けんちん汁 由来。 節分にけんちん汁 由来は?食べる地域は?レシピも紹介!

さつま汁と豚汁の違いとは?さつま汁の由来や簡単なレシピもご紹介!

けんちん汁 由来

こんにちは、、マイルス・スマイルです。 今回検証する料理は「 けんちん汁」 さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに、美味しく作る方法を調べ上げました。 また、水切りすることで味が凝縮される。 干し椎茸を戻したときの戻し汁にもグアニル酸が多く含まれているので、だしに使う。 2.バットにキッチンペーパーを敷いて、手でちぎった豆腐をのせて、10分ほど水切りする。 3.熱したフライパンにごま油をひいて、水切りした豆腐を炒める。 表面にさっと焦げ目をつけたら、火を止めてそのままにしておく。 4.こんにゃくは、スプーンで食べやすい大きさにくりぬく。 5.こんにゃくをざるに入れて、塩を一つまみふりかけてよくもみ、流水で洗って水気をきる。 こうすることでこんにゃくの臭みが取れる。 6.大根、人参はいちょう切りに、ごぼうはささがきに、戻した干し椎茸、油揚げは食べやすい大きさに切り分ける。 鍋にごま油をひいて、中火で大根、人参、ごぼうを炒める。 8.具材に火が通ったら、お椀にもりつけて、刻んだ長ねぎを添えて、お好みで七味をふりかけていただきます。 さて、お味のほどはどうでしょうか? 深くて優しい味わいの、美味しいけんちん汁です。 さまざまな食材の旨みがだしに溶け込んで、とても深い味わいです。 ごま油の旨みがコクを出し、料理をひとつにまとめています。 手でちぎって焼き目をつけた豆腐が、ボリュームがあって美味しい。 けんちん汁は植物性の食材で作るシンプルな料理ですが、食事の汁物としてとても満足感がありますね。 だし汁は、だしの素を使ってもいいですが、昆布とかつお節からしっかり取ると、より美味しさが際立ちます。

次の

野菜をたっぷりとれる けんちん汁レシピ・作り方

けんちん汁 由来

節分にけんちん汁の由来は? けんちん汁とは、大根やにんじん、ごぼう、里芋、こんにゃくなど たくさんの具が入った料理です。 「けんちん汁」ってちょっと変わった名前ですよね。 節分にけんちん汁を食べる由来の前に、 まずは、けんちん汁の由来について見ていきましょう。 けんちん汁の由来 けんちん汁の由来は、諸説あるようですが、 その中で有力とされている2つの説をご紹介しますね。 けんちん汁は、鎌倉にある「建長寺 けんちょうじ 」で、 修行僧が崩れてしまった豆腐を、野菜と一緒に煮込んで汁を作ったことが 始まりとされています。 精進料理として食べていたこともあり、 元祖は、お肉や魚は加えず、だしを取る際も昆布やしいたけを使っていたのだそうです。 そして、もう一つの説。 中国にある「普茶料理 ふちゃりょうり 」という精進料理が、 江戸時代頃に日本に伝わり、 普茶料理の 「巻繊 けんちん 」が変化したものが「けんちん汁」とも言われています。 普茶料理の「巻繊 けんちん 」は、 ごぼうや大根などの野菜や豆腐を炒め、 湯葉などで巻いて調理したものなのだそうです。 どちらの説でも、 精進料理が変化したものということには変わりがないようですね。 節分にけんちん汁を食べるのは? では、節分にけんちん汁を食べるのはなぜなんでしょうか。 昔は、節分やえびす講、初午など冬の行事が大変盛んだっだそうで、 冬の寒い時期の行事には、あたたかい けんちん汁が欠かせない行事食でした。 しかし、時代の流れとともに冬のさまざまな行事が衰退していき、 節分だけが残ったため、節分にけんちん汁を食すという風習だけが今もあるとされています。 つまり、けんちん汁は「節分に食べるようになった」のではなく、 「けんちん汁を食べる多くの行事の中で、節分だけが残った」 ということなんですね。 そして、けんちん汁には、節分の豆や恵方巻きなどのように、 縁起物としての意味はないようです。 寒い季節に、油を使った温かい汁物で、 冷えた体をあたためるために食べていた行事食だったのです。 《作り方》 ・豆腐はペーパーなどで、軽く水気をきります。 ・大根などの具材は、食べやすい大きさに乱切りします。 ・鍋にごま油を入れ、豆腐以外の具材を炒めていきます。 ・豆腐を手で食べやすい大きさに崩して入れ、さっと炒めたら、だし汁を加えます。 ・煮立ったらアクを取りつつ材料に火を通し、しょうゆや塩で味を調えて完成です。 手が込んでそうに見えて、 意外と簡単に作れるんですよ。 豆腐は崩れやすいので、かための木綿がおすすめです。 食べごたえもありますしね。 絹ごしを使いたい場合は、 炒めずに だし汁を加えてから豆腐を加えると良いですよ。 けんちん汁の具も、あまり基本にとらわれず、 根菜やきのこ類、鶏肉などいろんな食材を入れてみましょう。 また、ご家庭によっては、しょうゆではなく 味噌を使ったり、すまし汁のところもあるようです。 ご家族が食べやすい味付けで作るのが一番ですね。 このような、普通のけんちん汁を食べるのももちろん良いですが、 「節分らしく」アレンジするのも楽しいですよ。 例えば、節分に食べると良いとされているお蕎麦を入れて 「けんちん蕎麦」にしたり、 大豆を柔らかく煮て、けんちん汁に入れてみるなど。 それだけじゃなく、けんちん汁は 具だくさんなので 胃腸にも優しそうだと思いませんか? 炒った大豆は消化しにくいと言われていますし、 恵方巻きの丸かぶりも、ご飯の食べ過ぎになりそうで、 節分の食べ物は、意外と胃腸に負担がかかるのかも!? そう考えると、節分にけんちん汁を食べることで、 胃腸の負担を軽くできるのかも知れませんよ。

