湾岸 ミッドナイト ドレス アップ。 湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 6とは

[mixi]ドレスアップ

湾岸 ミッドナイト ドレス アップ

B」へ、バージョンアップ 3DX:2009年1月15日より 「Ver. B」へ、バージョンアップ 3DX:2009年4月より 「Ver. C」へ、バージョンアップ 3DX Plus:2010年4月より 「Ver. 製品概要 [ ]• Maximum Tuneシリーズでは、や、前作までのシリーズ(湾岸ミッドナイト、湾岸ミッドナイトR)で採用されていたSPゲージ(ライバルとの車間距離が開くと減り、ゼロになるとゲームオーバーになる)が廃止され、ストーリーモードや乱入対戦モードでは規定距離を先に走り切った方が勝ちというシンプルなルールに変更された。 自分の車種データと名前を記録したリライタブル( re-writable カード表面に印字された内容を書き換え(追記ではなく)できる)(「4」からは非接触式ICカードに変更)を使用し、ライバルに勝利してチューニングをこなしながら各モードをクリアしていくシステムが採用されていて、実車同様に走行距離がプレイ終了ごとに加算される。 ゲーム内では、プレイ中に対戦しているキャラクターの表情と、原作から選択されたそのキャラクターの台詞がカットインされる。 設定は原作と異なり、「2」までは、によって、「3」以降ではバイパス道路の開通で、必要価値が無くなった首都高速道路がレースサーキット場として扱われるというシチュエーションになっている。 走行時間帯は早朝と深夜の2種類から選択可能であり、雨天は無くすべて晴れの状態である。 なお、原作にも雨天時にレースを行うシチュエーションは一度も出てこない。 ただし、ゲーム中では早朝と表現されているが、ほぼ日中に近い明るさになっている。 ストーリーモードでは、「1」、「2」ではナムコキャラが登場するボーナスステージが用意されている(「1」ではやモンスターがR200CLUBを扮する『PAC765CLUB』、「2」ではに登場するどん子、和田かつ、和田どん、お面小僧がライバルになる)。 ただし、登場する車は、シリーズのようにディフォルメされた車ではなく、の・が登場する。 なお、「3」以降のストーリーモードでは、ゲストキャラは登場しないが、パックマン及びモンスターたちが、コース上の電光案内盤や、ドレスアップパーツの一部として登場する。 「3DX」、「3DX PLUS」では、どん子、和田かつ、和田どん、お面小僧が再び登場した。 ゲーム内に登場する新環状右回りは、大井ジャンクション経由(ロング)と、経由(ショート)の2種類がある。 ロングコースは、「1」〜「3DX」「4」以降ではCPU戦・対人戦・タイムアタックに登場する。 ショートコースは、「1」・「2」ではCPU戦のみだったが、「3DX Plus」に限りタイムアタックで再登場したが、ロングコースが削除された。 筐体は前シリーズの筐体から一新され、一人専用でH型6速インパネシフト・6連装スピーカー・調整可能なシートを採用し、全体的に赤と黒を基調としている。 なお、2005年12月に同社から発売されたとそっくりであるが、こちらは青と緑の筐体になっていて、インパネ周り及び、基板も異なるため、マキシからマリオカートへの移行、またはその逆も不可能。 最大の特徴でもあるH型6速シフトは、各車のトップギアより高い位置に入れてもトップギアのままで、以下のようになる。 4速車:1-2-3-4-4-4• 5速車:1-2-3-4-5-5• 6速車:1-2-3-4-5-6• 7速車:2-3-4-5-6-7• 9速車:4-5-6-7-8-9• ノーマルメーターは、各車種ごとに完全再現していることも、もう1つの特徴といえる。 カードは磁気カードの耐久の関係で、使用回数が60回までとなっており、60回の使用回数を使い切った時はコンティニューができずにカードが排出される。 ゲーム開始時に回数切れカードを投入した場合は店ごとに決められた料金を投入すると新しいカードにデータが引き継がれる。 コンティニュー、カードの出し入れは1カウント減り、対戦に連勝した場合はカウントされない。 なお、使用済みのカードは20話をクリアしていれば廃車カード、20話をクリアしていなければ使用済カードとなる(廃車カード欄参照)。 「4」からのICカードは使用回数制限が撤廃されている為、廃車カード作成のルールが一新されている。 音楽は一貫してが手がけている。 古代祐三と本シリーズの小林プロデューサーは高校時代の同級生であり、それが縁で小林プロデューサーがオファーしたという。 前シリーズではバロック調のBGMだったが、Maximum Tuneに入ってからこれまで挑戦したことの無かったトランスの世界に踏み入れ、「2」稼動前の時期にサウンドトラックが発売された。 なお、初回限定特典として、「2」専用特別カードが同封された。 このカードを用いると、対戦、タイムアタック、2周目以降のストーリーの際BGM選択に00番が現れ、特別曲「Holy Land Anthem」が使用できる。 なお、この曲は、古代祐三がこの初回特典カードのためだけにアレンジしたBGMである。 「3」以降ではストーリーモードのBGMが一新されているが、条件(後述)を満たすことにより各モード(ストーリーモードは2周目以降)のBGMを2までのものや、「湾岸ミッドナイト」(リッジレーサーVの筐体)時代のものに変更することができる。 ストーリーモードや通信対戦モードでは、一般的なレースゲームと異なりチェックポイントなどの制限時間を延長する要素は存在しないが、プレイ開始時に楽にゴールできるだけの制限時間が与えられる。 ただしストーリーモードでは相手がゴールに到着した時点で負けになるため、タイムアップを発生させることは非常に難しい。 ストーリーモードでタイムアップを発生させれば、称号が手に入るが無条件で敗戦扱いとなってチューニングゲージの増加もなし。 2まで存在した通信対戦モードの「首都高一周」では999秒(16分39秒)というアーケードゲームでは常識的には考えられないほど長い時間となる。 これは全くチューニングをしていない車両でもゴールできるように設定されたためである。 タイムアタックでは首都高一周を除く各コースでは3ヶ所のチェックポイントが設定され、通過時に制限時間が加算される。 首都高一周ではチェックポイントの数が6ヵ所に増加する。 10人抜きモードでは各ライバルを負かす毎に制限時間が延長される。 プレイの流れ [ ] プレイする場合の大まかな流れは次のようになる。 ここでは、「6R」の場合を説明する。 プレイ料金を投入する。 、、もしくはに対応したカードかをカードリーダーにタッチする。 カードを使用しない場合は「NO」を選択する。 カードを持っていない場合、追加クレジットを投入してカードを新規発行することが出来る。 ゲストプレイを行う場合は「NO」を選択する。 最初から始める場合と、新しい車を登録する場合はここで車種とカードネームを決める(なお、廃車カードを使用する場合は廃車カードを消費し600馬力相当の状態で車が登録される。 使用する車を選択する。 使用できる車は先頭5台分のみ。 6台目以降を使いたい場合は、湾岸ターミナルで先頭に移動する必要がある。 (プレイヤーの分身が対戦された場合)スタンプが届き、リターンするか選択。 「YES」を選べばそのままリターン戦に突入する。 選択した車のプレイヤーデータの確認画面が表示される。 ここで一定以上周回すれば、レース後に日付称号を獲得できる。 乱入の可否を選択する。 1人プレイ時のみ筐体のボタンを押すことであとで変更できる。 乱入をしたくない場合は「乱入拒否(乱入しない)」を選択する。 乱入対戦したい場合は「乱入歓迎(乱入する)」を選択する。 モードを選択する。 ストーリーモード• 原作に登場するキャラクターと対戦。 終了後、チューニングゲージが溜まり、満タンになればチューニングを行う。 全国分身対戦(バナパスICカードを使用しないプレイでは選択不可)• レベルから選ぶ• 「店内王冠に挑戦」を選ぶと、最強分身と対決する。 リターンする相手から選ぶ• 分身を検索する• 対戦した相手から選ぶ。 店舗でプレイした相手から選ぶ。 全国街道チャレンジに挑戦する(なお1枚のバナパスICカード内で10撃破していないとプレイできない)• 全国1位争奪戦に参加する• VS海外分身イベントに参加する(なお1枚のバナパスICカード内で50撃破していないとプレイできない)• タイムアタック• 首都高一周タイムアタックに挑みたい場合は、コインを追加投入する。 乱入されると無効になるため、予め「乱入拒否」を選ぶこと。 店内乱入対戦• プレイ中に乱入された場合、「 挑戦者参上! 」のお知らせが表示され、レースが中断される。 プレイしたいストーリー・対戦したい相手・走行したいコース、時間帯を選択し、セッティングを調整する。 店内乱入対戦の場合、多数決で決定する。 なお、スタート地点はシャッフルで決定。 レースをプレイする。 結果画面が表示される。 ストーリーモードの場合は、チューニングポイントシステムゲージ、全国分身対戦の場合はドレスアップレベルシステムゲージがたまる。 満タンになると、チューニングの場合は車の性能を高められ、ドレスアップの場合は車の外観を変更できる。 分身対戦で勝利した場合、分身撃破トロフィーを獲得できる。 リターン戦の場合、スタンプが押印され一定のマスに到達するとスタンプが入手できる。 店内乱入対戦の場合は、順位に応じて撃墜星を獲得できる。 全国1位争奪戦の予選に参加した場合、ボーナスゲームとしてネームプレートが入手できる。 VS海外分身イベントに参加した場合、ボーナスゲームとして回ったルーレットを止めてルーレットの数だけマップを進める。 また、追加ルーレットやWANTED分身撃破ボーナスで更に進むマスを増やすこともできる。 