ペテン師 語源。 ペテン師の「ペテン」は中国語の訛りだった:塾長の独り言

ペテン師と詐欺師に違いはあるの?

ペテン師 語源

この夏音文字においては、【銀河各部の形状】が【文字】であった。 この夏音文字の学芸が倭地において強大な権力と莫大な富を手に入れる方法・手段であったので、夏音文字の学芸に精通する一女子が倭女王に就任された。 この一女子は、夏音文字の学芸の基軸となる【天頂点のキャッチ(精密な天頂緯度の測定)】にもとづき日本列島は東に伸びず南に伸びるとする転回日本列島地理を立論した。 この転回日本列島地理を小国の王たちは真実であると絶賛して、立論者の一女子を倭女王に選んだ。 この「転回日本列島地理」は[卑][弥][呼]の字源となるものであったので、倭女王の名は「卑弥呼」となった また「転回日本列島地理」は[倭]の字源を示し、当時、日本列島の天頂に[人]の字源となる銀河部がめぐってきたので、卑弥呼が統治する国の名は「倭人国」となった。 B 『魏志倭人伝』に末部に登場する夏音名・壱与 いよ は、倭国の隣国の東鯷人 (とうていじん)国が大国・倭国に服属して国名が「日本」となった時、13才で小国・日本の女王として旧東鯷人国に赴任した。 卑弥呼が没した時に、百余人の青年と乙女=奴婢 (ぬひ)を殺して卑弥呼の墓に埋葬する徇葬 (じゅんそう)儀式が行われた。 この残虐な徇葬を憎悪する倭の人民が反乱をおこし、倭の政府軍は千余人の反乱者を殺した。 また、この反乱を鎮 (しず)めるために、倭王朝は小国・日本の女王にした壱与・伊耶那美命を倭女王に就任させた。 愛の女王・伊耶那美命ならば徇葬を必ずや禁止するにちがいないと反乱者たちは信じて武器を捨てたので、ついに倭国は平定した。 というのも、壱与・伊耶那美命の本名は「竹野比売( たかのひめ)」であるからである。 伊耶那美命は農具の刃先を作る製鉄事業の火之迦具土神 (ひのかぐつちのかみ)の火災事故に遭って火傷を負い、大和の香久山 (かぐやま)の麓で死去した。 にもかかわらず、邪馬台国説学者たちは「歴史」の語源をまったく知っていない。 「歴史」の語源を知っていれば、自説が【誤読の空論】であることに気づいた。 2 歴史学は【科学】を最も優先する学術である。 考古学におけるシュリーマンのトロイ遺跡発掘は有名である。 4 邪馬台国説学者たちは、『魏志倭人伝』の幾つかの記事とすべての文字で証明できる わが国に伝来した夏音文字は存在しないと断定した。 邪馬台国説学者たちは【文字】とは何なのか、【文字】の定義は何なのか、まったく考えない。 いいかえると、彼らは【文字】についてまったく知っていないのに、「文字は無かった」と言い切る。 中国の五経の第一に挙げられる古典『易経』繋辞 (けいじ)上伝は、すべての漢字の字源を知ることができる基礎知識を「易は天地と準 (なぞら)う。 ゆえによく天地の道を弥綸 (びりん)す。 仰いでもって天文を観、俯してもって地理を察す」と記述する。 この記事は[卑][弥][呼]と[倭]の字源を示すものであり、またこの記事にもとづいて卑弥呼は転回日本列島地理を立論した。 さらに、『魏志倭人伝』のすべての文字によって、『易経』繋辞下伝にある【銀河各部の形状】が【文字】であったと伝える漢字起源記事の「仰いでは天象を観、俯しては地法を観、鳥獣の文と地宜 (ちぎ)を観る。 (中略)。 もって万物の情に類して文字を作った」という記述が事実であると証明できる。 このような重大な漢字の起源の秘密が解明できる『魏志倭人伝』に対して、邪馬台国説学者たちは「倭には文字が無かった」と誤読して、『魏志倭人伝』を台無しにする。 5 新井白石が取り入れた西欧近代科学の考え方には、傲慢 (ごうまん)な単純化をする、無秩序から秩序を創造できない、科学における偶然の役割を無視するなどの幾つかの誤りや欠点があると、1980年代に入ると、わが国のノーベル受賞者の湯川秀樹博士が先駆者となり、欧米の先端科学者や科学論家たちは幾つかの国際会議を開いて世界に警告 (けいこく)した。 