次の

「けんちん汁」と「豚汁」の違い!由来や作り方・具材を比較

けんちん汁 由来

けんちん汁の「けんちん」って何?名前の由来は? まずはけんちん汁の名前の由来についてお伝えします。 この「けんちん」には 2つの由来があります。 中国から伝わった説 一つは 中国から伝わった説です。 中国の「普茶料理(ふちゃりょうり)」と言う精進料理の中に、 巻繊(けんちん)と呼ばれる料理法があります。 この巻繊とは、中国読みで 「ケンチェン」とも呼ばれ、根菜とシイタケとお麩などをせん切りにし、ごま油で炒めて醤油や塩で味付けした料理のことです。 それがなまって今の「けんちん」となった説です。 「建長寺」由来説 もう一つは 神奈川県鎌倉市にある「建長寺(けんちょうじ)」に由来していると言う説です。 建長寺の僧侶が精進料理の為に作った汁物が、「建長寺汁」から「建長汁」へと変わり、そして現在のけんちん汁に至ったのではないかと言われています。 ふたつの説の中で、 有力なのは中国から伝わった説です。 普茶料理は江戸時代に中国から伝わった物で、江戸時代の料理書には何種類もの巻繊が記述されていたそうです。 けんちん汁が中国から伝わった物だと考えると、けんちん汁の歴史は江戸時代から始まる事となります。 発祥の地に関して、普茶料理が日本のどこに初めて伝わったのか調べてみました。 普茶料理は、中国から京都の宇治市にある黄檗宗(おうばくしゅう)萬福寺(まんぷくじ)に伝わり、そこから黄檗系寺院や周辺のお寺に広まり、京都から関東にまで浸透しました。 そして、関東に広まった普茶料理をもとに、建長寺のお坊さんが作ったと言う説が生まれたのではないかと言われています。 実際にはけんちん汁の発祥の地は、明確には分かっていません。 ただ建長寺の説も有名な話なので、けんちん汁のルーツを辿ると、オリジナルが伝わったのが京都府宇治市で、それが伝播していき今のようなけんちん汁にアレンジされた発祥の地は神奈川県鎌倉市ということかもしれないですね。 余談になりますが、茨城県には「つけけんちん蕎麦」と言う物があります。 これは茨城県特産の蕎麦とけんちん汁を合わせた料理で、まるでつけ麺の様に食べる地元の方に人気の料理です。 私は食べたことはないんですが、けんちん汁とそば、いかにも合いそうな組み合わせですよね! 意外とありそうでなかったものですね。 けんちん汁と豚汁って何が違うの? では、けんちん汁と豚汁は何が違うのか、答えはとても簡単です(笑) それは、• 野菜メインの醤油仕立てが「けんちん汁」• 豚肉メインの味噌仕立てが「豚汁」 です。 豚汁は一説によると 「けんちん汁に肉を入れた物」と言う説があります。 日本で動物の肉が食べられるようになった、明治以降に作られたと思われます。 一方けんちん汁は精進料理の一つとして、僧侶たちを中心に広まっていった料理なので、双方の違いをもっと単純に分けるなら 「肉を使っているか否か」と言えます。 けんちん汁と豚汁の違いは醤油か味噌かの違い、そう思われる方もいますが、地方によってはけんちん汁にも味噌を使っている所もあります。 