ご無沙汰しております 年賀状。 親戚へ年賀状の一言コメントやメッセージ、挨拶文の例文5つ

年賀状の一言で友人への文例!ご無沙汰の友人や疎遠な友人への一言は?|ベストな生活を送るお手伝い

ご無沙汰しております 年賀状

年賀状の一言メッセージ 親戚&友達 ご無沙汰な方へも使える文例をご紹介! 比較的親しい人へ送る場合の年賀状は、あまりかしこまった文面にする必要はなく、普段通りの言葉を使い、近況報告をかねて送るようにすると書きやすいでしょう。 ですが、 「親しいなかにも礼儀あり」というように、年賀状の基本的なマナーはしっかりと守って失礼のない気持ちの良い年賀状を送れるよう心掛けたいものですね。 抑えておきたい!年賀状の基本的なマナー 年賀状の賀詞は四文字のものが正式 年賀状の賀詞には 「賀正」や 「迎春」など 二文字のものもありますが、 二文字の賀詞は、目下の人に向けたことばなので注意が必要です。 年上の方など目上の方に対しては、賀詞は 「謹賀新年」、 「恭賀新年」などの 四文字の賀詞を用いたほうがよいでしょう。 親しい相手には二文字の賀詞もOK! 友人など親しい人へ送る年賀状であれば二文字の賀詞でもOKです。 下記の一覧もご参考に!• いつもありがとう• 今年もよろしくね• 久しぶりに会いたいね• あけましておめでとう これからもよろしく• 今年こそゆっくり会いたいですね• また みんなで温泉にでも行こうね• 今年もお互い切磋琢磨してがんばりましょう• お互いこの一年楽しく過ごせますように• 笑顔溢れる素敵な一年になりますように• 食べ過ぎ飲みすぎに注意して 元気でいてください• 新しい一年が これからも輝き続けるよう心より祈ってます• この一年が素晴らしい年でありますように• 素敵な1年になることを心から願ってます• 素敵な1年になることを心から願って 離れていてもいつも応援してます• 〇〇様にとって素敵な一年になりますように• 皆さま どうぞ穏やかな新春をお過ごしください• ご家族みなさま 幸多き一年になるよう祈っております• ご家族みなさまのご多幸をお祈り申し上げます• ますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げます• さらなるご健康とご活躍をお祈り申し上げます• これから寒さも増してまいります お体ご自愛下さい• 寒さもこれからが本番 風邪など召しませぬよう くれぐれもお体を大切にお過ごしください まとめ 年賀状は季節の挨拶状でもあります。 親しい間柄はもちろん、ご無沙汰している方にも、年賀状という挨拶状でコミュニケーションをとるのも素敵なことかもしれません。 現在は印刷のものも多いですが、一言でも手書きされている文面を見ると嬉しいものです。

次の

年賀状の一言文例~ご無沙汰な目上の方や親戚へ失礼のない添え書きは?

ご無沙汰しております 年賀状

上司・先輩への年賀状一言文例  今後ともご高配を賜りますようせつにお願い申し上げます。  本年も昨年同様、よろしくご教導たまわりますようお願いいたします。  これからも変わらぬご指導、ご叱正をお願いいたします。  厳しくもあたたかいご指導を本年もよろしくお願いいたします。  昨年同様ご指導の程よろしくお願いいたします。  本年もよろしくご指導くださいますよう、お願い申し上げます。  今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。  昨年は丁寧で親身なご指導をいただき、誠にありがとうございました。  本年もご助言をよろしくお願い申し上げます。  昨年のご厚情心より御礼申し上げます。  今年もより一層仕事に精進しますので ご指導くださいますようお願いいたします。 会社内でもあまり一緒にいることがなく、特にこれといったエピソードが無い上司の場合でもやはりこのような一言を添えて出すようにしましょう。 どれも似たような文章ですが毎年同じよりも少しでも言葉を変えて出すようにしてください。 もちろんいつも一緒にいて身近な上司には上記の言葉以外にエピソードなどを添えて書くようにしましょう。 親戚への年賀状一言文例 親戚は頻繁に交流がある場合は 書くことがあるので良いですが ここ数年全く会わないけど 年賀状のやりとりだけあるという方も 多いと思います。 そのような親戚への一言は  自分や家族の近況報告  相手の家族のことを気遣う、または感謝の言葉を 書くのがポイントです。 久々にゆっくりできました。 やはり親戚に書く年賀状は家族や子供のことが 書きやすいですね。 それでは子供がいない、または大きくなって 書くことが無くなった場合はどうすれば 良いでしょうか? ご無沙汰の目上の人への年賀状一言文例  昔お世話になった目上の方  異動して全く会っていない会社の上司  ここ数年会っていない親戚 などに年賀状を出す場合は 毎年同じことばかり書いても失礼ですし、 とは言え、子供も大きくなり書くことが 思いつかない場合があるのではないでしょうか。 それでも印刷しただけのものはマナーが悪いと思われるので せめて下記のような言葉を一言添えるようにしましょう。 相手を気遣う一言  お変わりありませんか お蔭さまでこちらはつつがなく暮らしております  ご無沙汰しておりますがお元気でしょうか? こちらはおかげ様で家族一同元気に過ごしております  ~様はいかがお過ごしでしょうか? こちらは相変わらずの日々を過ごしております 相手の幸せを願う一言  ますますのご活躍をお祈りしています  素敵な年になりますようお祈りしています  寒さ厳しい折り、お風邪など召しませぬよう ご自愛くださいませ  お元気で幸多き年となりますように お祈りしています。 まとめ 親しい人でも毎年何を書くか悩むことも多いと思いますが、年賀状のやりとりだけで疎遠になっている人はなおさら難しいと思います。 そのような場合に基本は相手を思いやる心遣いや感謝を述べてこれからもよろしくお願いします。 という文章で終われば良いです。 年末に慌てて書く方も多いと思いますがそのような場合でも手書きで一言添えるのがマナーです。 心を込めて丁寧に書きましょう。 関連記事:を.