特定のマスまで進むと、限定称号やフルチューン車チケットのかけらなどが手に入り、そのマップのゴール地点まで進むと限定レースメーターなどが入手できる。 すべてのマップを制覇するとゴールマスがないEXステージへ進出。 なお、カスタムカラー獲得・廃車カード追加の際、ゲーム終了時にカラー変更ができる。 また廃車カードが追加される。 コンティニューを行いたい場合は、「YES」を選択し、追加プレイ料金を投入する。 ゲームを終了する場合は「NO」を選択する。 同じモードでしか継続プレイが出来ないため、別のモードをプレイしたい場合や、別の車に変えたい場合は「NO」を選択し、一度ゲームを終了、その後にプレイ料金を投入する必要がある。 NOを選択すると、データがセーブされ、ゲームが終了する。 ゲストプレイでコンティニューしない場合、追加クレジットでカードを新規発行するかを再確認される。 発行しない場合は、プレイデータが無効のまま、ゲームが終了する。 ゲームが終了する。 ゲームオーバーの画面で実際に車を運転する際の注意書きとお知らせが表示され、それを過ぎるとアドバタイズ画面に戻る。 イベントモードの流れはこの通り• エントリーを行う。 全員のエントリーが完了次第ゲームスタートとなる。 全員のエントリー完了後筐体にバナパスポートカード、Aimeカード、もしくはに対応したカードかおサイフケータイをタッチする。 使用する車を選択する。 なお、新規車種登録はできない。 以降の流れは店内乱入対戦と同じ流れになる。 レース終了後は撃墜星・称号・走行距離の画面が省略されそのままゲームオーバーとなる(その際、レースの結果もあわせて表示される。 4以降ではタイトル画面でもレースの結果が表示される)。 シリーズ [ ] それぞれの作品のゲーム需要はリンク先を参照。 3:、3DX:、3DX Plus: 5:、5DX:、5DX Plus:12月15日 6:、6R: 海外版のシリーズ [ ] 海外版のマキシマムチューンシリーズでは、の車両はライセンスが得られなかったため登場しない。 そのため、作品中に登場する一部のキャラクターの車両も変更されている。 中国で稼動しているほとんどの機材はメニュー画面などに中国語 簡体字 が使われているが、レース中のメッセージ、称号は英語で表示される。 また、一部の地域では、ギアシフトがステアリングの右側に付いているものもある。 「5」では、日本版に登場しない車種が登場する(逆に日本版で「5」から追加された車種は登場しないがアップデートにて86とBRZが追加され(ただし日本版とは異なりドレスアップパーツの装着は不可)、海外版「5DX」では日本版「5」で追加された車種のいくつかが登場した)。 海外版「5」ではゲーム内テロップとロード時間とエントリーのBGMがマキシ4と同じであり、レースBGMの順番が異なっている。 E26• E46• C197• W201• しかし、副都心エリアが未収録で、副都心エリアの外回りと一般道ループ区間を走れるのは、日本版「5」だけだった。 海外版「5DX」で、副都心エリアが日本版「5DX」以降と同じ仕様で新規収録された。 ただし、グレードによっての性能差はない。 また、4では8車種が追加され、アップデートで車の追加があるがゲンバラが削除された。 また車種名のロゴが変更されたり、グレードがつかなかった車種にグレードが追加されている車種がある。 6時点で最高840馬力に達するため、車は高出力・大車重には向かないことから、を除いて収録されていない。 一部は隠し車種もあり、新規作成での車種選択画面にて特定の車種にカーソルを合わせた後、シフトレバーで特定の順序にシフトを入力することで選択できるようになる。 5以降では湾岸マキシ. NET プレミアム会員専用車、5DX以降ではターミナルスクラッチでのみ入手できる車が登場。 なお、5DX以降のターミナルスクラッチで獲得できる車両はフルチューンの状態である。 2019年2月8日に、湾岸ナビゲーターでシリーズ未登場車の47車種の候補から上位2車種が、6Rに登場する追加車種投票イベントが近日開催されることがオフィシャルから告知された。 そして2019年2月14日から2019年3月18日まで、6Rに登場する追加車種投票イベントが開催され、1位がスカイライン 2000GT-R C110 、2位がシルビア S14 の後期型が入ったほか、が投票イベント1-2を独占し、6Rに登場することが決定した。 NETプレミアム会員限定カラーあり。 2015年7月16日のアップデートで通常車種として解禁。 湾岸マキシ. NETプレミアム会員限定で仕様あり。 カーボンボンネット、カーボントランクの装着はできない。 カーボンボンネット、カーボントランクの装着はできない。 NETプレミアム会員限定で仕様あり。 05で先行登場し、一定条件クリアで使用可能だった。 湾岸マキシ. ゲーム内では唯一の9速車で、4〜9速を操作することになる。 ドレスアップは一切できない(追加カラーもない)。 ドレスアップは一切できない(追加カラーもない)。 NETプレミアム会員専用車。 ドレスアップは一切できない。 NETプレミアム会員専用車。 ドレスアップは一切できない。 海外版では「MX-5」と表記されている。 海外版では「MAZDASPEED6」と表記されている。 海外版では「110S」と表記されている。 NETプレミアム会員専用車として登場。 ドレスアップは一切できない。 ドレスアップは一切できない。 湾岸マキシ. NETプレミアム会員限定で仕様あり。 実車は7速ATだがゲーム内では6速と表記されている。 稼働開始前に店舗に貼られたポスターにて、らしきSUV車のシルエットが公開されていた(パジェロは「4」にて稼働当初からアザーカーとして登場しているほか、2012年10月27日に開催された「第3回日本最速王座決定戦2012」で行われたエキシビションマッチで開発陣がユーザーたちに先駆けて使用していた )。 2015年2月18日のアップデートで追加。 この車のみ仕様に関係なくステップアップチューンとなり、ドレスアップは一切できない(追加カラーもない)。 5DXの2016年7月21日のアップデートで湾岸マキシ. NETプレミアム会員専用車とターミナルスクラッチのアイテムでNISMO仕様が登場した。 シリーズ初の7速トランスミッション車であり、MT設定だとドライブマシンのシフトは6速までしかないため、1速が存在せず、2〜7速を操作することになる。 5DXにおいてターミナルスクラッチのアイテムと湾岸マキシ. NETプレミアム会員専用車でNISMO仕様が登場。 こちらはドレスアップは一切できない(追加カラーもない)。 spec. NETプレミアム会員専用車として登場。 ドレスアップは一切できない。 発表時、バナーが180SXになっているミスがありすぐに修正された。 ドレスアップは一切できない。 当時はCPU限定で登場。 ドレスアップは一切できない。 2015年2月18日のアップデートで追加。 0GT spec. 5の海外版ではドレスアップは一切できない。 日本の道路交通法上、排気量660cc(初期状態)のとなるため、この車両のみ黄色ナンバーである。 ドレスアップは一切できない(追加カラーもない)。 ノーマルメーターがバーグラフ式デジタルタコメーターとなる。 またセルシオはハンドリングの基本チューニングが他車と著しく異なる。 詳細は下述。 湾岸マキシ. NETプレミアム会員限定カラーあり。 原作で搭乗していた相沢洸一は故人であるが、ストーリーモードのカットインでマシンのみ登場していた。 海外版では「CELICA SUPRA」と表記されている。 5の海外版ではドレスアップは一切できない。 5GT TWIN TURBO Rからの隠し車種。 駆動形式は本来またはだが、2までは だった。 3からは 4WDとなっている。 8Lモデルだったが、4から1. 5Lモデルになった。 5の初期バージョンまではアザーカーとして登場していた。 5でもアザーカーとして登場していたが隠しコマンドが発表されていなかったため使用不可能だった。 ドレスアップは一切できない(追加カラーもない)。 過去作に収録された車種 [ ] 現時点ではどれもポルシェに代わって収録された車種となる。 理由は備考を参照。 6に引き継ぐとケイマンに変化した。 稼働当初はストーリーモード19話以降のブラックバードのベース車種としてCPU限定で登場。 ドレスアップは一切できない。 6に引き継ぐと964に変化した。 「3」より、原作どおりにV GSRになっている。 原作ではや、などのホンダ車が登場したが、同社の方針から2012年まではの登場するレースゲームにおいては車の使用を許諾していなかった。 ただし2012年からはシリーズ()や()などといったアザーカーが出るレースゲームへの車の使用を許諾する態勢へと変化している模様。 2018年7月12日稼働の「6」で、遂にシリーズ作として初めて、「」や同社のPS4レースゲーム「Project CARS2」で収録されている車の収録が発表された。 これにより、マキシNETプレミアム会員限定車を一定条件満たせば所有できるようになる。 また、ナビスクラッチで獲得できる車種は、1ヶ月ごとに変更される。 登場人物 [ ] を参照 チューニング要素 [ ]• このゲームの最大の醍醐味でもあるチューニングができるのは、カードプレイでストーリーモードをプレイした時のみとなり、他モードはチューンアップされない。 ただし、初期段階では車種によって馬力が異なる場合がある。 それぞれ、ライバルに勝利する、または敗北するとゲージが増え、満杯になると1段階チューンされる。 チューニングはパワーとハンドリングの2種類で600馬力(それぞれ10段階)までは基本チューンとなり、800馬力(10段階)までは対戦状況によってパワー重視とハンドリング重視のセッティング変更が可能である。 基本チューニング [ ]• それぞれ全10段階になっている。 青ゲージ。 (カッコ内は適応効果)• セルシオの場合、チューニング内容がハンドリングチューンにおいて著しく異なるため、追記した。 