邪馬台国説学者たちは、西欧近代科学の誤りである傲慢な単純化を用いて『魏志倭人伝』によって科学的に解明できる夏音文字を存在しないと断定する。 学者ならば、西欧近代科学の考え方の誤りや欠点を警告した情報をいち早く取り入れて、この誤りや欠点を排除するのが義務と責任となる。 邪馬台国説は傲慢な単純化の産物である。 このようなウソ八百にいまだに気づかないなんていう怠慢はゆるされるはずがない。 6 文献史料の記事と合致する史跡・遺跡・遺物などを発見すれば、ほんとうの歴史が証明されたことになる。 ここ掘れワンワン方式の考古学学者たちの横暴はペテンである。 『魏志倭人伝』のすべての記事に合致する史跡は存在する。 この史跡は、静岡県浜松市北区細江 (ほそえ)町の1千万坪の大鳥の地上絵である。 7 『魏志倭人伝』は、陳寿 (ちんじゅ)が著作した『三国志』魏書・東夷 (とうい)伝の倭人伝である。 この東夷伝の序で、陳寿は「東方のことは、238年・245年の魏軍の再度の遠征で、国々の大小や、国名・部族名・風俗・習慣などを正確に書くようにできるようになった」と書く。 宿敵呉の孫権と軍事同盟を結ぶようとする魏の背後の脅威 (きょうい)である燕地 (えんち)の公孫淵 (こうそんえん)を討伐するために、魏軍は238年に燕地に遠征した。 また、魏の出張機関の帯方郡 (たいほうぐん)の太守・弓遵 (きゅうじゅん)が馬韓 (ばかん)国の首長を中心とする勢力との戦いで戦士したため、魏の背後の脅威となる朝鮮半島(諸韓国)の勢力を討伐するために魏軍は245年に遠征した。 この2度の遠征において、魏軍は東夷の大国の倭に助勢(つまり、魏と倭が軍事同盟を結んだと脅威を示して、諸韓国の反抗勢力の拡大をふせぐ政策)を欲求した。 ゆえに、晋 (しん)の歴史編纂官であった陳寿は、晋王朝が秘蔵する倭の卑弥呼から送られた国書を閲覧して、『魏志倭人伝』を作成した。 このように、『魏志倭人伝』は事実を密かに伝える第一級の軍事機密資料にもとづいて作成された。 したがって、『魏志倭人伝』のすべての記述を無視して、ここ掘れワンワン方式の邪馬台国説・吉野ヶ里遺跡と纏向遺跡の論法はペテン・詐欺である。 8 文献史料の記述を忠実に読解する、この方法は歴史学で鉄則である。 この鉄則を無視して文献批判を加えるのが正しいなんて主張するのは、歴史学の原理原則を有さない基礎知識も有していない人々による横暴である。 9 『魏志倭人伝』は「魏の使節も帯方郡の使節も大海を渡ることができなかったが、倭の使節は大海を往来できた」と説明する。 紀元前1世紀、中国ではシナ天文が完成したため、以前に栄えていた【精密な天頂緯度測定、すなわち天頂点をキャッチ】する眼力と技 (わざ)を鍛錬する習慣が廃 (すた)れた。 大海を往来するには精密な緯度(位置)と経度(方向)の測定が不可欠となる。 これゆえ、天頂点をキャッチできなくなった魏と帯方郡の使節は大海を渡ることができなかった。 天頂点をキャッチすると、[玄]の字源となる「精密な緯度測定できる極細線」と[亼 しゅう ]の字源である「子午線のキャッチ」によって、精密な緯度と経度が測定できた。 倭では【天頂点のキャッチ】を基軸とする夏音文字の学芸が栄えていた。 だから、倭の使節を往来できた。 邪馬台国説学者たちは「日本列島が南に伸びるはずがない、この転回日本列島地理は陳寿の誤記である」と断定する。 この考えが成立するためには、倭王朝ではシナ天文と同じく天の北極を最も重視する天文学が栄えていなければならない。 しかし、天の北極で緯度と経度を測量する方法は不精確となるので、大海に入ると間もなく位置と方位が不明となり漂流して落命した。 ゆえに、魏と帯方郡の使節は大海を渡ることができなかった。 ゆえに、倭において天の北極が最も重視されていたならば、倭の使節もまた魏と帯方郡の使節と同様に大海を渡ることができなかったことになる。 そうすると、『魏志倭人伝』という史料は1字も存在しなかったことになる。

