み を つくし ポケモン go。 【スーパーリーグ】ヤミラミの個体値厳選と対人戦ブレイクポイント!弱点&おすすめパーティー!〔ポケモンGO〕

【ポケモンGO】全国のポケモンの巣まとめ(最新版)

み を つくし ポケモン go

スーパーリーグにおける長所と短所 長所 タイプが「悪&ゴースト」という珍しいタイプになっており、弱点がフェアリーしかありません。 また、技構成がとても優秀で、ゲージ増量が多く、威力もそこそこある「シャドークロー」を技1で撃つことができ、回転率が高く、タイプ一致の「イカサマ」と「かげうち」をゲージ技で撃つことができます。 更に、タイプ一致ではないものの「飛行タイプ」「氷タイプ」「炎タイプ」「虫タイプ」への打点として「パワージェム」も覚えさせることも可能です。 短所 全体的な種族値が低いので「シールド有りきの戦い」が要求されます。 なので、「シールド無しのタイマン性能」はそこまで高くありません。 上手くシールドを活用して、HPと技ゲージを管理しながら、試合の流れをコントロールする必要があるので、使いこなすには「少しコツがいるポケモン」と言えます。 主な立ち回り 今回の「ヤミラミ」は「シールド有りの状態」であれば、ゲージ技の回転率の高さ故、無類の強さを発揮できるポケモンです。 また、得意・不得意なポケモンがハッキリしているため、GOバトルリーグでもよく使われるデオキシスDやスリーパーといったポケモンと対峙した場合は、一方的な展開を作ることができます。 なので、得意なポケモンは起点にして、ゲージをガンガン貯めて、裏のポケモンに圧をかけていきましょう。 ポイントは「等倍」以上ならば「イカサマ」、「効果いまひとつ」ならば「かげうち」や「パワージェム」を当てていくことです。 小回りが利くポケモンなので、シールドや出し入れを上手にしながら、バトルをコントロールしてみてくださいね。 因みに、スーパーリーグ1位の個体は「個体値100%(攻撃15・防御15・HP15)」なので、砂は大量に必要になりますが、100%個体を手に入れたらカンストしてしまいましょう。 また、「がんばりぼん」を付けてもCP1500を超えないポケモンなので、ぜひ、相棒にしたいですね。 ゲージ増量が優秀で威力もそこそこある「シャドークロー」でガンガン削りながら、ゲージ技を連発していく、それだけで相手にとってはプレッシャーになります。 また、小回りが利くので、苦手なポケモンと当たってしまった場合は、ゲージ技で時間を稼いで逃げることもで可能です。 「ヤミラミはちょっと舐められてる感」すらあるのですが、上手に立ち回ることができると、かなりの厄介な相手ですので、ぜひ立ち回りを覚えて使いこなしてくださいね。 ヤミラミの覚える技と特徴 技1(通常技) 技名 威力 時間 増量 シャドークロー DPT 3. 6 EPT 4 7. 2 2 8 だましうち DPT 3. 6 EPT 3 7. 特にゲージ増量は目を見張るものがあるので、ゲージ技の「イカサマ」や「かげうち」を連発することができます。 硬直時間の短い技のわりに、威力もそこそこあるので積極的に採用していくと良いと思います。 あえて採用する理由はないと思われます。 14 10 70 約9回 約12回 おんがえし DPE 1. 86 130 70 約9回 約12回 かげうち DPE 1. 47 60 45 約6回 約8回 イカサマ DPE 2. 4 84 45 約6回 約8回 パワージェム DPE 1. 今までダメージを与えることができなかった、マリルリなどのポケモンに大ダメージを与えることができます。 小回りの利くヤミラミだからこそ使いこなせる技だと思います。 もし、リトレーンヤミラミの持っていたら、「イカサマ」と「おんがえし」の採用をおススメします。 また、タイプ一致のため威力も60とわりと高く、「ゴースト技」は「ノーマルタイプ」と「悪タイプ」以外には「等倍」で入るため、メインウェポンの「イカサマ」が効かない相手、マリルリなどに使えるサブウェポンになります。 なので、「悪技(イカサマ)」が効きずらい「格闘タイプ」や「フェアリータイプ」には、「かげうち」を使うことをおススメします。 特にGOバトルリーグでよく出てくるチャーレムやマリルリなどに使うと良いでしょう。 消費ゲージも50と少なく、タイプ一致補正で、威力が82もあり、ヤミラミのメインウェポンです。 「効果がいまひとつ」の相手以外には、有効な武器になるので、必ず覚えさせておくようにしましょう。 技1の「シャドークロー」の優秀なゲージ増加量と合わせて、連発することができます。 「悪技」のとおりが悪いポケモンには「かげうち」か「パワージェム」、それ以外には、基本的には「イカサマ」を使うのが効果的です。 また「パワージェム」は「岩技」なので、技のタイプとしては使い勝手が良いのですが、消費ゲージのわりに威力が低く、タイプ不一致のため、使うとしたら「ヤミラミ」をもう一体用意して、隠し玉として採用すると良いと思います。 