだけで75,000㎡とナゴヤドームのフィールドが6個分ほど入る広さです。 ナガシマスパーランドのジャンボ海水プールの魅力は、日本初上陸した「超激流プール」です。 流れるプールなのですが、これがただ流れているだけではなく、荒波が押し寄せてきて迫力満点です。 通常の流れるプールの数倍の速さで流れていく様は、ラフティグのよう。 絶叫スライダーもあり大人も十分に楽しめます。 — 2018年 7月月25日午前4時10分PDT 【遊び重視の大人向けプール】 岡田准一さんのヒラパー兄さんでおなじみの、ひらかたパークのプール、ザ・ブーンです。 枚方パークというと遊園地なので、家族連れが多いのは確かです。 ですが、大人でも十分に楽しめる魅力が満載です。 ザ・ブーンは「枚方に居ながらにして、西海岸にあたりにいるかのようなひとときを過ごしてほしい」という事がモチーフになっています。 また、ヒラパーと言えばユニークなイベントで有名です。 今年は「瞬間フレンズ」と言って、見ず知らずの外国人(エキストラの方)とSNS映えするような写真が撮れるというものです。 公式サイトにも、「#僕たちみんな面識ありません。 と付けてSNSにアップしよう」とか、「この夏ヒラパーで溢れる自己顕示欲を満たしてみませんか?」など、大阪らしいノリがあり、SNSにアップするとウケる事間違いないでしょう。 また、大人も楽しめる激しいウォータースライダーがはもちろんの事、見晴のよい丘の上の展望プールシエスタなどもあり、大人が行っても十分楽しめるでしょう。 その他、プールエリア以外にも、水着のまま遊園地のアトラクションやウォーターショーを楽しめるので、朝から晩まで遊び倒すことができます。 営業期間・料金・アクセス 営業期間 時間• 休園日:7月10日(火)、17日(火)の2日• 入園とプール入場券 2300円(大人)• ウォータースライダーなどのアトラクションは別途費用がかかります。 流れるプールや、ウォータースライダー、波が来るプールやジャグジーなど8種類のプールがあります。 また、岩をイメージした造形なので、自然の中にいるような雰囲気を味わえます。 屋内プールと屋外プールに分かれていて、屋内プールは年中楽しめます。 屋外プールは夏季限定となっています。 市営のプールなので、何と言っても料金がリーズナブルなのが魅力です。 ただ、DJはいませんので、クラブのような雰囲気は楽しめません。 鶴見緑地プールはどちらかというと、家族向けのプールではあります。 ですが、その規模は侮れません。 ナイトプールも、クラブのようなBGMこそないものの、十分に大人の雰囲気を楽しめます。 営業期間・料金・アクセス 営業期間、時間• 7月10日〜9月2日• 日本に初上陸した、パニックトルネードというウォータースライダーは、全長150mのチューブを高速で滑走するので、スリルと興奮が味わえます。 また、傾斜70度の「続・ぞくぞくバーン」は、以前のぞくぞくバーンからリニューアルされ、こちらもスリルが増しました。 さらにスパプーの魅力は、料金の中に温泉も含まれているので、プールが終わったら、世界の大温泉を堪能できるようになっています。 プールで思いっきり遊んで、帰りは温泉でまったりする事ができるます。 営業期間・料金・アクセス 営業期間、時間• 年中無休• 平日:10:00~19:00• 土日祝:10:00~22:00• アクセス 大阪市浪速区恵美須東3-4-24 関西の大人向けのプール5 ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ 【贅沢重視の大人向けプール】 琵琶湖の湖畔に佇む癒しのスパ&ガーデンホテル。 開放的な雰囲気のガーデンプールが魅力です。 プールとスパが併設されており、庭園やフィットネスセンター(有料)もあります。 その他、コンシェルジュサービスがあったり、荷物の預かりも無料で受けつけてくれます。 共有エリアではwi-fiも無料で使用することができます。 夜には18歳以上限定のナイトプールも開催しており、夏の夜を満喫できます。 お腹が空いたらレストランもあります。 フラン料理を提供しているベレ・レカミエや、和食なら吉野、洋食ならかカフェ・ドゥ・ラベイというレストランもあります。 その他、鉄板焼きグリル料理の石山レストランもあります。 ウォータースライダーなどの遊具こそないものの、ナイトプールもあり、おしゃれで豪華な雰囲気のレストランは、まさに大人向けと言えるでしょう。 