次の

「師」と「士」の違いと使い分け!「司」も含め解説!資格や職業は?

ペテン師 語源

「知ったかぶり」とは、ある物事について本当は全然知らない、あるいは、ちょっとかじった事がある程度で、それ程詳しく知っている訳でもないのに、すぐ「それ知ってる、知ってる」と言って得意気になるという意味があります。 このような人は、「知ったか」「通ぶる」「知ったような口を利く」とも言い換える事ができます。 また、「大ボラ吹き」「ペテン師」という言葉も、「知ったかぶり」の別の表現方法として良く使われています。 語源 「知ったかぶり」は、知りもしない事をいかにも知り尽くしているかのように「知っているかのようなそぶりをする」事が語源です。 知ったかぶりをする人の特徴 知ったかぶりをする人は、知ったかぶりはとても恥ずかしい事だと気付いていない人が多いです。 あなたの周りにも「知ったかぶり」と言われる人がいるのではないでしょうか。 「知ったかぶり」と言われる人には、一体どんな特徴があるのでしょうか。 カタカナ言葉を使う 知ったかぶりをする人は、知ったかぶりを悟られないようにするために、テレビやネットで昨日今日ちょっと聞いただけのカタカナ言葉を使います。 そして、いかにも良く知っている、使い慣れているというようなそぶりで得意満面になって語り続けます。 知らない人がその話だけ聞いていると、まるで仕事ができる人のように感じてしまいますが、よくよく聞くと突っ込みどころが満載の話だったというケースが少なくありません。 使い慣れない言葉は無理に使わない方が無難です。 態度が大きい 知ったかぶりをする人は、「自分は何でも知っている」「自分程優秀な人は他にはいない」という認識が強く、態度が大きいです。 黙って聞いていると、自分はそれ程詳しく知っている訳でもないのに、人に対しては「そんな事も知らないの」「そんなの常識だよ」と言うのが口癖のようになっています。 また、相手が知らないと分かったときは、ここぞとばかりに馬鹿にして知ったかぶりを発揮し、そんな自分に酔っています。 こういう人はとても虚栄心が強く、「自分は優秀だ」と周りの人に知らしめたいがために、相手よりも自分の方が少しでも優秀だと察すると、すぐ上から目線な言動になります。 知ったかぶりをする人は、往々にして高学歴な人が多いです。 高学歴ゆえに知らない事でも知っている人を演じなければいけないと思っています。 高学歴だから全知全能でなければいけないという偏見を持っていて、知ったかぶりに余念がありません。 高学歴の知ったかぶりの人は、うろ覚えの知識をひけらかして知ったかぶりします。 でも、本当に知っている人の目は侮れません。 