また、すべてのチューニングは装備が変化する以外は、ハンドリングUPする。 また、カッコ内は補足。 また、セルシオの基本チューンは佐々木元(ガッちゃん)が行う。 "身も心もクリアな人で無いと乗りこなせません") STEP3 ホイール・タイヤ交換(3以降では、ハイグリップタイヤ交換)【ハンドリングUP・ホイール交換 】 STEP4 コントローラー装着【ハンドリングUP】(車高調キットを装着。 『空気抵抗も重要ですが、見た目はもっと重要です』) STEP8 ガラス装着 【ハンドリングUP】(窓ガラスが黒くなる。 『エアコンの効きを良くします。 それ以外の効果は決してありません』) STEP9 大径ブレーキ装着【ハンドリングUP】 STEP10 装着(3以降はスピードマッハステッカー )【ハンドリングUP】(床下に青色のネオン管が装着される。 2までコーナリング時に色が変化する。 追加チューニング [ ]• 全10段階で、オレンジゲージ。 パワー重視とハンドリング重視のセッティングが変更可能で対戦状況によって変化させることができる。 各車、専門のチューナーが前半の5段階と、残りの5段階は地獄のチューナーである「北見淳」が、セッティングする(ただし、車種によっては、前半5段階と同じチューナーがチューニングを行う)。 3以降では、全段階専門のチューナーがセッティングする(ステップアップとなるR35 GT-R(仕様問わず)を除く)。 なお、スタート前には、対戦状況に応じて、パワーは600馬力から800〜840馬力まで、ハンドリングはDG(デンジャラス)からHG(ハイグリップ)まで変更できる。 下参照。 Maximum Tune・Maximum Tune 2 [ ]• 600〜640馬力/HG ハイグリップ• 660〜680馬力/G グリップ• 700〜720馬力/B バランス• 740〜760馬力/D ドリフト• 780〜800・810・815馬力/DG デンジャラス Maximum Tune 3 [ ]• 600〜660馬力/HG(ハイグリップ)• 680〜700馬力/G(グリップ)• 720〜740馬力/B(バランス)• 760〜800馬力/D(ドリフト)• 810〜820馬力/DG(デンジャラス) Maximum Tune 3DX ・ Maximum Tune 3DX Plus [ ]• 600〜660馬力/HG(ハイグリップ)• 680〜700馬力/G(グリップ)• 720〜760馬力/B(バランス)• 780〜800馬力/D(ドリフト)• 810〜825馬力/DG(デンジャラス)• Maximum Tune3からは、以下のチューン名が追加された. STEP21 フロントパイプ交換 STEP22 交換 STEP23 マフラー交換 STEP24 交換 STEP25 サクションパイプ交換 STEP26 エキゾーストマニホールド交換 STEP27 インタークーラー交換 STEP28 交換 STEP29 ビッグタービン交換 STEP30 ECUリセッティング Maximum Tune 4・ 5・ 5DX・ 5DX Plus [ ]• 600〜640馬力/HG ハイグリップ• 660・680馬力/G グリップ• 700〜740馬力/B バランス• 760・780馬力/D ドリフト• 800〜830馬力/DG デンジャラス Maximum Tune 6 [ ]• 600〜660馬力/HG ハイグリップ• 680・700馬力/G グリップ• 720〜760馬力/B バランス• 780・800馬力/D ドリフト• 815〜840馬力/DG デンジャラス 各車種のチューナー [ ]• 特記の無い場合、後半のチューナーはすべて北見淳。 4以降から、「実戦チューニング」となり、チューナーは全て北見淳に統一。 4からは、R35 GT-Rは仕様に関係なくステップアップゲージ獲得時に大田リカコのメッセージが表示されるようになった。 「2」から追加されたシステム。 B適用後)。 また、「2」のみ2周目クリア以降はエンジンのとなっていたが、特に特別なチューニングは行われない。 ドレスアップチューニング [ ] Maximum Tune [ ]• 全車種、エアロ1種類、ホイール12種類があり、「1」では、ハンドリングチューニングSTEP3でホイールを、・・・の4メーカーから3種類ずつ、同じくハンドリングチューニングSTEP7でエアロを装着する。 ただし、エアロ装着後は取り外しはできないが、ホイールのみカード更新時に変更が可能である。 なお、GEMBALLA車はチューニングはできない。 Maximum Tune 2 [ ]• 「1」と基本は同じではあるが、カード更新時にエアロをエアロ装着でハンドリングアップか、エアロ無しでハンドリングアップかを選択できるようになった。 ただし、アザーカーのカローラ、ハイエースはエアロとホイールは装着不可能。 「1」と同じくGEMBALLA車はチューニングできない。 Maximum Tune 3・Maximum Tune 3DX [ ]• 「2」まで、カード更新時に変更していたエアロ・ホイールパーツが、「分身対戦モード」で対戦し一定のゲージを貯めて、レベルアップすることによってパーツを手に入れることができる。 通常車種は、エアロパーツセット3種類、ボンネット3種類、ウィング3種類、ホイール26種類、エアロミラー1種類、ステッカー7種類、ネオン管3種類が、GEMBALLA車のみ、エアロパーツセット1種類、ホイール7種類、ステッカー1種類、ガルウィング1種類が取得できる。 全車種Lv. 1〜Lv. 46まで、1ゲージ満タンになることによって、1レベルずつアップする。 47以降は、1レベルずつアップすることにより、1箇所だけパーツ交換が可能である。 ただし、部位毎の最後に手に入るパーツを入手した時は慎重に選ばないとLv. 46コンプリートするまで変えられない(主に、エアロパーツセットC、カーボンボンネット ダクト付 、車種別ウィングが該当する)。 また、エアロパーツセットについては、異なるエアロパーツセット同士を組み合わせることはできない。 「2」までのエアロ・ホイール交換の代わりに、カード更新の10回目までオリジナル塗装のオールペンが追加されるようになった(3DXプラスから登場のR35 GT-R及びR35 GT-R SpecVを除く)。 1回更新するごとに、1色ずつ追加され、更新時毎に変更できる。 ただし、新規製作時のカラーは最初に選択した色以外は、選択できない。 Maximum Tune 3DX Plus [ ]• 新たなホイール、ステッカー、ネオン管の追加によって、通常車種は、エアロパーツセット3種類、ボンネット3種類、ウィング3種類、ホイール32種類、エアロミラー1種類、ステッカー9種類、ネオン管12種類に、GEMBALLA車は、エアロパーツセット1種類、ホイール10種類、ステッカー1種類となり、ドレスアップコンプリートはLv. 63になった。 R35 GT-R及びR35 GT-R SpecVは装備できない。 Maximum Tune 4 [ ]• 新たなエアロパーツセット、ホイール、ステッカー、ボンネット、トランクの追加によって、エアロパーツセット5種類、ボンネット4種類、ウィング3種類、ホイール38種類、エアロミラー1種類、ステッカー19種類、ネオン管12種類、トランク1種類となり、ドレスアップコンプリートはLv. 83になった。 105になった。 RUF車は他車とパーツがほぼ共有化された。 ただし、権利上の理由から一部のステッカーが差し替えられている。 湾岸ターミナルの設置に伴い、ドレスアップの自由度が大幅に増した。 さらに、ドレスアップコンプリート後はゲージが溜まる度にカスタムボディカラーの変更が可能になった。 HIACEは、通常仕様かハイリフト仕様かでエアロパーツセットDの仕様が大きく異なる。 R35 GT-R及びR35 GT-R SpecVは装備できない。 都道府県チャレンジで獲得できるナンバープレートフレームは全15種類。 ドレスアップパーツとは違い、NISSAN GT-R R35 でもネームプレートの変更は可能 SpecV仕様も同様。 Maximum Tune 5 [ ]• 本作からはマキシショップとマキシGが追加され、ドレスアップゲージやドレスアップレベルが廃止され、代わりにマキシショップで使用できるマキシGが入手できる。 マキシショップは湾岸ターミナルで操作を行い、そこで今までに獲得したマキシGを使ってパーツを購入することができる。 累計マキシGが一定数に達すると新たなパーツが入荷される。 なお、アップデートでマキシショップがリニューアルされ、一定のマキシGを取得するとショップグレードが上がる仕様になり、グレードの扱いも1カード共有から1台ごとに変更された。 なお、一部のパーツはショップグレードが上昇した際に無料で入手ができる。 R35 GT-Rは仕様に関係なく装備できないうえ、マキシショップの利用もできない(ネームプレートは仕様に関わらず変更可能)。 また、海外版の一部車種もドレスアップパーツの装備はできない。 新ホイールメーカーに、が追加された。 Maximum Tune 5 DX [ ]• 前作とほぼ変わらないがR35 GT-R(仕様に関係なく)、ND5RCロードスター、RUF RCTには装備できないうえ、マキシショップの利用もできない(ネームプレートは変更可能、カラーもR35を除き変更可能)。 また、M6と2002ターボはカーボンボンネット、カーボントランクの装備ができない。 Maximum Tune 5 DX Plus [ ]• 前作までの内容に加えて、NSX NC1・NA1・NA2ともに 、ミウラ、S13シルビア、ディアブロ、MINI、S2000にはドレスアップパーツを装備できないとともに、マキシショップも利用できない カラー(NSX NC1・NA1・NA2ともに 、MINI、S2000を除く)とネームプレートは変更可能。 また、アヴェンタドールとカウンタックも一部ドレスアップパーツの装備ができない。 