次の

親戚へ年賀状の一言コメントやメッセージ、挨拶文の例文5つ

ご無沙汰しております 年賀状

ビジネスシーンでよく使う言葉の一つに「ご無沙汰しております」というフレーズがあります。 直接会ったときも使いますが、電話やメール、手紙と使うシーンは多岐にわたります。 この「ご無沙汰しております」とは、どういった意味なのでしょうか。 また、使い方はどのようなものなのでしょうか。 ここでは、「ご無沙汰しております」の意味や使い方、例文をみていきます。 「ご無沙汰しております」は謙譲語 「ご無沙汰しております」は、「ごぶさたしております」と読み、「ご無沙汰」と「しております」に分けられます。 「しております」の「おります」とは、謙譲語にあたります。 「ご無沙汰」の「沙汰」とは、便りや知らせのことを意味します。 たとえば、「すっかり沙汰がなくなった」という場合の「沙汰」です。 そして、ここに「無」という漢字をいれて、「無沙汰」になります。 「無沙汰」とは「便りがない」ことを意味し、ここに接頭語の「ご」がついて、「ご無沙汰」となります。 よって、「ご無沙汰」とは、便りや知らせがしばらく無いことを意味します。 長い間、連絡をしなかったり、訪問したりすることがなかった相手に対して使う言葉になります。 「ご無沙汰しております」の意味と使い方:拝啓 「ご無沙汰しております」とセットで使われる言葉に「拝啓」があります。 たとえば、「拝啓 ご無沙汰しております」のように使います。 「拝啓」とは、フォーマルな手紙の最初に使う挨拶で、「へりくだって、申し上げます」という意味です。 「拝啓」は、手紙の最初に使う言葉ですが、結語という結びには「敬具」を使うことになっています。 意味としては、「謹んで申し上げました」です。 「ご無沙汰しております」と「拝啓」は謙譲表現のため、これらはセットでよく使われます。 「ご無沙汰しております」の例文:拝啓 「ご無沙汰しております」とセットで使われる言葉に「お元気ですか」というフレーズがあります。 たとえば、「拝啓 ご無沙汰しております。 お元気でしたか。 」などのように使います。 「ご無沙汰しております」の例文:お元気ですか 「前略 ご無沙汰しておりますが、皆様お元気ですか。 我が家は、この四月より長女が無事就職し、次女も大学生となりました。 」 「ご無沙汰しております」は、2~3か月以上あけて使う 「ご無沙汰しております」の意味は、久しく会うことがなかった相手に使う謙譲表現です。 では最後に会ってからどのくらい期間が経ったら使うのでしょうか。 数日では、「ご無沙汰」とは言えませんので、目安としては2~3か月程度期間が空いたときに使うようにしましょう。 ケースによっては、それよりも短い期間でも良いでしょうが目安ではその程度と覚えておきましょう。 また、それよりももっと期間が空いた場合は、「大変ご無沙汰しております」という表現にすると良いでしょう。 媒体別「ご無沙汰しております」の使い方 「ご無沙汰しております」というフレーズは、実際に会ったときはもちろん、メールや手紙、年賀状などでも使える言葉です。 ここでは、それぞれの媒体別に使う「ご無沙汰しております」の使い方や例文をご紹介します。 媒体別「ご無沙汰しております」の使い方:メール メールでも「ご無沙汰しております」というフレーズが使えます。 ビジネス上は、取引先や顧客など目上の方にメールすることも多いでしょうが、この「ご無沙汰しております」は謙譲表現ですので、目上の人にも問題なく使えます。 (例文)「長い間ご無沙汰しております。 」 年賀状においても「ご無沙汰しております」のフレーズはよく使われます。 年賀状の場合は、年1回ということもあり、年賀状のみのやり取りとなっている場合など、つかいやすいフレーズであるからです。 (例文)「あけましておめでとうございます。 ご無沙汰しておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。 おかげ様で、私たちもにぎやかな新年を迎えることができました。 皆様のご健康とご多幸を心からお祈りしますとともに、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 」 メールや手紙の「ご無沙汰」の表現に注意 メールや手紙では、「ご無沙汰しております」というフレーズは、よく使われます。 しかし、以下のような表現は間違いです。 1.「大変ご無沙汰ですが、ご連絡いただきありがとうございます。 」 2.「ご無沙汰のため、申し訳ないです。 」 3.「ご無沙汰でしたが、お元気でしたでしょうか。 