グラブル ディスペル石。 召喚石「メタトロン (SSR)」の詳細・性能・評価

【グラブル】ディスペル持ちキャラ/召喚石一覧【グランブルーファンタジー】

グラブル ディスペル石

サプ不可召喚石なし 以上の条件での編成となります。 また、1戦目に限らず3戦の共通として、「灼熱」はダメージUPの意味でかなり有用です。 それほど強くはないため、ここで全力のキャラ編成を組むのは避けた方が良いです。 最も強い3戦目と同じ編成を使う場合は別 1戦目のおすすめキャラ 特別におすすめのキャラはいません。 キャラ編成例 主人公ランバージャックに、ゼタ、マギサ、アテナ。 サブはSSRキャラや猫など。 本攻略では1戦目と3戦目で同じ編成を使います。 3戦目が一番手ごわいため、最も強いキャラを編成しています。 1と3を別々の編成にしてももちろん良いです。 攻防ダウンやマウントも持っており、通常攻撃が全体攻撃なのも今回のブレグラでは優秀。 適性はかなり高いです。 ディスペルやスロウも有用ですが、この枠は ジークフリートの方が安定度は高いです。 装備編成例 武器• メイン:ゼノイフ斧• コロ杖• 夏ノ陽炎• 4凸終末武器 チェンバ上限• バハ武器• サブは「サン」に、ダメージカット目的で「風カバン2枚」、ディスペル目的で「孤独の竜姫」。 ディスペル石は「ミカエル」「メタトロン」「ゼピュロス」「ハンサ」の方が良いです。 また、ディスペル石は必須ということもないので、そもそも持ち込まなくてもクリアは可能だと思います。 その場合は黒麒麟などがおすすめ クエストの流れ・立ち回り・注意点 下の敵はチェンバダメージで削る 2匹いるうちの下の方 フォーマンティス は防御値が異常に高く、通常攻撃やアビリティダメージではまともにダメージを与えることができません。 が、 上の敵を狙った際の チェンバダメージはいつも通りダメージが通ります。 最大HP量は1000万以下と高くないため、ほぼチェンバダメージのみで倒すことが可能となっています。 先に上を倒してしまうと倒しにくくなってしまうので、• 「2チェインを繰り返す」か「フルチェインを繰り返す」 ようにすることで、スムーズに倒すことができます。 開幕 バフデバフを使って攻撃開始。 下にターゲットをしないように注意。 ポーションの使用状況は毎回リセットされるので、 同じ編成を後で使う場合には 討伐前に使い切ってしまいましょう。 今回は使うのを忘れました。 シヴァは3戦目に取っておきます。 ダメージは大したことないので素受けしてOKですし、アテナ1でカットしても良いです。 画像は素受け 連撃UPは無視。 ここ以外の特殊技も基本素受けでもOK。 風カバンが召喚可能であれば召喚しておくと良いです。 本攻略ではこの編成を3戦目で使いますが、 3戦目開始と同時にデバフを使えるように、デバフは温存した状態で倒したいです。 素受けでOK。 攻防ダウンは無視。 討伐 奥義チェインで討伐。 もし終盤奥義ゲージが溜まる前に上を倒してしまいそうな時は、一時的に下に攻撃することで、ゲージを溜めることができます。 ポーションを使ってから倒すように注意。 画像は忘れた図。 2戦目「ディコトムス」攻略 2戦目に持ち込みたい要素・所感 2戦目の敵は 「付与されている弱体効果の数が多いほど、防御力が下がる」という特徴があります。 よって、編成全体として、多くの弱体効果を付与できるようにしたいです。 灼熱は変わらず有用。 他にはこれと言ってありません。 かなり弱めの敵となっています。 2戦目のおすすめキャラ 特にはいません。 1戦目でも3戦目でも使わないキャラをここで使うと良いです。 キャラ編成例 主人公ランバージャックに、カレン、紅月カレン、3年生チーム。 マウントは必須ではありませんが、ないよりはいいです。 