出雲 寝台 列車。 【サンライズ出雲】寝台列車で山陰を旅してみた │ Guidoor Media

【サンライズの料金一覧】寝台料金と主な区間の運賃を分かりやすく解説

出雲 寝台 列車

次の旅は寝台特急で 東北新幹線や九州新幹線(鹿児島ルート)が全線開業して、日本はどこへ行くにも速くて快適な旅ができるようになってきました。 こうしてますます便利になっていくなかで、だんだんと運転本数が少なくなってきているのが、寝台列車です。 夜遅くに出発して朝には目的地へと着くことができるという、ビジネスにも観光にも、実は大変便利な列車でありながら、長距離移動の主役の座を新幹線や飛行機に奪われてしまったのは残念です。 漆黒の闇の中に流れ去っていく町の灯を眺めながら、仕事や学校のこと、家族や愛する人のことなど……、じっくりと時間をかけて見つめ直してみる、なんてことも夜汽車ならではの醍醐味かもしれません。 今度の旅は、いつもとはちょっと趣向を変えて、寝台特急で出かけてみませんか。 寝台特急に乗るには、どんなきっぷが必要なの? 寝台列車といっても、きっぷの買い方は新幹線などとさほど変わるものではありません。 ここでちょっと、基本的なきっぷの仕組みをおさらいしてみましょう。 例えば新幹線で東京から新大阪まで行く場合、必要なきっぷは東京~新大阪間の乗車券(運賃)と新幹線特急券(特急料金)の2枚となります。 これが窓口や自動券売機で買うと1枚のきっぷで出てくることもありますので、合計金額が運賃と特急料金を合わせたものだと意識することも少ないかもしれません。 むしろ大事なのは窓側か通路側かとか、グリーン車か自由席か、といったことでしょう。 では、寝台特急の場合はどうでしょうか。 これも新幹線の場合と同じように、乗車する区間の乗車券と特急券が必要になります。 そして、寝台列車の場合はさらに寝台券も必要です。 つまり、寝台特急に乗る場合には、乗車券+特急券+寝台券が必要というわけです。 そこで大切なのは、寝台券です。 寝台列車の場合は、窓側・通路側といった区別はなく、代わりに、寝台の上段・下段、個室のタイプなどといった選択肢があります。 寝台は大きく分けて、A寝台とB寝台に分かれます。 昼行の特急列車と比較してみると、A寝台はグリーン車、B寝台は普通車ということになりますが、B寝台が窮屈なものかといえば、いまの寝台列車はそんなことは全くないのです。 オール2階建ての特急型寝台電車で東京~出雲市・高松間を結ぶ「サンライズ出雲・瀬戸」。 東京~岡山間は出雲号と瀬戸号が連結して14両編成で走り、岡山~出雲市間、岡山~高松間は7両編成ずつに分かれて運転される 東京~岡山間を14両編成で走る「サンライズ出雲・瀬戸」は岡山駅で7両編成ずつに分割併合して、山陰へ、四国へと運転される。 連結シーンを眺めるのも楽しいけれど、乗り遅れには注意! 多彩な寝台プランがある「サンライズ号」 では、特急「サンライズ出雲・瀬戸」の寝台を選んでみましょう。 オール2階建て車両のこの列車は、「出雲」は下りが8~14号車、上りが1~7号車、「瀬戸」が下りが1~7号車、上りが8~14号車となり、東京~岡山間では2本の列車が連結して走ります。 そして、寝台の種類は、A寝台が1人用個室のシングルデラックス、B寝台の1人用個室がシングル、シングルツイン、ソロの3タイプ。 B寝台の2人用個室がサンライズツイン、さらには格安料金のノビノビ座席までと、多彩なタイプが用意されています。 そこで肝心なのが、どの寝台を選ぶのかということ。 簡単に各タイプの寝台を見てみましょう。 A寝台「シングルデラックス」 寝台のタイプを決めたところで、いよいよきっぷを購入しましょう。 きっぷの購入には、みどりの窓口などの駅のきっぷ売り場や旅行センターなどを利用します。 新幹線や主な特急列車ではインターネットを利用した予約の方法もありますが、寝台特急列車は窓口のみでの発売となりますので注意が必要です。 駅の窓口で並んでいる人が多い場合には、お隣の旅行センターにも目を向けてみましょう。 案外空いていたりすることも多いので狙い目です。 このほか、日本旅行やJTBなどの旅行会社では、窓口や電話での予約も可能。 お持ちのクレジットカードにトラベルデスクなどがあれば、それらを利用するのも一案です。 旅情満点、実は便利!「サンライズ出雲・瀬戸」の旅 3・10号車には簡単なテーブルと椅子が設けられたミニロビーも。 下り列車で見てみれば、岡山には翌朝6時27分、倉敷には6時46分、米子には9時03分、松江には9時30分に到着します。 羽田からの飛行機の最終便のずっと後に東京駅を出発して、翌朝の新幹線や飛行機の初便到着の前には岡山や高松に着くことができるのです。 米子や出雲へは翌日の飛行機でちょっとだけ先に着くこともできますが、なにより早朝の6~7時台に羽田空港へ行くのは大変ですし、さらには搭乗前後の余裕時間も必要です。 実は「サンライズ出雲・瀬戸」は観光にもビジネスにも時間を有効に使うことができる、とても便利な列車なのです。 深夜でも町の灯りが絶えない東海道沿線を走り抜け、目覚めれば「サンライズ出雲」は中国山地の山あいを抜けて、宍道湖畔の美しい風景が車窓を彩ります。 「サンライズ瀬戸」はなんといっても瀬戸大橋を渡る雄大な風景が圧巻です。 フリースペースのミニロビー(3・10号車)から車窓を楽しむのもいいですね。 A寝台のシングルデラックス(4・11号車)はもちろん、B寝台でもシャワーカード(有料)を購入すれば、シャワー(3・10号車)の利用もOK。 気持ちよく旅をスタートできるでしょう。 さあ、次こそはぜひ寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」で旅に出てみませんか。