とはいえ「イカサマ」と「かげうち」は、効きやすい相手がほとんど被っているので、見れる相手を広げるために「パワージェム」を採用しても悪くありません。 また、技のバリエーションが豊富で厄介なミュウやスリーパーと対峙しても、技の回転率の高さを武器に圧倒的に有利に立ち回ることができます。 苦手なポケモンは、ヤミラミの技に対して耐性のあるマリルリ、元々の耐久性能が高く、高回転で技を連発してくるナマズン、同じく高回転のガマゲロゲ、HPの高いランターンなどには勝てません。 ですが、ラグラージには「耐久性能の低さ」、カメックスには「技の回転の速さ」を理由に競り勝つことができます。 水タイプの中でも人気のこの2体に勝てるのは大きいです。 特にチャーレムのような「格闘技」をメインに戦うポケモンには、圧倒的に有利に立ち回ることができます。 ですが、同じ「格闘タイプ」でも、ニョロボンのように、技の回転が速く、格闘タイプ以外の技を連発できるタイプには、相手の選択次第で負けてしまう可能性もあるので注意が必要です。 技の回転の速さで圧倒してしまいましょう。 技1の「あまえる」だけで、あっと言う間に溶けてしまいますし、メインウェポンの「イカサマ」も全くとおらないので、「あまえる」を主体とした「フェアリータイプ」との対面は絶対に避けるようにしましょう。 「はっぱカッター」の攻撃力がイカれているので、ゴリゴリ削られます。 相手の技が、攻撃力の高くない「つるのムチ」であれば、まだ対処が可能ですが、「はっぱカッター」には、なす術もなくやられてしまうので注意しましょう。 こちらの技は「効果はいまひとつ」になるのに対して、相手の技は「等倍」で入ってしまうため、「悪タイプ」と足を止めて殴り合うのは得策ではありません。 なので、同じく高火力の「りゅうのいぶき」を使ってくるチルタリスにも勝てません。 また、「水&フェアリータイプ」のマリルリに対しても、基本的には有効打を持ち合わせていないので、対面した場合は不利です。 ただし、リトレーンをして「おんがえし」を覚えているヤミラミならば、これまで全く歯が立たなかったマリルリにも一矢報いることができるようになりました。 なので、シャドーヤミラミの良い個体をゲットしたら、ぜひ、リトレーンして「おんがえし」を覚えさせましょう。 ですが、逆に相手の弱点を突いている場合や、個別に有利なポケモンに対しては一方的な展開を作ることができます。 一見すると弱いポケモンに思えますが、ほとんどのポケモンに対して「シャドークロー」が等倍で入るため、「シャドークロー」でゲージをガンガン貯めて、回転が速くで威力の高い「イカサマ」を連発しながら、交代のアイドルタイムを稼ぎつつ、他の2体のポケモンとの交代やシールドを駆使して戦うのがポイントです。 初手で出しても強いポケモンですが、シールドアドを取った状態で裏から出てくると、かなり厄介なポケモンです。 ヤミラミの厳選とブレイクポイント ヤミラミの理想個体は15-15-15なので、ブレイクポイントはありません。 ヤミラミに関しては、古強化してリボンをつけてもCP1500まで届かないので、100%個体値を手に入れることが重要です。 強いて言えば、ブレイクポイントではないですが、おんがえしヤミラミはガチで強いので、ロケット団との対戦でヤミラミを見つけたら、必ずゲットしておきましょう。 スーパーリーグでおすすめのパーティー構築 レジスチル・ヤミラミ・マリルリ ヤミラミの回転率の良さを活かすために、耐久性能の高いレジスチルとマリルリと組ませてみました。 まずは、高火力の「ラスターカノン」と「きあいだま」を連発して相手のシールドを剥がし、そこへ回転の速いヤミラミを投入して「イカサマ」でダメージを与えていくパーティーです。 あとは全体的なバランスを整えるためにマリルリを入れてみました。 これによって、苦手なナマズンなどを牽制できます。 出し勝ったら後追い、出し負けたら、出し負けたで突っ張っていって、どこかのタイミングでマリルリで交代受けをします。 シールドはできるだけヤミラミに集めて、他の2体で相手の攻撃を上手にすかしながら、ゲージ技でシールドを剥がしながら戦っていきましょう。 対人戦で相手のポケモンに対する勝敗、ダメージ効率の良いチャージ技、被ダメージ量などを確認するためのツールです。 主にパーティーを構築する際に使います。 対人戦およびロケット団バトルのシミュレータです。 2種類のゲージ技の使い分けやシールドやバフのタイミングを自由に設定し、シミュレーションを行うことができます。 個々のポケモンの勝敗を確認する際に使います。 ポケモン毎の個体値ランク SCPランク、CPランク を進化先も含め一度に表示できるツールです。 CPを入れることでレベルや育成コストの確認もできます。 対人戦向けの個体を厳選する際に使います。 トレーナーバトル(対人戦、PVP、GOバトル)について、個体値をSCP(ステータスの勝つ力)順にランキング形式で表示・検索できるツールです。 ステータスや特定のポケモン・技を指定したダメージで絞り込むこともできます!主にブレイクポイントを調べる際に使います。