無理しているのが見え見えです。 知ったかぶりをする人の心理 知ったかぶりと言われる人は、自分が知ったかぶりだという事に気付いていない人が多いです。 そして、人が不愉快になろうがお構いなしです。 そういう人は、一体どんな心理から知ったかぶりをするのでしょうか。 自分は偉いと誇示したい 知ったかぶりをする人は、友達になりたいと思っている相手の趣味を知ったとき、友達になりたいがために知りもしないその趣味について、知ったかぶりをして話を合わせようとします。 たとえ、にわか知識でも知ったかぶりを通します。 人は人と繋がりたいときに、話題を共有してきっかけを作ろうとする心理が働きます。 特に友達付き合いの下手な人程、このような手段を使う傾向があります。 自分を認めて欲しい 知ったかぶりをする人は、人に認めてもらいたいときに、認めてもらえるようなものを何も持っていないと、知ったかぶりをして取り繕います。 「何でも良く知っている人」という印象を与えて、自分を認めて欲しいのです。 人は人に認めて欲しいときほど、強がって知ったかぶりしたくなる心理が働きます。 馬鹿にされたくない 知ったかぶりをいつまでも続けていても、そこから得るものは何もありません。 周囲の人達は知ったかぶりをとっくに見抜いています。 自分は知ったかぶりだと気付いたら、辞める努力をしましょう。 知ったかぶりを辞めるための方法を紹介します。 人と比較しない 知らないで恥をかくのが嫌だから、馬鹿にされるのが嫌だからと知ったかぶってばかりいると、人に信用されなくなったり誰にも相手にされなくなったりしてしまいます。 知らない事は別に恥ずかしい事ではありません。 見栄を張るのは止めて「それは、知らないです」とハッキリ言いましょう。 何もかも知り尽くしている全知全能の人などいないのですから、人と比較するのはやめましょう。 そんな事で人間の価値は決まりません。 わからない事は質問する 仕事で先輩や同僚が明らかに知ったかぶりをした場合は、「本当に知っているの?」とストレートに聞く訳にはいかないので、内容を掘り下げてやんわりと確認してみましょう。 知ったかぶりだった事が判明しても、より良い人間関係を築くためにも、それには触れずにおきましょう。 相手が知ったかぶって指示の内容を誤って理解していると、ミスやトラブルの原因になるので、一対一での会話は避けましょう。 知ったかぶりの人は、ターゲットが少ない方が墓穴を掘る確率が低いので、一対一の会話を好みます。 会話をするときは複数人でするようにしましょう。 複数人で会話をすると、確認もしやすいですし、知ったかぶりも暴きやすくなります。 知ったかぶりをする人への相槌.