Maximum Tune 6 [ ]• 本作からはマキシショップとマキシGが廃止され、ドレスアップゲージやドレスアップレベルが復活した。 ドレスアップパーツがリニューアルされ、エアロパーツセット3種類が刷新。 前作までの内容に加えてS130、ND5RCロードスターRFにはドレスアップパーツを装備できない。 新ホイールメーカーに、が追加された。 レベルと称号システム [ ]• 全作品の共通事項として、カード新規製作時または前作からの引き継ぎ時はすべて、「湾岸の新人」が与えられる。 称号はプレイ終了後に一定の条件を満すことにより出現する。 例えば、ストーリーモード全話を無敗でクリアすると「首都高無敗」 など 「1」を除く。 また、称号は書き換え方式となっており、称号を獲得すると、プレイ終了後に従来つけていた称号のままか、新たに登場した称号に書き換えるかを任意で選択できる。 ただし、複数の称号を一枚のカードにストックできないため、一度書き換えてしまうと二度と復元できない。 元に戻すためには、再度同条件を満たす必要がある。 ただし、称号の中には、二度と取得できない称号なども存在する(「5」から「5DX Plus」まで連動していたサービス「湾岸マキシ. NET」のプレミアムサービス(月300円+税)に加入すると称号を保存することができ、いつでも付け替えることができた。 「6」から開始した連動アプリ「湾岸ナビゲーター」を登録したカードだと称号を保存することができ、いつでも付け替えることができる。 レベルに関しては、「1」を除きストーリーモードや、10人抜きモードなどをクリアしていくことにより、一定の条件でレベルアップしていく。 なお、全作品ともレベル降格はしない。 その日中なら何度でも手に入るが、その称号をすでに付けているときは出てこない。 Maximum Tune [ ]• Maximum Tuneの一周目は、初級クリアで「C級」、中級クリアで「B級」、上級クリアで「A級」、一周クリアで「超A級」が与えられ、二周目は初級と中級をクリアした時点で「S級」に、二周クリアした時点で車種と車の色に応じた称号が与えられる 例:車種がNISSAN Fairlady Z S30 、色がミッドナイトブルーの場合は、「群青の貴婦人」。 二周クリアした後、TAにより「C1のxx」、「湾岸のxx」、「首都高のxx」 xxは車種称号 という前半の称号、乱入対戦により「xxの達人」「xxの武闘派」 xxは車の色称号 などの後半の称号が手に入る。 ただし、TAの場合、一度「C1の」を手に入れ、その後「湾岸の」を手に入れると再びC1で条件を満たしても「C1の」には戻らない。 レベルは、上記の称号として扱われるため、ストーリー二周目以降は出現しない。 Maximum Tune 2 [ ]• 「1」に比べて格段に称号の数が取得できるようになった 公式サイトによると2000個以上。 ストーリーモード二周目以降にも、CPUに勝利した場合の勝ち称号と負けた場合の負け称号の他、日付称号という日替わり称号なども登場するようになった。 日付称号は、カード投入後のステータス画面で視点変更ボタンを押して、ステータス画面を2周以上 1周で7面なので、最低15回 回し、プレイ後に登場する。 また、タイムアタックで特定の地点でリタイアすると称号が得られる。 新規でカード作成の場合、N級となる 前作から引き継ぎ、廃車カードからスタートの場合はC4級。 C7〜C1、B7〜B1、A7〜A1、S7〜S1、S、SSと上がっていき、最高ランクはSSS級となる。 Maximum Tune 3・3DX・3DX Plus [ ]• 「2」に引き続き、様々な称号が獲得でき、さらに称号が増加した。 しかし、「2」に出現していた称号が、「3」では出現しなくなった称号もあるものの「3DX」では、再び復活した称号もある(ただし3DX以降では色別・一部を除く車種別称号が出現しなくなった)。 ストーリー二週目に加え、三週目にも出現するようになったほか、「日付称号」では、「3」よりステータス画面が1周9面になり、二周 最低19回 では「2」と同じ日付称号、三周 最低28回 では「3」の日付称号その1、四周 最低37回 では「3」の日付称号その2が獲得できる。 また、日付称号はコンティニューする限り出現するようになったが、「3DX」より初回のみの出現になった。 また、「2」まで出現するのが一度きりだった一部の称号が、一度書き換えても再び同じ条件を満たすと登場するようになった。 ランクは、各7段階だったのが、各レベル C級からSS級まで)各9段階に増えた。 新規作成時は、全車N級 廃車カードは、C7級 からスタートとなる。 N級C9〜C1、B9〜B1、A9〜A1、S9〜S1、SS9〜SS1と上がっていき、SSS級が最高ランクとなる。 しかし、「2」ではストーリーモードを1周したら簡単に1レベルアップしていたが、「3」以降では、ストーリーモード10周目以降はストーリーを5周すれば1ランクアップするようになるなど、ゲーム面でもレベルアップしている。 Maximum Tune 4 [ ]• 各レベルごとに異なる背景の色が追加され、「N級」はグレー色、「C級」は水色、「B級」は緑色、「A級」は黄色、「S級」はオレンジ色、「SS級」は赤色、最高ランクの「SSS級」は紫色となる。 日付称号が5種類に増加し、リタイア称号が増加。 10文字以上の称号が初登場。 Maximum Tune 5・5DX・5DX Plus [ ]• シリーズ作史上初のランク上限がアップし、「SSS級」が「SSS9級〜SSS1級」に細分化され、新たに「SSSS級」が追加された。 「SSSS級」の背景は金色。 4からの引き継ぎ時に条件を達成している場合その達成状況によりランクが上記のいずれかに割り振られる。 日付称号が6種類に増加。 今作から2018年8月31日までサービス提供された「湾岸マキシ. Net」のプレミアムサービスに登録すれば今まで獲得した称号もストック出来たりお気に入りの称号を保存することができた。 Maximum Tune 6 [ ]• マキシ5以来のランク上限がさらにアップし、「SSSS級」が「SSSS9級〜SSSS1級」に細分化され、新たに「SSSSS級」が追加された。 「SSSSS級」の背景は虹色。 ランクアップするためのランク基準変更に伴い、5DX Plusで「SSSS級」のプレイヤーは引き継ぎ時一律で「SSSS9級」からスタートする。 なお「SSS1級」以下のプレイヤーは引き継ぎ時もそのままのランクでスタートする。 2018年10月24日にアップデートされた連動アプリ「湾岸ナビゲーター」では「湾岸マキシ. Net」以来、今まで獲得した称号もストック出来たりお気に入りの称号を保存できる機能が復活した。 インターネットランキング [ ] 公式サイト「湾岸マキシ. NET」内にて、インターネットランキングを実施している。 これは、タイムアタックの成績を全国のプレイヤー達と競うものである。 参加は、5の場合、ICカードを使用してのプレイであればベストタイムを出せば自動的にエントリーされ、ランクインすればランキングに残る。 3以前だとチューニングカードを所持していれば誰でも可能で、カードに記載されているパスワードを入力フォームに入力すればよい。 これで最初の1ページ(全国50位以内)に載ることは大変な栄誉であり、走行距離においては、1000位以内に入れば立派な上級プレイヤーであると言える。 しかし、1つのカードに対して記録が更新されずにランキングが重複して登録されたり、通常のプレイでは達し得ない走行距離でランクインされるなど、システムのミスが多く見受けられる上、一部の人間がコピーカード 通称:コピカ。 詳細は後述 を、などで売りさばいていたため、同じカードネーム&同車種の登録が上位に多く、登録順位をどこまで信用すればいいのかというユーザー間の不安が持たれていた。 さらには、上記の事態も含め、コメント欄を悪用した他プレイヤーへの誹謗中傷行為が後を絶たず、このような事態を受けバンダイナムコゲームスでは、2009年9月16日より走行距離の登録・閲覧を廃止。 及び、タイムアタックのコメント欄を廃止とした。 3DX PLUSにおいても、ゲームの終了時に走行距離パスワードやタイムアタックのパスワードが出るが、インターネットランキングのページは存在していない。 4以降はICカードへの移行により、データをネットワークを通じ、専用サーバーで管理しているため、自動的にエントリーされる。 コピーカード [ ] 本来は、エラー用のバックアップとして用意されていたが、これを利用して不正に複製したもの。 なお「3」以降では、エラー発生時のみに複製できるようになっているため、現在出回っているものの大半は、「2」の時に作成されていたり、「3」では、走行距離加算時にデータを書き込みされるため、ゲームプレイ中に、強制的にカードを差し替えて作成された可能性が高い。 そのため、「3DX」では、カード状態を常に監視し、抜き差したりして不正行為が行われた場合は書き込まない仕組みになっている。 「4」ではバナパスポートカードに変更されたため、コピーカードの複製は完全に不可能となった上、2013年10月24日をもって3DX PLUSからのデータの引き継ぎも終了した。 BGM [ ] BGMはによって作曲されており、初代から4までの曲調はをベースとしたトランスのみとなっていたが、5以降はトランス以外にも様々なジャンル曲が登場するようになり、5の新曲は、や等のアーティストが現在使用されているや、5DXの新曲、The Race is Onはのテイストといった異色曲でも有名で、5DX Plusの新曲では、6の新曲は2018年に大ヒットしたのと同じのテイストも盛り込まれており、現在の6では多くのジャンルを盛り込まれている。 「1」で使用されたBGMは、「2」でリミックスされた。 「2」のBGMでは初のボーカル入りBGMが収録され、歌詞は原作に出てきた台詞の英訳などである。 