次の

【ポケモン剣盾】ガラル三鳥の専用技「らいめいげり」「もえあがるいかり」「いてつくしせん」の仕様はどうなる?? まさかの複合タイプ説も

み を つくし ポケモン go

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もGOバトルリーグに励んでいるかな? お兄さんはランク9までは意外とアッサリ上がったんだけど、 そこから10戦したら2勝8敗でド凹みしてるところだよ。 みなさん……お強い! それはさておき、現在GOバトルリーグはスーパーリーグのプレシーズン中だが、もう間もなく「ハイパーリーグ」のプレシーズンが2週間に渡り開催される。 今回は来るべき開幕に向けて、トレーナーバトルの鬼オススメの「 ハイパーリーグ用のバトルバーティ」をお知らせしたい。 ズバリ、必見だ。 ・育てないと戦えない まずはお兄さんがGOバトルリーグを体験して感じたことを率直に述べさせていただきたい。 たった一言で表すならば「 勝つためには育てなきゃ話にならない」ということだ。 CP1500近くのポケモンを適当に3体選んでも、1度勝つことはできても勝ち続けることは不可能に近い。 それはハイパーリーグでも当然同じハズ。 現在のところ、お兄さんはハイパーリーグ用のポケモンに一切手を付けていないが「 ちゃんと育てなきゃやべえな……」とはヒシヒシと感じている。 そこで泣きついたのが「」ことAさんだ。 PVPは必ず録画し、 負けたら必ず見返して反省してから次の戦いに挑むというトレーナーバトルの鬼。 ストイックの方向性がおかしいだろ! エース級のピッチャーか!! それはどうでもいいとして、鬼に話を聞いたところ「スーパーリーグ」と「ハイパーリーグ」では、やや雰囲気が違うらしい。 活躍できるポケモンの種類などはさして変わらないとのことだが、簡単に言うと スーパーリーグよりは熱心なトレーナーが少ないという。 「スーパーリーグとハイパーリーグでは トレーナーの熱意が違う気がします。 とりあえずスーパーリーグの流れでプレイしているトレーナーが多いんじゃないでしょうか。 ハイパーリーグの戦いを申し込むと断られることもちょいちょいありますね。 もしかしたらCPが2500まで上がる分、育成コストもかかりますし、 ややハードルが高いのかもしれません。 また、ハイパーリーグで活躍するポケモンには伝説のポケモンが入ってきます。 伝説のポケモンのわざの解放はアメが100個かかりますし、そういう意味では課金しているか無課金かの違いが出てくるかと思います」 なる……ほど。 鬼によれば今回ご紹介するパーティを1つ作って、 とりあえず様子見するのも大アリだとか。 ただハイパーリーグにはハイパーリーグの面白さがあるとのことなので、それに目覚めたら複数のポケモンを育ててみてもいいハズだ。 ・ガチパを紹介 今回ご紹介するパーティはズバリ「ガチパ」である。 鬼は「おそらく勝率が1番高いパーティで、 1つしかパーティ作らないならこれがオススメです。 何が来てもある程度広く受けられる組み合わせにしました」と教えてくれた。 