次の

インポスター症候群

ペテン師 語源

「知ったかぶり」とは、ある物事について本当は全然知らない、あるいは、ちょっとかじった事がある程度で、それ程詳しく知っている訳でもないのに、すぐ「それ知ってる、知ってる」と言って得意気になるという意味があります。 このような人は、「知ったか」「通ぶる」「知ったような口を利く」とも言い換える事ができます。 また、「大ボラ吹き」「ペテン師」という言葉も、「知ったかぶり」の別の表現方法として良く使われています。 語源 「知ったかぶり」は、知りもしない事をいかにも知り尽くしているかのように「知っているかのようなそぶりをする」事が語源です。 知ったかぶりをする人の特徴 知ったかぶりをする人は、知ったかぶりはとても恥ずかしい事だと気付いていない人が多いです。 あなたの周りにも「知ったかぶり」と言われる人がいるのではないでしょうか。 「知ったかぶり」と言われる人には、一体どんな特徴があるのでしょうか。 カタカナ言葉を使う 知ったかぶりをする人は、知ったかぶりを悟られないようにするために、テレビやネットで昨日今日ちょっと聞いただけのカタカナ言葉を使います。 そして、いかにも良く知っている、使い慣れているというようなそぶりで得意満面になって語り続けます。 知らない人がその話だけ聞いていると、まるで仕事ができる人のように感じてしまいますが、よくよく聞くと突っ込みどころが満載の話だったというケースが少なくありません。 使い慣れない言葉は無理に使わない方が無難です。 態度が大きい 知ったかぶりをする人は、「自分は何でも知っている」「自分程優秀な人は他にはいない」という認識が強く、態度が大きいです。 黙って聞いていると、自分はそれ程詳しく知っている訳でもないのに、人に対しては「そんな事も知らないの」「そんなの常識だよ」と言うのが口癖のようになっています。 また、相手が知らないと分かったときは、ここぞとばかりに馬鹿にして知ったかぶりを発揮し、そんな自分に酔っています。 こういう人はとても虚栄心が強く、「自分は優秀だ」と周りの人に知らしめたいがために、相手よりも自分の方が少しでも優秀だと察すると、すぐ上から目線な言動になります。 知ったかぶりをする人は、往々にして高学歴な人が多いです。 高学歴ゆえに知らない事でも知っている人を演じなければいけないと思っています。 高学歴だから全知全能でなければいけないという偏見を持っていて、知ったかぶりに余念がありません。 高学歴の知ったかぶりの人は、うろ覚えの知識をひけらかして知ったかぶりします。 でも、本当に知っている人の目は侮れません。 無理しているのが見え見えです。 知ったかぶりをする人の心理 知ったかぶりと言われる人は、自分が知ったかぶりだという事に気付いていない人が多いです。 そして、人が不愉快になろうがお構いなしです。 そういう人は、一体どんな心理から知ったかぶりをするのでしょうか。 自分は偉いと誇示したい 知ったかぶりをする人は、友達になりたいと思っている相手の趣味を知ったとき、友達になりたいがために知りもしないその趣味について、知ったかぶりをして話を合わせようとします。 たとえ、にわか知識でも知ったかぶりを通します。 人は人と繋がりたいときに、話題を共有してきっかけを作ろうとする心理が働きます。 特に友達付き合いの下手な人程、このような手段を使う傾向があります。 自分を認めて欲しい 知ったかぶりをする人は、人に認めてもらいたいときに、認めてもらえるようなものを何も持っていないと、知ったかぶりをして取り繕います。 「何でも良く知っている人」という印象を与えて、自分を認めて欲しいのです。 人は人に認めて欲しいときほど、強がって知ったかぶりしたくなる心理が働きます。 馬鹿にされたくない 知ったかぶりをいつまでも続けていても、そこから得るものは何もありません。 周囲の人達は知ったかぶりをとっくに見抜いています。 自分は知ったかぶりだと気付いたら、辞める努力をしましょう。 知ったかぶりを辞めるための方法を紹介します。 人と比較しない 知らないで恥をかくのが嫌だから、馬鹿にされるのが嫌だからと知ったかぶってばかりいると、人に信用されなくなったり誰にも相手にされなくなったりしてしまいます。 知らない事は別に恥ずかしい事ではありません。 見栄を張るのは止めて「それは、知らないです」とハッキリ言いましょう。 何もかも知り尽くしている全知全能の人などいないのですから、人と比較するのはやめましょう。 そんな事で人間の価値は決まりません。 わからない事は質問する 仕事で先輩や同僚が明らかに知ったかぶりをした場合は、「本当に知っているの?」とストレートに聞く訳にはいかないので、内容を掘り下げてやんわりと確認してみましょう。 知ったかぶりだった事が判明しても、より良い人間関係を築くためにも、それには触れずにおきましょう。 相手が知ったかぶって指示の内容を誤って理解していると、ミスやトラブルの原因になるので、一対一での会話は避けましょう。 知ったかぶりの人は、ターゲットが少ない方が墓穴を掘る確率が低いので、一対一の会話を好みます。 会話をするときは複数人でするようにしましょう。 複数人で会話をすると、確認もしやすいですし、知ったかぶりも暴きやすくなります。 知ったかぶりをする人への相槌.

次の