」 これらの表現で「ご無沙汰」は、形容動詞として使われています。 手紙やメールでは「ご無沙汰だ」という表現は間違いです。 「ご無沙汰する」だと、自分が連絡すべきところを連絡しなかったという意味になりますが、「ご無沙汰だ」と言い切ることは、どちらがということなく表現しているので、相手も連絡くれなかったという意味にもとられるからです。 「ご無沙汰しております」の目上の人への使い方 「ご無沙汰しております」の敬語 「ご無沙汰しております」という表現は、「お久しぶりです」の謙譲語の敬語表現です。 そのため、「ご無沙汰しております」をさらに敬語で表現することはできません。 「お久しぶりです」は、丁寧語にあたり、「久しぶり」という表現を丁寧に表した言葉ですが、カジュアルな印象があることから目上の人や上司、取引先などには不適切な表現です。 また、目上の人だけに使えるわけではなく、同じ立場の人に対して使っても問題のない言葉です。 ビジネス上、「お久しぶりです」という意味の言葉を使いたい場合は、「ご無沙汰しております」という表現を使うようにしましょう。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の使い分けは? しばらくの期間会ったり、連絡をとってなかったりする人に対して使う言葉が「ご無沙汰しております」ですが、同じような意味の言葉に「お久しぶりです」があります。 たとえば、久しぶりに会う友人や関係の近しい人であれば、「お久しぶりです」という挨拶で、再会の喜びや申し訳ないという気持ちが伝わります。 しかし、「お久しぶりです」は、ちょっと軽い表現ですので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先に対しては使うべきではありません。 ビジネスシーンでは、「ご無沙汰しております」を使うようにしましょう。 「ご無沙汰」には謝罪の意味が含まれている 「ご無沙汰しております」は「久しぶりです」という意味ですので、そこには長い間連絡をしないで申し訳ないという謝罪の気持ちが含まれます。 たとえば「ご無沙汰しておりまして、申し訳ありません」という文があるように、謝罪の言葉が続くことも不自然ではありません。 ビジネスは互いに連絡を取り合い、協力関係を築くものです。 その相手にしばらくの間連絡をしなかったことに対し、申し訳なく思うから「ご無沙汰しております」という表現を使います。 ビジネスメールでは「ご無沙汰しております。 〇か月前の取引を最後にご連絡が滞っており申し訳ありませんでした。 」というように、後に謝罪が入ることも自然です。 「ご無沙汰」は英語でどう表現するか 「ご無沙汰しております」とメールできた場合の返信 メールで「ご無沙汰しております」と相手から来た場合に、どう返信すれば良いのでしょうか。 その場合は、「こちらこそ、ご無沙汰しております。 」と返しましょう。 以下に例文をご紹介します。 (例文)「大変ご無沙汰しております。 お元気でしたか。 こちらは、変わらずに元気に過ごさせていただいております。 」 「ご無沙汰しております」には一言付け加える 「ご無沙汰しております」には、相手を気遣う一言を付け加えてみるのもおすすめです。 「ご無沙汰しております。 」で終わらずに、「ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしですか。 」のように付け加えます。 ほかにも、「お変わりありませんか」「お元気ですか」など、その場面に合った言葉を選び一言付け加えると良いでしょう。 また、前述にもありますように、「申し訳ありません」という謝罪の言葉をつなげるのも良いでしょう。 たとえば、「ご無沙汰しており、誠に申し訳ありません。 」のようになります。 「ご無沙汰しております」の意味や使い方を覚えましょう いかがでしたか。 「ご無沙汰しております」は、敬語表現で自分を低めて相手を敬う謙譲表現であるということがわかりました。 また、「お久しぶりです」という意味であることから、数か月間が空いた場合に使うべき言葉ですので、まだ数日しか経ってない場合には使わない方が良いということもわかっていただけたでしょうか。 ただし、「ご無沙汰しております」は場面や使い方を間違えると、常識がない人に思われる可能性もある言葉です。 きちんと意味や使う場面を考えて使うようにしましょう。 「ご無沙汰しております」というフレーズは、目上の人や、取引先、先輩、上司にも使える便利な表現ですので、使い方や意味を覚えて、使いこなしてみてはいかがでしょうか。

次の