以下でご紹介しよう ・ギラティナ(アナザーフォルム) 「ギラティナは ハイパーリーグ版のマリルリだと思って下さい。 シャドークローはゲージがどんどん貯まるので回転も早いです。 スペシャルアタックそのものの威力は高くないんですが、 とにかくギラティナは回転で勝負。 シャドークローとドラゴンクローでゴリ押しできます。 ステータスの良さを目指すなら(能力の)下げ交換する必要がありますが、わざわざ下げる必要もないほど、そのまま育てても強いです。 元々のCPが1900くらいはあるので、そこまでほしのすなはかかりません。 ハイパーリーグでまず育てるべきポケモンの筆頭格です」 ・レジスチル 「スーパーリーグで強いレジスチルはハイパーリーグでも強いです。 元々のステータスもそうですし、やはり はがねタイプは耐性が多いので使い勝手がいいですね。 これもスーパーリーグと同じです。 難点は CP2500まで育てるのにかなりのアメがかかることですね。 特にスペシャルアタックの解放に必要なアメ100は大きい……。 レジスチルのアメを大量に持っている人っておそらくあまりいないので、そこは難易度が高いですね。 レジスチルの ベスト個体値は100ですが、あまりパーフェクトにこだわる必要はないと思います。 キラ交換したレジスチルを育てるといいのではないでしょうか」 ・カビゴン 「カビゴンはHPがメチャメチャ高く耐久性が抜群です。 ただハイパーリーグでの役割は ギラティナ対策としてですね。 ノーマルタイプのカビゴンはゴーストわざに2重耐性を持っているので、ギラティナのシャドークローを無効化するといっても過言ではありません。 もし自分がギラティナを使っている場合、カビゴンが出てきたらすぐに交代した方がいいでしょう。 ただし、スペシャルアタックはどれも決め手に欠けます。 ハイパーリーグにそこまで興味がない場合でも、報酬のポケモンが欲しいトレーナーは、まずこの3体を育てておくといいハズだ。 下げ交換はあくまで1日200体以上捕まえるガチ勢のやり込み要素にすぎず、 それよりも立ち回りの方が遥かに大切です」と話してくれた。 なので何が何でも下げ交換する必要はないようだ。 もう1つ、鬼から「みなさんにぜひとも伝えたいメッセージ」を預かった。 それは「 負けを恐れないで欲しいです。 負けないと強くなれないので、たくさん負けて、たくさん強くなって、たくさん勝ってください」というものである。 勝つと嬉しいPVPだが、負けると相当悔しいこともまた事実。 だがしかし、負けても別に死にはしないし、ただ悔しいだけである。 負けることを恐れてプレイしないのが1番もったいない。 とにかく負けを恐れずに毎日ガンガンGOバトルリーグに挑もう。 涙の数だけ強くなれるよ……! やや話は逸れたが、今回ご紹介した3体だけでも育成しておけば、ハイパーリーグが開幕しても「手も足も出ない状態」にはならないハズだ。 あとは立ち向かう勇気……! もう1度言おう、 涙の数だけ強くなれるよ……!! それではトレーナー諸君の健闘を祈る! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の