次の

「サンライズ出雲」は女子にぴったり!個室で楽しむ寝台列車の旅/古谷あつみの鉄道旅 番外編Vol.1│観光・旅行ガイド

出雲 寝台 列車

個室がずらっと並ぶ廊下を歩くだけで、ワクワクしちゃいますね! 「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」には、さまざまなタイプの部屋があります。 車内は基本的に2階建てになっていて、1階、2階ともに大きく造られた窓が旅の気分を盛り上げます。 今回、私が選んだのは「シングル」と呼ばれる1人用個室の2階。 「シングル」は、もっとも部屋数が多く、値段も比較的リーズナブルなため、いわば「スタンダードなお部屋」といったところでしょうか。 なお、東京~出雲市間の利用だと、「シングル」の寝台料金7,560円に、乗車券11,990円、特急券3,240円(乗車券、特急券は他の個室寝台でも同額)を加え、お値段は22,790円になります。 その名も「シングルデラックス」です! 2階にあって、1人用の室内には広いベッドと洗面台やデスクが設置され、一晩だけ利用するにはもったいないぐらいの贅沢な造りになっています。 「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」それぞれに6室ずつしかなく、寝台料金は13,730円もしますが、大変人気がある部屋です。 実は、今回の取材では、この個室を取ろうとしたのですが、寝台券が手に入らなかったんですよ! 利用してみたい方は、くれぐれも早めにきっぷを購入してくださいね!いつかは私も乗ってみたいです。 季節によって内容が変わるこちらの弁当は、岡山の味覚がたっぷり詰まっており、根強い人気があります。 写真は秋・冬バージョンのお弁当で、鰆の白醤油焼きや舞茸とさつま芋のかき揚げ、岡山県の豚肉を使った焼豚スライスなどが入っています。 さらには、岡山名物の「祭ずし」も楽しめる豪華なお弁当です! なお、「サンライズ瀬戸・出雲」への配達は、ほとんどすべての弁当で1個から可能です。 出発の3日前まで、ファックス、電話、公式ホームページの問い合わせフォームで受け付けてもらえます。 受け渡しは事前に指定した号車の乗降ドア付近にて。 配達料は無料ですが、事前に、お釣りがないよう弁当代金を用意しておきましょう。 土屋武之(鉄道ライター) 鉄道を専門分野として執筆活動を行っている、フリーランスのライター・ジャーナリスト。 硬派の鉄道雑誌「鉄道ジャーナル」メイン記事を毎号担当する一方で、幅広い知識に基づく、初心者向けのわかりやすい解説記事にも定評がある。 2004年12月29日に広島電鉄の広島港駅で、日本の私鉄のすべてに乗車するという「全線完乗」を達成。 2011年8月9日にはJR北海道の富良野駅にてJRも完乗し、日本の全鉄道路線に乗車したという記録を持つ、「鉄道旅行」の第一人者でもある。 著書は「鉄道のしくみ・基礎篇/新技術篇」(ネコ・パブリッシング)、「鉄道の未来予想図」(実業之日本社)、「きっぷのルール ハンドブック」(実業之日本社)、「鉄道員になるには」(ぺりかん社)など。