10人抜きモードのBGMは、ストーリーモード、タイムアタックモード、乱入対戦モードでは使用できない。 曲名をそれぞれ意訳すると、それぞれのキャラクターのテーマに合った意味になる。 また、『Nothing Lives Forever』は、サントラではNothing Can Live Foreverとなっているが、意味合いは特に変わらない。 データ容量の関係で「2」では、「1」に比べてBGMの音質が下げられていた(ソフト自体がGD-ROM1枚で供給されていたために、容量が足りなくなった)。 また、「2」で80話をクリアしたカードを引き継ぐということでも可である)を満たすことで1や2の曲を選択できるようになる(1に収録されて2で削除された曲も選択可能)。 さらに、別の条件(現在では、「2」で無敗でストーリーモード80話をクリアしたカードを引き継ぐか、「3」で無敗で80話をクリアするという条件が確認されている)を満たすと「湾岸ミッドナイト」「湾岸ミッドナイトR」に収録された曲を選択することも可能になる。 なお、「10人抜き」BGM音源が登場したことで、これまで不可能であった「10人抜きモード」以外での「10人抜き」BGMの使用ができるようになった(ただし「10人抜きモード」は4以降では未収録)。 また「6R」ではシリーズ作として初めて新曲の追加がない作品となった。 湾岸Midnight Maximum Tuneの曲順 [ ] ストーリー・タイムアタック・対戦モード用BGM• Maximum Acceleration• Stream of Tears More Tranced Remix• Feel the Passion• Beyond the Horizon• Fun-Loving Spirit• Speed Fanatic• Total Terror• Driver's Delight• Decoration for the Dement• Atheist on the Highway• Stream of Tears• Acid Runner• Destination Blackout• Blue Blazes NO BGM RANDOM エンディング Until The Excitement Cools Down 湾岸Midnight Maximum Tune 2の曲順 [ ] ストーリー・タイムアタック・対戦モード用BGM• Holy Land Anthem(サントラ購入特典チューニングカードのみ選択可能)• Overdrive Neurotransmitters• Maximum Acceleration• Feel the Passion• Upbeat Gas Junkie• Fun-Loving Spirit• Driver's Delight• Decoration for the Dement• Ghost in the Resonance• Stream of Tears• Total Terror• Smoldery Guest• Atheist on the Highway• Unlawful Temptation• Destination Blackout• Blue Blazes• Another Dimension NO BGM RANDOM 10人抜きモード用BGM• Highway Obsession• Adrenaline Blowouts the Fear エンディング Last Utopia 湾岸Midnight Maximum Tune 3の曲順 [ ] ストーリー・タイムアタック・分身対戦・対戦モード用BGM 湾岸Midnight Maximum Tune 3 [ ]• Inexhaustible Energy• In Your Dream• Get Down to the Drive• Top-Flight Mechanics• Wanna Try One Last Time• Get You Cornered• Love to Rise in the Summer Morning• Evil Association• Supreme Folly• Control Your Body• Shrewd Critic• Black Pressure• Overdrive Neurotransmitters• Maximum Acceleration• Stream of Tears More Tranced Remix• Feel the Passion• Beyond the Horizon• Upbeat Gas Junkie• Fun-Loving Spirit• Speed Fanatic• Driver's Delight• Decoration for the Dement• Ghost in the Resonance• Stream of Tears• Total Terror• Smoldery Guest• Atheist on the Highway• Unlawful Temptation• Acid Runner• Destination Blackout• Blue Blazes• Another Dimension• Holy Land Anthem NO BGM RANDOM 湾岸Midnight R [ ]• Rival's Theme 1• Rival's Theme 2• Hiramoto's Theme• Masaki's Theme• Kei's Theme• R200CLUB's Theme• Kuroki's Theme• Eiji's Theme• Kijima's Theme• Reina's Theme• BlackBird's Theme• Inexhaustible Energy• In Your Dream• Get Down to the Drive• Top-Flight Mechanics• Wanna Try One Last Time• Get you Cornered• Love to Rise in the Summer Morning• Evil Association• Supreme Folly• Control Your Body• Shrewd Critic• Black Pressure• Phantom of Blue NO BGM RANDOM エンディング Shine• Stay Where You are• Loop of Fortune• Inexhaustible Energy• In Your Dream• Get Down to the Drive• Top-Flight Mechanics• Wanna Try One Last Time• Get you Cornered• Love to Rise in the Summer Morning• Evil Association• Supreme Folly• Control Your Body• Shrewd Critic• Black Pressure• Phantom of Blue NO BGM RANDOM エンディング Shine• 湾岸Midnight Maximum Tune 4の曲順 [ ] ストーリー・タイムアタック・全国分身対戦・店内乱入対戦モード用BGM 湾岸Midnight Maximum Tune 4 [ ]• The Final Count Down• Driving Energy• Pleasures of Speed• Nostalgia• No Turning Back• Glory Days :• Never Throw Away• Highway Discipline• Feel a Thrill• Dark Side Style• Control Your Music• Madly Driving• Live With You• Black Zone• Nip and Tuck Race• Highway Obsession• Adrenaline Blowouts the Fear• Just Flat Out• Midnight Sanctuary• 湾岸Midnight Maximum Tune 5の曲順 [ ] ストーリー・タイムアタック・全国分身対戦・店内乱入対戦モード用BGM• オープニング映像版は音源が本来とは異なる。 Daystar• Inorganic Soul• Dispatcher• Lightning Dance 2016年6月16日に発売された、ソフト『 ドコドン! ミステリーアドベンチャー』に収録されている。 Give Up or Keep Trying Maxi5 Mode Select Maxi3DX Versionのリミックス• The Final Count Down• Driving Energy• Pleasures of Speed• Nostalgia• No Turning Back• Glory Days :• Never Throw Away• Highway Discipline• Feel a Thrill• Dark Side Style• Control Your Music• Madly Driving• Live With You• Black Zone• レースBGMはマキシ4と同じだったが、マキシ5のBGMが追加された. The Final Count Down• Driving Energy• Pleasures of Speed• Nostalgia• No Turning Back• Glory Days :• Never Throw Away• Highway Discipline• Feel a Thrill• Dark Side Style• Control Your Music• Madly Driving• Live With You• Black Zone• Avatar of Speed• Daystar• Inorganic Soul• Dispatcher• Lightning Dance• Give Up or Keep Trying Maxi5 NO BGM RANDOM その他 Get Your Engine Going(ストーリーモード) Who's Your Rival? Fascination• またの選手の2017年度のテーマ曲として使用された。 