営業期間・料金・アクセス 営業時間と期間• ガーデンプール 2018年7月7日〜9月2日• 9時〜17時30分• トワイライトプール 2018年7月7日〜9月2日• 18時〜21時30分 料金• 大人(中学生以上)2500円• 土、日、祝 は500円アップ• 名神高速瀬田西ICから車で8分。 京滋バイパスの石山ICを降りて約10分• 駐車場は300台。 駐車料金は無料。 地下と屋外に駐車場が分かれており、入出庫は24時間可能です。 電車でのアクセス• 大阪城の景色を見ながら都会で贅沢に過ごすことができます。 ナイトプールでは、プールサイドのイルミネーションが大人の雰囲気を醸しだしてくれます。 こちらもウォータースライダーなどはありませんが、超大人向けのプールです。 年齢制限も18歳以上と指定されています。 こちらはプールだけでなく様々なイベントがあることも有名です。 例えば、DJがBGMを流してくれたりします。 他にもポールダンスなども開催されています。 レストランも併設されており、ハワイアンンな料理や、トロピカルドリンクなども堪能できます。 その他、ビアガーデンやBBQ 毎週木曜日にはピンクナイトといって、水着や小物にピンクが入っていればドリンク一杯が無料になります。 営業期間・料金・アクセス 営業期間、時間• 2018年7月14日〜9月17日• 18時〜22時(最終入場21時) 料金• DJも居て、関西で活躍する「KBK」のクルーがラテンミュージックをメインに場内を盛り上げてくれます。 プールサイドバーがあり、フードメニューやインスタ映えしそうなドリンクなど充実しています。 例えば、ホットドッグやバゲットサンド、ビーフバーガーなど。 そのた大人向けのドリンクも種類方法に揃っています。 ガッツリ系のメニューもあるので男性の方でも安心です。 営業期間・料金・アクセス 営業期間、時間• 2018年7月16日〜9月2日• 18時30分〜21時30分 料金• 一般 5000円• 宿泊者 4000円 *グラススパークリングワインまたは、モヒートスカッシュ(ノンアルコール)1杯付き。 ナイトクラブとスパプーがコラボしているので、雰囲気としては、プールがクラブになっている感じです。 プールで泳ぐというより、クラブのノリで踊る感じですね。 DJも有名な方が登場したりするので、前売り券を購入しておくと良いでしょう。 本格的なゲストDJが奏でるチューンやダンスイベント、関西コレクションとコラボした、モデルオーディション企画なども見どころです。 ちなみに、料金にはスパプーだけではなく、スパワールドや日中のスパプーも同時についているので、丸々1日楽しめます。 営業期間・料金・アクセス 営業時間 20時〜24時 料金• メンズ 【前売り】3800円 【当日】4000円• レディース 【前売り】1800円 【当日】2000円• *前売り券がお得です。 国内では最大級と呼ばれる温泉サイトの nifty温泉が発表している、「スーパー銭湯ランキング」では関西で1位を獲得されました。 2017年に「マツコ会議」という番組に紹介されてさらに人気になりました。 ナイトプールパーティも豪華で、週末にはたくさんのイベントが開催されます。 DJやフラダンス、ジャズやゴスペルなど種類豊富なイベントがあります。 南国のリゾートにいるようなラグジュアリーな雰囲気を満喫できます。 予約制のスペシャルVIPシートがあるので特別な日などに利用してみてはいかがでしょうか? 営業期間・料金・アクセス 営業期間、時間• 6月23日〜10月28日• ディパーティ 15時30分〜17時30分• ナイトプールパーティ 18時〜21時30分 料金• 【ディ&ナイトプール、宿泊者】 1000円• 【ナイトプールパーティ、宿泊者】 2000円• プールは子供だけが楽しむのではなく、今は大人も楽しめるようなイベントやアトラクションがたくさんあります。 特にナイトプールは、夜に楽しめて大人が楽しめるプールなこともあり、近頃は大注目されています。 昼間とは違って、ムードがあって大人な雰囲気にさせてくれるナイトプールは仕事帰りにも気軽に寄れるメリットもあり、食事などもでき、充実した内容がたくさんあります。 夜の夏もたくさん満喫したい方は、是非行ってみてはいかがでしょうか? 今回の記事を参考にしてみて下さいね。