【参加者必読】「ポケモンGOフェスト2020」までに準備しておきたい道具一覧

み を つくし ポケモン go

スーパーリーグにおける長所と短所 長所 タイプが「悪&ゴースト」という珍しいタイプになっており、弱点がフェアリーしかありません。 また、技構成がとても優秀で、ゲージ増量が多く、威力もそこそこある「シャドークロー」を技1で撃つことができ、回転率が高く、タイプ一致の「イカサマ」と「かげうち」をゲージ技で撃つことができます。 更に、タイプ一致ではないものの「飛行タイプ」「氷タイプ」「炎タイプ」「虫タイプ」への打点として「パワージェム」も覚えさせることも可能です。 短所 全体的な種族値が低いので「シールド有りきの戦い」が要求されます。 なので、「シールド無しのタイマン性能」はそこまで高くありません。 上手くシールドを活用して、HPと技ゲージを管理しながら、試合の流れをコントロールする必要があるので、使いこなすには「少しコツがいるポケモン」と言えます。 主な立ち回り 今回の「ヤミラミ」は「シールド有りの状態」であれば、ゲージ技の回転率の高さ故、無類の強さを発揮できるポケモンです。 また、得意・不得意なポケモンがハッキリしているため、GOバトルリーグでもよく使われるデオキシスDやスリーパーといったポケモンと対峙した場合は、一方的な展開を作ることができます。 なので、得意なポケモンは起点にして、ゲージをガンガン貯めて、裏のポケモンに圧をかけていきましょう。 ポイントは「等倍」以上ならば「イカサマ」、「効果いまひとつ」ならば「かげうち」や「パワージェム」を当てていくことです。 小回りが利くポケモンなので、シールドや出し入れを上手にしながら、バトルをコントロールしてみてくださいね。 因みに、スーパーリーグ1位の個体は「個体値100%(攻撃15・防御15・HP15)」なので、砂は大量に必要になりますが、100%個体を手に入れたらカンストしてしまいましょう。 また、「がんばりぼん」を付けてもCP1500を超えないポケモンなので、ぜひ、相棒にしたいですね。 ゲージ増量が優秀で威力もそこそこある「シャドークロー」でガンガン削りながら、ゲージ技を連発していく、それだけで相手にとってはプレッシャーになります。 また、小回りが利くので、苦手なポケモンと当たってしまった場合は、ゲージ技で時間を稼いで逃げることもで可能です。 「ヤミラミはちょっと舐められてる感」すらあるのですが、上手に立ち回ることができると、かなりの厄介な相手ですので、ぜひ立ち回りを覚えて使いこなしてくださいね。 ヤミラミの覚える技と特徴 技1(通常技) 技名 威力 時間 増量 シャドークロー DPT 3. 6 EPT 4 7. 2 2 8 だましうち DPT 3. 6 EPT 3 7. 特にゲージ増量は目を見張るものがあるので、ゲージ技の「イカサマ」や「かげうち」を連発することができます。 硬直時間の短い技のわりに、威力もそこそこあるので積極的に採用していくと良いと思います。 あえて採用する理由はないと思われます。 14 10 70 約9回 約12回 おんがえし DPE 1. 86 130 70 約9回 約12回 かげうち DPE 1. 47 60 45 約6回 約8回 イカサマ DPE 2. 4 84 45 約6回 約8回 パワージェム DPE 1. 今までダメージを与えることができなかった、マリルリなどのポケモンに大ダメージを与えることができます。 小回りの利くヤミラミだからこそ使いこなせる技だと思います。 もし、リトレーンヤミラミの持っていたら、「イカサマ」と「おんがえし」の採用をおススメします。 また、タイプ一致のため威力も60とわりと高く、「ゴースト技」は「ノーマルタイプ」と「悪タイプ」以外には「等倍」で入るため、メインウェポンの「イカサマ」が効かない相手、マリルリなどに使えるサブウェポンになります。 なので、「悪技(イカサマ)」が効きずらい「格闘タイプ」や「フェアリータイプ」には、「かげうち」を使うことをおススメします。 特にGOバトルリーグでよく出てくるチャーレムやマリルリなどに使うと良いでしょう。 消費ゲージも50と少なく、タイプ一致補正で、威力が82もあり、ヤミラミのメインウェポンです。 「効果がいまひとつ」の相手以外には、有効な武器になるので、必ず覚えさせておくようにしましょう。 技1の「シャドークロー」の優秀なゲージ増加量と合わせて、連発することができます。 「悪技」のとおりが悪いポケモンには「かげうち」か「パワージェム」、それ以外には、基本的には「イカサマ」を使うのが効果的です。 また「パワージェム」は「岩技」なので、技のタイプとしては使い勝手が良いのですが、消費ゲージのわりに威力が低く、タイプ不一致のため、使うとしたら「ヤミラミ」をもう一体用意して、隠し玉として採用すると良いと思います。 とはいえ「イカサマ」と「かげうち」は、効きやすい相手がほとんど被っているので、見れる相手を広げるために「パワージェム」を採用しても悪くありません。 