本編成では全部で10個のデバフを付与可能となっています。 装備編成例 武器 1戦目と同じです。 50%でディスペルがあると良いので、孤独の竜姫。 クエストの流れ・立ち回り・注意点 50%でデバフリセット 50%通過時に敵のデバフが全部リセットされます。 素早く弱体効果を付与できるように、デバフを温存しておきましょう。 開幕 バフデバフを使って攻撃開始。 カレンの灼熱が外れたらリタイアした方が良いです。 多くの弱体を付与することで、画像の様に大きなダメージを出すことができます。 75%トリガー 全体大ダメージ。 3年生1アビで受けます。 リフレクトは孤独の竜姫召喚で消します。 25%トリガー 単体特大ダメージ。 ティアマト召喚で回避できます。 もしティアマトが間に合わなくても、あと少しなので削り切れると思います。 10%トリガー 25%と同じく単体特大ダメージ。 幻影がまだ残っていて回避できることが多いです。 だれか落ちても問題なく押し込めると思います。 3戦目「ローカスト」攻略 3戦目に持ち込みたい要素・所感 ダメージカット複数 敵は2匹おり高頻度で威力の高い特殊技を使ってくるため、ダメージカットは複数欲しいです。 ディスペル 特殊技で敵に付与される「回避率UP」がそれなりに厄介なので、これを消せるディスペル。 あった方が良いですが、必須という訳ではないと感じました。 どちらもHPの減る速度が速くなってしまうので、対策としてマウントかクリアがあるとより安定性が増します。 3戦目のおすすめキャラ マギサ 有用なマウント、灼熱持ち。 敵が2匹いる3戦目では、通常攻撃が全体攻撃なのも強力。 どこで使っても活躍しますが、3戦目で使うのがおすすめ。 ジークフリート 疑似マウント、ダメージ軽減、全体HP回復、風70%カットと多くの防御系の優秀なアビリティを持っており、味方の耐久力を大きく補強できます。 火力も極めて高く、優先度は最高レベルです。 アテナ ダメージカット持ち。 全体スロウは敵が2匹の3戦目では特に便利です。 キャラ編成例 ランバージャック、ゼタ、マギサ、アテナ。 本攻略では1戦目で使用したものを再度使用• 先ほども触れましたが、ゼタの枠はジークフリートにできると大幅に安定度は向上します。 装備編成例 1戦目と同じです。 クエストの流れ・立ち回り・注意点 細かい点が気になる方は動画をどうぞ。 以下注意点や立ち回りを解説。 できるだけ2匹を同時に倒すようにする 3戦目は2匹の「ローカスト」がボス。 どちらかが倒されると、残った片方の攻撃が一気に激しくなり、非常に危険です。 上の敵のHPは下の敵の半分くらいなので、• 「基本的には下をメインに攻撃しつつ、HPなどの状況を見て上にもたまにターゲットを移して攻撃していく」 ことで、ほぼ同時に2匹を撃破することができ、安全にクリアを狙えます。 OD時にCTMAXになる 2匹ともにOVERDRIVE突入時にCTがMAXになります。 よって、OD直前ではスロウを温存できると余裕ができます。 HPトリガー技 2匹共に 75%と25%の2か所にHPトリガーがあります。 全体ダメージとランダム多段ダメージの2つで、どちらもダメージカットで受けるようにします。 敵に付与されることがあるのは• 攻撃UP• 防御UP• 回避率UP の3つ。 攻撃と防御UPは基本無視でOK。 回避率UPは、ターゲットしている方に付いたらディスペルで消せると良いです。 ターゲットしていない方に付いたら基本無視でOK。 よって、この状況ではスロウを使うか、ダメカを使ってから攻撃するのが良いです。 討伐 1戦目でポーションを使い忘れましたが、それでもある程度HPを残して討伐できました。 ジーク入りではさらに盤石でした。 guraburukouryakusinannjo.