ですので、けんちん汁が絶対に醤油ベースとは限りません。 ニンジン• ごぼう• こんにゃく• シイタケ• ごま油• ネギ等の薬味 お肉が入っていないため、これだけの具材をたっぷり入れても 約160kcalです。 野菜がたくさん取れて満足感があり、それでいてこのカロリー。 女性にはうれしいですよね! それぞれの食材のメリット 大根 冬場の大根は、寒さのおかげで 甘味がギュッと詰まっています。 また、 大根の消化酵素は胃腸の働きを整えてくれる効果があります。 大根は二日酔いにも効果的な野菜なので、 お酒を飲む時または飲んだ後にけんちん汁を食べると良いでしょう。 ニンジン ニンジンには、 免疫力を高めてくれる効果と、粘膜を整えてくれる効果があります。 また、ニンジンの葉っぱは捨ててしまいがちですが、この葉っぱにもカルシウム等の栄養が詰まっているので、捨てずに一緒にけんちん汁に入れてしまいましょう。 ごぼう ごぼうは 食物繊維の宝庫です。 ビタミンなどの栄養が少ない分、食物繊維をたっぷりとれる野菜です。 また、ごぼうには 利尿効果もあり、そのおかげで むくみの改善にも効果が期待できます。 里芋、こんにゃく、豆腐 里芋とこんにゃくにも 食物繊維がたっぷり含まれています。 こんにゃくと豆腐はとても 低カロリーな食材であり、里芋も 炭水化物の芋類の中で最も低いカロリーの食材です。 これらの食材をたっぷり入れる事で、ダイエット効果もアップします。 けんちん汁は精進料理が基礎なので、お出汁を取るのも魚等を避けます。 昆布もしいたけもグルタミン酸と言う、うま味成分が含まれています。 お出汁を取った後も、小さく切って具材として使うのも、他の料理に使うのもいいと思います。 ごま油 ごま油は 具材を炒める時に使用します。 油も動物性を避けて、植物由来の油を使用します。 ごま油にはセサミンという栄養素が含まれており、抗酸化力に優れているため 疲れの緩和や 老化を抑える効果が期待できます。 現代人にはぜひ取り入れたい栄養ですね。 けんちん汁に使用される食材の栄養面を調べてみた結果、 以下の項目に該当する方にはけんちん汁は特におすすめの料理と言えます。 中国の巻繊(けんちん)という料理法がもとになったという説• 鎌倉の「建長寺」が作った汁がもとになったという説 また、けんちん汁と豚汁の違いは、• 野菜メインの醤油仕立てが「けんちん汁」• 豚肉メインの味噌仕立てが「豚汁」 でした。 肉を使っているか否か、というのが大きな違いですね。 けんちん汁は野菜がたくさん取れて栄養たっぷりですので、特に下記の人にはおすすめの料理です。 便秘気味• 生の野菜が苦手• 食欲が出ない時• ダイエット中• 肌荒れが気になる• 疲れが抜けない• 冷え性気味• 風邪気味または風邪のひきはじめ 寒い季節、おいしいけんちん汁で体を温めて、栄養もしっかりとってくださいね!• 小さい子どもがいるママです。 主婦目線で気になったことを いろいろまとめていきます!• カテゴリー• 259• 135• 1 最新の記事.

次の