次の

【関西プール】この夏のおすすめ11選!ウォータスライダーや長~い流水プールも!|じゃらんニュース

屋外プール 関西

鶴見緑地プールは屋内と屋外で分かれています。 何と言っても、このプールは料金が安いです! 敷地には、ウォータースライダーや流れるプール、ジャグジープール、波のプールなどがあり、レジャーとして家族で十分楽しめます。 暗くなるとプールがライトアップされるので、まさに家族でナイトプールの雰囲気を味わうことができますよ。 リゾ鳴尾浜は「急流とんねるスライダー」や、開放感抜群の「大プール」などが有名で、子供にも人気のスパリゾートです。 22時までと遅くまで営業している上、17時以降はナイター料金で安く入場できるのでお得感が大きいと思いますよ。 プールと温泉、岩盤浴、食事を楽しめるので、子供から大人まで幅広く人気があります。 ここの売りは多彩なウォータースライダー 別料金 で、子供は間違いなく楽しめますよ。 檻のバスでサファリを冒険できる「冒険ライド」。 プールもジェットコースターもキッズ用アトラクションもあるので遊ぶ場所に困ることはありませんよ。 2019年からナイトプールのエリアを拡大しライトアップも豪華になりました。 さらに、約1200発の花火が打ち上がるので、プールから夜空と花火を楽しむことができます。 友達、家族、カップルで楽しめる、関西ではとても人気のテーマパークなのです。