Risky Guy• Avatar of Speed• Daystar• Inorganic Soul• Dispatcher• Lightning Dance• Give Up or Keep Trying Maxi5• The Final Count Down• Driving Energy• Pleasures of Speed• Nostalgia• No Turning Back• Glory Days :• Never Throw Away• Highway Discipline• Feel a Thrill• Dark Side Style• Control Your Music• Madly Driving• Live With You• Black Zone• (全国分身対戦) Time Trial Maxi4(タイムアタック) There is No Way Out(店内乱入対戦) エンディング Peace and Comfort• コイン投入時の効果音とEXTREME乱入対戦以外のメニューBGMはすべて4と同じものが使用されている。 Drive Me Crazy 作詞 - SAK. I Will Follow You 作詞 - SAK. High-speed Monster• Fascination• Risky Guy• Avatar of Speed• Daystar• Inorganic Soul• Dispatcher• Lightning Dance• Give Up or Keep Trying Maxi5 NO BGM RANDOM その他 Get Your Engine Going(ストーリーモード) Who's Your Rival? (全国分身対戦) Time Trial Maxi4(タイムアタック) There is No Way Out(店内乱入対戦) エンディング Peace and Comfort• 湾岸マキシ 5DX Plusでは新たに湾岸Midnight Maximum Tune 4のBGMが1周目のストーリークリア特典となった。 湾岸Midnight Maximum Tune 6の曲順 [ ] ストーリー・タイムアタック・全国分身対戦・店内乱入対戦モード用BGM 湾岸Midnight Maximum Tune 6 [ ]• Burning Away 歌 - Jeff Washburn 本作のオープニング映像のBGM及び公式の5DX Plusにおける総獲得マキシGに応じて獲得できる車の走行映像のBGMとしても使用。 New Generation• Move On• Maximum Synergy• Driving Instinct• Black Phoenix• I'm Here for You 歌 - Taylor Pearlstein• Love And Gold 歌 - Jeff Washburn• Endless Run• Silver And Gold 歌 - SAK. Sunriser• Groove of Group• Break it Down• Beatific Smile• Sky Beauty• Love My Own Life 歌 - SAK. Glare• Don't Stop• Wangan-Maxi Net Remix Vol. 1 元々は「湾岸マキシ. Net」のプレミアムサービス会員限定で使用できる曲だったが、今作ではボーナストラックの一つとして最初から使用できる。 Wangan-Maxi Net Remix Vol. 2 上記のVol. 1と同じくボーナストラックの一つとして最初から使用できる。 NO BGM RANDOM その他 Reborn(エントリー 歌 - Jeff Washburn The Story Starts Here(ストーリーモード Avatar's Alert(全国分身対戦) Attack And Chance(タイムアタック) Inside The Hell(店内乱入対戦) エンディング Ending Maxi6• 湾岸マキシ6では新たに5DX PlusのBGMが1周目、4のBGMが2周目のストーリークリア特典となった。 さらに今作からモード選択時のBGMが変更された。 なお、湾岸ターミナルのBGMとレースリザルトBGMは湾岸マキシ4から引き続き使用されている。 廃車カード [ ] 「2」から追加されたシステム。 カード更新時に20話以上クリアしていると、自動的に作成され、データを新カードに移行後に今まで使用していたカードが廃車カードになる。 廃車カードを元にカードを作成すると、わざわざ最初から始めなくても20話完了及び、600馬力チューニング済みであり、料金の節約ができる。 引継ぎされる内容としては、使用車種、車体カラー、20話までの無敗or負け有りが引継ぎされ、カードネーム、走行距離、対人戦の対戦成績、ゲームのクリア状況(20話以上)は、引継ぎされない。 1枚のカードで2台まで作成可能で、その後は使用済みとなる。 なお、「3」では「2」の廃車カードは使用できない。 また、廃車カードからのカード作成時には、車体カラーの選択が可能になり、負け有りの場合でも無条件で無敗状態のカードが作成される。 「3DX」では、新たに「プレゼントカード」というシステムが、追加された。 これは、従来のカードを60回使用し新カードに引継ぎ後、5回限定で更新した元のカードのデータをそのまま使用できるものである。 また、カードネームも設定可能である。 5回以上使用すると、自動的に従来の「廃車カード」に変化し、1枚のみ作成可能になるが、初期選択の車体カラーが初期選択のみしか作成できなくなった。 「3DX PLUS」では、「3DX」からの主な変更はないが、廃車カードからの作成時にボディカラーを選択できるようになった(その際、セルシオのみ2から3への引継ぎ時のみ選ぶことができたガッちゃんパープルが選択できる)。 「4」では60回同一車両でプレイすると、廃車カードが作成できる。 バナパスポートカード1枚につき最大5台分の廃車カードを保有でき、ターミナルからほかのバナパスポートカードへ贈ることができる。 廃車カードを作成する度に選択できる車体カラーが増える。 4では廃車カードから新車を作る際に任意の車種を選択できるようになった。 「5」では、基本的なシステムは前作と同一だが、廃車カードのプレゼント時に、贈った側と贈られた側の両方にボーナスで500マキシG(ゴールド)が付与されるようになった。 対戦スタイルとオーラ [ ] プレイヤーの対戦での運転動向をグラフ化して表示するシステム。 これに反映されるのは対戦時の運転動向のみで、ストーリーモードや10人抜き、タイムアタックなどでライバルカーや壁にぶつかってもグラフに変化は生じない。 「1」では横軸のクール…ワイルド表示のみだった。 「2」からは縦軸のスムーズ…ラフ表示が追加された。 これにより各プレイヤーの走り方が、より細かく表示されることとなった。 なお、それぞれ色分けされており総走行距離が5,001kmに達すると、オーラとして現れ対戦スタイルを一目で確認することができる。 オーラは走行距離に応じて増加する。 プレイ中に車両後方に光るものはオーラではなくネオン管である。 以下に詳細を記す。 括弧内の方向はグラフの方向で、色はオーラの色である。 相手との接触頻度によって変化する。 接触が少ないとクール、多いとワイルドになる。 壁・アザーカー・障害物との接触頻度によって変化する。 接触が少ないとスムーズ、多いとラフになる。 「2」から導入。 オーラの変化 オーラは走行距離が5,001km以上になると発生し、以後特定の距離数を超えることで、その大きさや演出が変化していく。 オーラ無し 0〜5,000km - オーラが一切発生しない。 5,000kmオーラ 5,001〜10,000km - 第一段階。 車体のごく僅か下部 タイヤ部分辺り まで発現する。 10,000kmオーラ 10,001〜30,000km - 第二段階。 車体の半分程度の高さまで発現する。 30,000kmオーラ 30,001〜100,000km - 第三段階。 車体全高と同程度まで発現する。 100,000kmオーラ 100,001〜500,000km - 第四段階。 車体を完全に覆い尽くし、非常に大きくなる。 500,000Kmオーラ 500,001〜1,000,000km - 第五段階。 更に縦方向に大きくなる。 画面表示の領域を超える程に大きくなることから、通称「貫通オーラ」とも呼ばれている。 1,000,000kmオーラ 1,000,001〜2,000,000km - 第六段階。 画面表示の領域は超えているが、実際は更に縦方向に大きくなっている。 それに加えて、車体周辺を稲妻が走るようになる。 通称「稲妻オーラ」とも呼ばれている。 2,000,000kmオーラ 2,000,001km〜? km - 第六段階よりも、更にオーラの量・発現速度・稲妻の大きさが変化している。 2019年11月12日現時点で確認できる到達者は2名。 ただし、ブラックバードのテーマがない。 DATA 発売日: 発売元:株式会社 販売元: 価格:¥2,625(税込) 『湾岸ミッドナイト Maximum Tune 2 Original Soundtrack』 「1」と「2」の、作品内で使用されているBGMを化し、上記のBGM欄以外には、「2」のオープニング曲、「1」と「2」のライバルキャラ・コースセレクト時の曲、ゴール時の曲が、収録されている。 