次の

唯一の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」乗り方は? 必要なきっぷ、値段、注意点

出雲 寝台 列車

今回、夫の大好きな出雲へ一緒に旅行をすることに決めたのですが、交通手段をどうするかについてはいろいろと悩みました。 「それなら、せっかくなんだから後悔のないように…お金は少しかかるけど行きだけでも寝台列車で行こうよ!」とちぇこが男気を発揮。 駅のホームへ向かうとすでに列車は到着していました! 「サンライズ瀬戸」と書いてありますが、サンライズ瀬戸とサンライズ出雲は併結されおり、岡山で分割されるのです!! 夫ほどは思い入れはないはずなのに、間近で見ると一気にテンションUP!! 1部屋にベッドが横並びで2つあります。 サンライズツインは残念ながら満室でした。 補助ベッドを使うことで、2人でも利用する事ができるのです。 下段はこちら。 上段はこちら。 落下防止のベルトが付いてます。 けっこう、狭いです!! おそらく1畳ちょっとくらいしかないのでは!?という体感です。 私たちの向かいの部屋もカップルで利用していましたが、扉を開けた瞬間彼氏の方が「せまっ!!予想以上に狭い!!」とおののいていらっしゃいました。 でも、なんていいますか、この狭さこそが、子供の頃に楽しんだ「秘密基地」のようでワクワクしましたね~* そして「出発前に、他の車両を探検しよう!!」と夫が目をキラキラさせて言うので、カメラを持ってチェックしてみました。 「サンライズ出雲」車両の様子レポート まずは洗面所。 けっこうきれいです。 トイレも広々としてきれいでした。 (ちなみに列車や飛行機のトイレの水が流れる時の「シュゴッ!!」という勢いに、毎回ビビる私です。 ) こちらはシャワー室。 夜出発なので私は家で入っていきましたが、夫が利用。 1回320円です。 売店はなく、自販機がいくつかあるのみでした。 食べ物などは持ち込むのが確実ですね。 さて、私たちの座席「シングルツイン」に戻ります。 下段のベッドですが、真ん中のベッドマットは外せるようになっていて、外したものを背もたれにすることで こんなふうに向かい合わせの座席にできます。 (ブレブレですみません…) そんなわけで持ち込んだ飲み物やおつまみを食べて、しばらくは夜景を楽しみます。 とほほ。 私は夫からの課題図書「水木しげるの古代出雲」を読みながらうとうと。 私が下段、夫が上段だったのですが、下段は電車のモーター音がわりかしダイレクトで伝わってきた印象です。 私は持参したアロマの香りをかいで、耳栓をして、自分ワールドを作って眠りにつきました。 ここ数日のバタバタで疲れていたのもあって思っていたよりはよく眠れましたね。 朝、目が覚めると窓から見えた一面の緑。 田舎の風景。 しかもわたしの大好きな雨!霧!靄! あーーーしあわせ。 こんな幸せなことがあって良いのだろうか。 夫が寝ていた上段へ。 窓が下段よりさらに大きくて、空が広い。 臨場感があるのは下段かも?でも上段はモーター音が届きにくくて良いかも?好みによりますね。 実は明け方に貨物列車が鹿と衝突したようで、列車に遅れが発生。 10時到着の予定が1時間伸び、予定より長く寝台列車を楽しむことができたのでした。 想像していたよりも、かなり満喫できた「サンライズ出雲」でした。 サンライズ出雲、気になった点 おおむね大満足だった寝台列車「サンライズ出雲」ですが、ひとつだけ気になった点がありました。 それは、けっこうシングル席が空席だったこと!!! ツイン席と、雑魚寝の普通席が満席だったのはわかったのですが、車両移動で廊下を歩いていると、かなりの割合でシングル席は空きがありました。 もちろん、ゴールデンウィーク最終日・日曜夜の出発だったということが大きな要因だと思います。 それでも、少し寂しいなあと思いました。 最近は工夫をこらした夜行バスしかり、九州の超豪華寝台列車しかり、安さではなく「特別感」を売りにした単価が高い乗りものが増えてきている傾向にあると思います。 そこで考えると、余計なお世話ではありますが、サンライズ出雲も何か小さな改革をしても良いのかなと思いました。 例えばシングル席をもう少し減らして、ツインの席を増やし、今までの4部屋分を1部屋で使ってホテルのような空間にするとか。 まあ、ただの素人考えの妄想ではありますが(笑)すごく良い経験ができてサンライズ出雲が大好きになったので、これからもサンライズ出雲にはずっと走り続けてほしいと思ったのでした!! ** さて、次回からも出雲旅行記は続きます!.

次の