次の

関西のおすすめナイトプール7選!日帰りで行けるホテルの屋外プールも

屋外プール 関西

「ひらかたパークTHE BOON」は基本、 4つのプールと4つのスライダーで構成されてるファミリー向けのレジャープールです。 4つのプールは、 「ドンブラー」と言う水深100cmの 全長210mもある巨大な流水プールが中心で、後は子供用の水深50cmくらいのプールや、奥に行く程深くなるプールなどがあります。 また、 「シエスタ」という水深120cmのプールでは、入ると目の前にキレイな街の景色が見えるようになっているので、ゆっくりくつろぎたい方にはおすすめです! そして、スライダーは 有料スライダーと 無料スライダーが2つずつあり、有料スライダーは 212mと185mの大規模なスライダーを浮き輪に乗ってスライドする、かなり本格的な物となっています! また、無料スライダーも 全長85mもあり、オレンジとブルーの2種類のコースが選べるようになっていて、 無料でも十分面白いスライダーで遊べます。 さらに、表面がデコボコしていて飛び跳ねて楽しい、小さい子供に大人気のすべり台などもあり、大人から子供まで楽しめるおすすめのレジャープールとなっています。 また、ナガシマスパーランドに宿泊施設もありますが、 かなり高額なので最寄り駅である桑名駅近郊の格安宿泊施設に泊まられる方が 安くておすすめですよ。 また、 沢登りや渓流滑りなどで遊ぶこともできます! そして、2つ目の 「アドベンチャーウェーブ」は、 「波のプール」と 「アスレチック」をかけ合わせたようなプールで、遊び要素が満載のプールです。 プカプカ浮かぶ箱の上をロープを使って渡ったり、波を発生させる不思議なボールで遊んだりと、 子供が喜びそうな仕掛けがいっぱいあります。 また、3つ目のプールは 「アクア・アドベンチャー・ベイビー」と言って、 プールデビューするような幼児向けの浅いプールとなっています。 そして、スライダーは 全長110mの 「チューブスライド」と、2人で競って滑る 「パワーバトルスライド」があります。 「パワーバトルスライド」は、競い合う事が出来るのでかなり盛り上がりますよ! また、こちらもすぐ隣に遊園地などの遊び場がいっぱいあるので、どうせ行くなら1泊してプールと遊園地を満喫してみてはいかがでしょうか。 特にロックプールは山の上に作られているので、一番上のプールからはAQUAREA全体が見渡せるので、かなり見晴らしの良い景色が楽しめます。 そして、スライダーは 全長100mの曲がりくねったウォータースライダーが2本あり、小高い丘からサーフマットで頭から滑り落ちる 「サーフィンダウンヒル」がかなり面白いです。 また、専用の浮き輪に座り急流を滑り降りる 「ロッキーリバーラン」や、日本初上陸でフロリダで人気の 「トリッポ」と言う 3連エアスライダーも人気となっています。 そして、こちらも遠方から行かれる方は、プールだけで無く 遊園地やサファリパークも回るなら 1日では絶対に足りないので宿泊がおすすめです。 また、子供向けの色んな面白い仕掛けのある 「わんぱくプール」や、水深の浅い 「トロピカルプール」などがあり、大人から子供まで楽しめるのも人気の秘密です。 そして、スライダーは 全長136m、108m、85mの3種類から選べる 「ウォーターボブスレー」が特に迫力があって大人気となっています。 さらに、浮き輪に乗って滑り落ちる 「アドベンチャーリバーライド」や、音と共に宮殿から大量の水が放出される 「スプラッシュパレス」など、面白い遊びが 無料で体験出来るのも魅力です。 また、こちらもすぐ隣に 「東条湖おもちゃ王国」も隣接しているので、家族旅行などで行く場合は、宿泊して プールと遊園地の両方を楽しむと子供も喜びますよ。 ただ、東条湖ランドの宿泊セットは かなり高額なので、 無料送迎バスの出ている新三田駅近隣の 格安宿泊施設に宿泊する方が安くておすすめです。 そして、こちらのプールは 目の前に 日本海の 絶景を眺められるレジャープールとしても知られています。 さらに、日本最大級の波が出る 「カリビアンビーチ」を中心に、屋外に2種類と屋内に1つの 「流れるプール」も人気です。 それ以外にも、水深の浅い子供向けのプールや、 日焼けを気にせずに遊べる室内プールなども完備しているので、大人から子供まで安心して楽しむ事が出来ます。 芝政ワールドカリビアンラグーンはすごいスライダーが満載! また、2005年にギネス認定された 最長・最大落差の 「トリプルザウルス」は大人気の浮き輪スライダーで、 一度そのスリルを味わったら忘れられない楽しさがあります。 途中巨大な円錐形の中に放り込まれ、大きくスイングしながら落ちて行き、一気に急降下してフィニッシュすると言う、 ハラハラドキドキが味わえるスライダーとなってます。 また、何と言っても 「世界初」なので、 これを体験する為だけに行っても損はしないのではないでしょうか。 そして、芝政ワールドもプール以外に色んな面白いアトラクションがあるので、せっかく出掛けるのなら1泊して、プールと両方楽しまれても良い思い出が作れますよ。 特に、芝政ワールドのすぐ近くには 良質な温泉で有名な 「あわら温泉」があり、 格安で泊まれる良心的な旅館も近辺に多数揃っているのでおすすめですよ。 そして、その中にある 「ウォーターフォート」というレジャープールが、関西でも 最大級のプールとなっています。 特に、2トンの水が降り注ぐ 「水の要塞」は大迫力で、一度浴びたら病みつきになりますよ! また、プールは 国内初のスライダーや 「流れるプール」など、多彩なスライダーやプールがあり、どんな人が行っても最高に楽しい時間を過ごすことができます。 特に、 「グレートブラスター」というスライダーは、二人で浮き輪で出発し 最高時速が45kmも出る上、 急降下と急上昇を3回も繰り返すスリル満点のスライダーです。 さらに 「ファミリースプラッシュは」専用浮き輪で 118mもの曲がりくねったチューブ内を、 複数人で楽しく滑走できるので、 家族連れに大人気となっています。 是非、 カップルでの 夏の旅行や 家族旅行で出かけてみてはいかがでしょうか。 ネスタリゾート神戸は宿泊がおすすめ また、 「ネスタリゾート神戸」は、 アスレチックや スポーツエリア、 天然温泉まで楽しめるので、出来れば日帰りでは無く宿泊で行くと存分にリフレッシュできます。 特にすぐ目の前にあるホテル「 NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)」は、 料理も美味しくサービスも最高と評判のホテルとして有名です。 価格も 5,000円台からとリーズナブルなので、 「ネスタリゾート神戸」へ遊びに行くなら是非利用してみて下さい。 ただ人気ホテルなので、行かれる場合は 早めに予約を入れておく事をおすすめします。 スライダーなどで思いっきり水遊びしたいなら、やはり大型のレジャープールに限りますね! これだけの規模のプールだと、恐らくどこに行ってもめちゃくちゃ楽しいと思いますが、個人的にはナガシマスパーランドの 「フリーフォールスライダー」が一番面白いと思いました。 もし、夏休みなどで行かれる方は参考にしてみて下さい!.

次の