また、初回限定の封入特典として、特別曲:「Holy Land Anthem」が選択できるカードが封入された(「2」で使用可能)。 DATA 発売日: 発売元:株式会社 販売元:株式会社 価格:¥3,150(税込) 全2枚組 『湾岸ミッドナイト Maximum Tune 3 Original Soundtrack』 「3」の、作品内で使用されているBGMを音楽CD化し、前作同様にオープニング曲なども収録されている。 また、初回限定として、マキシ3のゲーム内で使用できる磁気カードが同梱されている。 このカード限定の特別曲などは無い。 また、本作は2020年時点では1枚組で収録されているシリーズ唯一の作品である。 DATA 発売日: 発売元:株式会社 販売元: 価格:¥2,940(税込) 全1枚組 『湾岸ミッドナイト Maximum Tune 4 Original Soundtrack』 「5DX Plus」においてストーリーモード1周目または「5DX」までに1周目クリア後に引き継ぎ後の周回クリア特典である「4」の、作品内で使用されているBGMを音楽CD化。 本作ではシリーズ史上初のなどの音楽配信サイトで配信された。 特典は、限定柄のバナパスポートカードが付く。 DATA 発売日: 発売元:株式会社 価格:¥3,300(税込) 全2枚組 『湾岸ミッドナイト Maximum Tune』Original Soundtrack 10th Anniversary Box 湾岸マキシシリーズの初代作「1」から「5」までの、作品内で使用されている全てのBGMを音楽CD化。 全6枚組で全108曲も収録された、湾岸マキシシリーズのサントラCDで最もボリュームのあるCDである。 更に湾岸マキシ3DXと湾岸マキシ3DX Plusの楽曲も全てこのサントラCDに初収録される。 特典は、このCDサントラ限定イラストのバナパスポートカードが付く。 なお当初は6月10日発売予定だったが、制作の都合で7月15日に延期となった。 この内「5」のオープニング映像BGMを除く楽曲は『湾岸ミッドナイト Maximum Tune』Original Soundtrack 10th Anniversary Boxで先行収録されており、本作はロングバージョンとして収録されている。 「4」以来の、などの音楽配信サイトでの配信に加え、シリーズナンバリングタイトル史上初のハイレゾ音源バージョンの配信が開始された。 特典は従来とは異なり、Amazon購入者限定特典には『湾岸ミッドナイトMaximum Tune 5 Original Soundtrack』ステッカー、一部対象店舗購入者限定特典には『湾岸ミッドナイトMaximum Tune』オリジナルデザインステッカーが付く。 ジャケットイラストは「5DX Plus」の2017年7月アップデート前のタイトル画面と同じ。 また、史上初めて同じ年にシリーズナンバリングタイトルのサントラが2枚発売された。 本作では「6」で使用されているBGMを音楽CD化。 ドライブ中の新BGMだけでなく、ストーリーモードや全国分身対戦モード、店内乱入対戦モード、タイムアタックモード、エンディングの新BGMも収録されている。 また、CDジャケットが前作に続いて、ゲームの代表車種「フェアレディZ(S30Z 」、通称「悪魔のZ」を記したデザインとなっている。 特典は前回に続き、Amazon購入者限定特典には『湾岸ミッドナイトMaximum Tune 6 Original Soundtrack』ステッカーが付く。 店舗設定により無料(カード購入、カード更新)や200円の場合もあり。 店舗によっては導入時期が異なる。 - 付• 発行できない場合や、筐体からの発行そのものを行っていない店舗もあるので注意が必要。 尚、カードの発行できない筐体の場合は、アドバタイズ画面の左上に表示される。 コンティニュー画面で「YES」を選択する前にクレジットを投入するとこのままゲームが継続される。 日本版では「4」から。 本来は525馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は450馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は420馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は340馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は360馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は560馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は647馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 初期カラーは黄色の1パターンのみである。 本来は432馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 2012年10月27日に開催された、第3回日本最速王座決定戦2012で発表された。 本来は600馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は425馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は573馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は700馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は375馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 車両の四隅にポールがあり、教習車についてある補助ミラーもある。 プレートは「仮免許 練習中」ではなく「マキシ 練習中」と書かれている。 そのプレートはフロントのみについておりリアにはついていない。 本来は591馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 メインとなるSUBARU BRZのロゴやボンネットのProud of BOXERの文字は残るが、その他 ゼッケンやスポンサー名等 は外されている。 また、日本の上、となるため、この車両は緑ナンバーとなる。 初期カラーは白ボディに青の2本ライン モデルは。 車体には「」」の文字が入っているが、横浜個人タクシー協同組合にはこのカラーパターンの車は存在しない の1パターンのみである。 本来は469馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は445馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は440馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は630馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 本来は370馬力だがゲーム中では300馬力からスタートとなる。 ただし、シリーズ()、シリーズ()、シリーズ()のように、を舞台としたレースゲームであっても、アザーカーが登場しない場合は許諾される。 また、カード更新時に変更可能。 ただし、GEMBALLA及びアザーカーは選択不可(ノーマルホイールでハンドリングUP)。 なお、「3」以降では、分身対戦モードで装着することとなる。 ただし、ノーマル状態でハンドリングUPするか、エアロパーツ装着でハンドリングUPするか選択可能。 「1」では自動的に装着の後はそのままだったが、「2」からはホイールと同様にカード更新時に変更可能。 ただし、GEMBALLA及びアザーカーは選択不可(ノーマル状態でハンドリングUP)。 なお、「3」以降では、分身対戦モードで装着することとなる。 「2」までは、 ガラスフルスモークとなる。 MAXIMUM TUNE1では、カード確認画面でも調整できる。 「3」では、1周目のクリア状況により、表示が異なる場合がある。 R35をステップアップする際に、台詞を発するようになったのは「4」から。 特定の車種によっては、「とびっきりの速さ」(Z31)、「マッスル野郎」(コルベット)などに差し替えられる。 「最速王座決定戦2011」(11文字)が該当。 引継ぎの際にカードを入れると強制的にカードネームを変更され、カード代とは別途の追加料金(新規作成とカードネーム変更の料金。 カード作成200円の店舗の場合は新規作成代に200円、カードネーム変更代200円の計400円を支払う)も必要になる。 ストーリーモード19話のレイナで使用、「1」のレイナのテーマソングであったが、「2」でNothing Lives Foreverがレイナの新テーマ曲となったため、削除となった。 ストーリーモード1周目と2周目のエンディング映像BGMとしても使用。 ストーリーモード3周目より使用可能になる。 レベル?のBGMについては、ストーリーモードなどの曲が、メドレー方式で流れる。 レベル?のBGMについては、ゲーム開始時のステータス画面で選択したストーリーモードなどの曲が、メドレー方式で流れる。 実際に「カード」が作成できるわけではなく、「廃車カード」という名の「データ」が作成される。 関連項目 [ ]• バンダイナムコ系の作品• 、 - パックマンは1に、太鼓の達人は2と3DXにゲストキャラとして登場している。 シリーズ - 筐体の仕様が一部共通化されているほか、「DX」では当ゲームと同様に「全国分身対戦モード」が搭載されている。 - 当ゲームのスタッフが開発し、2011年に稼働開始した対応パーティレースゲーム。 - コラボレーションを行った。 バンナム系以外の作品• - 当ゲームと共通のいくつかの車種・実在の道をモチーフにしたコースが、このゲームにも登場しているため、当ゲームまたはを車種・コース選択の参考にしている可能性が高い。 ただし、当ゲームと共通の場所を元にしたコースに限ると、当ゲームと異なり実在の道から大幅にアレンジされている。 原作には登場した車種で、当ゲームには登場しないが、このゲームには登場している物が何台か存在する。 - 5にて2015年5月に「激走祭」というイベントでコラボレーションを行い、全国1位争奪戦に同ゲームのプロデューサーの新井健二(使用した車両は)が予選に登場した。 また、同年9月には再び「激走祭」が開催され、イベント「激走祭マキシマムステージ」が開催された。 - 台湾を中心に稼働されている海外向けアーケードレースゲーム。 アザーカーありの公道でレースする、乱入の受付が存在する、BGMにトランスが使われている等、湾岸マキシシリーズからインスパイアされている箇所が多数ある。 外部リンク [ ]•