次の

[グラブル]マルチ戦において、絶対にやってはいけないこと一覧[レイジテロ駄目絶対!]

グラブル ディスペル石

140召喚石 シヴァやグリームニルなど• 150召喚石 ルシフェルやバハムート• 神石 アグニスやヴァルナなど• 天司石 ウリエルやベリアルなど• 1度しか召喚できない石 フレイやテュポーンなど• 上級カーバンクル カーオンやアヌビスなど• 1部のマルチ&イベント石 ここで挙げてる召喚石は「強くて便利だから」で説明が済んでしまうのですが... 初心者の人向けに、シンプルにオススメの理由も交えて解説していきますね。 これらの召喚石はリセマラでも当てにくいので、かなり強い部類に入ります。 引けたらかなり運が良いほうですよ。 シヴァ 火属性 :召喚時に火力が2倍になる• エウロペ 水属性 :召喚時に味方を復活できる• グリームニル 風属性 :召喚時に1万のバリアを付与 全部で4種類ありますが、どれも1体はあると嬉しいですね。 中でもシヴァは普段のクエストやマルチだけでなく、フレンド確保でも役立ちます。 もとの性能はかなり高い上に、まだ「最終上限解放」も残ってるので間違っても売るのはNG もし引けたら即「お気に入り」にしておくことをオススメします。 いまのグラブルでは「ルシフェル&バハムート」のことを指します。 この2つの召喚石は• ミカエル:火属性• ガブリエル:水属性• ウリエル:土属性• ラファエル:風属性• メタトロン:光属性• サリエル:闇属性 これまでと同じく「サプチケで交換できない」貴重な召喚石ですね。 天司石の特徴として 「サブに編成しても効果がある」というのがあります。 上の天司石はサブに入れるだけで「属性ダメージUP」するので、どの属性でもスタメン級なんですよね。 もちろん上限解放することで倍率は上がります。 まだ最終上限解放も実装されてない分、さらに強化される可能性がある召喚石ですよ。 間違っても売らないように要注意です。 1回という縛りはありますが、その分「召喚効果が強いものが多い」からです。 プロメテウス• カーオン• ギルガメッシュ• バイブカハ• ヘクトル• アヌビス 有利属性のバフが乗るだけでなく、弱点属性からのダメージカットもできます。 効果ターンも長めなので、4凸はどれも持っていると便利だと思いますよ。 ここでは個人的に便利でオススメの召喚石を挙げておきますね。 ティアマト ・全体に幻影効果を付与 ・単体攻撃なら何でも避ける ・攻撃デバフも一応ある 黒麒麟 ・キャラアビがすべてリセット ・高難易度でも活躍するほど便利 ・なるべく1体は3凸を作りたい 黄龍 ・奥義を即使うことができる ・マルチの周回で便利 ・古戦場の肉集めでもよく使われる C.C ・奥義ゲージ&奥義性能がUP ・バリア効果もなかなか便利 ・キャプターコラボで入手できる あとここでは紹介してませんが、アーカルムの召喚石も強力ですね。 召喚効果はもちろん、編成にいれるだけでも効果がある召喚石だったりします。 被りで重ねていい召喚石の特徴まとめ 被りの召喚石があると、重ねていいか迷うと思います。 なるべく重ねないほうがいいのが本音ですが... 個人的に 「重ねてもいい召喚石の特徴」はこんな感じ。 デス アーカルム石 :ダメージUP枠• ベリアル:同じくダメージ上限UP枠• テュポーン:マルチの締め枠• 特にアーカルム石は「誰でも手に入る」ので、召喚石の枠ってわりと余裕ないんですよね... どの属性も召喚石の枠がパターン化されやすいので、同じ召喚石を入れることがめったに無いので。 あとシンプルに「カーバンクルに金剛晶を使うのはもったいない」というのもあります。 金剛晶はグラブルの中でも特に「足りない」って人が多いので、コッチに回す余裕がない人がほとんどだと思います。 高難易度であっても「4凸1体あればOK」ってレベルですね。 ガチャの召喚石は原則「エレメント」はNGです 言うまでもなく 「ガチャ石のエレメント化」はNGです。 エレメントはグラブルで不足しやすい素材ですが... いまの環境を見てると、昔よりもうかつにエレメント化できない状況になってます。 具体的にはこの2つが大きいです。 古戦場でエレメントが多めに貰えるようになった• 召喚石にも5凸が実装されるようになった 特に「2」は無視できないですね。 いまはルシフェルとバハムートだけですが、今後は他にも実装される可能性は大です。 あまり注目されなかった召喚石も評価がバク上がりしても不思議ではないですからね。 強力、ガチャの召喚石はエレメント化しないほうが無難だと思います。 どうしてもエレメントが欲しい人はこっちの記事も参考にどうぞ。 正直、どう考えても使わない召喚石もありますが... 自分でうまく判断できないうちは売ったり、エレメント化しないほうがベターです。 上でも触れたように今後は「5凸の実装」も十分考えられるので、さらに下手なことができないのが厄介です。 僕も前までは「使わなさそうな石はエレメント化」してましたが、少なくとも1体はキープするのが良さそうですね。

次の

目標だったサテュロス石を4凸にしたぞ!!ディスペルされないなら滅茶苦茶強い!?

グラブル ディスペル石

強化効果があることで攻略が厄介になることもあるので、対策が出来れば非常に便利。 一部の的ではディスペルが必須になる場合も。 例:シュヴァリエ・マグナ ディスペルの使い方や仕様 使い方は上でも挙げた通り、基本は敵にかかっている強化バフを打ち消すために使います。 その中でも厄介な強化効果は• 「幻影」は1度でもダメージを与えれば消去されるので「召喚石」による攻撃で剥がすことも可能。 取り方は「ビショップのジョブを取る」or「ビショップのLVを20にしてEXアビを取得」する2通りあります。 麻痺持ちのキャラ一覧 キャラ一覧 シャノワール ガチャ カトル 十天衆 ユーステス ガチャ ユーステス ハロウィン ソーン 十天衆 ミニゴブ ガチャ シャオ ガチャ 召喚石一覧 アンクシャ ガチャ 「召喚効果」による麻痺効果の付与。 効果中は敵の攻撃はもちろん受けません。 また敵のチャージターンも進まないので「特殊技」もやり過ごせます。 なので「弱体成功率UP」や「弱体耐性DOWN」を組み合わせることでより麻痺を入りやすくすることが出来ます。 また強力な効果が故に、 1度敵に麻痺が入ると、2度目以降の麻痺が効きづらくなるのも難点。 そのためボス戦などでは使い所をよく考える必要もあるわけです。 「麻痺」は基本的に決められた時間だけ敵の動きを止める効果があります。 しかし以前のアプデで麻痺の仕様が変更されたキャラもいます。 例えば「ソーン」の麻痺は• 2アビによるランダムで麻痺を付与• これは時間制限ではなく、ターン経過で消えるような仕様に変わりました。 ソーンの場合は「60秒間」麻痺効果が維持されるので、その間はずっと敵の動きを封じることが出来ます。

次の