また、技のバリエーションが豊富で厄介なミュウやスリーパーと対峙しても、技の回転率の高さを武器に圧倒的に有利に立ち回ることができます。 苦手なポケモンは、ヤミラミの技に対して耐性のあるマリルリ、元々の耐久性能が高く、高回転で技を連発してくるナマズン、同じく高回転のガマゲロゲ、HPの高いランターンなどには勝てません。 ですが、ラグラージには「耐久性能の低さ」、カメックスには「技の回転の速さ」を理由に競り勝つことができます。 水タイプの中でも人気のこの2体に勝てるのは大きいです。 特にチャーレムのような「格闘技」をメインに戦うポケモンには、圧倒的に有利に立ち回ることができます。 ですが、同じ「格闘タイプ」でも、ニョロボンのように、技の回転が速く、格闘タイプ以外の技を連発できるタイプには、相手の選択次第で負けてしまう可能性もあるので注意が必要です。 技の回転の速さで圧倒してしまいましょう。 技1の「あまえる」だけで、あっと言う間に溶けてしまいますし、メインウェポンの「イカサマ」も全くとおらないので、「あまえる」を主体とした「フェアリータイプ」との対面は絶対に避けるようにしましょう。 「はっぱカッター」の攻撃力がイカれているので、ゴリゴリ削られます。 相手の技が、攻撃力の高くない「つるのムチ」であれば、まだ対処が可能ですが、「はっぱカッター」には、なす術もなくやられてしまうので注意しましょう。 こちらの技は「効果はいまひとつ」になるのに対して、相手の技は「等倍」で入ってしまうため、「悪タイプ」と足を止めて殴り合うのは得策ではありません。 なので、同じく高火力の「りゅうのいぶき」を使ってくるチルタリスにも勝てません。 また、「水&フェアリータイプ」のマリルリに対しても、基本的には有効打を持ち合わせていないので、対面した場合は不利です。 ただし、リトレーンをして「おんがえし」を覚えているヤミラミならば、これまで全く歯が立たなかったマリルリにも一矢報いることができるようになりました。 なので、シャドーヤミラミの良い個体をゲットしたら、ぜひ、リトレーンして「おんがえし」を覚えさせましょう。 ですが、逆に相手の弱点を突いている場合や、個別に有利なポケモンに対しては一方的な展開を作ることができます。 一見すると弱いポケモンに思えますが、ほとんどのポケモンに対して「シャドークロー」が等倍で入るため、「シャドークロー」でゲージをガンガン貯めて、回転が速くで威力の高い「イカサマ」を連発しながら、交代のアイドルタイムを稼ぎつつ、他の2体のポケモンとの交代やシールドを駆使して戦うのがポイントです。 初手で出しても強いポケモンですが、シールドアドを取った状態で裏から出てくると、かなり厄介なポケモンです。 ヤミラミの厳選とブレイクポイント ヤミラミの理想個体は15-15-15なので、ブレイクポイントはありません。 ヤミラミに関しては、古強化してリボンをつけてもCP1500まで届かないので、100%個体値を手に入れることが重要です。 強いて言えば、ブレイクポイントではないですが、おんがえしヤミラミはガチで強いので、ロケット団との対戦でヤミラミを見つけたら、必ずゲットしておきましょう。 スーパーリーグでおすすめのパーティー構築 レジスチル・ヤミラミ・マリルリ ヤミラミの回転率の良さを活かすために、耐久性能の高いレジスチルとマリルリと組ませてみました。 まずは、高火力の「ラスターカノン」と「きあいだま」を連発して相手のシールドを剥がし、そこへ回転の速いヤミラミを投入して「イカサマ」でダメージを与えていくパーティーです。 あとは全体的なバランスを整えるためにマリルリを入れてみました。 これによって、苦手なナマズンなどを牽制できます。 出し勝ったら後追い、出し負けたら、出し負けたで突っ張っていって、どこかのタイミングでマリルリで交代受けをします。 シールドはできるだけヤミラミに集めて、他の2体で相手の攻撃を上手にすかしながら、ゲージ技でシールドを剥がしながら戦っていきましょう。 対人戦で相手のポケモンに対する勝敗、ダメージ効率の良いチャージ技、被ダメージ量などを確認するためのツールです。 主にパーティーを構築する際に使います。 対人戦およびロケット団バトルのシミュレータです。 2種類のゲージ技の使い分けやシールドやバフのタイミングを自由に設定し、シミュレーションを行うことができます。 個々のポケモンの勝敗を確認する際に使います。 ポケモン毎の個体値ランク SCPランク、CPランク を進化先も含め一度に表示できるツールです。 CPを入れることでレベルや育成コストの確認もできます。 対人戦向けの個体を厳選する際に使います。 トレーナーバトル(対人戦、PVP、GOバトル)について、個体値をSCP(ステータスの勝つ力)順にランキング形式で表示・検索できるツールです。 ステータスや特定のポケモン・技を指定したダメージで絞り込むこともできます!主にブレイクポイントを調べる際に使います。

次の