次の

マキシショップ

湾岸 ミッドナイト ドレス アップ

6のゲーム概要 [ ] 本作は、新たに分身対戦の最大対戦人数が2人から4人へと変更され VS海岸分身イベントの参加条件が、カード内の車いずれか1台の分身撃破数が「50撃破」達成に変更、新メーカーとしてが参戦する といった新要素が含まれている。 ストーリーモードにおいても、以降収録されていなかったストーリーが復活した。 話数増加に伴いメーター取得の条件が100連勝達成、BGMの取得の条件が100話クリア、廃車カードとカスタムカラーの取得が100プレイに変更された。 また、湾岸マキシ5、5DX、5DX PlusのBGMがそのまま引き継がれず、新たにストーリーモード1周目のクリア特典となった。 ストーリークリア特典の過去シリーズのBGMは1周目クリア(無敗・有敗問わず。 以下同様。 )で「5・5DX・5DX Plus」の音楽が使用可能となり、2周目クリアで「4」の音楽が使用可能となり、3周目クリアで「3・3DX・3DX Plus」の音楽が使用可能となり、4周目クリアで10人抜きモードの音楽が使用可能となり、5周目クリアで「1・2」の音楽が使用可能となり、6周目クリアで「R」の音楽が使用可能となる。 前作でストーリーモードを1周以上クリアしている場合ももう一度ストーリーモードを周回クリアしないと、「5・5DX・5DX Plus」の音楽が手に入らない。 また、レースメーターは100連勝(100の倍数の連勝数)を10回達成すればコンプリートとなる。 まず初めて100連勝達成すると、レースメーター(黄)、2度目の100連勝達成で、レースメーター(赤)、3度目の100連勝達成で、レースメーター(青)、4度目の100連勝達成で、レースメーター(カーボン)、5度目の100連勝達成で、レースメーター(PRO)、6度目の100連勝達成で、レースメーター(クラシック)、7度目の100連勝達成で、レースメーター(デジタル青)、8度目の100連勝達成で、レースメーター(ハイエンド赤)、9度目の100連勝達成で、レースメーター(デジタル黄)、そして10度目の100連勝達成で、レースメーター(ハイエンド黄)が手に入る。 今作より乱入対戦無料コンティニューチケットの入手条件が追加及び一部変更された。 ストーリーモードで80話クリアまでにフルチューン達成、湾岸ナビゲーターの1000マイル特典(ランダム入手)、期間限定で開催されるVS海外分身イベントの宝箱マス通過で乱入対戦無料コンティニューチケットが手に入る。 なお有効期限は前作とは違い獲得日より1週間のため、期間内に使用しないと消滅するので注意。 ドレスアップパーツもリニューアルされ、新たにホイールが加わった。 リニューアルに伴い、ドレスアップ状況とドレスアップパーツの保有状態がリセットされ、湾岸ミッドナイト Maximum Tune 3以来となるノーマル状態で引き継ぎとなる。 2018年10月のアップデートで、前作5DX Plus以前のドレスアップパーツが一部を除いて復活することが発表された。 これに伴いドレスアップパーツ獲得条件も変更される。 本作から新たな連携システムとして、スマートフォン専用アプリ「湾岸ナビゲーター」との連携機能が実装される。 その代わり湾岸マキシ. NETとの 連携システムは本作をもって廃止される(湾岸マキシ. NETで入手できたタコメーター、ネームプレート、スタンプ、プレミアム会員専用車種は引き継がれる)。 本作から廃車カードが自分のバナパスポートカードでも使用可能になった。 Maximum Tune 6の登場コース エリア コース名 スタートランプ(又は地点) C1 C1内回り C1外回り 八重洲線 八重洲線内回り 八重洲線外回り 神田橋ランプ 新環状 新環状左周り 新環状右周り 副都心(渋谷・新宿) 副都心3号・4号 副都心(池袋) 副都心5号・山手トンネル 湾岸線 湾岸線東行き 湾岸線西行き 横羽線 横羽線上り 横羽線下り 横浜 みなとみらい内回り みなとみらい外回り 名古屋 名古屋高速環状 大阪 阪神高速環状 神戸 阪神高速3号 広島 広島高速 福岡 福岡都市高速 箱根 箱根 往路 復路 箱根 大観山 上り 早川料金所 下り ドライブイン大観山 首都高一周 東京エリア 芝浦ランプ 神奈川エリア• 前作から引き継いだコースにも改良が加えられた。 首都高エリアや名古屋エリアなどでコースモデルが刷新され、前作になかった路面が赤く塗られたりや標識の変化などである。 5DX Plusからの引継ぎ [ ]• 前作 5DX Plusからの引き継ぎはドライブマシン及び湾岸ターミナルから行うことができる。 「5」以来となるランク上限が更にアップし、従来の最高ランクの「SSSS級」が「SSSS9級~SSSS1級」に細分化され、最高ランクが「SSSSS級」にアップした。 「SSSS級」は「SSSS9級」になる。 なお、6のみ獲得不可能だったが、6Rで復活し再び獲得可能 、撃破トロフィー背景、カスタムフレーム、チーム チーム機能廃止により、ウィンドウステッカーに引き継がれる を除くデータが引き継がれる。 また、4~5DX Plusまでのストーリーモードの1周目をクリアしていた場合は、周回数を引き継ぎ、一律で新エピソードの引き継いだ周回数の第61話からスタートする。 なお1周目の59話までクリアし「6」に引き継いだ場合はそのままスタートとなる。 これにより、すべての引継ぎカードは、追加された40話分の内20話(61話 - 80話)をクリアしないと840馬力になることもできない他、追加された40話分(61話 - 100話)もクリアしないと、2周目以降の時間帯とBGMセレクトが出来ず、2周目以降の奇数周と偶数周で異なるステージごとに異なる勝敗称号を獲得できない。 6Rのゲーム概要 [ ] 『 湾岸ミッドナイト Maximum Tune 6R』(わんがんミッドナイト マキシマムチューンシックス アール)は、前作を基礎に新車種・新機能を追加し、2020年1月21日に稼働されたバージョンアップ版で、シリーズ第11作目にあたる。 2019年11月28日に先行サイトが公開された。 全国分身対戦 [ ]• 本作では新たに「全国街道チャレンジ」が追加された。 実在する街道を舞台に、道中の分身と1対1の対戦をしながらゴールを目指す、分身対戦の新モードである。 カード内の車いずれか1台の分身撃破数が「10撃破」を達成しないとプレイできない。 また、全国分身対戦モードのメニュー画面も改良され、よりスタンプリターンがしやすくなった。 5DX Plusまであった、分身撃破トロフィーが復活。 再び分身撃破トロフィーを獲得できるようになった。 乱入対戦 [ ]• 新たに「お試し乱入機能」が追加された。 前作からの引継ぎ [ ]• 前作 6からの引き継ぎはドライブマシン及び湾岸ターミナルから行うことができる。 ドレスアップポイントも引き継がれるが、ドレスアップパーツ獲得に必要なポイント量を引き下げたため、これまでの獲得ポイントに応じたパーツが付与される。 5DX Plusで獲得した分身撃破トロフィーと6での累計分身撃破数に応じて分身撃破トロフィーが加算される。 例:5DX Plusで分身撃破トロフィーを10000個獲得し、6で累計分身10000撃破し6Rに引き継ぎ、分身撃破トロフィー20000個からスタート 脚注 [ ]• 店舗設定により無料(カード購入、カード更新)や200円の場合もあり。 ナンバリングでは第6作目• ただし店内王冠と全国一位争奪戦とVS海外分身イベントはこれまで通り1対1の対戦となる。 なお、都道府県チャレンジは廃止となった。 ポルシェ参戦の決定で、3DX Plusまで登場していたに代わり4から登場していたの車両が、ベースとなったポルシェの車両に引き継ぎ時置換されることになった。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

『湾岸ミッドナイト C1ランナー(11)』(楠 みちはる)|講談社コミックプラス

湾岸 ミッドナイト ドレス アップ

ご覧いただきありがとうございます。 湾岸ミッドナイト3DXのカード出品になります。 友達に譲ってもらいましたが、引退するためお譲りいたします。 車種はマツダロードスターになります。 友達のカードなので詳しくわかりませんのでご了承ください。 ドレスアップは. そこそこ進んでいたような気がします。 車種カラーはホワイトだったような気がします。 大事に使ってもらえると幸いです。 決してコピーカードではありません。 引き継ぎをしたら湾岸ミッドナイト4でも使用可能だと思います。 もちろん名前も変更可能です。 引退のため格安でお譲りします。 発送ですが、普通郵便 80円 で発送いたします。 皆様の入札を心からお待ちしてます。 誠に勝手ですが10月24日にて引き継ぎ終了のため落札後. 当日連絡を頂ける方のみ入札ください。 ご理解宜しくお願いします。 価格・終了時間は入札によって変化します。 最新情報はリンク先で確認してください。 <類似のオークション>•

次の